ボーナス ファクタリング

ボーナスでファクタリングって何?

ボーナスでファクタリングができないでしょうか?ファクタリングとは、事業の現場で売掛債権を早期で現金化することです。資金ショート、融資の審査に間に合わない時に持っている売掛債権をキャッシュフロー目的の資金調達です。ボーナスでファクタリングというのは、それが個人で行われるのではないか?と言います。

そもそもファクタリングとは?

ファクタリングは売掛債権を現金化可能な債権回収会社が間に入り、健全な売掛債権を一定の手数料を徴収して現金にすることができます。最近では事業者、経営者だけではなく、個人対応の「売掛債権」で現金化が可能になっています。

個人の売掛債権とは?

給料です。正社員、アルバイトなど毎月決まった給料がある方は、ファクタリング業者では現金化ができます。その流れとしては、給料がもらえる。締日にその月の給料が決まる。たいてい必ずもらえることができるもので保証されているでしょう。それが、ファクタリング業者に現金化依頼をすることで、一定の手数料を取り現金化ができます。

手数料は契約内容によって変わりますが、締日あとの給料がファクタリング業者によって早期でキャッシュフローができます。事業者は、資金ショートのために利用される資金調達方法です。それが個人ではお金がないし、消費者金融の審査落ちで信用情報で金融事故だらけだとしても利用ができます。

個人の信用情報が無関係のもらえる給料を早期にキャッシュフローができる。それが、個人のためのファクタリングになります。

給料ができるのならボーナスも?

現在、ファクタリング業者では給料を原則としています。ボーナスも行いますという口コミはあまり聞かれないです。給料と違い、決まった金額ではないボーナスでは、査定が一定しないなどが理由になります。

給料債権としてはボーナスも認定するのなら、相談ができます。給料のファクタリングをする業者は数が少ないですが、ボーナスが確実にある会社では少額のファクタリングが実現することができるでしょう。直接相談をしてみて下さい。

売掛債権という言葉

売掛債権とは、約束した日にお金を支払いしますというものです。既に現金の証拠であり、ファクタリング業者ではその保証が高いほど、手数料も少ないでしょう。実際の給料が出るとファクタリング業者に支払うことで、1回きりのお付き合いになります。

ボーナスに関しては、金融機関、貸金業者も無関係の資金調達ができます。事業者だけではなく、個人の給料ができるのは新しいキャッシングの方法です。

給料ファクタリングのネームバリューはまだない

給料ファクタリングは、あなたがもらう給料を給料日前に現金化することです。ファクタリング業者は、その給料から手数料を差し引いた金額を現金にすることができます。

給与債権の存在

給与債権とは、あなたが給与日に受け取れる給与の権利です。事業で言えば、売掛債権として存在しているもので、来月の20日に支払うことの約束です。給料も会社からの支払いが約束されているものです。それが、給料債権として現金化が可能になります。

過去の給与明細だったり、振込記録があることでファクタリング業者では現金化を査定することになります。給料日前に多少手数料を取られたとしても、現金が早急に用意したい時に便利な資金調達法になります。

ボーナスはファクタリングができる?

ボーナスは毎月もらえるものではないのですが、会社として定期的なボーナス支給があるのなら、ファクタリング業者に現金化の相談ができます。

だいたいもらえる金額が分かれば相談に乗ってくれるかもしれません。給料債権は支払いが約束されているからこそ、現金化ができます。ボーナスも同じと考えるのなら、早期現金ができるかもしれません。

これからの資金調達

給料ファクタリングの存在そのものが、まだネームバリューがないものです。

事業資金のファクタリング対応しているところも、やっと中小企業にも拡散し始めました。その点でも、個人に対するファクタリングは、これからのものでしょう。その証拠として、個人事業主対象にしているファクタリングがやっと開始された状態です。

給料は個人の売掛債権

個人の売掛債権というのは、確かに支払いができるというものです。会社の信用が高いほど個人の給料ファクタリングが可能になります。個人事業主のファクタリングも取引先が大企業、公共事業者であればファクタリングは確かになります。給料も同じであり安定した会社であれば、ファクタリング対応はしっかりと行うことができます。

現在、どのファクタリングでも、取引先が信用ができる。給料でも会社の信用度が高いことで、現金化が可能になります。給料は、ファクタリングでは売掛債権として存在していることになります。給料債権があれば、きちんと給料がもらえるのなら、早期に給料を現金化サービスを受けることができます。

ボーナスは個別で相談を

ボーナスも確かな会社なら、きちんと査定額が出ているはずです。口コミなどでは、ボーナスファクタリングの成功例は少ないものの、現金化にできる条件が揃っていることでキャッシュフローができるかもしれません。

給料ファクタリングの手数料は?

個人が利用できる給料ファクタリングですが、手数料が10~20%程度です。給料ファクタリングとは、ファクタリング業者が給料を現金化することがサービスになります。資金調達方法として、それまでは企業や事業者相手にしていたものを個人対応して給料ファクタリングとして存在しています。

ファクタリングができること

ファクタリングとは企業が持つ売掛債権を早期に現金化することです。売掛債権とは、取引先に対して支払いの約束権利です。確実に○日に支払いを企業にすることになります。

その日にちが、来月、再来月となってしまっては困る。すぐにキャッシュフローしたい時に、その売掛債権をファクタリング業者に依頼することで、手数料での現金にすることができます。

給料ファクタリングも同様であり、労働に対する給料が存在していることで、早期に現金化ができます。給料だけではなく、ボーナスも債権として対応することも可能かもしれません。10~20%程度の手数料で対応するファクタリング業者もいます。給料ファクタリング対応であれば、ボーナスもできるかもしれません。

いわば運転資金

給料は個人にしてみれば、企業でいう運転資金です。給料日まで待っていればもらえるものですが、ファクタリング業者では、早期に現金化をします。100%の給料ではなく、手数料が取られるのですが、すぐにお金がほしい時、運転資金は生活にためにお金を入手したい時に便利な方法です。

ブラックリストも大丈夫

給料ファクタリングとは、依頼したときに会社からの明細があることでだいたいの給与額が査定されます。希望額のファクタリングが確認されることで、ファクタリング業者では手数料をとった上の査定額が提示されますので、それがOKならそのまま現金を手にすることができます。

業者によっては、即日査定だけではなく即日現金になることができます。その後、給料日にファクタリング業者に支払いをすることです。

ファクタリング業者の査定は、いわゆる金融業者の審査とは違います。個人信用情報を確認することなく、単にもらえる給料のファクタリングができる範囲内の現金化が実現できます。給料債権は売掛債権として、ファクタリング業者では現金化にするための手数料が取られるだけです。

要するに、早期の現金化ですが100%の給料ではない。依頼はそのときだけであり、継続するものではありません。1回きりのファクタリングであり、早急に給料を現金化をすることが選択することができます。さすがに毎月ファクタリングというのはオススメできないことです。

給料ファクタリングは会社にバレない?

給料ファクタリング、ボーナスファクタリングは会社に内緒でできるのでしょうか?

事業ファクタリングと同じ

事業資金、運転資金の調達は事業者にとっては死活問題です。銀行融資、ビジネスローンの方法もありますが、審査時間が長い。金利が高い、審査そのものが通らないなどの理由で、融資を受けられる環境にない事業者も存在しています。

そこで、売掛債権を現金化できるファクタリング業者に依頼することでは、キャッシュフローができます。そのとき、取引先にはその現金化が知られたくないのは事実です。現金がない?そんなことは、相手に知られたくない。そこでファクタリングでは2社間ファクタリングと言い、取引先に教えないで秘密裏に売掛債権を現金化することができます。

さらに、ファクタリング業者では取引先の審査をするだけです。売掛債権の支払日に入金されたのなら、ファクタリング業者に支払いをするだけです。取引先では、約束の日の売掛債権支払いをします。現金化している事実は知る由はありません。

したがって、給料ファクタリングも会社に知られることなく、もらえる給料の提示をファクタリング業者に依頼することで、給料は自分がもらいその後ファクタリング業者に支払うことでバレないでしょう。

3社間ファクタリング

その一方で、取引先も巻き込んでのファクタリングもあります。そのときには、取引先がファクタリング業者の支払う約束をします。要するに、もう現金化してしまったので、売掛債権の権利を譲渡したことになります。

信用の問題ですが、売掛債権そのものはお金の支払い権利であり、ファクタリング業者としては手数料を少なく現金化ができます。手数料が少なくなるのは、こうした取引先も知っている場合です。

3社間ファクタリングについて

給料ファクタリングも同様であり、会社に対してファクタリングで現金化しましたといえるのなら、手数料が低くなります。

会社でそんな場合でいうと、前借りしたら?ということになります。それができないから、現金化するために内緒で行う。前借りなら手数料もないものですが、3社間ファクタリングでは現実的ではないでしょう。

ファクタリング業者としては、きちんと支払いができれば良いのですから、2社間でも3社間でも信用度が高いことで対応しています。

ボーナスの場合も

ボーナスをもらえますよね?それでファクタリング業者では、債権として存在していることが必要です。前借りでは給料はありますが、ボーナスではなかなかできないことでしょう。

そこで、ファクタリング業者では、前年度の実績などでの査定でしょう。ボーナス、給料にしても個人のファクタリングでは、会社にバレない2社間ファクタリングが現実的でしょう。

ボーナスファクタリングはしていないという業者もあり

給料ファクタリングとは、個人の給料債権を現金化できる借りない資金調達の方法です。ところが、あるファクタリング業者のサイトを見ていると、デメリットを見つけることができます。

分割払いができない

給料ファクタリングとは、たいてい会社に内緒で行う現金化です。査定では給料から限定された範囲内だけの現金化ができます。それは良いのですが、給料がでたときには、一括して支払うことが必要です。

今月と来月で分割で支払い。出た給料は既に現金としてあなたの手にあるのですから、分割払いはできないようです。

ボーナスは対象外

全てのファクタリング業者がそうだとは言えないのですが、あるファクタリングでは給料だけが対応であり、ボーナスのファクタリングは禁止とされていることがあります。こうした業者では、ボーナスのファクタリングができませんから、依頼しないことです。

手数料がある

当然です。10万円の給料ファクタリングでは、査定などにより1万円~2万円程度の手数料があると言います。

これは、9万円のファクタリングの成功で現金を入手します。そのときの1万円の手数料がかかることになります。そのときに、給料日には10万円をファクタリング業者に入金するシステムです。

このとき、消費者金融ホームページのように、スペック紹介がありません。ファクタリング業者のホームページでは、手数料は下限で5%~という表示になっています。どうしてもいくらの手数料になるのかは、実際の給料内容を確認しないと不明です。手数料に関しては、いくらなのかは確定できません。

公的資金はできない

給料ではなく収入では、年金や生活保護などはファクタリングができません。給料ファクタリングでは、公的資金の対応はしていないようです。確かな収入ですが、ファクタリング業者では債権にはならないようです。

給料ファクタリングを現金に

給料日前の現金化ができる。債権回収のようなもので、手数料があることが現金入手。カードローン、キャッシングなどができないブラックリストも対応しています。

信用情報機関は関係ありませんから、キャッシングと返済というものではありません。確実にもらえる給料を先にファクタリング業者で現金にしてもらうだけです。しかし、ボーナスができないということになる。相談対応の場合もありますが、給料だけなら現金にすることができる業者も多いようです。

どうしても今すぐ現金がほしい。給料日まで待てないときには相談してみて下さい。ボーナスがあるのなら、話しだけでもしてみて下さい。対応できるファクタリングがあるかもしれません。