ファクタリング 相談


ファクタリングって何?資金調達方法の1つです

ファクタリングとは、資金調達の方法ですが、主にキャッシュフロー目的のためのものです。
ファクタリングができるのは売掛債権がある場合のみです。

ファクタリングとは?

売掛金がある仕事をしている、取引会社と数カ月先に支払いの契約をしている場合、仕事はあるけれど現金が手元にないことがあります。

黒字経営、経営は順調なのに、キャッシュフローがないことで資金ショートになってしまう。
そんな時に、ファクタリングの方法で、売掛債権を先に現金ができることがあります。
取引先としては、支払いが先になることではなく、ファクタリング会社が間に入って現金化をすることを言います。

自社がA社、取引先がB社。
売掛債権が1ヶ月後の20日に約束しているのですが、どうしても1日に現金がほしい。
その時に、ファクタリング会社C社がA社とB社の間に入り、A社に売掛債権の何割かの現金を出すことができるというのがファクタリングです。


B社にはどうする?

ファクタリングには、B社にもファクタリングの内容を知らせる3社間ファクタリングとB社には内緒で行う2社間ファクタリングがあります。どちらにするかは自由ですが、B社も巻き込む3社間ファクタリングの方がキャッシュフローの割合が大きくなります。

どのようなファクタリングにするかは、A社の自由選択になります。

融資ではない

ファクタリングは、銀行融資、ビジネスローンなどではないです。
現金になっていない売掛債権、売掛金を先に現金化するだけの話しです。
ですから、返済も必要なく、ファクタリングした時だけのキャッシュフローです。

最近では、経済産業省も中小企業のファクタリングでのキャッシュフローには推奨していることもあります。したがって、ファクタリング会社も数多く生まれており、特に中小企業を中心にファクタリング出、資金調達の方法が始まっています。返済がないことから、ここで言うA社にしても、負担なくキャッシュフローが獲得できるということです。

国内のファクタリング会社は、大手、老舗、中小、新規の会社が多いです。
取り扱う件数、売掛金も違いますから、口コミなども参考にしてください。
電話で簡単に契約できる場合もありますが、必ず面談での金融相談が必要な場合もあります。

口コミばかりではなく、自身で探すことも必要であり、ファクタリングサービスに関しては、良く確認が必要でしょう。取引先に教えない3社間ファクタリングに関しては、手数料が大差が出ますので、ここも確認が必要です。


ファクタリングの審査について 中小企業の悩みどころ

ファクタリングの利用を考える場合、事業資金が不足して、銀行融資ができない場合が多いでしょう。
そこで迷うのが、ビジネスローンにしようか?という点でしょう。

ビジネスローンとの比較

ビジネスローンとは、借金です。
しかしファクタリングは、売掛債権を早期に現金にするだけなので、返済がないです。

では、借金ではない?ということですが、ファクタリングの契約内容では、必ず手数料が存在します。
100%の売掛債権を現金にできないことで言えば、必ず手数料を引かれた状態になります。
そのパーセンテージが、審査によって変わってきます。


ファクタリングの審査とは?

詳細に審査されるのが、取引先になります。
これは、売掛債権の支払が取引先が行うものであり、「確かに支払い」ができる取引先の信用情報が大きな問題になります。

もともとファクタリングは、大企業どうしが行う内容であり、最初はグループ会社内でのファクタリングがスタンダードでした。グループの会社ですから、支払いの保証は確かな内容です。

しかし、いつしか資金調達方法としてファクタリング会社が存在して、グループ外でも支払いがしっかりとしているのなら、売掛債権の現金化ができる会社が存在して、それが商売となっています。

そこで、取引先の信用情報で確かであれば、手数料も低いのが特徴です。
公共機関だったり、大企業を取引先としている場合、手数料が下がるという内容です。
もちろん申込した会社の信用情報も必要です。

審査の甘さと手数料

審査と言えば、融資です。融資では、甘い審査になるほど金利が高くなりますが、ファクタリングでは、この金利の部分が手数料だと思って良いです。

そして、その審査の中心が取引先の信用になります。
今まで順調に取引をしているという事実だけではなく、ファクタリング会社では、独自のルートで審査をします。取引先がネームバリューがあり安定しているほど、手数料が低くなります。

信用がない場合は、なかなか難しい取引になったり、ファクタリングができない状態もあります。
このままだと売掛債権がただの紙切れになりますというリスク管理もできる場合もあります。

自身の審査

金融事故がある会社でも融資に審査落ちだけど、ファクタリングでの資金調達も可能です。
しかし、かなり金融事故の内容もひどい場合はファクタリングができない場合もあります。
税金を支払っていないとか、債務整理の真っ最中などの経営者では、信用が低下している時のファクタリングは困難になる場合もあります。

債権譲渡登記、譲渡契約なども存在していますが、あなたの会社の信用は相当低いのでという場合のファクタリングはしない方が良いです。弁護士回答などで、資金の調達、会社の整理なども検討する時かもしれないです。法人と個人事業主では場合が変わりますが、足元を固めることも必要でしょう。


2社間ファクタリングの手数料について

ファクタリングの相談は、主に2社間ファクタリングになることが多いと言われています。

2社間ファクタリングとは?

A社とB社が存在しています。
そこにファクタリング会社が入り、A社が持つ売掛債権の現金化をしたいとします。
B社に対しては、ファクタリングの事実を告げずに、売掛債権譲渡契約をファクタリング会社と締結をします。この時に、所定の手数料をとった上で、A社はキャッシュフローができます。
その後、B社からの入金があって、ファクタリング会社に入金をします。

しかし、B社が倒産してしまった場合、ファクタリングへの入金ができないとしても良いです。
ファクタリングでは、このようなメリットもあります。
ですが、すでに取引関係にあるB社とは、入金があればこれまでと同じ関係でいられることになります。


手数料の話し

平均的な2社間ファクタリングの手数料は20~30%です。
この開きについては、取引先の信用情報に関係します。
要するに、入金が確かである程、手数料が少なくA社のキャッシュフローが多いということです。

A社の信用情報はそれほど重視されないことが多く、ファクタリングでは、こうした信用情報にあまの関係しない取引でのキャッシュフローの現実化が中小企業にはありがたい存在です。

手数料の内訳

登記費用は、売掛債権譲渡に関係するものであり、印紙代などもかかります。
実際に、ファクタリング会社としても、あまり少ない売掛債権だとしたがらないのが現状です。
儲けが少ないことでは、多少手数料が多くなってしまうことがあります。
ですから、以前は個人事業主や中小企業でも売掛債権が少ないところではファクタリングの存在すらなかったようです。

最近では、個人事業主に対するファクタリングもできますが、手数料はどうして割高です。
しかし、ビジネスローンや銀行融資が厳しい現状において、今キャッシュフローがないことで資金ショートになってしまう場合、ファクタリングの可能性 かけることで、資金調達の手段となります。

ビジネスローンでは返済が伴う資金調達になりますが、売掛債権では返済がない内容です。
その先の負債を抱えることがない点においては、もしもの時の対策としては、使える手段です。
ただし、継続的なファクタリングに関しては、ある程度の覚悟が必要です。

ファクタリング会社としては、2回目3回目のファクタリングは歓迎しているところもあります。
自身の売掛債権の内容にも関係しますが、事業者としては、資金調達として、ビジネスローンかファクタリング、その時の状況での判断が必要でしょう。


ファクタリングの手数料と業者の選択

ファクタリングに存在する手数料ですが、30%以上は高いです。
売掛債権が少ない場合、個人事業主などで足元を見られることがありますが、せいぜい高くて25%のファクタリングにするのが良いとされています。

低すぎる手数料

ファクタリングの手数料は低いほど、キャッシュフローが増えます。
3社間ファクタリングの場合は、取引先が同意して、入金を直接ファクタリング会社に行います。
優良企業であり、信用情報が良いのなら、数%でのファクタリングに成功します、
安い手数料を売りにしているファクタリング会社もあります。
これは1つは悪徳のやばいファクタリング会社です。

もう1つは、オンライン完結でのコスト削減をしているベンチャーファクタリング企業の内容です。
こちらは、全てWEB完結で行うことで、予冷な経費を最小限にしてオンラインファクタリングをしています。

最近増加傾向にあるのですが、口コミなどでHT人をした上で、検討してみてください。
優良なファクタリングもありますが、一歩間違うと闇金まがいのファクタリングもあります。


2回目のファクタリング

最初のファクタリングはどうしても条件が悪いです。30%のファクタリングでなんとか資金ショートも免れた。
では、2回目も依頼した時に、同じ条件でのファクタリングでは、ほとんどのファクタリングは手数料が低くなっています。

信用ができているはずですが、初回と同じ条件の手数料なら、そのファクタリングはオススメできないです。せめてディスカウントできるファクタリング会社でなければ信用は低いです。

手数料がホームページに記載がない

実は、これは多くのファクタリング会社であります。
手数料の内容がはっきりしていない場合は、必ず口コミを確認してください。
詳細なデータがあることで、30%以上にならない手数料であることが必要です。

売掛債権が少ない場合でも、個人事業主を対象にしているところでは、高い手数料でも提示があります。
それで納得ができないのなら、仕方のないことですが、サービス内容をきちんと明記していないところは怪しいです。契約内容が明確ではない場合のファクタリングでは、とんでもない手数料請求が存在しています。

見積書がない

どんなファクタリングにしても必ず見積書があります。依頼ではなく無料査定があることが条件です。
最初に連絡した時に、契約してしまう形になる時には怪しいでしょう。

債権譲渡登記、債権譲渡契約をしてしまったら、現金化できないこともありますから、見積書がないところへの契約は絶対にしないことです。困ったことがあれば、弁護士などの弁護士回答を待ち、然るべき対処も考えてください。


ファクタリングのリスク回避のための弁護士の存在

ファクタリングには、貸金業法は無関係です。
利息制限法もない取引であり、実際には手数料は高く設定されることもあります。

弁護士に相談と言っても

最近、弁護士にはファクタリングによる高い手数料の点での相談が多いと言います。
債務整理に長けた弁護士であったとしても、ファクタリングの知識がなければ、解決できない内容が多いと言います。

貸金、融資ではないファクタリングでは、債権譲渡が絡む取引です。
実際に、30%以上の手数料では、闇金の疑いがあるとの見解もあります。

しかし、30%でもすぐにキャッシュフローができることで、助かる中小企業や個人事業主も少なくないです。まだ、世間的にはファクタリングでの資金調達は中小企業などでは始まったばかりの手法です。
弁護士に相談したい場合には、ファクタリングに強いところにいくことをオススメします。


融資は無理

ファクタリングを考える方は、自身の信用情報で不安な場合が多いです。
借入ができないから最終手段としてファクタリングの可能性を探っています。
そんな時に悪徳業者に引っかかると大変です。

弁護士の見解としては、いろいろな見方があるのですが、不安に感じた時にはすぐに相談できる体制も必要です。

口コミなどは参考に

ファクタリング会社では、老舗も少なくないです。
そして、口コミも豊富です。問合せだけでも良いですし、比較ができるのも特徴です。
仮に、自身の内容を公表して、印鑑証明などの必要ない段階での比較をするのも良いでしょう。

多くの優良ファクタリングでは、見積書が出ます。
事業資金として急いでいる時には、手数料が低いとか、即日融資で飛びつくことがあります。
しかし、時間がある時になど、優良ファクタリングの情報を入手してください。
同時にファクタリングの相談ができる弁護士などもチェックしておくことです。

取引先の情報

相手先も確かなところでなければ、売掛債権がゼロ円になることもあります。
事業資金調達で、自身の審査で不安で融資ができない状態である。
そんな時のファクタリングの可能性を潰さないためにも、日頃から行なっておくことは必要です。

銀行融資が最善ですが、それができないとビジネスローン。
負債がないファクタリングと悩みはつきものですが、このような資金繰りはうまく行うことが必要です。
個人事業主、中小企業でもファクタリングができる事になっていますが、ファクタリング会社の選定は慎重に行うことです。