10万円少額ファクタリング

10万円少額ファクタリング|少額の場合対応は良くないの?

ファクタリングはコストがかかるので、最小限にとどめたいと思っている方も多くいらっしゃいます。
また、小規模事業者は少ない資金の調達で十分ですので、数万円でファクタリングを試してみたいという場合もあります。10万円の少額ファクタリングは、業者の対応は良くないのでしょうか。

少額買取ファクタリングは業者が損をしてしまうことがある

10万円少額ファクタリングのような、少額取引を望んでいる業者は少数となります。
その理由は、少額の売掛金に対するリターンが薄いからです。

しかし、現状は10万円のファクタリングも1,000万円のファクタリングも、買取の手間は変わりません。
審査項目が増えたりなどの若干な違いはありますが、作業時間はほんの少ししか変わりません。

例えば10万円のファクタリングの場合、欠け目手数料を20%で買い取ってもらった場合、ファクタリング会社の売り上げは20,000円となります。確かに20%と高利率の手数料なのですが、ここから人件費や広告費などを差し引きすると利益がゼロになるどころか赤字となってしまう場合もあります。1,000万円のファクタリングの場合は、5%の欠け目手数料であっても500,000円となるので、理想の利益を生むことができます。

なぜ損をしてでも少額ファクタリングを取り扱う業者が存在するのか

このように少額のファクタリングでは業者が損をしてしまうことがあるのに、なぜ10万円等の少額ファクタリングを行う業者が存在しているのでしょうか。それには、これらの理由があります。

薄利多売の原理

取引件数を増やして、薄利多売で微量の利益を集めて多くの利益にしている業者もあります。

少額で取引実績を作りたい

少額で取引実績を多くし、次回の増額取引に期待している業者が大変です。
このような資金調達は2回3回と反復利用する企業が多くあり、リピートを期待して少額の面倒な取引でも快く受けてくれる傾向があります。利用者からすると1回の利用で止めたいものですが、中には継続してご利用している企業も多くあります。

このように、10万円等の少額でもそれなりのメリットがあるので、きちんとした対応で接してくれます。

10万円少額ファクタリング業者の見分け方

10万円少額ファクタリング業者の見分け方は、公式ホームページに10万円台からの少額利用可能と記載してあります。少額利用や小口利用はファクタリング業者のオススメポイントですので、インターネット検索の際に説明文にも記載されています。最短即日入金が可能な業者も多くあり、24時間365日電話受け付けをしている業者もあります。

いかがでしたでしょうか。
10万円少額ファクタリングのような少額の場合でも、ファクタリング業者にはそれ相応のメリットがあります。そのため、きちんとした対応を取ってくれますので、安心してご利用いただけます。ファクタリングは手数料が多くなるので、10万円等の少額でご利用する方法が1番理想の方法といえます。

10万円少額ファクタリング|業者の選び方ポイント

10万円少額ファクタリングの際の業者選びは、慎重になりましょう。
どのようなポイントで業者選びをすべきなのか、まとめてみました。

審査・振込スピードが速い業者

ファクタリング会社の中には、最短即日で早い場合はお問い合わせから2~3時間で着金となる高速振込業者もあります。直ぐに資金を調達できるので、早く資金を得たい企業には大変オススメです。

しかし、1つ注意してほしいのが、振込スピードを強調する業者の中には悪徳業者も含まれている現状があります。悪徳業者は振込スピードを全面に出してアピールし、法外な手数料を取るというパターンです。

悪徳業者の見分け方は年々難しくなっていきており、優良業者のホームページと変わらない雰囲気をかもしだしています。そのため、悪徳業者と気付かずに手を出してしまう業者も少なくありません。

信頼できる企業で振込スピードが早い、優良業者を選ぶようにしましょう。
ネット上の評判をチェックして、信頼できる業者を探しましょう。

運営実績や会社信頼性で選ぶ

10万円の少額ファクタリングであっても、ご利用するファクタリング会社は信頼性ある業者にお願いすべきです。

このようなファクタリング業者は、信用できるポイントがあるのでオススメです。

  • 非営利団体(一般社団法人)の業者
  • 創業して長い老舗業者
  • 大手企業と業務提携している
  • TVやラジオなどのメディアの実績がある
  • 住所や電話番号など連絡先を明確にしている
  • ネット上の評判に悪徳という評判がない

これらのポイントに適した業者であれば、安心してご利用いただけます。

少額買取可能な業者を選ぶ

10万円の少額買取は、少額買取可能な業者を探さなくてはいけません。
ファクタリング会社をチェックしてみると、最大買取額をアピールする業者は多くいますが、少額買取のアピールはあまり見かけません。100万円以下の少額買取の業者需要は、一定数です。ファクタリング業者は1案件ごとの取引額が大きいほど儲けを多く得ることができるので、小規模案件を嫌う傾向があります。

一部の企業では少額買取に目を向け、少額専門のファクタリングを行っている業者も多くあります。
このようなポイントで、少額買取の業者を探してみましょう。

  • 小口専門
  • 10万円台から買取可能
  • 100万円以下でも高額掛け目で買い取った実績あり
  • 最短数時間入金
  • 非対面方式で簡潔した申し込み・審査
  • 少額により必要書類の省略化や再検討期不要
  • 24時間365日電話対応

いかがでしたでしょうか。
10万円の少額のファクタリングを行っている業者は、調べると数多くあります。
これらのポイントで業者を探し出し、理想の少額ファクタリングとしましょう。

10万円少額ファクタリング|個人事業主にもピッタリの資金調達方法

ファクタリングといえば、中小企業で人気の資金調達方法ですが、個人事業主にもピッタリの資金調達方法です。

少額資金調達も可能なファクタリングの、個人事業主にピッタリのポイントをご紹介していきます。

ファクタリングで重要視されるのは売掛金の信頼性

個人事業主は、融資の際に偏見を持たれてしまう傾向があり、なかなか資金融資にたどり着けない場合が大半です。しかし、ファクタリングは、個人事業主に適した特徴をもっています。

ファクタリングの場合は、審査で重視されるのは売掛金の信頼性です。
個人事業主であるご本人への信用問題は審査されず、取引先の信頼性が重要となります。
取引先にある程度の信頼性があれば、ファクタリング会社が喜んで買取実施をします。
法人相手の債権や公共事業に係る債権の場合は、手数料条件の緩和などのメリットも多くなります。

売掛債権がなくてもファクタリングの利用は可能なのか

ファクタリングといえば、売掛債権を前借して資金調達する方法です。個人事業主の場合債権譲渡登記制度を利用することができない、まとまった数字の売掛債権がないなどの理由によって、ファクタリングの取引には一見不向きと思えるようなポイントがあります。

しかし、近年は個人事業主向けのファクタリング業者も増加してきています。近年は債権の電子化により、債権売買や担保融資などの取引が常識化となっており、まとまった売掛債権がない個人事業主向けのファクタリングプランを商品化しているファクタリング業者が増えてきています。

個人事業主は、銀行や信用金庫などの金融機関より融資を断られる傾向がありますが、ファクタリングは資金調達の希望が見込めるサービスといえます。資金調達をしたい場合は、1度相談をしてみると良いでしょう。

個人事業主のファクタリングの要件

個人事業主向けのファクタリング商品は多く存在しておりますが、やはり法人と比較してみると審査は厳しめの傾向があります。個人事業主でも審査が通りやすい売掛債権は、これらのポイントに該当していると良いでしょう。

まとまった債権額があるが原則だが柔軟な対応も取ってくれる

ファクタリングは少額では取引しにくい傾向があり、ある程度まとまった金額であることが重要視されます。

しかし、近頃は少額の債権でも少ない手数料で利用者に還元したり、将来の債権を足した上での買い取りとするファクタリング会社が増えてきています。10万円等の少額でも取り扱ってくれるファクタリング業者もあるので、まずは業者側に債権の状況を相談してみると良いでしょう。

優良債権が原則

ファクタリングでは、回収の見込みがない不良債権に融資はしません。
優良と判定される債権で、間違いのない審査通過としましょう。

優良と判定してもらえる債権とは、売掛先との取引が長期間にわたって反復継続していることです。
且つ、今までの売掛先との取引にて履行履歴(売掛金の入金の遅延や延滞)などがないことが条件となります。売掛先の企業が良好であれば、個人事業主が持っている売掛債権でもファクタリング契約が可能となります。

いかがでしたでしょうか。
個人事業主には、ファクタリングは適した資金調達方法といえます。
個人事業主がご利用できるファクタリング業者は結構ありますので、是非ご利用を検討してみましょう。

10万円少額ファクタリング~悪徳業者に気を付けよう

10万円からの少額のファクタリング業者の中には、無許可金融の悪徳業者も潜んでおります。
10万円の少額という条件が良くないファクタリングだからこそ、顧客の心理を仰ぐように悪徳業者が潜んでいます。

ファクタリングの悪徳業者に気を付けるべきポイントなどを、ご紹介していきます。

ファクタリングを装った悪徳業者が増えてきている

ニュースなどでも取り上げられるほど、ファクタリングを装った悪徳業者が増えてきています。
ニュースで放送していた捕まった悪徳ファクタリング業者は、法定金利の50倍もの金利を搾取していたそうです。逮捕された悪徳ファクタリング業者は、無許可で勝ち金業を営んでおり、無登録営業で出身法違反です。

ファクタリングは、闇金業者の隠れ蓑になっているようです。ファクタリングの悪徳業者は想像以上に多く存在しているので、業者選びの際は注意するべきといえます。

悪質ファクタリング業者の見分け方

悪質なファクタリング業者は、これらのポイントで見極めてみましょう。

連絡先が携帯電話番号

悪質な業者は違法営業を繰り返しており、きちんとした営業所を持っていないので携帯電話を連絡先として営業していることがほとんどです。連絡先が携帯電話のみのファクタリング業者は、絶対にご利用してはいけません。

ファクタリングの知識が乏しい

詐欺で適当に資金をゲット出来ればいいので、ファクタリングへの知識は当然乏しいです。
専門的なことを質問しても返答がすぐに返ってこなかったり、曖昧な回答しかしません。
酷い場合は、少し込み入った質問をするだけで全く連絡が取れなくなってしまうケースもあります。

必要書類が曖昧

ファクタリングは契約して進めていくので、契約者間で契約書が必要となります。
しかし、悪質な業者は契約書の作成を怠って、申込書のみの記入だけとなってしまう場合があります。
書類の控えを発行せず、足跡を残したがらない業者も悪質な業者の特徴です。

手数料が異常に高い

悪徳業者は報酬基準があいまいなので、相場よりもはるかに高い手数料だったり、報酬の他に事務手数料として別途追加費用を請求してくる場合があります。

債権譲渡登記費用として多くの手数料を請求してきたり、あの手この手で手数料を請求してきます。
不明な手数料は、しっかりと確認して説明してもらいましょう。納得できない手数料を請求してくる場合は、間違いなく悪質な業者です。

いかがでしたでしょうか。
悪徳業者はファクタリング業者に多く潜んでいますので、注意して業者選びをしましょう。特に10万円などの少額ファクタリングの場合は、利用者の足元を見た悪徳業者が多く潜んでいます。優良な少額ファクタリング業者はありますので、きちんとチェックしてご利用を検討しましょう。

10万円少額ファクタリング|スムーズな審査で資金調達とするコツ

10万円の少額のファクタリングでも、すぐに資金を調達しない企業が殆どです。
素早く資金を調達したい場合は、即日調達とするためのコツが必要となります。
どのようなコツが大事なのか、詳しく解説していきます。

少額可能のファクタリング業者を選ぶ

少額のファクタリングがご希望の場合は、少額ファクタリング可能な業者に申し込まなくてはいけません。

少額ファクタリングが可能な業者は、公式HPにてアピールしています。メガバンク系のファクタリング会社は数百万円からのご利用が大半であり、独立系のファクタリング会社は数十万円単位の少額から対応している業者が大半です。

審査書類をあらかじめ用意しておく

ファクタリングには様々な書類が必要となり、中には用意することに時間がかかってしまう書類も多くあります。このような書類が必要となるので、あらかじめ余裕を持って用意しておきましょう。

審査に必要な書類

本人確認書類(免許証やパスポートなど)、入出金の通帳(Web通帳でもOK)、請求書や見積書・基本契約書など

契約に必要な書類

納税証明書、印鑑証明書、登記簿謄本

これらの書類が揃っていることで、審査から入金まで最短即日で実行することもできます。

朝1番に申し込む

早めに資金調達をしたい場合は、朝1番に申し込んで審査を受けましょう。
即日入金が可能な業者の場合は、朝1番に申し込むことで午後に資金を振り込んでもらえることもあります。スピーディーな資金調達は、申し込み時間が早いことでスピーディーな対応とすることができます。

2社間ファクタリングが可能な業者を選ぶ

ファクタリングには3社間ファクタリングと2社間ファクタリングがあり、2社間の方が申込者とファクタリング会社、3社間の場合はそれにプラス売掛先の会社が含まれます。

2社間ファクタリングの方が2社しかいないので、審査がスムーズで素早い審査通過とすることができます。最短即日の業者は2社間ファクタリングの場合が多いので、早く資金調達をしたい場合は2社間ファクタリングを選びましょう。

手数料が高い中でも低めの業者を選ぶ

10万円のような少額ファクタリングを取り扱っている業者は、手数料が高めとなっています。
その理由は、少額に対しての手数料なので、多くの手数料を取らないと企業として成立しないからです。

そのため、少額ファクタリングで即日対応をしている業者は、手数料が高めの傾向があります。
少額で素早い資金調達とするためには仕方のないことなのですが、その中でもできるだけ低めの手数料の業者をご利用するようにしましょう。

高い審査通過率を明言している業者

高い審査通過率を明言している業者は、審査通過しやすく振込までの日数も二次会傾向があります。
審査通過率の高さはその業者の売りですので、ホームページなどに明確に記載されています。

いかがでしたでしょうか。
10万円の少額の希望買取額のファクタリングも、このような条件のファクタリング業者であればスムーズな審査で資金調達とすることができます。
ファクタリングは売掛債権の前借で、潤沢な資金の調達とすることができます。
できることなら素早い資金調達として、安心した企業経営へとみちびきましょう。