給料債権 買取

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料債権の買取とは?

給料債権買取とは、即日であなたの給料を現金化できるサービスです。
あなたの給料とは、給料日前にもらえる給料を債権として回収しますという内容です。

債権回収株式会社は、借金取り立てだけではない

もともと債権回収というのは、額面にある債権を一定の手数料をとって現金化できる業者を言います。
借金の返済を延滞し続けると、請求が債権回収会社に移ります。

この時に、本来は金融業者からの借金で返済をしていないのですが、請求が債権回収になった時点で、延滞している借金が債権となります。それを、貸金業者に返すのではなく、債権回収の形で取り立てをするのが、債権回収会社です。

そして、給料債権というのは、借金ではなく、自発的にもらえる給料を事前に現金化してもらうことを指します。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

借金ではない

借金の債権回収ではなく、自身がもらえる給料債権を債権として現金化を依頼します。
ですから、単にお金がほしいだけで、借金の形ではないです。
この手法は、ファクタリングと言って、売掛債権等の現金化と道理は同じです。

売掛債権とは、すでに納期を完了していて支払い待ちの債権に対して、支払いを待たずに、債権回収会社で現金化してもらい、事業資金に充てる内容です。給料債権では、売掛債権が自身がもらう予定の給料になっただけで、債権回収会社では、所定の手数料を引いて現金にしてくれます。

給料日になったら、現金化と手数料を加えたお金を業者の支払う形で完結です。
前借りに手数料が加わった形ですが、勤務先のこの事実を伝える必要はありません。
自分がもらえる、自分のお金ですから、どう使おうと勝手です。
勤務先としたら、普通に給料を支払うだけです。

給料債権を買取とは

買取は、様々な商品で展開されていますが、債権回収では、先に支払いが確定しているものに対して、現金化が可能という会社です。売掛債権などで、最近では個人事業主等の小規模ファクタリングも始まっていますが、給料債権という個人のファクタリングにも対応しています。

給料債権での買取で、借金ではなく、即日現金ができることになります。
手数料は、10%以上になっている場合があり、もらえる給料より現金化は常に少ないです。
申込の前に査定等もできますから、少しでも手数料の少ないところからの買取をすることをオススメします。

借金をすることではないので、信用情報も確認されることなく、審査はありません。
ですから、どこからも借り入れができないブラックリストも給料債権の買取は応じてくれます。
買取の原資が自身の給料であり、早期の現金化で、その場しのぎが可能です。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料ファクタリングとは?

給料債権の買取は別名給料ファクタリングと表現することがあります。
ファクタリングとは、債権の売買を言いますが、債権回収ができる業者であれば、給料を給料債権として買い取ってくれるサービスです。

ファクタリングとは?

事業資金の調達の方法として売掛金の売買を専門に行うことです。
本来は、大企業が何千万円という単位の売掛債権を早期に現金化することで、キャッシュフローをすることが目的としています。

給料ファクタリングでは、この個人版であり、早急に現金がほしいけれど、給料日まで待てない時に先に現金化することで、個人のキャッシュフローの健全化を図るものです。最近は、ファクタリングを取扱をするところでは、こうした給料債権の買取をするところがでてきました。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

儲けが少ない少額ファクタリング

ファクタリングが多額の売掛債権でしか取扱をしてこなかったのは、中小企業、個人事業主の売掛債権が少額だからです。給料債権にしても少額の部類に入りますが、ファクタリング業者としてはも、数万円の儲けにしてならないです。

ところが、2000万円程度の売掛債権では、手数料が10%でも200万円の儲けになります。
ファクタリングの儲け方はこうした形でした。

しかしながら、中小企業こそキャッシュフローで悩んでいる現状を考えると、少額のファクタリング対応も時代とともにニーズが高まっています。と同時に、借金ではない資金の調達で、個人での給料債権ファクタリングで、キャッシュフローができるという運びです。

事業資金じゃないけれど

債権回収の仕組みは同じです。
会社からの給料であれば、ファクタリング業者にしても、債権回収の見込みは高いです。
もし公務員や大企業などでは、給料未払いということはない話です。
そうしたことを見据えて、あなたの給料を給料債権として買取ります。

そして、キャッシュフローで助かる方が多いということです。経営者が会社のためではなく、個人が自分の給料を元手にファクタリングとして現金を手にするとってのおきの方法です。

ファクタリング業者からの借り入れではない

ファクタリング業者は貸金業ではありません。
必ず債権に対して、手数料を差し引いた金額だけを現金化することになります。
そこで手数料の設定をして、ある程度の現金にすることができます。
手数料は業者によってばらつきがありますが、査定ができますので、利用をしてみてください。

もし、給料日前に会社が倒産して、もらえるはずの給料がゼロ。
そんな時、給料債権として現金を手にした時には、ファクタリング業者に対しての弁償は不要です。
そうなった時には、ファクタリングしてよかったという結果になります。

その後退職金があったとしても、ファクタリングとは無関係であり、得したことになります。
あまりない話ですが、急な倒産の時には、ファクタリングの存在が神的なものになります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

ブラックリストでも給料債権は買取OK 

ブラックリストになったら、金融業者からの借り入れができなくなってしまいます。
しかし、現金が必要な方もいます。

審査基準の差では、大手消費者金融や銀行カードローンよりも甘い、中小消費者金融も存在しています。
ですが、借り入れに関しては、知らない中小消費者金融ではちょっと不安な方、これ以上借金は増やしたくない方もいます。

あなたの給料を即現金化できます

そこで、給料を給料債権として買取している業者があります。
その内容はもらえる給料を事前に現金化できるサービスです。勤務先に知らせることも必要はないですが、この業者では給料債権として買取する時に一定の手数料がかかります。相場は10%以上とされていますが、10万円の給料であるのなら、手数料で1万円程度で現金が9万円程度になります。

それが、手元に入り、給料日になったら、10万円の支払いをする内容です。
今すぐ欲しい現金を借金をすることなく、自分の給料を前借りの形で入手ができます。
今現金がなければならない事態を無事に解決することができます。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

ブラックリストでも利用ができます

銀行カードローンや消費者金融で借り入れができないけれど、現金がほしい。
ブラックリストでも給料債権買取は問題ないです。

業者では、貸金をするのではなく買取業者になります。
ですから、ブラックリストでも利用ができます。

給料がでたらその分の返済をするだけで、借金や利息もありません。
事前に手数料が引かれていることで、約束道理の金額の支払いをするだけです。
どんなブラックリストでも、破産者でも利用ができます。

申込はインターネットで

WEB申込ができ、来店不要で査定も審査もしてくれます。
この時の審査とは、給料債権の内容と会社に付いて調べることです。
申込者がどんなブラックリストだとしても問題はないので、安心してください。

たいてい即日の審査回答になり、入金等も振込対応が多いです。
契約はすぐにでき、早ければ1時間程度で、給料債権買取と現金を手にすることができる画期的な方法です。債権回収業として、様々な債権を現金化することができるのはファクタリング業者です。
事業資金調達でもおなじみですが、労働者の味方として、会社側には内緒での現金化が可能です。

ローンでも借金でもないので、指定の給料債権の金額は、給料が支給され次第入金で完結するキャッシュフローの方法です。ブラックリストでも大丈夫というのは、新しい資金調達方法としてオススメします。
ちなみに、債務整理をしている方にも対応します。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料債権の買取に必要なものは?

給料債権の買取は、ファクタリング業者が対応しています。
ファクタリングとは、債権回収ができる会社で、債権売買を専門としています。

給料債権買取に必要な書類

難しいことはありません。
顔写真付きの身分証明書、保険証、2ヶ月分野給与明細です。
自宅で支払いしている公共料金領収書などが必要な場合もあります。

要は、住所が安定していて生活をしている。
給与明細もあり、毎月もらえていることが必要です。
カードローン審査と似ていますが、信用情報を問われることはありません。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

買取の種類

債権の買取では、ファクタリングとして種類があります。
事業性資金ファクタリングについては、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。
給料ファクタリングでは、勤務先に知らせない2社間ファクタリングになります。

3社間ファクタリングとは、給料ファクタリングでは勤務先に事前に現金化した事を告げることを言います。そして、自分に給料を支払うのではなく、ファクタリング業者に直接支払いをして貰う形になります。
企業間で同意があれば、可能な方法ですが、給料ファクタリングでは、この方法は採用は難しいです。

手数料について

各ファクタリング業者のホームページでは、詳細は明らかではありません。
相場としては、3社間ファクタリングで5%前後、2社間ファクタリングでは10~15%程度です。
事業資金では、売掛先企業の信用情報などが関係します。

給料ファクタリングでも同様ですが、もし勤務先が同意したのなら、手数料はとても低くなります。
だいたいは2社間ファクタリングで、内緒で現金化でしょう。
その時には10%以上の手数料はかかります。

分割払いはできない

給料債権の買取が借金ではない特徴の最大の理由がこの部分です。
10万円の給料債権であれば、10万円の給料がでていることになります。
ですから、分割ではなく、すぐ支払いを1回で完了するのがファクタリングのルールです。

もし3社間ファクタリングであれば、分割野内容はないでしょう。
2社間ファクタリングの選択では、給料がでたのなら、速やかに一括支払いが絶対必要です。
そして、給料債権以上のファクタリングは成立しないです。
手数料を引かれることになりますから、100%現金化も無理な話です。

この方法で、あくまでも給料からある程度の手数料を引いた金額での現金化ができる。
そして、給料がでたらすぐに一括して支払いをするのが、給料ファクタリングの最低のルールになります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料債権の買取の質問にお答えします

給料債権の買取の中では、給料が対象です。
年金等の公的給付によるものは、買取が法律で禁止されています。
ですから、年金受給者、生活保護費等の給料債権買取はできないです。

専業主婦の場合はできますか?

配偶者の給料債権があれば買取が可能になることがあります。
業者によって扱いは違うのですが、専業主婦でも配偶者の給料債権の買取サービスをしている場合があります。直接業者に問合せが必要です。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

総量規制で断られたのはどうしてですか?

借金ではない給料債権の買取ですから、総量規制は無関係です。
しかし、審査の過程で、もし給料債権買取後の生活の安定さが不安な場合は、断られることもあります。
その多くが、ブラックリストであり、多額の返済と多重債務者であることが多いです。
その金融事故の内容が著しく悪い場合は、総量規制の関係から断られることもあります。

本来は、借金ではないので、審査も信用情報を確認だけです。
しかし、内容を確認した上で、債権回収そのものができないという場合がある時には、業者で対応していないことがあります。その時には、他社にも査定を依頼してみてください。

ボーナスは買取してくれますか?

ボーナスは賞与であり、給料ではありません。
毎月の給与であれば良いですが、ボーナスの買取は法律で禁じられているので、給料債権でもなく、買取もでききせん。意外なことですが、ボーナスがあったとしても、ファクタリングができないので気をつけてください。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

全国対応で買取ができますか?来店しなくてはならないですか?

多くのファクタリング会社では、給料債権は来店不要での取扱をしています。
事業者間のファクタリングと違い、債権譲渡等の必要がなく、書類提出だけです。
FAXやインターネットを使用して、審査もでき、振込で入金されることが多いです。
ですから、お近くにファクタリング業者がないとしても、給料債権があれば、もらえる給料があるのなら、早期の現金化が実現できます。

即日での現金化がほしい時には、早い時間の申込が必要でしょう。
給料債権も何千万円もあれば即日は困難ですが、何十万円単位なら、審査も早いはずです。
どんな手数料になるのかは、一律ではありませんから、比較検討されることです。

給料債権の取扱はまだ少ない

ファクタリング業者になるのですが、全国でもその数はまだ少ないです。
というのも、事業者間のファクタリングでもようやっと100万円以下の少額のファクタリングが普及している状態です。インターネットで検索ができる給料債権買取があれば、片っ端から連絡をしてみてください。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓