ファクタリング 審査 通らない

ファクタリングの資金調達は融資とは違う

ファクタリングとは、売掛金現金化で行う資金調達方法です。

売掛金とは、取引先に仕事をした状態で請求書を出している状態です。支払いでは、すぐに行われるものではありません。1ヶ月ほどあとにお金になりますが、ファクタリング会社に債権譲渡をすることで、即現金になります。手数料は取られるものの、現金を手にすることができます。

融資ではありませんので、その後の返済もありません。急な資金ショートにも対応できるのですが、融資以外の資金調達として注目されています。

今になって、中小企業や個人事業主にも対応しているファクタリングがあります。そこで、今までファクタリングができなかった業種、小規模企業などでも資金調達の1つとして展開しています。

経営者としては、新しい資金調達として検討されていることでしょう。ところが、審査があることを知らない方もいますが、融資の審査と内容が違います。

融資の審査と何が違う

融資の審査では、申込者の情報を確認します。申込内容だけではなく、信用情報も大切です。事業の決算書では、銀行融資では難しい注文になりますし、個人信用情報機関に金融事故があると、銀行融資は全滅でしょう。ビジネスローンにしても、申込者の金融事故では借入れができないことが多いです。

そこで、ファクタリングの勧めです。ファクタリングでは、審査をするのは売掛先の企業になります。原則的に法人対応になりますが、売掛金の支払能力があるのか?そんなことが審査をされることになります。

ですから、ファクタリングの際には、申込者がブラックリストでも大丈夫。売掛金の存在そのものが審査の大きなポイントになります。

売掛債権が無事に回収される。例えば、取引先が大企業、自治体などでは、申込者のブラックリストの記録でも確実に現金化ができます。資金調達したい金融事故があったとしても、自分はそんなに審査をされないという点が大きいでしょう。

売掛先の信用情報

ファクタリングでは、売掛先の信用情報を審査をします。ですから、赤字決算であり申込者がブラックリストだとしても、そこはあまり関係ないとも言えるファクタリング会社もありますので、すぐに資金調達したいときにはファクタリングがオススメになります。

信用ができる取引をしている。ファクタリングではそこが救いであり、本当に資金がない時に売掛債権が命綱になることがあります。

ファクタリング会社は消費者金融のような金融会社ではありません。売掛金の現金化ができるという金融業者になります。本質的に融資と返済という方法ではなく、1度きりの売掛金の現金化という内容になります。



取引先の会社の信用情報が問題?

ファクタリングに必要なのは、売掛金、売掛債権です。ファクタリング会社では、申し込みの時の売掛金については、取引先の信用情報とともに売掛金の存在を確認します。

売掛金が存在していない

売掛金の信用性がない、問題がある時には審査に通らないです。これは、取引先の会社がきちんとしていない。架空会社やペーパーカンパニーなどで、商取引がされていないと判断される場合です。

ファクタリング会社では、取引先の信用情報も確認をします。最近は、申込者が個人事業主であり、取引先は法人でなければならないです。

ところが、取引先が個人事業主である場合は、ファクタリングは成立しません。それは、ファクタリング会社では、個人事業主の信用情報を確認することができないからです。要するに、信用情報が不明であれば、売掛金も存在しないことになります。

商取引の裏付けがない

売掛債権だけを作って、お金に変える。そんなことはできないということです、

審査は取引先の情報はきちっと行うことになりますので、取引先の会社がいい加減であれば、ファクタリングはできないことになります。経営が危ない取引先というだけではなく、明らかなおかしな会社である、信用情報がないというだけでも審査落ちになります。



取引先の関係

取引先との関係で、売掛金の譲渡特約禁止で付帯していることがあります。

ファクタリングをすると、売掛債権はファクタリング会社になります。取引先では、ファクタリングの事実を知らない2社間ファクタリングの時には、申込者に普通に支払いをします。

売掛金譲渡禁止の付帯は、取引先がつけるものです。いわばファクタリング禁止ということで、ファクタリング会社に譲渡を禁止していることになります。この言葉をみてしまうと、ファクタリングはできないことになります。それを守ってファクタリングを断るファクタリング会社はまともと言えるのですが。

自分が持つ売掛債権に譲渡禁止とあれば、審査落ちになります。

取引先に事情を話して

3社間ファクタリングというのは、申込者、ファクタリング会社、取引先と3社で行うものです。

この場合、売掛債権の譲渡を取引先に同意してもらい、売掛金の支払いをファクタリング会社にします。譲渡禁止となっていたとしても、取引先が納得したファクタリングなら例外的に行うことができます。その際には、ファクタリング会社では取引先の審査をすることで、支払い能力があるのなら、審査通過になります。

取引先の会社がしっかりしていること、ペーパーカンパニーなどではないことが必要です。即日対応にもなりますが、ファクタリング会社ではしっかりと取引先の審査を行うことになります。



売掛債権に疑いがかけられると危ない

ファクタリングのする上で、売掛金の存在が怪しい場合審査落ちが多いです。審査の内容では、売掛金そのものの存在、取引先の審査になります。

不良債権の売掛金

ここからは、申込者の悪知恵はダメという内容です。売掛債権とは、自社が仕事をしての請求書になります。

それが、既に価値がない不良債権になっている。それでも額面上では、売掛金として表示がある。取引先の事情にもよりますが、ファクタリング会社では、信用情報も深く審査をすることになります。

申込者の信用情報ではなく、あくまでも取引先の内容になります。そこで、既に不良債権、売掛先企業で問題がある時には、審査に通らないことになります。取引先の事情を知らない場合、これは驚きになります。

ファクタリングでは、審査の時にOKであり、取引先が倒産した場合は、ファクタリング会社に支払をしなくても良いです。これは、債権譲渡をしてしまった時点で、申込者は売掛金を1円たりとももらう事ができません。

倒産も同様で、ファクタリング会社が損をすることになります。ですから、審査では倒産の恐れがある場合では、通らないことになります。

ドライな審査

あるファクタリング会社では、取引先との関係がある程度長くなれければ審査は通らないです。

初めての取引先の売掛金は、ファクタリングは不可能な場合があります。審査上での提出書類の中には、過去の取引先の取引内容が必要です。まだ、支払いを受けていない場合、多くのファクタリングは審査落ちになります。

今まで長く付き合っていて、いつも支払日を守っている。その事実が必要です。一過性の取引先、売掛金では審査に通らないことは多いです。

ただし、売掛先企業が大企業、自治体などでは、仕事内容によっては短期間の取引であっても信用されることはあります。たいていは1年程度取引していることが条件になります。



売掛債権は1社のみのファクタリング

ファクタリングでは、債権譲渡を行うことがなります。それを巧妙にあちこちのファクタリングに二重譲渡などをしていると審査落ちです。

例えば、ファクタリングをした上で、他のファクタリングもしよう。それが意図的ではなく、たまたま間違えたと言った場合でも、審査落ちだけではなく、犯罪行為になります。悪質ファクタリングなどでは、平気で二重譲渡などをしている場合もありますが、必ず譲渡では気を使うことが必要になります。

売掛債権の使い方に要注意

売掛債権の審査が大切なことです。

融資では自身のことですが、仕事の証拠としての請求書であり、その内容が正しいものであることが必要です。取り扱いについては、長期間付き合いがある取引先であり、二重譲渡などはなく、正常に扱っていることが必須になります。



審査に落ち、闇金業者には要注意

売掛金の支払いでは、末締め翌月20日支払い程度が一般的です。ファクタリングをする時には、この売掛金の回収日の限界では60日程度とされています。いわゆる2ヶ月程度ですが、それ以上のスパンでは、審査に通らないとされています。

業種によっては長い場合も

売掛金の支払いでは、60日と言えば長い方です。ただし、業種によっては翌々月末日などになっている場合があります。

長い支払いというだけで審査落ちもありますが、建設業などで特化しているファクタリングでは、業界の内容を知っている場合、大企業などでは支払い確信が高く、審査が通ることがあります。申し込みの時に、確認をしてみてください。

また、ファクタリング会社では、何でもOKというよりは、うちは医療系、建設系というように専門分野がある方が、審査も甘い場合があります。それぞれの得意分野であり、支払いタイミングがわかっていることでは、特化して専門ファクタリング会社の選択も審査を通すコツでしょう。



長いスパンの支払いの場合

3社間ファクタリングに行うことで、取引先に伝えることでは信用が深まります。それも、専門分野であるほど審査は通る確率が高いと言います。

審査が甘いとされるファクタリングでは、最大90日に対応ともありますが、口コミなども同時に確認が必要です。

ところでファクタリング会社について

最近は、怪しいファクタリング会社も増加しています。というのも、闇金業者が他の正規のファクタリングの審査に通らない方に近づくと言う傾向があります。

審査基準では、ビジネスローンのように様々な情報がないことでは、まだファクタリングの口コミもそれほど多くはありません。ファクタリングの良し悪しを確認する方法として、手数料があります。現在の手数料の相場では、5%~30%という幅が広いです。

ところが、実際の話しでは50%も手数料を取る悪徳業者も存在しています。どうしても他の審査に通らないと困っている時には、足元をみられることであり、どうしてもお金がほしいんだよね?と高い手数料のファクタリングは多いと言います。

それが、闇金手法の内容であり、要注意です。ファクタリングの場合せいぜい20%程度だとされています。それ以上の手数料の場合は、闇金、悪徳業者の可能性があります。

審査落ちの挙げ句にやっと審査が通った。しかし、高い手数料なんだよね?と言う時には、危ないファクタリングの可能性が高いようです。優良ファクタリングと言うところの選択が必要であり、高い手数料の場合は、場合によっては、ローンの貸金の形になる場合があります。

本来返済はないファクタリングですが、売掛金の支払いをファクタリングに1回でできない時には、分割で良いです、ただし金利がかかるというものです。これは、売掛金担保の貸金になりますが、従来のファクタリングとは別物です。

貸金業法の業者でなければならないことであり、普通のファクタリングとは違います。このような勧誘には乗らないことです。



申込者の審査はないというけれど

ファクタリング会社では、独自の審査体制を持っています。そのノウハウは明かさないことですが、主に取引先の信用情報を確認しています。

ブラックリストでも対応

申込者の信用情報は原則的に確認しない。確認したとしても、審査に反映されないという意味です。

ファクタリングでは、申込者が持つ売掛債権が現金化されるものです。その時に、しっかりと回収ができるだけの取引先の企業の信用情報で問題がないことで、審査に通ることになります。ですから、申込者の信用情報で金融事故がある程度では関係はないということです。

そこで、ブラックリストでも資金調達ができるとしての口コミは非常に多いです。確かに、手数料は取られるのですが、売掛債権を現金にすることが可能です。場合によっては、即現金化も対応しています。



売掛債権はしっかりしているのに

ファクタリングの審査に行く前に、申し込みがあります。面談が必要な場合もありますが、電話なりで交渉、話しをすることになります。この時に、ファクタリングの理解ができない、態度が悪いなどで審査落ちもあります。

ファクタリングでは、先に売掛債権の現金化を行います。売掛金の回収まではタイムラグがありますが、取引先の信用情報はたしかです。その時に必ず回収はできるとされると審査通過です。

しかし、申込者が回収したお金をファクタリング会社に支払いをして完了です。その最終的な支払いをするだけの信用ができるかが、最初の話しなどで疑いがあると審査落ちです。要するに、申込者の信用情報ではなく、態度だったり、一応審査らしい内容はあるということです。

ある中小企業の経営が資金調達としてファクタリング申込した。ブラックリストであり、融資もビジネスローンも審査落ちは決定的。今資金がなくては資金ショートと言う時に、藁をも掴む思いだったといいます。真剣に誠実な対応で、審査に通り、売掛金の回収日にすぐにファクタリング会社に納めたと言います。

このように、人をみるという審査では、取引先に内緒の2社間ファクタリングの場合は、話している時に審査されることになります。誠実態度と絶対に売掛金の100%を支払うことを約束できる。邪な思いでなければ審査は通る。反対に、ごまかそうとか、二重譲渡などを企むと審査に通らないこともあるでしょう。

審査が自分にはないということは言われていますが、しっかりとみられていることはあります。甘く見ないことです。

ファクタリング会社はよく確認して

ファクタリングは、新しい分野の資金調達だと言われています。手法としては決して新しいものではありませんが、中小企業、個人事業主、インターネット完結などで新しい分野、手法になっています。

そして、闇金も手数料を割高にして、ファクタリングでうまく儲けをしようとサイト公開もしています。情報サイトだけではなく、口コミなども確認して、多くの情報があるファクタリング会社をきちんと選択することが必要です。多くの闇金のファクタリングが横行しています。

審査がありますが、上記では取引先だけではなく、自身のことも見られることがわかります。ブラックリストであっても、信用される申込者であることが大きなポイントになります。