ファクタリング 少額 相談

少額ほど売掛債権現金化の手数料を抑えたいのは本音

ファクタリングでの資金調達では、売掛債権を現金化することで実現します。
かつては大企業しかできないファクタリング会社が多かったのですが、最近では少額の売掛債権、中小企業などでもファクタリングに対応することができます。

少額ファクタリングの注意点

売掛債権の金額が小さい場合、手数料は割高になります。
ファクタリングでは100万円以下では少額に入ります。
現在は数十万円単位のファクタリングも始まっているのが事実です。

1000万円と100万円で10%の手数料がかかるとすると、手元に残る現金は900万円と90万円です。
それが、30万円になると27万円です。このように、手数料の割合が高くなってしまうことは否定できないことです。それを踏まえて、現金化のためのファクタリングの可能性を検討してください。

手数料は抑えたい

売掛金が少ない売掛債権では、契約の時に提示される手数料をできるだけ低くしたいのは本音です。
この手数料に関しては取引先との関係と信用情報が大きな鍵を握ります。
売掛債権は、それだけで価値があるもので、取引先の入金で完結するものです。
支払いの可能性が高いほど、信用情報が良いほど手数料は低くなります。
まずはこれが1番です。

もう1つは、取引先に対して、今現金がほしいので、ファクタリングを実行すると宣言。
取引先では、支払い期日に直接ファクタリング会社に行う方法があります。
ファクタリング会社のホームページでは、最低手数料2%などの宣伝文句がありますが、その方法がコレです。取引先の信用が高く、直接回収ができることで、現金化をしても損が少ない、回収リスクが低くなることで手数料を抑える事ができます。

これを3社間ファクタリングと言います。
ベストな方法ですが、取引先に対してファクタリングの可能性を告げることは、自社の経営不振を匂わすことです。それは回避したいのであれば、手数料の最低基準にはならないです。

まずは相談が良い

取引先にファクタリングを告げないで、ファクタリング会社との現金化は、2社間ファクタリングになります。取引先の信用情報が良いとして、支払い後の入金までの信用担保として、どうしても手数料は高くなります。しかし、取引先にはファクタリングの事実もなく、自社の懐事情もバレることはないです。

ファクタリング業者としては、取引先の信用が高いほど損はしない計算ができます。
それが3社間であればより手数料も低くできますし、2社間ではそれなりの対応になるわけです。
ファクタリングの成功、特に手数料を低くしたい少額売掛債権の場合は、自社と取引先の関係が影響する内容になります。

提携先にしてもファクタリングをするくらいなら、経営が危ない?そんな危惧を与えかねないのですが、ファクタリングOKと言える関係なら、手数料を低いままでの現金化が実現します。

売掛債権回収のファクタリング 債権回収会社との違い

ファクタリングとよく似た業務をするのが債権回収会社です。
共通しているのは、債権の買取内容があることですが、その対象が大きく違います。
いずれも資金調達方法の1つであることには違いないですが。

ファクタリング

支払い期日前の売掛債権の保証や買取をするサービスです。
民間会社だけではなく、銀行や信用金庫の取扱もあります。この内容では、融資ではないため審査も厳しくなく、現金化がスピーディーに行われます。以前は、中小企業以上が対象でしたが、最近では個人事業主、少額のファクタリング相談にも対応しています。

保証と買い取りの種類があり、保証ファクタリングでは、新規の取引先などで売掛債権の回収ができない時に、一定保証範囲内で、支払いができます。得意先としての関係ではなく、新規の取引先だったり、支払いに不安な場合に便利です。

債権回収会社

債権回収業務、いわば借金の取り立て会社ですが、法務大臣からの許可を得ることが必要です。
支払い期日を過ぎた特定金銭債権の買取ができます。不良債権の回収の前に債権の現金化ができます。このように回収対象やタイミングが違います。

いずれも債権の現金化が実現することですが、今ある売掛債権の期日現金などでのタイミングが、依頼会社が違います。

信用調査も行う

ファクタリングでは、業者は取引先の与信限度額を確認することになります。
この業務こそ、会社の見えない信用度を確認することができます。
売掛債権が発生する関係性はあるものの、得意先になるまでの信頼度を図るため、信用調査をファクタリングに依頼で切るのも大きなメリットです。

信用が高いとファクタリングの手数料が低くなり、反対に高いことで回収リスクから手数料が高くなります。今後の取引の検討材料にも貢献することで、健全経営の一助となります。

事業資金の回転

売掛債権は先の支払いの約束です。実際に入金されることで、儲けとなるのですが、その間の運転資金が減少で、黒字倒産の危険性もあります。

銀行など金融機関の融資では、審査に間に合わない。
少額の売掛債権しかない中小企業や個人事業主では、融資そのものが実現しない場合も多いです。
そんな時には、少額であったとしても売掛債権の現金化をすることで、期日現金を待たずにキャッシュフローができます。

債権回収

ファクタリングでは、債権回収ができることで先に現金化を作る事ができます。
その時に信用調査なども行う探偵会社的な内容もあり、事業者としては、取引先を知る良い機会でもあると言えます。

多額のファクタリングではなく、少額売掛債権の相談も始まっています。
国でも資金調達方法として、中小企業のファクタリングを推進していることもあり、融資の形ではない、安定してファクタリングでの事業資金の調達がスタンダードになりつつあります。

ファクタリング会社の種類と比較のススメ

ファクタリング会社と一口に言っても、いくつか種類があります。
少額のファクタリングに対応しているのが、独立系のファクタリング会社です。

独立系ファクタリング会社とは?

会社そのものの事業規模が小さいです。
数十万円からの少額の売掛債権に対応していて、2社間ファクタリングを得意としています。
これは、3社間ファクタリングでは、手数料が低くなりがちで、2社間ファクタリングで多少手数料がほしい事情があります。

それだけではなく、提携先や取引先にファクタリングの事実を告げることなくキャッシュフローができる。そのことが会社の信頼を保つことができ、会社間のトラブル防止にもなります。
中小企業だけではなく、個人事業主では高い手数料を払ってでも受けたいサービスです。

手数料が割高になってしまうのは、取引先の信用問題であることも多いです。
事業資金を融資に頼る事ができない経営者にとっては、それでもほしい現金の場合にはとても便利です。
少額のファクタリングのメリットとして、即日融資である場合が多いです。
現金も用意しやすいこともあります。

他のファクタリング会社とは?

金融系ファクタリング会社と企業系ファクタリング会社です。
金融系ファクタリングとは、銀行やノンバンク関連の会社です。
大企業を相手として、3社間ファクタリングが前提になっていて、審査ハードルは高いです。

ただし、手数料も割安であり、従来からのファクタリングの形です。
1000万円以下の売掛金には対応していないことが多いです。
企業系ファクタリングは、関連会社同士のファクタリングをしています。
審査も柔軟ですが、一般向けの対応をしていない身内同士のファクタリングになっていることが多いです。

少額ファクタリングのメリット

デメリットは手数料が高いことですが、債権譲渡登記を取引先に言うこともなく、審査完了後の入金が早いです。売掛先が倒産した場合の支払い義務がなく、売掛債権そのものが無駄ならないです。

取引先の信用を保ったまま、売掛債権の現金化が速やかに行われる。今現金があることで、事業資金で経営が安定する意味で言えば、少額売掛債権対応の独立系ファクタリング会社が最適です。

査定の形で、相談が可能です。
インターネット対応で、相談だけでも行なっていて、比較検討もできます。
一番高い買取(=安い手数料)を選択することができますので、時間はかかりますが、契約までは業者を見極めることをオススメします。

ファクタリング業者を選ぶ 少額売掛債権の相談ができましたか?

少額の売掛債権をファクタリングしたい。その時にファクタリング業者の対応にも差が出ます。

無料相談対応

事業資金についての相談ができる業者も多いです。
この場合、ファクタリングに使いたい売掛債権があるものの、その現金化で事業がどう回転するかを見極める相談ができます。特に中小企業や個人事業主にとっては、開業間もない、要項活用の観点を誤っている場合も少なくないと言います。目の前のお金にこだわることで、キャッシュフローが無駄になることがあります。

大切な売掛債権であり、ファクタリングではそれなりの手数料で100%を手元に置くことができないです。だからこそ、資金繰りの方法だけではなく、事業改善の方策などを指南できるファクタリング業者の存在は大きいです。

多額も少額も対応

最近では、独立系ファクタリング会業者でも、少額ファクタリングを始めましたというところもあります。ファクタリングの多くのノウハウを持ち、経験豊かな対応が期待されます。
資金回収にしても、個人事業主ではとてもできない内容でも解決する案件もあります。

期日現金の時期を過ぎた場合は、債権回収会社の依頼であり、ファクタリングではない方法もあります。
もう回収ができない売掛金の対応の相談もできますので、できればネームバリューがあり、老舗の多くのファクタリング経験がある業者の依頼が良いです。最初から少額ファクタリングだけで行う即日融資の会社も最近は多いですが、老舗のファクタリング業者の信頼感は違います。

ファクタリングサービス提供会社の逮捕

2017年悪質ファクタリング業者の逮捕のニュースがありました。
ここは、簡単な手続きでなんと契約書もなく、インターネット対応で即日融資。
そこまでは良いのですが、実質50%近い手数料をだまし取っていたことで逮捕に至ったと言います。

契約書もなし、提出書類もなし。
申込した経営者は、審査が通らないブラックであり、ファクタリングも少額売掛債権を持って途方にくれていたと言います。そんなに高い手数料だけど仕方ないと、2社間ファクタリングに応じたのですが、しっかりと取引先にもファクタリングの事実を告げて、内容が明らかになったということです。

提携先の会社の信用もガタ落ちで、売掛債権も半値。踏んだり蹴ったりということですが、どうしてもブラック経営者などでは、このような悪質な業者に捕まりやすいので注意が必要です。

審査では

取引先の信用が第一ですが、申込者のずさんな会計だったり、いい加減な経営では、ファクタリングが成立しないこともあります。融資の審査ほど厳密なことはないのですが、最低限会計処理はきちんと行い、赤字は隠すことはないですが、申込者の信用だけは得られる環境である必要はあります。
債権譲渡後では、売掛債権を取り戻すことができないので、業者選定はきちんと行うことが必要です。

ファクタリングの前に、経営相談も必要な場合も

ファクタリングのトラブルに関しては、弁護士に相談ができます。
一時的な資金調達としてのファクタリングは便利ですが、自転車操業的な使い方は危険です。
2社間ファクタリングにはしたものの、手数料が高くて、ファクタリング会社に支払ができない事になったら、大変です。

ミイラ取りがミイラに

ファクタリングは、持っている売掛債権を現金で買取をしてもらい、すぐにキャッシュフローができるシステムです。期日現金ができ次第ファクタリング会社に支払う。これが義務です。

融資と似ているのは、支払い部分ですが、先に受け取った現金は、先払いしてもらったお金です。
契約書でも債権譲渡で現金をもらっているので、支払いはしなくてはならないです。
しかし、それができないとなると、とても大変な事態です。

詐欺罪になる?

ファクタリングの契約書を取り交わす段階では騙す目的ではないので、実質詐欺罪ではないです。
どうしてもファクタリング業者に支払い事ができない場合は、弁護士を通して保証人などを立てて、交渉してみましょう。

弁護士回答ではその対応はしてくれるのですが、ファクタリング業者の対応は不明です。
詐欺罪だけで訴えられることはないですから、そこは安心してください。

ファクタリングの利用の前似

事業資金のキャッシュフローの調達としては、中小企業や個人事業主の少額売掛債権でもOKの業者が増えています。少額の売掛債権では手数料が高いことは承知になっていて、高く買取をしてくれるとホームページにあったとしても、結果的には現金が多く入らないことで、ファクタリングを後悔しているケースも見られます。

トラブルでは、弁護士などに相談ができますが、とにかくすぐに契約書は交わさないことです。
同じ条件でのファクタリングを数社比較検討をしてみて、そのなかから選択をするようにしてください。

新進のファクタリング業者で、少額売掛債権専門のところも多いです。
事業者としては、ここはきちんと見極めることが必要です。個人事業主では、売掛債権も少ない上に手数料が高くなることも少なくないです。それなら、多少高いビジネスローンでも、月負担が少ない返済で頑張っていた方が良い場合もあります、

資金調達方法として、ファクタリングは魅力的な部分は多いですが、売掛金によっては、対応しないほうが良い、選択ミスの場合もあります。経営も含めたコンサルティングができるようなところの無料相談などで、ファクタリングの可能性を検討するのもありではないでしょうか?