ファクタリング審査激甘

ファクタリング審査激甘?審査のポイントはどんなところ?

資産を持っていない中小企業が多くなってきていることにより、注目されてきているのはファクタリングの利用です。

ファクタリングの審査は激アマなど言われていますが、本当のところはどうなのでしょうか。
ファクタリングの審査の際に把握しておくべきポイントを、ご紹介いたします。

ファクタリングはどんな仕組みなのか

ファクタリングの審査の激甘の前に、ファクタリングがどのような仕組みなのかをご紹介いたします。
ファクタリングは、御社が販売した代金などの売掛金をファクタリング会社にかいとってもらい、売掛金の入金前に現金化してもらう方法です。そのため、ファクタリングの契約というのは債権譲渡契約となり、売掛金を売買する契約となります。

手形や商品券の買取に流れが近く、この2つも売りに来た本人の確認をするだけで所定の割引率にて買取を行います。ファクタリングは売掛金債権売買なので、手形割引や商品券の買取と同様な買取価格の設定となります。

ファクタリングはいそいでいると足元を見られる

ファクタリングは、急ぎのお客様の場合足元を見て買い取り額を決める傾向があります。
例えば、明日まで500万円欲しいという場合、急いでいるなら安い買取価格でも応じるのでは?と足元を見られてしまうことがあります。そのため、日程に余裕がある状態で申込みをした方が、高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。

ファクタリング会社により審査の方法や判断基準が異なる

ファクタリング会社によって、審査や判断基準が違います。
そのため、相見積もりを取ると買取価格に差が発生します。1社だけにお願いすると相場買い取り金額がわかりにくいので、数社に相見積もりを取ることをおすすめします。

早急に回答を出す業者は、割と低めの買取価格で提示してくる審査の甘さがあります。回答に時間がかかる業者は様々な書類を求めてくる傾向があり、時間もかかり書類も提出しないといけない面倒さがありますが、細かい部分まで審査して高い買取価格を提示してくる傾向があります。

一般的な融資は複数に申し込むことで申し込みブラックとなってしまう場合がありますが、ファクタリングの場合全く問題はありません。審査に時間がかからずスムーズに回答してくれる業者は便利だと思われるかもしれませんが、便利な分買取価格も低く手数料も高くなってしまいます。手数料が低く買取価格が高い方が、経営者としてベストのファクタリングとすることができます。

審査NGとなるポイント

ファクタリングは審査が激甘といわれていますが、もちろん債権買取審査を行うので審査落ちとなってしまう場合があります。可能な限りは買い取りを実行しようと歩み寄る姿勢があるようですが、回収リスクがある場合は買取を断念されてしまいます。

審査落ちの理由は、これらが挙げられます。

エビデンス(証拠書類)が不十分

ファクタリングの審査落ちで1番多い原因といえば、証拠書類(エビデンス)の欠損です。
売掛債権を証明する資料であり、請求書や契約書、過去の入金履歴などが該当します。

明確な理由は公開されていませんが、売掛金の根拠で請求書を提出した際にその裏付けとして過去の取引の履歴の提示を求められた場合、その履歴を紛失してしまったという理由で開示を拒んだ場合などがあるようです。

請求書の提出により売掛の根拠となるのですが、請求書というのは架空のものを作ることもできるので、何らかの裏付けとなる書類を求められることがあります。裏付けとなる書類を提出すれば何の問題もないのですが、提出を拒んでしまうと信用性が低くなってしまうので審査通過とはなりません。

書類を偽造交錯するパターンもあり、ファクタリングにおける詐欺というのは少なくありません。
書類の偽造は詐欺罪となりますので、絶対に行ってはいけません。

個人相手の債権

個人相手の売掛金の場合、審査NGとなってしまいます。
例えば、個人相手の商品販売や不動産売買など、売掛金の相手が企業ではなく個人の場合です。
個人相手の売掛債権の場合、間違いなく支払ってもらう流れとなるのかの信頼性判断が厳しくなってしまいます。

また、相手が個人ですので、声付きの際に深追いできないのもNG理由となっています。
ファクタリング会社によっては、個人事業主相手の売掛債権も買い取りを拒否する場合もありますので、十分注意して確認するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリング審査は激甘ですが、申し込みをした全員が審査通過するわけではありません。これらの審査のポイントを把握し、間違いのない融資へと繋げるようにしましょう。

ファクタリング審査激甘!ファクタリングという仕組みを理解しよう

中小企業経営者の中で注目されている資金調達方法といえば、ファクタリングという方法です。
売掛金を早期に現金化できるということで、多くの企業にてご利用されています。
ファクタリングというのはどのような仕組みなのか、詳しくご紹介していきます。

ファクタリングとは

ファクタリングは企業が持っている売掛金債権を有償で譲渡して、売掛金の決済期日前に現金化できる仕組みです。売掛金から前借するような流れであり、お給料の前借のような手軽さです。販売代金や請負代金、運送費、委託料など、一般の事業会社の取引で発生する売掛金が対象となります。

自社の売上で来月以降に入金になる売掛金を前借りするので、銀行などの融資の枠を使いたくない企業におすすめです。ファクタリングの審査は売掛先の信用に重点を置いているので、お客様の企業が赤字だったり設立間もない企業であってもご利用ができます。

銀行融資とファクタリングはどのように違うのか

銀行の融資とファクタリングは、このような違いがあります。

利息や手数料

銀行は年率2~8%なのに対し、ファクタリングは売掛金額の1.0~30.0%となります。
銀行融資は利息となりますが、ファクタリングは融資ではないので手数料という名称となります。

担保や連帯保証人

銀行は、担保は審査により必要な場合があり、連帯保証人は代表者保証が必要となります。
ファクタリングは、担保も連帯保証人も不要です。

利用可能額

銀行は数百万円から数千万円となっており、ファクタリングは100万円から1億円となっています。

審査に係る時間

銀行の場合は審査機関に1~2か月要する場合がありますが、ファクタリングは1~2日程度で結果が出るので最短3日程度で送金を受けることができます。

審査基準

銀行は一定のボーダーライン以上の企業にしか融資しませんが、ファクタリングは売掛金側の企業がある程度しっかりとした企業であれば審査通過します。そのため、銀行融資と比べると雲泥の差の審査の甘さです。

お金の出どころ

銀行は自社のお金となり、ファクタリングは自社の売掛金となります。

返済

銀行は自社のお金で行い、ファクタリングは返済の必要はありません。

会計上の処理

銀行の場合は負債となり、ファクタリングの場合は現預貯金となるので負債にはなりません。

赤字決済でも利用できるのか

銀行の場合は審査は否決となり、ファクタリングの場合は利用可能です。

開業1年でも利用できるのか

銀行の場合は審査は否決となり、ファクタリングの場合は利用可能です。

滞納税金があっても利用できるのか

銀行の場合は審査は否決となり、ファクタリングの場合は状況によって利用可能です。

中小企業に選ばれているファクタリングはどのようなものなのか

ファクタリングは様々な企業で取り扱っていますが、中でも人気のファクタリングの特徴をご紹介していきます。

手数料の低さ

貴重な資産を資金調達に使うので、できるだけ有利な条件の商品を求められます。
1番人気のポイントといえば、手数料が低い商品です。手数料が低い商品は審査に時間がかかってしまう場合がありますが、手数料が少ないので合理的な資金調達とすることができます。

2者間契約対応

ファクタリングには2者間契約と3者間契約の商品があり、2者間契約が人気があります。
2者間契約の場合売掛先に知られることがないので、安心してご利用することができます。

申し込みから最短で送金が可能

ファクタリングをご利用する企業は早期にお金を手にしたいので、申し込みから最短で送金してもらえるファクタリング会社が理想となります。早い業者で申込日に審査結果が伝えられ、最短3日の入金が可能な業者があるので、すぐに資金としてご利用することができます。

全国どこでも対応が可能

ファクタリングの会社によっては、一定の地方にしか対応していない業者もあります。全国エリアであり、どこでも出張契約をしてもらえる業者であれば、田舎の方でも便利にご利用いただけます。

契約条件の事前説明

契約条件は、事前に説明をしてもらえる業者がご利用しやすいです。

契約書類の控えの発行

契約書類というのは、もらえない業者もあります。
大きなお金が動く取引ですので、契約書類は必ずもらえる業者と契約するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリングとは、このような仕組みの資金調達方法です。
銀行融資と比べると審査が甘く、内容も柔軟なのでご利用しやすい資金調達方法といえます。負債にもならず便利にご利用いただけるので、資金繰りに困っている場合はファクタリングを検討してみましょう。

ファクタリングは審査激甘な悪徳業者に注意しよう|悪徳業者見極めポイント

ファクタリング業者の中には、残念ながら悪徳業者も多く潜んでいます。
ファクタリング業者の中から悪徳業者を見極めるためには、どのようなポイントで見極めるべきなのでしょうか。悪徳ファクタリングに騙されないためのポイントを、ご紹介いたします。

ファクタリング業界にも存在する詐欺業者悪徳業者!

悪徳業者はどこにでも存在している悪の組織であり、ファクタリング業界にも潜んでいます。
ファクタリングは需要の多さと消費者側の緊急性が高いということにより、詐欺や法外手数料を搾取する業者が後を絶ちません。資金繰りに困っている会社から、なけなしの現金を奪おうとしている悪徳業者は存在します。

悪徳業者には特徴があるので、その特徴を見極めることで騙されないようにすることができます。
少しでもおかしいなと思ったら、疑って色々チェックするようにしましょう。

ファクタリングには規制が少ないので参入障壁が低いことにより、悪徳業者が混じりや水傾向があります。悪徳業者は、甘い言葉でおびき寄せて信頼を得ようとします。悪徳業者の罠にはまらないように、彼らの手口を把握しましょう。

ファクタリングの悪徳業者の見分け方

ファクタリングの悪徳業者は、このようなポイントで見分けるようにしましょう。

手数料の安さを過剰にアピール

悪徳業者は、破格手数料でお客様を引き寄せます。
実際に手数料が激安ならご利用したいところですが、手数料を安く見せかけて他の手数料で多くの費用を徴収しようという手口です。

多くのファクタリング業者の2社間ファクタリングの手数料は、10~30%が相場となっています。
しかし、悪徳業者の手数料は5%ほどを提示していきて、破格の手数料をアピールします。2社間ファクタリングはコストとリスクを考えると5%ではできるはずがなく、おかしな手数料ということがわかります。

審査の時点で手数料を積み増しする

広告を見て安い手数料だと飛びついたお客様に対して、審査を行います。
その後、何らかの理由を付けて手数料を積み増しします。

初回のご利用だから、売掛先の信用が低いから、即日振込するからなどの何らかの理由を付けて、当初公開してた手数料より積み増しします。お客様は切羽詰まっているので、これらの理由を言われても仕方ないと思ってしまうものです。

半額以下の入金

悪徳業者は、更なる手数料を徴収してきます。
保証料や手付金など契約が進むにつれて様々な手数料を請求してきて、実際の振込金額から相殺していきます。100万円の売掛金に対して最終的に振り込まれたのは半額以下の40万円だったなどという話は、珍しくありません。

直接会いたがらない

ファクタリングは利用者の人柄が重視される傾向があるので、面談を実施することが一般的です。
しかし、悪徳業者は直接会いたがりません。

優良業者の中にはスピーディな審査とするために対面面談していない業者もありますが、悪徳業者も顔を見られたくない傾向があります。特別な理由がないのに面談をしたがらない業者は、疑いをかけるようにしましょう。

住所などの連絡先が不明若しくは曖昧

ファクタリング会社は、ホームページの会社概要で住所などの所在地を公開しています。
優良業者の場合は、堂々と本拠地を載せます。悪徳業者は足をつかれたくないので、公開していません。
また、載せていてもレンタルオフィスや私書箱、マンションの一室を使っている可能性もあり、その場合は信用できません。

あるいは、電話番号が携帯電話の場合は要注意です。悪徳業者は携帯電話のみを連絡先に使っている場合が多く、固定電話番号の記載がない場合は要注意です。

口座番号が企業名と異なる

悪徳業者は正式に存在しない企業だったり新規に設立したばかりの企業の場合があり、その場合は金融機関の口座開設ができない場合があります。

その場合、個人名や他の法人名、事業者名の買取口座を使っている場合があります。
正当な理由がなく振込口座名が会社名と異なる場合は、悪徳業者と断言することができます。

また、支払いの直前まで口座情報を教えてくれない場合も要注意です。
詐欺商売をしている企業は口座凍結されることがあり、直前まで口座情報を開示しない場合が多くあります。ファクタリングの契約書に口座情報の記載がない場合は、悪徳業者の可能性があります。

ネット上の評判が良くない

ネット上には様々な情報が行きかっており、ネット検索すればその企業の口コミで有料かどうかの判断をすることができます。少しでもおかしいと思ったら、悪徳業者と疑いましょう。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリング業者の中には、悪徳業者も潜んでいます。
あまりにも条件が良すぎる場合は、疑ってかかるようにしましょう。
ファクタリング業者はきちんと調べた上で、安心してお任せできる業者を選ばなくてはいけません。

ファクタリングの激甘審査!審査の流れを把握しよう!

ファクタリングは他の融資と異なり、審査の方法や内容が少し違います。
審査の流れを把握しておくことで、スムーズな審査と融資を受けることができます。
ファクタリングはどのような審査を行っていくのか、詳しくご紹介していきます。

ファクタリング商品の内容を細かく確認しよう

ファクタリングに申し込むことに先立ち、ファクタリング商品の内容を細かく確認しましょう。
ファクタリングをご利用しようと思われている企業は、急いでいる場合が大半です。
そのため、軽く内容を確認した上で申込みを検討する場合が多くあります。

急いでお金を手に入れたいのはやまやまですが、各業者の強みや手数料、評判などをしっかりと確認することは非常に大事となります。複数の業者を比較して相見積もりをして、条件やスピードなどを比べて判断しましょう。

申し込み

ファクタリング業者により様々ですが、電話申し込みとWeb申し込みの2つの申し込み方法があります。
Webで申込みをした際も、その後電話連絡することが一般的となっています。
必要事項を正直に記載して、送信をします。

電話連絡・仮審査

申し込み後、30分から1時間後くらいで、折り返しファクタリング業者より連絡がきます。
早く手続きをしたい場合はお客様から電話をすることも可能であり、その場合は先程フォームから申し込んだものですといえば話がスムーズに伝わります。

仮審査は、このような内容をヒアリングされます。

  • 会社名
  • 会社規模
  • 資本金
  • ファクタリング希望金額
  • 売り上げ規模
  • 業種
  • 売掛金額/売掛先会社
  • 希望入金時期
  • ファクタリング後の使用用途

仮審査では、利用会社や売掛先の実在組織の確認、希望金額の売掛金の枠内に収まるかの確認など、最低限の整合性確認を行います。

本審査

仮審査を通過すると、本審査となります。
仮審査にて口頭に伝えた内容が事実であるか銅貨を確認するために、書類を準備して審査を行います。

本審査に必要な書類は、これらとなります。

法人・事業の説明資料

会社に関する書類であり、会社概要やホームページ、パンフレットなどを印刷したものでOKです。併せて名刺を同封しておくと、より良いでしょう。この説明資料により、事業内容や会社規模、運営年数などを重点的に確認します。

過去の決算書

過去2~3期分の決算書が必要となります。この際、決算書が赤字で会っても何の問題もありません。
重視されるのは、定期的に売掛金が発生していて期日通りに入金されているかのサイクルの確認です。

資金繰り表や銀行口座

ファクタリング実行後、回復の予知や能力の有無を確認します。
多少の債務超過は大丈夫であり、1か月後の支払いまで会社が持つのかを確認されます。
回収の目途が立たない場合は、審査通過とならない場合があります。

売掛金証明書類

最も重視する書類であり、業務基本契約書や発注書、検収書、請求書、通帳のコピーなど、確認方法には決まりがなくどれでもOKです。

税金・社会保険関係書類

納税証明書や領収書、納付済み書などの、税金関係の書類が必要となります。
多少の税金の遅延程度は、多めに見てもらえます。
また、本審査では売掛企業の信頼性を確認するために、これらの情報もチェックされます。

登記情報提供サービス

ファクタリング利用者と取引先の両方をチェックして、商業・法人登記情報や債券譲渡登記情報など様々な情報をチェックします。

帝国データバンク

決算書や事業内容、銀行残高などの経営状況を調査し、スコアリングします。

東京商工リサーチ

会社情報をチェックし、判断します。
本審査に係る時間はファクタリング会社によりますが、即日~3営業日程度かかります。

契約

契約書ひな形を用意してくれるので、内容にしっかりと目を通して確認した後に署名・捺印をするようにしましょう。様々な書類返送があるので、時間を要しないようにスムーズに進めることが大事となります。

現金入金

契約書を締結したら、送金実行となります。
買取売掛金から手数料を差し引いた、現金が指定口座に入金となります。

売上金振込

2社間の場合は売掛先に口座変更通知をしないので、売掛金が入金となったらファクタリング会社に送金しないといけません。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリングの審査の流れを、詳しくご紹介いたしました。
ファクタリングは企業の資金調達なので、様々な書類が必要となります。
書類が全部そろわないと審査通過とはならないので、必要書類はあらかじめしっかりと用意しておくようにしましょう。

ファクタリング審査激甘!どんな基準で審査しているのか!

ファクタリングは激甘審査といわれていますが、間違いなく通過するためには審査の基準を把握しておくべきといえます。

ファクタリングは一般的なキャッシングや消費者金融会社の融資とは異なるので、金融業界の審査基準とは全く違います。どのような審査基準で判断をしているのか、詳しくご紹介していきます。

売掛金の種類

売掛金には2つの種類があり、定期的に発生しているものと突発的に発生しているものとがあります。
ファクタリングで優遇される売掛金は、毎月安定して入ってくる売掛金です。

毎月安定的に入ってくる売掛金なので、1か月分の前倒しをしても経営全体に打撃が少ないと判断され、売掛金回収に心配が発生しません。突発的な売掛は取引できないというわけではありませんが、リスクの対価が高く捉えられてしまうので手数料が高めとなってしまう場合があります。

二重譲渡の危険性

ファクタリング業者が1番恐れていることが、二重譲渡です。
既に他社に譲渡済みの売上債権の場合、回収が困難となってしまいます。

嘘のような話にも思えるかもしれませんが、二重譲渡どころか三重譲渡や四重譲渡を企む企業もあり、業界内で話題となっています。1つの売掛債権を複数のファクタリング会社に売り渡して資金を得るという流れであり、これは完全な犯罪となります。

差し押さえリスク

差し押さえリスクがある場合は、ファクタリングで費用を融資しても回収する前に国に没収されてしまう可能性もあります。

売掛先の属性

ファクタリングの売掛金は債権回収の代行という扱いとなり、1度利用会社の口座に振り込みとなってからファクタリング会社に送金される流れとなります。そのため、打ちかけ先会社の信頼性を徹底的に調査します。

調査の方法は、帝国データバンクや商工リサーチ、行政機関所持の登記情報開示などにより秘密裏に進めていきます。また、ファクタリング会社によっては風俗業界やギャンブル業界、反社会的勢力などの取引は難色を示す場合もあります。

診療・介護報酬債権

調剤や歯科を含む医療報酬債権は非常に信頼性が高いので、ファクタリング会社は大歓迎です。国民健康保険団体と社会保険史料報酬支払基金からの入金があるので、焦げ付く心配がないといわれています。

債権譲渡通知によって、3社間ファクタリングと同様に振込先をファクタリング会社の口座に指定することもできます。そのため手数料を安くすることができ、1~5%程度とすることができます。

入金までの期間が60日以内

一般的な会社の請求書は、末締め翌月末払いや、末締め翌々月末払いの2つが大半です。
そのため、長くても60日間となるので、60日を超える売掛債権のバイアは怪しいと判断され、ファクタリングの審査落ちとなってしまう場合があります。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリングの審査は、このような詳しいチェック項目にて審査を行っています。
これらの内容を熟知して、間違いのない審査通過としましょう。