ファクタリング 相談 少額

ファクタリング相談|少額のファクタリングにも発生する返済の厳しさ

便利な資金調達方法にファクタリングがあり、少額ファクタリングも多くの方がご利用されています。
便利な資金調達のファクタリングは、使い方を間違ってしまうと悩みとなってしまうこともあります。

それは、返済の厳しさです。
ファクタリングの返済が厳しくなってしまい相談をしている方は、少なくありません。
少額ファクタリングに発生してしまう悩みである返済に関して、ご紹介いたします。

便利でも不安へと変わってしまうことがあるファクタリングの返済

ファクタリングは後に貰う売上を前倒しでもらえるので、資金調達が厳しい時は本当に助かります。
この非常に助かるファクタリングですが、1つ歯車が狂ってしまうと返済に困ってしまうことがあります。
それは、売掛金よりも前倒しで受け取る金額に差があることです。

ファクタリングを行う際には、ファクタリング業者に手数料を支払わないと行けません。一般的に、10~20%ほどかかります。10万円の売掛金の場合に20%の手数料がかかる場合、手数料は2万円となり最大8万円の支払い金額となります。

売掛金として10万円もらえるはずの金額が、ファクタリングを使うことで8万円と少なくなってしまいます。ただでさえ少額の売掛金だったのに、その10万円あ8万円に低くなってしまうというのは、とても大きな違いを感じます。

手数料の20%は高価に感じないかもしれませんが、この金額を金利に換算すると100%超えです。思いのほか、とても高い金利をご利用しているようなものです。ファクタリングは融資ではありませんが、手数料はものすごく膨大な資金調達となることを覚えておきましょう。

少額ファクタリングの膨大な手数料に困らないための対処方法

少額ファクタリングで膨大な手数料に困らないようにするためには、これらにポイントでファクタリングを検討するようにしましょう。

手数料が低いファクタリング会社を選ぶ

まず1つは、極力手数料が低い業者をご利用することです。ファクタリング業者の手数料は、業者によりマチマチです。少額ファクタリングを行う業者は手数料が高い傾向があるので、少しでも手数料が低い業者を選択するようにしましょう。

売掛金の支払期限が60日ギリギリのものを選ぶ

売掛金の支払期限が60日ギリギリのものでファクタリングを申し込むことで、支払うまでの期限が長くなります。その間、費用に余裕を持たせておくことで、60日後の支払いの際も支払いに困ることが少なくなります。

売掛金の支払いの分割払いはできない

ファクタリングの支払いに厳しくなったら、分割で支払いができないかと思う方もいます。
ファクタリングの返済は、分割支払いは行っていません。
一括でしか支払いができなく、売掛金の入金後に一括で支払いを行います。

分割払いの支払いを望む方が多くいらっしゃるのですが、ほぼできません。
支払いができない時に業者と相談することで分割が可能になることもあるようですが、ほぼ稀です。
原則としては一括で支払いをしないといけないので、分割払いでどうにかならないかという考えは捨てるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
少額ファクタリングは、支払いに苦しくなったという相談を多く見受けます。
これらのポイントを熟知することで、支配に困らずスムーズなご利用ができます。
約束通りに支払いをし、便利に効率的にファクタリングを利用をしましょう。

少額のファクタリングの相談はどこにしたらいいの?

ファクタリングはある程度まとまった金額の売掛金が必要となりますが、少額売掛金もファクリングの利用ができます。

少額のファクタリングの相談は、どのような業者に目を向ければよいのでしょうか。
少額ファクタリングが相談できる業者選びのポイントや特徴などを、まとめてみました。

少額ファクタリングが相談できる業者選びのポイント

少額ファクタリングの相談が可能な業者選定は、この様なポイントで探してみましょう。

少額可能の記載がある

ホームページなどに少額OKや小口専門と記載があるファクタリング会社は、少額ファクタリングを受けることができます。ホームページには必ず取扱金額が記載されているので、チェックしてみましょう。

独自審査を行っている

独自審査を行っているファクタリング業者は、少額ファクタリングに対して非常に柔軟的な審査を行います。

少額ファクタリング相談先の特徴

少額ファクタリング先の相談ができる業者というのは、条件が良くない感じを受けるかもしれません。
実際に少額ファクタリングを受けている業者をチェックしてみると、このようなメリットがたくさんあります。

95%の掛け目

ウィットでは、30万円の売掛金を95%で買取をした実績を公開しています。
入金額は285,000円で、ほぼ万度に近い資金調達となっています。
少額なので非常に少ない手数料となってしまうのに、とても良心的だといえます。

非対面方式

ウィットは、電話とメールのみのやり取りで手続きを行い、非対面で契約まで行うことができます。
非対面を表にしていない業者がほとんどなので、なんらかの対面手続きがあるのが一般的となっています。非対面であれば忙しくても申し込みができるので、非常に便利です。

Webで24時間受付

アクセルファクターやえんなびは、Webで24時間受付をしています。
仕事で忙しい人にとって、24時間受付しているのは非常に助かるポイントです。

24時間電話対応

えんなびは、Webだけではなく電話対応も24時間行っています。Web申し込みも非常に便利ですが、やはり電話で話さないと不安と思う方には、24時間電話受付は非常に助かります。

最短即日入金

えんなびは、受付時間によっては、即日資金化とすることができます。
他のファクタリング業者は数日~2週間ほどかかることをふまえると、大変スピーディーで助かります。
明日資金を使いたいなどの急ぎの資金調達には、大変便利です。

利用金額を抑えて利用すべき

ファクタリングというのは、買取金額が高ければ高いほど手数料が低くなります。
少額ファクタリングは売却売掛金が少ないので、手数料が高めとなってしまうこともあります。
しかし、上記に挙げたように掛け目が低い場合でも、借入額は最小限にした方がリスクは低くなります。
手数料は利息を同じ余計なコストであるので、極力最低限にするということが大事となります。

また、はじめてのファクタリングのご利用の際は審査が厳しめですので、最初は少額でご相談をして審査に通るという目標をクリアするようにしましょう。1度ファクタリングに通過していると、2回目は通過しやすくなり手数料も低くなることもあります。

いかがでしたでしょうか。
少額のファクタリングの相談は、このような業者にお願いすることでご利用ができる可能性があります。また、様々なポイントに目を向けて、最高のファクタリングとするようにしましょう。

少額でも相談すべき!ファクタリングのメリット

ファクタリングといえば、まとまった売掛金での取引というイメージがあると思います。
しかし、少額でもご利用ができます。

少額の資金調達を考えている場合は、是非ファクタリングに相談をしてみると良いでしょう。
ファクタリングにはどんなメリットがあるのか、詳しくご紹介いたします。

ファクタリングを利用すべきメリット

このような数多くのメリットが、ファクタリングにはあります。

素早い現金化とすることができる

ローンを受けるとなると審査に時間がかかってしまいますが、ファクタリングの場合は素早い資金調達とすることができます。

金融機関によっては即日現金化とすることもでき、長くかかっても数日で現金化とすることができます。
たった数日で費用調達ができるので、すぐに費用調達しないといけない場合も助かります。

借金ではない

ファクタリングは、後に支払ってもらうはずの売掛金を前もって買い取ってもらい、前倒し似て現金化とする方法です。

元々もらうはずのお金を前倒しで調達するということですので、借金ではありません。
前倒しでファクタリング会社に支払ってもらい、後に期日に支払ってもらった売掛金の支払いを受けたらそのお金を使ってファクタリング会社の支払うことでやり取りが済みます。借金ではない資金調達方法ですので、他の資金調達方法よりもリスクはとても低いです。

審査が柔軟

ファクタリングにも審査はありますが、審査の対象は申し込んだ企業ではなく売掛先の業者です。
売掛金への信用取引となるので、売掛先の業者の審査を行います。申し込みをした企業には一切審査は入らないので、ブラックなどの事故情報があっても全く審査には影響しません。

金利が無い

ファクタリングは金銭の取引ですので金利はなく、その代わり手数料が取られます。
10~20%の手数料は金利にすると100%以上となり高いですが、計算をすると融資よりお得となります。

例えば、10万円の融資を3年間受けた場合に年12%に金利で計算をすると、約12,970円の利息となります。10万円のファクタリングで10%の手数料を支払った場合は、100,000円が手数料となり、ローンよりも少ない手数料となるということになります。

保証人は担保が不要

売掛債権売却ですので、借金ではありません。
現金の借入ではありませんので、保証人や担保の必要はありません。

簡単手続き

売掛先の入金の確実性が問われ、そこを調べる審査を行います。
そのため、あまり審査をする項目がないので、審査にかかる時間が早めです。
ファクタリング会社によっては、当日中に審査結果が出るところもあります。

売掛先に知らせずに取引ができる

2社間ファクタリングの場合、売掛先である取引先にファクタリングの事実を知らせることなく取引ができます。ファクタリングを利用したくても、取引先に知られるのが嫌だという方もいると思います。

2社間ファクタリングは、売掛先に知られることはありません。
申し込みをした企業とファクタリング会社の2社のみで、取引を進めます。

売掛金回収不能の場合でも負担が発生しない場合もある

ファクタリングの多くは、償還請求権なしの契約となっています。
償還請求権というのは、売掛先に取引先が資金回収前に倒産をしてしまった場合、資金回収が不可能となってしまった場合でも申し込んだ会社に負担がかからない権利です。

ファクタリングのデメリット

一方、便利なファクタリングにも、このようなデメリットがあります。

手数料の発生

ファクタリングを行う際、ファクタリング会社に手数料の支払いが発生します。いわゆる、融資の金利に該当するような金額です。業者により少ない手数料や膨大な手数料の場合もありますので、手数料はしっかりとチェックした上でご利用を検討すべきといえます。

債権譲渡登記の作成が要求される場合がある

債権譲渡登記というのは、権利が移動したことを証明する書類です。
ファクタリングの業者によっては、この書類が必要となることがあります。登記には費用がかかり数万円かかることもありますので、必要なのか銅貨を事前にチェックしておきましょう。

いかがでしたでしょうか。
これらのメリットをチェックしてみると、少額でも利用すべきといえます。
借金ではないので、ローンと比べると利用したい要素が多くあります。
審査も時間がかかりませんので、早く資金調達とできます。

少額ファクタリングのトラブルの相談は弁護士に相談しよう!

少額でファクタリングをご利用している人が増えましたが、トラブルの数も少なくありません。
トラブルに巻き込まれてしまって不安な場合は、弁護士に相談をしましょう。

ファクタリング問題に詳しい弁護士は増えてきている

年々ファクタリングの認知度が高まってきていることにより、ファクタリングトラブルに詳しい弁護士が増えてきています。ファクタリングのトラブルに強い弁護士は、法律事務所のホームページにファクタリングという文字が必ず記載されています。

また、ファクタリングに対応できる弁護士というのは、都市部に多い傾向があります。
地方の方でも全国対応の弁護士がいますので、そのような弁護士に依頼するようにしましょう。
不安や納得ができない場合は、すぐに弁護士に相談をするようにしましょう。

トラブルが発生する前でも不安な場合は相談をしてみよう

トラブルが発生する前でも、気になることがあれば弁護士は相談に乗ってくれます。
ファクタリングを受けようと検討している状態は、資金繰りに焦りが出ている時です。

お金に焦っている時は細かい部分に目が行きにくく、トラブルに巻き込まれやすくなってしまうものです。ファクタリングを行いたくても迷いがある場合は、弁護士の冷静なアドバイスをもらうようにしましょう。

ファクタリングに発生しがちなトラブル

このようなトラブルが発生することがありますので、注意しましょう。

債権の二重譲渡

ファクタリングに使う売掛債権は、1回につき1つの売掛債権と決まっています。しかし、他のファクタリング業者からも資金調達をしたく、二重に債権譲渡をしてしまう方も稀ですがいます。

1度に2社以上の債権譲渡を行った場合、委託物横領罪という犯罪となってしまいます。1度ファクタリング会社に委託した債権はファクタリング会社に権利があるので、申し込み者が勝手に他のファクタリング会社に譲渡してしまうことは横領となってしまいます。

よくあることといえば、悪徳業者にうながされて二重譲渡を行ってしまうパターンです。二重譲渡に気付いて困ってしまった場合は、弁護士に相談をして方的な面でしっかりと解決してもらいましょう。

勝手に売掛先に債権譲渡通知を送ってしまう

債権譲渡通知というのは、債権者(ファクタリングの申し込み者)が売掛先に送付する書類です。
そのため、ファクタリング業者には債権譲渡通知を送る権利はありません。

このような勝手な行動を起こすのは、悪徳業者の手口です。
債権譲渡通知にサインや捺印を求めようとしてくる場合は、絶対に応じてはいけません。
なぜ必要なのかを問合せするようにし、それでも送ろうとする場合は弁護士に相談をしましょう。

ファクタリング業者への支払いができない

前もって支払ってもらったファクタリング額は、予定通り支払ってもらった売掛金を使ってファクタリング会社に返済します。しかし、他の支払いに回したいなどの理由により、返済ができないというケースもあります。

会社経営をしていると資金繰りに困る場合もありますが、絶対に返済はしないといけません。
返済ができない場合は、弁護士に相談をすることにより支払いの仕方のサポートをしてもらえます。
分割にするのか債務整理をするのか、様々な提案をしてもらえます。
間違っても、支払わずに放置してはいけません。

契約内容に後に納得いかない部分を見つけてしまった

契約の内容を前もって把握せずに、契約をしてから納得いかないことを見つけてしまうことがあります。
そんな場合は弁護士に相談をすることで、契約解除などの良い案を提案してくれます。

債権の売却金額が入金にならない

嘘のような話ですが、悪徳業者に引っかかってしまった場合、予定の入金日に入金が無い場合もあります。これは詐欺ですので、必ず弁護士に相談をしましょう。

司法書士に相談をしてもいいのか

司法書士は、取り扱いできる金額に制限があり、100万円以下の少額の場合は対応?が可能です。
しかし、トラブルには司法書士は対応ができませんので、やはり弁護士の方が適しているといえます。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリングはトラブルに巻き込まれてしまうこともありますが、そんな時は弁護士に相談をしてしっかりとした対応を取るようにしましょう。難しい話はご自分で安易に決めず、専門家の意見を参考にすることがとても大事となります。

少額のファクタリングの疑問ポイント!専門家に相談をしたい疑問

少額のファクタリングならではの相談したい様々な疑問というのは、ご利用検討に際に様々出てくると思います。疑問点があるとご利用が不安になってしまうので、解決した上で利用したいものです。
少額のファクタリングご利用の際に疑問に思うことを、詳しく解説していきます。

少額ファクタリングは審査が厳しいのか

少額だから審査が厳しいということではありません。
少額を扱っているファクタリング会社の場合は、少額だからということは一切関係なく審査の対象となります。少額の場合は手数料が少ないので敬遠されるという話もありますが、少額専門の業者であればそんな心配は一切ありません。

取引信用保険とはどう違うのか

ファクタリングと似たようなものに、取引信用保険というものがあります。
取引信用保険というのは、取引先に保険をかけて債務履行が発生した際に保険金が支払われる保険です。
対象となる相手にも違いがあり、取引信用保険は全ての取引先が対象となります。

評価が高い売掛債権はどのようなものなのか

評価を高くできる売上債権というのは、債権先の信用度が高い売掛債権です。
間違いなく売掛債権の改修ができると判断ができる、リスクの低いものです。

信用性が高ければ、当然手数料もお安くなります。
企業として大きくしっかりとしている場合は、売上債権の評価は非常に高くなります。
逆に名が知れていない企業や個人相手の売掛債権の場合は、評価は低くなってしまいます。

赤字でも利用できるのか

申し込む企業が赤字決済でも、全く問題なく申し込みができます。
その理由は、売掛先の審査が主となるので、申し込む企業の赤字状態は全く関係ないからです。
前倒しをして売掛債権を買い取ってもらう流れですので、後に売掛債権が予定通り支払いになってファクタリング業者に支払うことが大事であり、間違いなく売掛債権の支払いができるのかが重要です。

売掛先が赤字決済の場合は、後に売掛債権が支払われるのかが疑問となり、審査通過しない場合があります。しかし、申し込む業者の赤字というのは全く関係ありません。

どんな業界にてファクタリングをご利用しているのか

ファクタリングを実際にご利用している業界や業種の多くは、建設業界や人材派遣業界、アパレル業界、介護・医療業界などがあります。組織がしっかりしている業界や売買が上手く回っている業界であれば、審査基準は低くなります。

もちろん、安定した収入の個人事業主もご利用されていることも多く、まさに少額ファクタリングにて便利にご利用いただいております。

売掛先にファクタリングの利用は知られるのか

ご利用の際にひそかに気になることといえば、使う売掛債権先の業者にファクタリングを行うこと知られないのか?ではないでしょうか。売掛先の取引先には、影響が出てしまうのでしょうか。知られるとお金に困っているように思われてしまい、今後の取引がしにくくなってしまいます。

2社間ファクタリングの場合は売掛先の業は入らないので影響はありませんが、3社間ファクタリングは売掛先の業者も取引に入る3社という意味です。そのため3社ファクタリングを利用すると、売掛先にファクタリングの利用が知られてしまいます。3社間ファクタリングの方がかかる手数料がグッと低いのですが、売掛先に知られてしまうということで2社間ファクタリングの方が需要が多くあります。

相手側に知られたくない場合は、2社間ファクタリングの方が適しているといえます。少額を取り扱っている業者の中では2社間ファクタリングを取り扱っている業者も多いので、売掛先に知られずご利用ができます。

ファクタリングには詐欺はあるのか

ファクタリングは融資ではないので、貸金業法の規制は一切受けません。
その抜け穴により、詐欺も横行しています。闇金やファクタリング業者を名乗って、市場に出回っている事実です。ファクタリングの審査に通らない弱者を捕まえて、高い手数料で利用させるという流れです。

少額ファクタリングの場合は受け入れない業者も多々あるので、ついつい詐欺業者に関わってしまうことも少なくないようです。それでもいいと思って利用すると、手数料だけを取られて振込にならないなどのトラブルが発生してしまいます。詐欺に遭わないように、まずはその企業のホームページを確認しましょう。

詐欺業者の場合は、ホームページが無いか若しくはまともなホームページの内容とはなっていません。
また、半分以上手数料として請求される場合も、詐欺の可能性があります。

いかがでしたでしょうか。
少額をお願いしたい企業には、気になる疑問も多かったと思います。
少額だからといって不利というわけではなく、便利にご利用している方も多くいらっしゃいます。疑問点を解決して申し込みをし、少額ファクタリングを成功させましょう。