給料債権

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料債権と給料ファクタリング

給料債権という言葉をご存知でしょうか?
普段あまり耳にしない言葉ですが、ブラックリストでも給料を元にして資金調達ができる方法です。

給料債権の意味

資金調達?給料を元にする?
債権とは、特定の人に対してお金を請求することができる権利を言います。
お金の請求権があることを意味します。ですから、給料債権とは、雇い主に対して毎月支給されるお金が、雇われ側にすると給料債権を持っていることになります。

正社員も派遣社員などでは、決まった日に給与が出ることが約束されています。
それがいわば給料債権として取扱う事ができます。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

事業資金調達で使用されるファクタリング

ファクタリングとは、売掛債権を現金化できるサービスです。
売掛債権とは、売掛=将来約束した日に入金を約束した契約です。
1ヶ月後2ヶ月後の10日に支払いをすると約束したものです。

事業では売掛債権が将来の収入ですが、個人では広い意味で、給料債権がこれに当たります。将来もらえるものです。

ファクタリングでは、事業性ばかりではなく、個人で持つ給料債権も現金化ができる場合があります。
業者によりますが、ファクタリングの考え方としては同じことです。

給料ファクタリング

給料ファクタリングとは給料買取サービスのことを言います。
前借りの形ができない。借金ができないブラックリストにとっては、給料分の現金を早期にもらえることで一時しのぎができる場合があります。もちろん勤務先に知られることなく、ファクタリング業者で所定の手数料を差し引いて現金化が可能です。

借金ができない事情があるけれど、毎月決まった給料がもらえる。
ファクタリングで現金化したあとは、もらった給料はそのままファクタリング業者に支払うだけ。
借金と違うのは、返済がないので、1回きりで完結です。これが、中小消費者金融であれば高い金利が続きますが、給料債権を利用しているので、支払いしたのならあとを引かないです。

事業性ファクタリングは多いけれど

給料債権の買取をしているサービスはそれほど多くないです。
また、手数料もバラバラであり、必ず査定をしてから自分の手元にいくらの現金が入るかを確認してください。来店不要でインターネットと電話だけで現金が手に入る業者もあり、気軽に問合せができます。

勤務先には一切公言することはないですし、信用情報も関係のない取引であり、消費者金融等の多重債務者でも大丈夫です。給料債権のファクタリングで新たな金融事故もつかないです。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料債権ファクタリングとは?

事業資金調達の方法として、ファクタリングがあります。
持っている売掛債権を現金化することで、債務ではない方法でお金を作ることです。
この方法が個人では給料債権のファクタリングとして存在しています。

給料債権で現金化できる

もともとは給料債権とは、差し押さえのシーンで、料金の滞納等で裁判所が強制的に給料債権として抑えて、強制回収するものです。請求権が発動される時に使用されるものです。

しかし、ファクタリングでは自発的に給料債権の形であり、業者に対してこの値段の給料だけど買い取ってくれませんか?という内容です。20日に確実に入金される給料に対して10日頃に給料債権として現金化をしてもらう方法です。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

ブラックリストでもOK

ファクタリング業者は貸金業者ではありません。お金を貸すのではなく、債権として差し出された給料の金額から一定の手数料を引いて、申込者に現金を渡すだけです。

ですから、貸すのではありませんから、返す必要がありません。よって、信用情報も傷がつかないですし、ブラックリストでも給料債権で現金化は普通に実行することができます。

継続は厳禁

給料債権のメリットは借金ではなく現金が手に入る。
しかもブラックリストでも大丈夫。しかし、そのお金は本来自分のものです。
それを少し早い時期に現金として受け取るだけで手数料がかかります。

15%程度が相場だとされていて、30万円の給与では手数料は45,000円になります。
255,000円の現金です。30万円の給与から差し引かれる45,000円が、高いと感じられる場合、給料債権のファクタリングが継続が不向きであることは承知してください。

メリットとしては早期の資金調達ですが、毎月の行動ではない、金額が少ないほど、手数料は高いのが現状です。売掛債権でも同じことであり、本来は多額の売掛債権対応の現金調達方法でした。

100万円以下のファクタリングでは、手数料が高く感じられることが多いです。
給料債権にしても1000万円もあるのなら、1度きりの給料債権ファクタリングで現金化は助かることもありますが。どこからも借金ができないけれど、早急にお金がほしい方に対しての情報です。

ちなみにこの手数料は、金利換算をすると、年利180%以上になります。
カードローンやキャッシングでは最大でも20%ですから、どれだけ手数料が高い内容であるかがわかることでしょう。給料債権、実際に依頼いる時には慎重に考えて現金化してください。
そして、続けて行わないことです。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料債権でファクタリングの流れ

ファクタリングとは債権の売り買いのことを言います。
売掛債権だけができるものではなく、債権と名のつくものを取扱することができる業者なら、ファクタリングで現金化が可能です。給料債権もその一つです。個人が利用できるファクタリングとして注目されています。

給料ファクタリングの現状

例えば、給与の前に現金が必要になった。
どうしてもお金が必要だけど、借金はしたくないし、ブラックリストでどこからも借り入れができない。
そんな時に、信用情報が無関係のファクタリングで、あなたの給与を早期に現金化ができる。
それが給料債権によるファクタリングです。

前借りの形ではないので、勤務先に対しては、普通の給与の支払いを受けることができます。
その前に、これだけの給与がもらえることが証明することで、現金化が可能になります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料ファクタリングの流れ

まずはファクタリング業者に連絡をします。問合せフォームなどがあれば簡単です。
そして、内容を確認して、現金化の金額と手数料の提示があります。
それで契約をすると必要書類を確認した後に送金されることになります。

この時に、30万円の給与だけど、10万円だけ現金化したいという要望でもOKです。
たいてい即日での送金が多く、急いでいる時にはとても便利です。

ファクタリングの2つの方法

ファクタリングでは、売掛債権の場合は、取引先にファクタリングの事実を伝えて現金化する3社間ファクタリングと取引先に教えない2社間ファクタリングがあります。

給料債権についても同様であり、勤務先にファクタリングの事実を伝える事ができれば、3社間ファクタリングができます。このメリットは、ファクタリング業者が確かに債務回収ができることで、手数料が下がります。

しかし、実際には、勤務先に給料債権の現金化を伝えることはあまりないので、2社間ファクタリングになります。

現金を受け取った後、給与をもらったら、速やかにファクタリング業者にお金を送る。
それで、無事に取引が完了することになります。
その後の返済もなく、ファクタリング業者との関係はありません。

うちの会社、危ないんだよね?

ファクタリングの最大のメリットとして、この給料債権のファクタリング後に勤務先が倒産したとします。この時にファクタリングでリコース契約をしていると、支払わられない給与が熱田としても弁償義務がないです。すなわちファクタリングで現金化された分をもらい、ファクタリングが損をすることになります。

申込者にしてみれば、もらえなかった給与が給料債権の現金化で儲かったことになります。
こうしたケースもあり、倒産した勤務先から給料債権の形で現金がもらえるメリットも存在しています。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料債権と差し押さえについて

給料債権の言葉がでてくるのは、弁済できない債務者に対しての場合が多いです。
裁判所などが強制執行で、給与の差し押さえをするために、給料債権として、債権回収会社が利用する時です。

長期延滞の最終手段

消費者金融等の金融業者に対して、長期延滞をして裁判所からの呼び出しにも応じない。
借金は元金はそのままですが、遅延損害金等が発生していて返済額が膨らみます。

債務整理などをすることで解決する案件ですが、それもしないでいると、金融業者では債務者の給与を給料債権として所定の返済額を差し押さえすることができます。
債権者は金融業者だけではなく、税金等の徴収でも最終手段として、この方法を強制執行ができます。

返済に応じないがためのことあり、この時点での債務整理も可能ですが、このような場合、毎月の給与は給料債権として債権者が請求権を発動することができます。
未払いの返済を差し押さえすることになります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

労働者の権利

債権者に対しては、差し押さえが不当であることは、訴える事はできないです。
ただし、債務整理をすることにより、一時的な差し押さえを止めることができます。
しかし、本来は返済をしなかった債務者が悪いことであり、給料債権は将来確実にもらえるお金です。
それが差し押さえの形になってしまったのは本人のせいであり、労働者の権利もない話です。

もちろん給料債権としての差し押さえでは、ある程度の限度はある内容ですが、返済ができないからと延滞を続けていると、こうした差し押さえで、給与が勝手に引かれる自体になります。

給料債権を自分で行使

こちらし差し押さえではなく、本人が給料債権として利用する方法です。
それが、ファクタリングで給料債権を現金化する方法です。返済ができない借金がある。これは上述したように差し押さえですが、自身で給料債権をファクタリング業者に依頼をして現金化することができます。

この場合、勤務先には現金化の事実を伝えることなく、勝手にこれだけの給料があるからと現金に変えてもらえる方法です。その際に、手数料は取られるのですが、もらえる給与を早期に現金として手にすることができます。

例えば、債務者であれば、給料日前に支払いをしなかったら、ブラックリストになってしまう。
この支払いさえ完了したら、助かることが多い。そんな時にもらえる給料債権を現金にすることで、一時しのぎができることがあります。10%以上の手数料が相場であり、100%現金化はできないですが、借金ではない新しい現金化の方法として登場しています。

現金化と言えば

クレジットカードのショッピング枠を現金化にする業者がいます。
ファクタリングも現金化ですが、借金ではありません。
手数料は取られるものの給料債権の原資は自分のお金です。
現金化されたあとに、給与が出て送金をすることで解決ができます。

借金ではないので信用情報にも記録されず、ブラックリストの利用もOKです。
詳細に関しては、給料債権のファクタリングができる業者に直接問合せをしてみてください。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

新しいお金工面方法が給料債権のファクタリング 

お金を工面しなければならない。
借金はしたくないし、ブラックリストで借り入れもできない。
お金の工面の方法はサイトでも紹介をされているのですが、給与を早期に現金化できる方法もあります。
自身の給与ですから、この方法は借金ではありません。

あなたの給与は給料債権となる

給料債権とは、◯日に支払いが決まっているという債権です。
仕事をしていると、給料日には普通に支払いを受ける事ができます。

ごく当たり前のことですが、その給料は締めの日が決まっていて、金額が確定しています。
10日締めで25日の給料日であれば、10日にはいくらの給与であるかが判明しています。
それが給料債権になります。私は、25日に◯万円のお金をもらう事ができますという内容です。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料ファクタリングの方法

ファクタリングでは、その給料債権を確認した後に、必要書類の提出で一定の手数料を引いた金額の現金化ができます25日の給料日に所定の金額の振込をすることになります。

これは借金で言う返済になるのですが、ファクタリングでは、もともとの原資が自分のお金なので、借金とは別物です。
先に現金として受け取っていることで、借金したことではありません。
よって、審査もなく信用情報の記録もされません。

手数料の存在

必ず存在しているのですが、たいてい給料債権のファクタリングでは10%以上になっています。
ですから、30万円では3万円の手数料になります。

10%は大した数字ではないのですが、これが1回キリだからです。
借金の10%とは内容が違いますが、どうしても早期にお金を作りたい時には、利用価値があります。

信用情報も関係なく、借金をしているのではありません。
クレジットカードのショッピング枠の現金化のように借金をしてお金を作ることではないです。

前借りとファクタリング

勤務先で前借り対応であれば、給料債権の利用はする必要はないでしょう。
ファクタリングの形で言えば、手数料がかかる前借りのようなものです。
その手数料によっては、大きな損と感じられることもあります。

しかし、どうしても必要な資金を借金の形ではなく、自分の給料で作る事ができます。
このことを知っていると、急な何かの入り用の時には便利です。
手数料が高いことで言えば、継続はオススメできません。

ですが、信用情報で金融事故があるブラックリスト、借金そのものができない事情がある方にとっては、給料債権でファクタリングの現金化が可能ということは、役に立つことがあるかもしれません。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓