給料前借り ファクタリング

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料前借りファクタリング!事前に給料前借で金欠を回避!

建て続けて出費が続くと、給料日前にお金がなくなってしまうこともあります。
そんな時節約でどうにかしようと考えますが、給料前借で回避できることをご存じですか?
自分の給料の前借ができるファクタリングについて、ご紹介していきます。

給料日前の金欠を解決することができる給料債権ファクタリングとは

給料債権ファクタリングというのを、ご存じですか?
ファクタリングというのはそもそも企業が行う資金調達の方法の1つですが、この方法は個人でもご利用することができます。それが、給料債権ファクタリングです。

会社員の給料は、〇日締めの〇日払いという流れとなっており、毎月働いた分の給料を後にいただくシステムとなっています。先月分の給料を次の月にもらうシステムを、給与債権といいます。

この自分の個人的な給与債権をファクタリング会社にかいとってもらうことにより、今すぐ現金化とすることができるのです。自分のお給料を事前に前借することができる、という仕組みです。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料債権ファクタリングのメリット

給与債権ファクタリングには、このようなメリットがあります。

ローンや融資ではないので信用情報に影響はない

1番のメリットといえば、消費者金融のカードローンや融資ではないので信用情報に一切記載されず影響を与えないことです。金融機関からの借入ではなく、後に自分がもらう予定の給料を前倒ししてもらう資金調達方法です。

ブラックOK

ファクタリングはご利用するご本人ではなく、売掛債権の業者の信用情報を問われます。
給料債権ファクタリングの場合は、勤務している企業の信用情報を問われます。

そのため、ご利用するご本人の個人信用情報に傷があっても全く問題がなく、ブラックの方でも問題ありません。給料が確実にもらえていること、勤務先の倒産の恐れがないなどが審査基準となります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

買い取ってもらう金額は指定できる

買い取ってもらう金額は、月給から手数料を引いた範囲内であれば自由に決めることができます。
多くの金額の前借ではなく、必要な金額のみ前借することができます。

お金の都合をつけていること会社や周りにバレない

給与債権ファクタリングは、一般的なファクタリングと同じく2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つの種類があります。

3社間ファクタリングの場合は、ご利用するご本人と勤務先とファクタリング会社の3者での契約となるので、ファクタリングに申し込んでいることが勤務先にバレてしまいます。2社間ファクタリングの場合は、ご利用するご本人とファクタリング会社の2者と契約を結ぶ形となるので、勤務先にファクタリングを利用していることを伝えずに済みます。

そのため、勤務先にバレないようにするためには、2社間契約で申込みをしましょう。
ただし、2社間ファクタリングの方が手数料は高くなってしまいますので、注意しましょう。
給与債権をファクタリングは七福神などで行っていますので、チェックしてみましょう。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

申し込みは簡単

個人で給料の前借のファクタリングを申し込む場合、申し込みに手間がかかるのかの不安を感じると思います。給与債権ファクタリングの場合、申し込みはキャッシングやカードローンのように簡単です。

給与債権ファクタリングの2社間ファクタリングを行ってる業者七福神では、申し込みに必要な書類は3つしかありません。顔つきの身分証明書(免許証や住基カードなど)、健康保険証、直近2か月分の給料明細または給料の振り込みがわかる通帳のページだけでOKです。この3つの書類を送るだけで、最短で30分で審査結果がわかります。

申込書類はメールなどで送り、買い取ってもらった後の入金は直接指定口座に振り込んでもらえるので、店舗に出向くなどの手間は一切かかりません。意外と簡単に、申し込みから入金までができるのがわかると思います。

ファクタリングで前借したお金は、後日給料が出てからファクタリング会社に送金して返済しないといけません。その際、給料をもらえた嬉しさによって、パーっと使ってしまう方がおり、返済ができないという場合もあります。あくまで給料の前借の代行ですので、後に給料が出たらすぐにファクタリング会社に返済するようにしなければいけません。

給与債権ファクタリングの注意点

給与債権ファクタリングは大変便利な資金調達方法ですが、デメリットもあります。
どのようなポイントに注意すべきなのか、ピックアップしてみました。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

高い手数料

融資を受けると利息がかかってしまうのと同じく、給与債権ファクタリングでは手数料が発生します。
3社間契約の場合は3~5%程度ですが、2社間契約の場合は5~20%と高い手数料となります。
一見低めの手数料に見えがちですが、年利の金利とは違い実はとても高い手数料となっています。
手数料を金利に計算してみると、ほとんどの場合100%を超えるくらいの率となっています。

一般的なローンでは利息制限法が該当し、最大利息には一定の制限があります。
しかし、給与債権ファクタリングは借入れではないので、利息制限法の規制を受けません。
そのため、業者はいくらでも手数料を挙げても違反ではないので、高い手数料の場合が大半です。
できるだけ手数料の低い業者を、選ぶようにしましょう。

給料以上の借入れはできない

ファクタリングは債権の買取ですので、既に発生している債権以上のお金を現金化することはできません。給与債権ファクタリングは給与に対する債権の買取ですので、月給以上の資金の調達はできません。あくまで月給に対するサービスですので、ボーナスは該当しません。

ファクタリング会社への支払いは一括のみ

給与債権ファクタリングの返済は、一括払いのみとなっています。
そのため、分割とかリボ払いなどの支払い方法はありません。次回の給料が出た後で支払うので、あまり大きな金額を現金化してしまうと、後の支払いの際に困ってしまうことがあります。

いかがでしたでしょうか。
給料日前の金欠で困ってしまう場合の対策は、給与債権ファクタリングがオススメです。
自分が後にもらう給料の前借での個人向け資金調達ですので、借金ではなくご利用しやすい現金化方法といえます。
メリットもデメリットも把握した上で、ご利用を検討しましょう。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料前借りファクタリングって違法なの?給与債権売買の疑問を解決!

近年耳にするようになってきたのが、個人の方でもご利用できる給与債権ファクタリングです。
個人向けの新しい資金調達の方法で、大変注目されています。

そこで気になることといえば、給与債権の売買は問題ないのかではないでしょうか。
給与債権ファクタリング違法性があるのか、詳しく解説していきます。

給与債権ファクタリングは違法なの?

給与債権ファクタリングは、金銭の貸し借りではなく債権の売買契約となります。
ファクタリングというのはお金を貸すということではなく、企業間にある売掛債権を買い取ることにより事業者が資金調達とすることができます。

個人の給与債権ファクタリングも、同じ意味となります。
貸金ではなく債権の売買の規制となりますので、債権譲渡に関する法律が該当します。
法律違反ではなく違法性は一切ないので、安心してご利用できます。

皆さんが気になることといえば、過去に合ったファクタリングの逮捕事例ではないでしょうか。
2017年にファクタリングを装った闇金の金融業者の逮捕というニュースがいくつかありました。
なぜ逮捕されたのかその理由は、中小企業相手にファクタリング名義で悪徳業者が歩み寄って、実際に法外な高金利での貸し付けをしたという内容で。

ニュースの内容はファクタリングと呼ばれていましたが、内容は融資であり、出資法違反と貸金業法違反となっています。正規のファクタリング会社でもなんでもなく、ただの悪質な業者の仕業です。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

法律上給与債権ファクタリングは違反なのか

給与債権ファクタリングは純粋な債権譲渡をする流れとなるので、当事者間の特約にて譲渡を禁止した債権ではない場合は、基本的に譲渡することは問題ありません。

よって、給与債権ファクタリングは、違法性が全くない健全な資金調達法ということになります。
法律違反ではありませんので、安心してご利用いただけます。

ファクタリング業者の中には悪徳業者も潜んでいる

ファクタリング業者の中には、ファクタリングを名乗る悪徳業者も多く潜んでいます。
近烏有取引を装った新型闇金といわれており、ファクタリングを悪用して高額な手数料を徴収する闇金業者が横行しています。

給与債権ファクタリングにも存在し、金欠に苦しむ個人相手の法外な金利で貸し付けをする手口です。
なぜこのような悪徳業者が多く潜んでいるのか、その理由はファクタリングに規制があまりなく、手数料にも法的な制限がないことにあるようです。

個人に対する給与債権ファクタリングを取り扱っているファクタリング業者は、少ないのが現状です。
そのため、給与債権ファクタリングを取り扱っている業者を見つけると、ついついご利用したくなるかもしれません。目先のお金に困っていると急いでしまいがちですが、審査らしい審査をせずに高い手数料で利用させようとするファクタリング会社は悪徳業者ですので、絶対に止めた方がよいといえます。

悪質なファクタリング会社には、このような特徴があります。

  • 公式ホームページに代表者、連絡先の記載がない
  • 公式ホームページに手数料率や資本金額、設立年月の記載がない
  • 公式ホームページに記載がある電話番号から連絡がこなく、携帯電話からの連絡がくる
  • 事務所に出向こうすると断られる
  • 審査に必要な書類がほとんどなく、ほぼ即決で契約となる
  • 契約書類についての説明がなく、書類の控えをくれない
  • 振込ではなく現金でのやり取りを求められる
  • 当初の手数料の他にあれもあれもと様々な手数料を請求してくる
  • 請求書の額面とは全く関係のない金額での契約を勧めてくる

これらのポイントは、悪徳業者のよくある手口です。
冷静にチェックをして、1つでも当てはまったら絶対にご利用をしないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
給料前借りファクタリングは、違法ではありません。
そのため、安心してご利用することができます。
個人向けのファクタリングには悪徳業者も多く潜んでいるので、絶対に引っかからないようにしましょう。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給与債権ファクタリング|良いファクタリング業者の見分け方

ファクタリングで資金調達をしたいけれど、どの業者がいいのか見極めができない方もいると思います。
良いファクタリング会社はどのようなポイントで見分ければいいのか、詳しくご紹介していきます。

手数料の最低と最高を明記しているか

一般的な優良なファクタリング会社は、手数料の最低と最高を必ず記載しています。
ファクタリング会社が許容できるリスクの範囲として、手数料の最低と最高を記載して公開するということは、利用者保護からの観点にて必要なこととなります。

悪徳業者の場合は、手数料1%からなど利用者が誤認してしまうような記載の仕方をし、このようなファクタリング業者は怪しいので避けるべきといえます。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

契約の際の費用の詳細の明記

審査や契約の際にかかる費用はどのようなものがあり、いくらかかるのかを明記するのが当たり前となっています。

悪徳業者は、契約の際にかかる費用について明確に記載しません。
その理由は、契約実行後にあらゆる手数料を徴収して法外な手数料を請求するためです。
詳しく費用について記載していないということは、詳しく書けない理由があると疑うようにしましょう。

もし、記載が見つからない場合は、ファクタリング業者に直接問い合わせてみましょう。
優良な業者であれば、その際に細かく説明してくれます。

会社概要の記載があるか

お金の取引ですので、取引相手がどんな相手なのかわからないようでは困ってしまいます。
一般的な優良会社は会社概要を記載し、どんな会社なのか知ってもらうためにアプローチします。

代表者名や資本金額、設立年月日など、記載していることは当たり前となります。
会社概要がきちんと記載されていない場合は、知られてしまうと困ってしまうことがあるという証拠となります。会社概要は公式ホームページの見やすい部分に必ず記載しておりますので、必ずチェックしてみましょう。トップページにわかりやすく記載されていない場合は、優良業者とはいえません。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

商品概要が詳しく記載されているか

公式ホームページは、企業の広告です。
見栄えが良くてアピール性が高いサイトは、企業の優良さを発揮しているようなものです。
ファクタリング会社の場合は、どのようなファクタリング商品を取り扱っているのかのアピールを明確にしています。

ファクタリングは金融商品ではありませんが、融資と同じような考えでホームページでアピールすることが定番となっています。ファクタリングの商品概要の状態をチェックして、違和感がないか銅貨を確認しましょう。

契約内容に対する説明がない

契約するファクタリング商品はどのような契約内容なのか、契約の際に細かい説明があります。
具体的にどのような契約内容なのかを説明しない業者は、優良な業者とはいえません。

悪徳業者の場合は、業者の言い分を押し付けたり、足元をみるような契約をします。
利用者の話を聞かずに業者の言い分ばかり話す業者は、避けましょう。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

契約時に書類に関する説明がない

ファクタリングの契約の際は、様々な書類の提出をします。
署名や捺印を求められることも多く、なぜその書類が必要なのかを説明してくれます。
説明がない場合でも、質問することで明確に説明してくれます。
説明ができずに署名捺印を求めてくる業者は、優良な業者ではありません。

事務所に来るのを嫌がる

書類を事務所に持参して契約することもできるのですが、悪徳業者は事務所に利用者が来られるのを嫌がります。その理由は、居場所を突き止められたくないからです。悪徳業者は所在地を公開したくないので、事務所に顧客を招くことは一切ありません。

また、携帯電話のみでしか打ち合わせをしたことがない場合も、要注意です。
携帯電話も所在地を示すことにならないので、居場所を隠しながら営業することができます。
悪徳業者は居場所を知られると後に何かあった場合に足がついてしまうので、絶対に嫌がります。

ネット上で評判が良い業者を選ぼう

現代はインターネット社会なので、ネット上での口コミはとても多くの情報量があります。

悪徳な業者というのは必ずネット上に評判が記載されているので、どのような企業なのかを簡単に判断することができます。ネットに口コミ評判を記載する声はとても正直であり、優良業者と悪徳業者の比較は一目瞭然です。必ずネット検索をして、間違いのないファクタリング業者をご利用しましょう。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリング会社は、このようなポイントで見極めて選ぶようにしましょう。
業者の選び方さえ間違わなければ、スムーズで便利な資金調達とすることができます。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給与債権ファクタリング|契約までの流れを見てみよう

給与債権ファクタリングを利用してみたいけれど、どのような流れなのかイマイチわからない方もいると思います。そんな方のために、給与債権ファクタリングはどのような契約の流れとなるのかを、詳しくご紹介していきます。

基本的に来店不要でお申し込みから契約ができる

給与債権ファクタリングを取り扱っているファクタリング会社は、お申し込みから契約まで来店不要でご利用いただけます。必要書類はメールにて送信するので、あとはインターネット上でのやり取りのみでOKです。ファクタリング会社に出向いたりしなくていいので、忙しい方でも便利にお申し込み契約をすることができます。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

お申し込みから契約までの流れ

お申し込みから契約までは、このような流れとなります。

お問い合わせ

お電話やメールにて、ファクタリング業者にお問い合わせをします。

申し込み受け付け

申し込み受け付けは、ほとんどのファクタリング会社で24時間365日受け付けています。
受付に係る時間は、約10分ほどです。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

必要書類の提出

必要処理委を、写メールやFAXにて送信します。
顔つきの身分証明書(運転免許証や住基カードなど)、保険証、直近2カ月分の給与明細などが必要となります。

審査結果報告

審査結果を、電話やメールにてご報告されます。

ご契約

お客様のメールアドレスに、PDFで契約書を送信します。
承諾してもらった後、契約成立となります。

ご入金

契約後、ご入金となります。
ほとんどのファクタリング会社の場合スピード入金となり、即日入金となる場合が大半です。
中には、お問い合わせから最短30分程度でご入金してもらえるファクタリング業者もあります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

契約後の流れ

契約後はファクタリング業者からの入金を確認し、利用者はお給料がでたらご精算します。
この際、融資のように分割での支払いはできなく、一括支払いとなります。
そのため、お給料の範囲内で計画的なご利用をすることがとても大事となります。

給与が入ったのち支払うことで、終了となります。融資とは違い、短い期間でのご利用となります。
何年も利息を支払いながらご利用していく融資とは違いので、気軽なご利用とすることができます。

給与債権ファクタリング利用後勤務先が倒産した場合

ファクタリングで入金してもらった後、勤務先が倒産してしまうことも十分にあり得ることです。
万が一勤務先が倒産してしまい給料を支払ってもらえなかった場合は、ファクタリング会社が全て負担してくれる場合が大半です。

給与債権ファクタリングを取り扱っている七福神の場合は、勤務先倒産の場合の利息は全て負担するそうです。そのため、支払い代金は一切請求されませんので、安心してご利用することができます。

近年は不景気ですので、勤務先がいつ倒産するかわかりません。
その備えをしているファクタリング会社であれば、ご利用も安心です。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

なぜブラックでもご利用できるのか

給与債権ファクタリングは、利用者がブラックでもご利用できます。
なぜブラックでも問題ないのか、それはファクタリングが融資ではないからです。

給料の債権を買い取るので、債権譲渡契約という売買契約となります。
そのため、過去の融資の借入データは一切影響ありません。
審査の対象は利用者ではなく勤め先となるので、利用者の属性は全く問題ありません。
当然給与債権ファクタリングは借入れ実績にはなりませんので、個人信用情報機関には一切記載されません。

給与所得者であれば誰でもご利用できる給与債権ファクタリング

給与債権ファクタリングは、給与所得者であれば誰でもご利用できます。
会社員や公務員、OLをはじめ、アルバイトやパートでも収入証明を確認することができるのであれば審査の対象となります。専業主婦でも、配偶者の収入証明を使ってご利用ができますが、配偶者ご本人に知られてしまいますので注意しましょう。

いかがでしたでしょうか。
給与債権ファクタリングの契約までの流れは、金融機関の融資に似たようなものです。
ただし、審査されるのは売掛先の勤務先となりますので、利用者は細かく審査されません。短期間で資金を手に入れることができるので、お金がなくて困っている場合は是非検討してみると良いでしょう。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給与債権ファクタリングはカードローンの審査に通らない人でも利用可能?

給料日前にお金が必要になると、どうにか調達できないかと考える方もいると思います。そんな時カードローンの審査に申し込んで落ちてしまうと、どうしたらいのかわからなくなってしまう方もいます。

そんな方に目を向けてもらいたいのが、給与債権ファクタリングです。給与債権ファクタリングはカードローンの審査に落ちた方でもご利用できるのか、詳しく解説していきます。

給与債権ファクタリングとは

給与債権ファクタリングは、個人でもご利用できるファクタリングサービスです。サラリーマンやOLは勤務先から労働の対価として給料をもらいますが、給料というのはすぐにもらえるものではありません。

一定期間働いた後にまとめて月単位で支払われるのが、一般的です。働いてから実際に給料が支払われるまでの間は、サラリーマンやOLは給料をもらえる検知給料債権を持っていることとなります。

給与債権ファクタリングは、この給料債権をファクタリングする資金調達方法です。
給料をもらえる権利をファクタリング会社に売却して、その売却代金を前倒しして早く受け取ることができるという流れです。給与債権ファクタリングは、給料の前借にほど近い資金調達方法といえます。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

融資とファクタリングとはどう違うのか

給与債権ファクタリングが聞きなれない人にしてみると、一般的な融資と給与債権ファクタリングはどう違うのかと思われるかもしれません。

融資はお金の貸し借りであり、ファクタリングは債権の売買となります。そのため、該当する法律も異なります。

融資の場合は貸金業や銀行業などの免許が必要となりますが、ファクタリングの場合は特別な資格や免許は一切必要ありません。そのため、どのような企業でもファクタリングサービスを行うことができます。

高金利となってしまうファクタリング

ファクタリングは融資ではないので、利息制限法のような法律の制限を受けません。そのため、高金利が容認されています。給与債権ファクタリングの手数料は、10%前後になることが大半です。

10%というと大した率ではないと思うかもしれませんが、手取り30万円の給与の場合10%の手数料は3万円ですので、手元に残るお金は27万円程度ということになります。この数字だけを見ると大したことではないと思いますが、年率にすると手数料の高さが一目瞭然です。

10~20%の手数料を年利人計算し直すと、120%の利子を支払っていることになります。融資と比べると、膨大の手数料を取られているということがわかります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

計画的に利用しよう

給与債権ファクタリングの資金調達のコストは、高くなる可能性があります。
勢いだけで無計画に利用し過ぎてしまうと、状況をさらに悪化させてしまうこともあります。

給与債権ファクタリングには手数料は発生し、お金を調達した分は後に返済が発生します。返済日に支払いができなくて困るなんていうケースもありますので、きちんと計画して検討するようにしましょう。

優良な業者を選ぶ

給与債権ファクタリングを取り扱っている業者は少なく、中には悪徳業者も紛れ込んでいることもあります。悪質なファクタリング会社に騙されてしまうと、高額すぎる手数料を取られて大損してしまうこともあります。

付き合うファクタリング会社は、きちんと選ばないと後に何らかのトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。ネット上の評判などもじっくりチェックした上で、ここなら大丈夫!と思える業者のご利用としましょう。

給与債権ファクタリングはこんな方がご利用している

給与債権ファクタリングは、このような悩みの方がご利用されています。

  • 給料日前で金欠で困っている
  • 急に現金が必要になった
  • 支払いに間に合わない
  • 給料の前借りを断られた
  • クレジットカードを作ることができない
  • 限度額のキャッシングをしており借入ができない
  • 家族や友人にお金を借りることはできない
  • 借金は絶対にしたくない
  • 現状しのげれば問題ない

このような悩みは、給与債権ファクタリングで解決することができます。

いかがでしたでしょうか。
給与債権ファクタリングは、カードローンの審査に落ちた方でもご利用ができます。
ご利用する方の審査はありませんので、借金ができない方でも問題なく審査の対象となります。給与債権ファクタリングを通してお金の問題を解決することができるので、お金に困っている時には是非検討をしてみましょう。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓