給料 未払い 相談

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

未払い給料のその理由は?

給料が未払いであることは、断固としてもらうべきお金です。
請求権が当然ありますが、もたもたしていると時効になってしまうことがあります。
会社に直接請求しづらい、少し待とう、なんて言っていいかわからないなどの理由があります。

どうして未払いになった?

経営不振が原因の場合、社長に言ってもお金がないと思います。
少し待ってほしいと金策に走っているのなら少し待とうと思うのです。
経営不振の会社では、未払い給料以前に転職も考えてみてください。
ただし、経営不振だからといって、未払い給料はそのままで良いわけはありません。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

中小企業でワンマン社長

ワンマン社長は良いのですが、どんぶり勘定の場合は、長期で勤務するところではありません。

ただし、未払い給料はきちんともらいたいところであり、労働基準監督署などに相談してください。
そうした行動を嫌がるからしないというのはナシです。
給料が未払いで、ワンマン社長で長続きしないことをアピールしちゃっても良いでしょう。

中小企業の親から譲ってもらった二代目などの多いタイプです。
自分で苦労せずに社長になったりすると、従業員のことを考えられないからです。

労働トラブルによる未払い

解雇?無断欠勤?いろいろな見方ができます。
最近では、若い方でも急に出勤しないで長期で休んで、給料日には出勤のパターンが多いです。
彼が言うには、出勤した日数だけの給料はもらいます。相当な横柄な態度であり、その前に無断欠勤の非を誤れと言いたくなります。

しかし、はっきり言って、彼の言い分は正解です。
無断欠勤はやってはならないことですが、出勤日数分の給料は未払いではNGです。
この図々しさは、なんなんだ?という内容ですが、労働者側の対応としては、堂々と給料を請求しても良いです。

その後無断欠勤や、長期欠勤で会社に迷惑をかけて解雇の判断はOKです。
ただし、解雇予告は30日前は厳守であり、その間の手当はきちと支払いましょう。
無断欠勤したから給料が未払いにするというのは、ダメな対応です。

会社の言い分

あなたが無断欠勤をしたので、賠償金として給料と相殺したので、未払い給料になってしまう。
当然のことだろう。もし無断欠勤の彼が弁護士をたてて、裁判したときには会社は負けます。
一方的に出勤した給料を賠償金との相殺する行為は禁じられているからです。

労働トラブルでは、非常識といえる行動に対しても、お金に関しては、ある程度の妥協も必要です。
無断欠勤の彼が、未払い給料の請求を堂々と行う。これで良いので、働いた分の給料はどんなことがあっても請求ができます。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

許さない!未払い給料

給料の内容で残業代が入っていないとか、契約より少ない給料の場合、残業代請求などもできます。
給料に関しては、契約がきちんとあります。正社員ばかりではなく、バイト先でもパートでも1,000円でも2,000円でも不足しているときには、未払い給料として請求しましょう。

請求権がある

ここで雇い主の意図が見られます。
例えば、あまり発言権がない方には、ごまかす。最初の説明がなく、給料が差し引かれる。
そんなことは聞いていないよという事柄がある場合は、きちんと対応してもらってください。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

自分ではちょっと対応が無理な場合

最近では、借金相談窓口として弁護士や司法書士がホームページなどで紹介されています。
最近始まっているのは、B型肝炎集団訴訟のようです。

そこでは、弁護士の専門分野で労働トラブルに対応している場合も多いです。
交通事故や労働トラブルに関しては、法律を知っている方の登場で事態が大きく変わります。
借金解決も法律ですが、未払い給料についても話を聞いてくれます。

法律では、未払い給料は違法行為だと定めています。
会社の都合で未払い給料ができない決まりになっています。
罰則対象にもなり、弁護士などが介在することで和解の道が開けます。

ちょっと経営が厳しいので

労働条件にはないことですが、オーナーや社長からのこうした相談などで合意をした場合の未払い給料では、騒ぎも大きくならないことでしょう。

また、給料が遅れるという場合もありますが、売掛債権の回収の失敗やタイミングなどの問題です。
会社の経営内容がわかっている場合は、多少の譲歩はできるものの、同意なき未払い給料に関しては、妥協はしないことです。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

罰金刑がある

就業規則に給料カットの事項があります。合理的な理由と従業員の同意がなく、未払い給料や不当な給料カットがある場合は、会社は30万円以下の罰金に処する事になっています。

従業員に給料未払いになる上に、罰金30万円では倒産してしまう?そんなことになります。
当然未払い給料を訴えたとしたら、個人資産を具してでも支払いはしなくてはならないことです。

給料の未払いはとんでもないこと

従業員、労働力の確保は、会社にとっては血肉です。それを粗末にすることは、会社にとっては致命傷であり、たまたま支払いができない給料でごめんね。ということにはならないようです。

従業員に訴えられるような事態は作らないことであり、従業員では未払い給料に関しては、断固して戦って給料を勝ち取ってください。その権利は当然存在しています。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

未払い給料を請求しよう

給料の未払いに関しては、請求に必要な資料を集めましょう。
タイムカード、給与明細などを用意してください。

内容証明郵便を送る

私が会社に対して、請求の手紙を送りましたという証明書になります。
バイトでも同様であり、最初に行った労働条件に見合うだけの給料は獲得することです。

残業代請求なども同じようにできます。
経営者の意図として、請求を受けたことで動かないわけにはいかないでしょう。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

労働基準監督署に相談

同様の書類を労働基準監督署に行き相談をします。
労働法に違反していると分かれば、会社に調査が入ります。

倒産してしまった場合は、立替払い制度があり、最大8割までの未払い給料の支払いを受けることができます。その際に、未払い給料の証拠と会社に直接請求をしたかを聞かれます。
その部分はクリアしてから労働基準監督署に行く方が良い選択です。

内容証明郵便を送っても、会社は何もしてくれないという事実がある方が良いでしょう。
労働基準監督署では相談の域ではなく、申告、通報の形で行います。
未払い給料の相談先としては弁護士などが妥当です。
労働契約に反した会社に行動に対してのアクションを期待しましょう

もし、会社が倒産もしていない、何か不当な出来事での未払い給料である場合、通報者を突き止めに入ります。会社にいることが険悪になる可能性もあります。仮に、このまま働き続けるのであれば、労働基準監督署の申告は少し待ったほうが良いでしょう。

労働基準監督署では解決しないとき

労働基準監督署では、解決ではなく、会社の調査などだけです。
その上の解決策として、労働局の和解あっせんを受けることがあります。
和解あっせんに直接相談をすることもできます。

しかし、労働トラブルは弁護士に

すべての対応を自分1人で行うのは不安であれば、弁護士などを相談先とするのが妥当です。
どんなケースで未払い給料になっているかで、的確な対応のアドバイスがあります。
実際に動くのは弁護士であり、会社との和解も望めます。

未払い給料のことで、従業員が弁護士に相談しているということになると、会社も黙っていられない状態になります。未払い給料の証拠がない場合でも、弁護士では解決策もありますので、労働トラブルでは労働問題に強い弁護士に依頼をしてみてください。

まずは、どのような状態になっていて、どうしたら良いかを相談してみてください。
話だけでも解決の糸口が見えてくる場合があります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料の未払いはファクタリングで解決?

未払い給料がある。会社としては、あてはならない事実であることは承知しています。
しかし、従業員が弁護士を立てて請求してくる、内容証明郵便で請求をしてくる。労働基準監督署からの調査が入る。

現在、未払い給料については、インターネットで情報が豊富です。経営者の危機です。

従業員の給料の未払いを救うファクタリング

従業員の給料は会社としては義務です。
未払いが許されるものではなく、労働基準監督署の指導や少額訴訟などは絶対に回避したいことです。
しかし、資金がない。資金繰りがうまく行かないことが未払い給料の最大の原因である。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

黒字倒産に良くあること

経営はうまくいっているのに、給料が払えない。黒字倒産にありがちなことです。
そこで、給料のためだけの資金を用意する方法として売掛債権の現金化のファクタリングがあります。
給料日に間に合うようにファクタリングで、売掛債権の現金化をすることで、黒字経営ですから、堂々と給料の支払いができます。

ただし、売掛債権の入金のあてにならないので、資金繰りが再び大変になってしまう。
ファクタリングに行けない理由がここにもあります。

根本的に資金の流れを見直すとき

給料の未払いが起こってしまってからでは遅いです。
労働契約で従業員との関係悪化は、会社にとっては死活問題です。
ファクタリングは最近の資金調達の方法として注目されています。

中小企業や個人事業主も利用ができるようになっていますが、入金が先になってしまう売掛債権の現金化によって改善されることが多いとされています。

ここでは、未払い給料の改善ですが、その他に税金の支払い、たまっている請求書の支払い。
ファクタリングの現金化では、経営者の信用情報も改善することができます。
帳簿上での負債にならないことで言えば、銀行融資審査にも挑戦ができることもあります。

今回のファクタリングで解決

労働基準監督署の指導だったり、面倒なことは起こしたくないでしょう。
資金繰りがうまく行っていない、赤字経営で融資やビジネスローンばかり頼っていることで、倒産の危機もある。ファクタリングでの解決がどうなのかは不透明です。
しかし、給料の未払いは回避してほしいことです。

そして、一度資金繰りのリセットが可能であれば、ファクタリングの存在は大きなものになります。
ファクタリング会社は数多くありますが、口コミなどを参考に検索をしてみてください。
これからの会社展望も見据えてのことですが、給料日にはきちんと払ってあげてください。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料、残業代の未払いをファクタリングで解決

中小企業で実際にあった話です。

運送業の突然の悲劇

会社の経営は赤字ではなく、運送業界でもそれほど業績が上がっていました。
ところが、帳簿上では資金繰りが大変。

従業員にしてみれば、残業は多いのに、残業代は少ない?給料の未払いも?
経営者では、実は売上は多いものの、売掛債権の回収に間に合っていないことで、自転車操業的な経営になっていたということです。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

回収できたら支払う

売掛債権の回収が回転していないことで、経営者のこのような言い訳が通じる訳がありません。
従業員からの内容証明郵便で残業代などの請求を受けてもどうしようもなく、銀行融資は時間がかかる審査であり、ビジネスローンを探している経営者。

そんなときにたまたま見つけたのが、ファクタリングの仕組みです。

中小企業でもできるんだ

内容証明郵便を送ってきた従業員をこれ以上、またすわけには行かない。
今退職されたら人手不足の運送業。黒字倒産ではなく会社が危なくなってしまう。
そこで、即日現金もできるというファクタリングに相談をしました。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

社長!甘いですよ

ファクタリング会社ではコンサルティング的な要素もある会社でした。
給料は悪くない内容でしたが、残業代などの部分では曖昧なルールでした。
多忙な業務で残業代は多くなっているけれど、給料にうまく反映していないことが、従業員の不満としてありました。給料の未払い分の請求だけではなく、その他の賠償などもある請求額でした。

そこで、ファクタリングで売掛債権での現金化でその場を凌ぐ対策をとろうとしました。売掛先企業に知られない2社間ファクタリングでは、手数料は高いですが、とにかく現金がほしい一心でした。

ところが、ここでは2社間ファクタリングで手数料を多く取りたいという会社ではなく、残業代の見直しと今回は3社間ファクタリングの提案を受けました。

3社間ファクタリング

売掛先企業において、現状の説明をして頭を下げて、ファクタリングをすること、回収はファクタリング会社にしてもらうことで、手数料は5%程度が解決です。残業代、遅れた未払いの給料の支払いと、今後の残業代の見直しを約束して、退職者を出さず今に至っているということです。

人件費は上りました

当然、従業員としては、給料や残業代の未払いのときに、給料の値上げも期待してのことでした。
経営が順調に行っていることでは安心ですが、給料未払いなどということをしていたツケです。
サービス残業という言葉はありますが、実際にはそんな契約では人は集まらないことも多いです。

そして、最近では弁護士なども残業代や給料未払いなどで、従業員を擁護する行動は積極的になっています。経営者、社長としては、会社を大切にしたいのなら、従業員を守る体制になることが必要な時代です。バイトだとしても、給与はきっちりと支払う。融資やビジネスローンだけではなく、ファクタリングなどを使ってでも資金繰りの健全化はきっちり行ってください。

今回は、3社間ファクタリングで手数料は少なかったのはラッキーでした。
たとえ、手数料が高くなっても、給料の支払いと残業代の支払いの方が大切です。
労働基準監督署からの指導、従業員からの請求。そのようなことは回避したい出来事です。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓