給料ファクタリング

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

企業のファクタリングと個人のファクタリング

ファクタリングとは、企業が持つ売掛債権の買取をしてもらい現金を入手するサービスです。
売掛債権とは、企業の営業活動で商品やサービスを販売して、まだ代金をもらっていない証文です。
債権はツケのようなもので、売掛は先に商品の納入をしているということです。

ようするに、支払いがあとになっている取引があるものです。
売掛債権を持っていることで、現金がいつかやってくることには違いない。
ファクタリングはその売掛債権を先に現金にしてしまおうという内容です。

そのファクタリングの個人版

売掛債権は商品納入後の支払いを待つ状態です。
では、企業ではなく、個人の売掛債権というと、給料になります。
多少乱暴な内容のようですが、労働によって給料日まで体や頭を使い会社に利益をもたらしています。

対価として、給料の支払いがされますが、締日に向かって、給料日を楽しみに労働しています。
だいたいの給料の金額は確認できますから、個人でももらえる給料を売掛債権として取扱ファクタリング業者も存在しています。

売掛債権とは言わず、給料債権です。これが、個人の給料ファクタリングです。ファクタリング会社では、給料債権の譲渡を行った上で、一定の手数料を差し引いた金額の現金化ができます。

資金調達方法としては、個人ではカードローンやキャッシングがあります。
それができない状態であったり、ブラックリストなどでは、ファクタリング会社の給料債権の譲渡で審査が通れば、現金入手が可能です。借金ができない金融事故者などには、注目のお金の作り方です。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

企業では運転資金だったり、つなぎ資金

個人でも同様です。給与振込でファクタリング会社にそっくり支払いことになりますが、すでに現金として受け取っています。少し早い時期の給与と考えることで、一時しのぎ、個人のつなぎ資金だったり、生活資金として活用することができます。

いろいろな事情があり、借金ができないブラックリストなどにとっては、新たな借金ではなく、給与の有効活用として注目されています。

給与債権の取扱

企業相手のファクタリング会社ほど種類はありませんが、ファクタリング会社七福神などでは、給与債権の買取をしています。

債権譲渡になったり、手数料もあまり低くはないですが、早期に現金が必要になった場合、使える手の一つです。ぜひ、新しいキャッシングの方法としても考えてみてください。

査定などでは手数料がわかりますが、買い手側の内容も確認が必要です。
取引として給料が利用できるのは知らなかった方も多いことでしょう。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料債権の3社間ファクタリング

給料債権を利用したファクタリングにも3社間ファクタリングと2社間ファクタリングがあります。
企業の場合とまったく同じであり、自分と勤務先の間にファクタリング会社がどうかかわるか?
それが問題です。

給料債権の3社間ファクタリング

ファクタリング会社が決まったのなら、勤務先に給料債権譲渡の同意を得ます。
この3社間ファクタリングでは、前借りに酷似しています。

今資金調達をしたいけれど、前借りは対応していないので、給料日にもらえるお金を先に現金化してしまいますということです。それを勤務先に確認してもらうことです。

勤務先が同意をしたのなら、勤務先とファクタリング会社で給料債権譲渡契約を行います。
給料債権譲渡の同意書が必要です。

契約完了で、ファクタリング会社から給料の金額から手数料を差し引いた現金が支払いされます。
その後、勤務先では給料日に「ファクタリング会社」に入金をします。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

勤務先としては抵抗がない場合も

締めの日が完了(20日締めで25日支払い給料など)では、給料金額が決まっています。
前借りとして勤務先が現金を支払いことがなく、給料日に支払いをする先が違うだけです。

勤務先によっては、金額が違うわけではなく、手数料なども関係がありません。
前借りなどで、現金支払いがないため、勝手にファクタリングをするのなら、ご自由にという会社もあります。給料日にファクタリング会社に入金したら良いのね?という感じです。

3社間ファクタリングのメリット

それはどのファクタリング会社でも手数料が低いことです。
勤務先が同意していることで、確かに入金されることが保証されます。
独自の審査も行った上の話しですが、2社間ファクタリングと比較をしても断然お得です。
勤務先に話しができれば、現金の金額は高くなります。

前借りができないのなら、給料債権のファクタリングをしますので、よろしく。
そう言えれば、ファクタリングとしてはベストの形です。

3社間ファクタリングのデメリット

それはとてもじゃないけれど、勤務先にファクタリングの話しができませんというもの。
きっとこの理由が多いのではないかと思われるのですが、低い手数料が魅力ですが、自分がお金がないことを露呈するようにものです。

第一、ファクタリングって何?このファクタリング会社に銀行振込してというのは安全なの?大丈夫?と不安がられる場合もあります。勤務先の雰囲気もありますが、現実には給料債権の3社間ファクタリングというのは現実的な話しではないようです。高い手数料の2社間ファクタリングしかない?という感じです。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料債権の2社間ファクタリング

給料振込の前の段階で、先に現金化ができる給料債権ファクタリングです。借金ではなく、未払金の給料の先取りですが、2社間ファクタリングで勤務先にばれずにお金を手にすることができます。

給料債権の2社間ファクタリング

ファクタリング会社に2社間ファクタリングの申込をします。
給料債権譲渡契約をしたら、手数料を差し引いた現金が支払われます。
その後、給料日には勤務先は給料の支払いがそれるので、そのままファクタリング会社に入金をします。

3社間ファクタリングで必要だった給料債権の同意書が不要です。
2社間ファクタリングでは、勤務先に通知もすることなく、秘密で行う事ができます。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

メリットとデメリット

2社間ファクタリングでは、勤務先に同意が必要なく、勝手に先に給料を現金にすることができます。
目的はココであり、勤務先に知られたくない事情もあります。
ファクタリング会社では秘密厳守で話しが進みます。

ただ、絶対に不可欠なことは、給料日にそのままファクタリング会社に入金されることです。
契約でそこの約束ができれば、無事に勤務先に知られることなく、必要な時に現金を手にすることができます。

デメリットとしては、手数料が高いことです。5%~20%という幅のある手数料です。
5%であれば、良心的であり、現金も多い内容ですが、低い手数料では、勤務先の信用問題などがあります。しかし、20%の高い手数料というのは、入金までの問題があったり、勤務先が倒産しそう?という信用情報も関係します。

給料債権があり、勤務先の倒産では入金ができませんが、その負担もファクタリング会社が行うことになります。そのリスクを背負うことも高い手数料に反映します。

3社間ファクタリングでは、勤務先が直接ファクタリング会社に支払いを行う同意があります。
それがなければ、なんとも言えない、どうしても高い手数料になってしまうのが2社間ファクタリングです。企業間の2社ファクタリングでも同様です。

ファクタリングは絶対に知られたくない

ファクタリングの内容を熟知している勤務先としては、給料債権のファクタリングが信用問題に関わってきます。

お金に困っている?ブラックリストでカードローンもできない?どうしてファクタリングが必要なの?
などの懸念から、勤務先で信用されない身分になってしまうことも少なくないです。

給料債権のファクタリングそのものは悪行ではありませんが、印象としては非常のマイナスです。
まだ、多重債務者やブラックリストの方が勤務先としては知ることができない金融事故ですが、ファクタリングしたいというのは、危ない社員扱いをする場合もあります。

勤務先の雰囲気にもよりますが、3社間ファクタリングが可能なら、チャレンジしてみてください。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料ファクタリングと借金について

給料ファクタリングの場合は、全額ではなく、希望額でも対応しています。
例えば、40万円の給料だとします。

今回必要な現金が10万円だけだとすると、10万円に手数料を加えた金額のファクタリングになります。
もし10%の手数料の場合は、40万円の給料から11万円のファクタリングで対応します。
もちろん40万円すべてを給料債権として託します。

そのうちファクタリング会社で、手数料を差し引いた額が現金化されることになります。
内容としては自由であり、所定の手数料を引いた現金を支払いしてもらえます。

20%の手数料だとしても

ちなみに中小消費者金融の上限金利は20%です。ファクタリングの平均上限金利ではもっと高い場合もありますが、2社間ファクタリングでは中小消費者金融の借入と同じ感覚と言えます。

中小消費者金融のように返済が伴わない現金ですから、最初から金利分を引かれた現金を手にすることができる計算になります。キャッシングができないだけではなく、借金に抵抗がある方の給料前の金欠の時のファクタリング利用も一つの方法です。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

借金ではないので

常習性がないと言えます。
実際に2社間ファクタリングをした方で、さすがに手数料を差し引かれた給料は悲しすぎるという現実もあります。確かに返済なき借金のようなものです。実際に給料が少ないと実感してしまい、お金の使い方に憂慮すると言います。
これがカードローンやキャッシングなら手軽に現金が手にでき、後で返せば良いので簡単に考えられると言います。

ファクタリングでは、少ない現金の実感が常習性を産まないとして、一回きりの利用が多いと言います。
さすがに3社間ファクタリングで、手数料は低いけれど、もう勤務先に告げる事ができないと言います。

ブラックリストには

一方で、カードローンもキャッシングの審査にも通らないブラックリストにも利用ができます。
審査は、勤務先の内容によるものであり、きちんと給料の支払いができる会社なのか?に絞られます。
審査がないものであり、ブラックリストでも利用ができます。

ということで、最後の現金としてブラックリストにはメリットは大きいです。
債権譲渡をした時点での現金化です。ブラックの資金調達方法としては、給料債権ファクタリングはかなり魅力的との口コミもあります。

確定申告も無関係

借金でもなく、余計な収入でもありません。
ですから、申告にもファクタリングした事実を告げることがありません。
企業のファクタリングでも負債にならないものであり、一時的な運転資金、審査も通りやすいので、ブラック経営者にも使える資金調達方法とされています。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

2社間ファクタリングで良かったのか悪かったのか

もし、勤務先の状況が良くない。
倒産寸前だとしたら、先に給料ファクタリングでもらえる金額を現金化しておくという手法があります。
給料日前に会社が倒産、給料日後でも未払いの給料がある場合、ファクタリングで現金した分はもらえます。

この場合は、損をするのはファクタリング会社です。
それも承知でファクタリング会社では、手数料を高く徴収しています。
倒産した時には、全面的に負担がファクタリング会社で背負うことになります。

2社間ファクタリングは即日融資も可能

給料債権譲渡完了したのなら、すぐに現金の支払いができることがあります。
即日融資の期待ができるのは、2社間ファクタリングが多いですが、現金化のスピードがとても早いです。
企業でも売掛金が見事現金化されることでの利用価値が高いと評判です。

売掛債権が現金になる、回収リスクがある取引先で倒産したとしても、負担はファクタリング会社です。
その時の手数料はとても高いですが、先に現金化してよかった、しかも即日融資ならなおラッキーです。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料ファクタリングの七福神

七福神はファクタリング会社ですが、給料ファクタリングもしています。
申込から融資までの流れをみていきましょう。

個人情報としては、職業、月収、勤続年数と2社間か3社間ファクタリングの希望を聞かれます。
この時に、信用情報に関係する借入状況を聞かれます。基本的にブラックリストでもOKのようです。
買取希望金額と現金の使途も聞かれます。

必要書類もありますが、アップロードで大丈夫です。
免許証は表裏、保険証も表裏です。自身の住所が書かれた郵便物と直近の給与明細です。
そして、給与振込されている通帳の記帳ページ3ヶ月分ですが、これはなくても良いとのことです。
免許証、保険証、給与明細があれば審査は合格です。

気になる手数料ですが、なんと「35%」。
10%~の2社間ファクタリングをしていますので、高い手数料ですが、審査によってこうなったと言います。3社間ファクタリングならもっとお得になるとの説明もありますが、これ以上は下がらないということでした。

ただし、審査次第では、35%以下になることは十分に考えられますが。
2社間ファクタリングでは、金融業者にある在籍確認があります。
ファクタリングだとはバレないので安心してください。

七福神利用者のアドバイス

決して手数料は低くないということです。ホームページでは10%とありますが、2社間ファクタリングでは厳しいので、本当にピンチな時にオススメだとか。

それにしても35%の手数料は高いですが、実際に他の2社間ファクタリングではこのくらいはするとのことです。七福神だけが特別ではなく、やはり3社間ファクタリングがお得ということですが。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓