ファクタリング 自営業


ファクタリングは中小企業、個人事業主でも最近は対応しています

ファクタリングは法人が自社の売掛債権を現金化することで事業資金とするものです。借金ではない資金調達方法として通用します。融資とは違い、審査もなく売掛債権を手数料を差し引いた金額の資金を作ることができます。

ファクタリングの内容

銀行融資ができない。ビジネスローンもしたくない、できない。審査が通らない場合があります。

不動産担保ローンなどもありますが、借金そのものに抵抗がある時、先に現金になる売掛債権を早急に現金化することができるのがファクタリングです。ファクタリングではこうしたことで資金を作ることができます。最近中小企業もファクタリングができるようになっています。

以前、中小企業は門前払い

中小企業でもファクタリングができる業者が増えています。ここ数年のことですが、中小企業も個人事業主もファクタリングができるとされています。

大企業対応では、1000万円程度の売掛債権しか現金化ができませんでした。手数料が20%程度になったとしても、800万円の現金化です。100万円以下では動かなかったファクタリング業者でしたが、最近では数十万円の売掛債権でも現金化ができる時代になりました。それで、中小企業も個人事業主も対応しているファクタリング業者が目立ちます。


ファクタリングでは現金化が可能

中小企業では、ローンも厳しい内容です。実際には審査も大変であり、簡単ビジネスローンで金利が高く、完済もできないことも気になります。

とにかくすぐに現金がほしい中小企業も個人事業主では、ファクタリングで即現金になる売掛債権の存在が大きな位置になります。資金調達方法としてのファクタリングは、業者をうまく選択することが大切でしょう。

審査はなし

ファクタリングは申し込みしたほうとしては、審査はありません。銀行融資、ビジネスローンでは審査がありませんので、ブラックリストでも対応ができます。

問題としては、売掛債権の存在ではあり、審査があるとしたら、取引先の企業情報です。当然ですが、倒産の可能性がない自治体や大企業などでは、確実にファクタリングでの現金調達が可能です。その際に、手数料が必ずかかりますが、数%から20%以上になることがあります。様々な条件がありますが、経営者としては新しい資金調達方法としては、確認してみて下さい。

ファクタリング業者の選択では、口コミもありますが、中にはヤミ金まがいの所もあります。安心なのは、老舗のファクタリング業者であり、最近中小企業や個人事業主対応になっている所が安心でしょう。

事業資金がほしい、ローンが組めない、即現金がほしい時にはファクタリングは使えます。自営業のファクタリング、最近は盛んになっています。


ファクタリング対応は広範囲になっている

ファクタリングは資金調達方法として、売掛債権がある方なら、現金化ができます。

ところが、個人事業主や自営業は、債権譲渡登記制度の利用は不可とされていました。売掛債権もまとまった金額でなければ、ファクタリングはできないとされています。個人事業主、自営業はお断り、特に売掛債権が少額過ぎて対応ができないと言われていました。

売掛債権の電子化にともなって

電子化と言えば、消費者金融などでも申し込みはインターネットも主流です。申し込みだけではなく、ローンカードなしでアプリでも対応しているのも現状です。債権も電子で対応、取引ではインターネット上でのやり取りができるようになっています。

様々な手続きが簡単になった今では、ファクタリングの形も変わってきました。それが、以前は個人事業主や自営業には対応していなかったのですが、最近では査定にしてもインターネットで簡単にできることから、手数料も格安でのファクタリング対応を開始している業者もでてきています。それでも、一応はまとまった売掛債権が存在することが肝心です。


まとまった債権とは?

たいてい100万円以上が売掛債権が基本だと言われています。ファクタリングには最低5万円ほどの費用がかかり、債権に関する手数料もあります。そうすると、そんなにファクタリングでは儲けが少ないことで、相手にされないことになります。

ところが、費用も削減した上に、少額の売上を相手にするファクタリング業者の存在で、中小企業、自営業でも優良債権の現金化が実現しています。

優良債権とは?

売掛債権の回収が確実なものです。取引先と長年対応している。安心できる取引先であること、信用があるなどが必要です。回収の見込みが高いことでは、相手が安定安心できるとここで審査が入ります。長期間の取引が功を奏すのですが、中小企業、自営業だとしても、確実な取引している場合は有利です。

自営業では、ファクタリングでも新しい資金調達方法として提案されることになります。経営者としては常に借入ができる、資金調達ができるツールを持っておくと良いでしょう。

中小企業も個人事業主も最近のファクタリングでは、手数料が少なく、簡単にできる業者を検索しておくと良いでしょう。そのために売掛債権では優良なものを持っておくことが必要でしょう。

次々に自営業対象のファクタリング業者が生まれている

毎月のようにオープンしています。または、もともと大企業対応だったファクタリングしかしていないところでも少額売掛債権の対応の開始をしています。まずは、検索して口コミ確認をしてみて下さい。


自営業のファクタリングのススメ

自営業の融資先は探すのも大変でしょう。日本政策金融公庫、信用金庫などの融資をやっとこぎつけたものの、追加融資が追いつかない事態もあります。

債務超過になってしまっている

新規の融資となると、信用情報がどうしても不利になります。個人事業主の資金調達で、金融機関や信用金庫の融資は良い選択ですが、ずっと良い関係を続ける意味でも、今は新規開拓ではなく、別の方法を模索してみて下さい。

とりあえず、債務超過の部分の解決は何とかしなくては。金融機関の仲が悪くなっては、今後の融資が不安です。

できれば、融資は増やしたくない

経営者としても、これ以上の返済は多くしたくない。資金調達方法を借金、融資だけに頼っていることは、雪だるま式の返済で潰れてしまいます。できれば、決算も赤字にはしたくない。既にヤバいのだけど。


ファクタリングの提案

ファクタリングと言えば、大企業相手の売掛債権の現金化です。既に売上として債権になっている部分を買い取ってもらう方法ですが、最近では、自営業、個人事業主もファクタリングができます。

借金、融資ではないので、一時的な資金ショートだけではなく、債務超過部分返済。銀行などの信用回復にも役立ちます。

新規融資先のためにも

ファクタリングでは、所定のキャッシュフローができます。融資先の提出書類での赤字がなく、順調な経営ぶりのアピールにもファクタリングは便利です。現金があれば解決が付くことになります。融資ではない点では、借入でもなく、返済もないことです。

個人事業主、フリーランスでは基本的に債権譲渡登記ができません。これは、法人以外では行うことができないからです。その点で多少の手数料の割高感はあります。もともとが小さな売掛債権であり、自営業などでは損な取引と見られがちですが、それでもキャッシュフローの大切さは身にしみます。

とにかく、融資のためのファクタリング、キャッシュフローのためのファクタリングなどの用途はいろいろです。自営業の資金ショートの方策としては最も新しい資金調達の方法です。中小企業、個人事業主にも拡大したファクタリングが行われています。ここは口コミなどを利用して、適切な業者は日頃からチェックしておくと良いでしょう。

新しい所も増えていますが、老舗ファクタリング業者が、自営業対象にファクタリング開始というのが安心でしょう。大企業相手のファクタリングが、中小企業、個人事業主に拡大している時には、ノウハウばかりではなく、信用が高いです。新規では口コミが少ない場合が多いので、多少不安がありますが。


ファクタリングの手数料の違い

ファクタリングをする上で肝心なのが売掛債権の存在です。既に債権として出来上がっていて、あとは資金回収の段階です。

取引先の信用

自営業が持つ売掛債権の場合、取引先が大企業、自治体などでは、手数料も大したことがないと言います。

ちなみに、ファクタリングの依頼を剃る時には数社の査定がオススメです。1つだけではなく、手当たりしだいと言えばオーバーですが、いくつかの業者に査定を出して下さい。こちらが自営業、中小企業だとしても、取引先強いるところが付き合いが長く、確実に資金回収ができるとわかれば、ファクタリング業者では高い現金化を行うことができます。

要は信用の問題

融資と違うのは、ファクタリングの現金化のあとに返済を伴わない点です。しかし、売掛債権の額面の数字からの手数料、費用は取られます。ファクタリング業者でもともと少額の売掛債権の現金化をしないのは、大した手数料を取ることができないからです。

この手数料ですが、数%~となっているファクタリング業者が多いですが、最大で20%を超える場合があります。融資のように上限金利の提示がないので、査定次第、審査次第という曖昧表現です。この時に審査が、取引先の状態です。


個人事業主が相手では手数料は高い

これは、個人事業主では信用情報も不明だからです、過去の取引記録などはあったとしても、現在の経営状態が見えない場合は、断られることもあります。自営業、個人事業主が持つ売掛債権の現金化は可能ですが、取引先が自営業では、難しい現金化です。

ところが、相手が回収確率が高く、信用情報も確認できたとしたら、ファクタリングは低い手数料で対応です。本当のことを言えば、取引先も承知した3社間のファクタリングであれば、数%の手数料になります。

この部分では、自身の経営内容をしられたくないことで、相手にわからずに2社間ファクタリングが多いです。多分、この方法が今後の取引に影響が出ないと考えられます。

どんな企業と付き合っているか?

実際に資金ショートだからファクタリング。融資ではないのから利用したいという時のファクタリング。そうした時には、取引先が個人事業主では、どこも手数料は割高になり、大企業や公的機関では断然有利だということです。実際の査定の差では業者間でも違うのですが、一応は頭にいれておくことです。

メリットとしては、ファクタリング後に取引先が倒産した場合でも、ファクタリング業者の返済義務がない場合もあります。手数料は高かったけれど、助かったというケースも存在しています。


ヤミ金まがいのファクタリングもあり

安い手数料を宣伝しているファクタリング業者では、ヤミ金行為を行なっている場合があります。

ファクタリングと融資の違い

ファクタリングは、原資となる売掛債権があることが必要です。2社間ファクタリングでは取引に現金化を告げずに、回収日に取引先が入金してきます。既に、現金を受け取っているので、回収した現金をファクタリング業者にわたすことで、その後の取引はありません。

3社間ファクタリングでは、回収日に取引先がファクタリング業者に直接入金します。申し込みした方としては最初にファクタリング業者からの現金をもらうことで全て解決しています。そのあとの取引もありません。融資では、現金をもらったあとの契約では金利をつけた返済が続きます。

返済はないはず

返済というのは、融資の場合です。しかし、まれに取引先の信用情報が不安だからと30%超の手数料の上に保証料などとお金が請求されることがあります。

ファクタリング依頼の自営業では、こちらもブラックリストになっていることがあります。本来の審査では、依頼者の信用情報は無関係ですが、なぜかそこにつけこみ新たな手数料要求もあります。それがあたかもファクタリングの返済のような形で毎月請求されることになります。

この手法は、ファクタリングを装ったヤミ金の仕業です。最近、この形で荒稼ぎをしていた業者も逮捕されています。


ブラックリストであることを突かれる

基本的にブラックリストである。融資が不可能な信用情報であることは、売掛債権を持つ依頼者は関係ありません。取引先の信用情報が問題になるはずです。ここが、ファクタリングをするときには1社に決めないということです。

手数料の違いでは、ヤミ金ではとても高いです。そして、あとからごちゃごちゃと文句を付けることが多いですが、とにかくあまり知らない業者はオススメしないです。

事業資金は今だけ

ファクタリングは継続して行うことではありません。売掛債権があることで、手数料がある点では一応融資の金利のようなものは存在しています。

一時的な資金がほしい。銀行融資のための健全決算書の作成の目的など、救急の対策です。取引先との関係を破壊しないためには、2社間ファクタリングという選択です。

今回だけというのが決め手ですが、取引先も巻き込む3社間ファクタリングでは、手数料も少なく現金化ができます。とは言え、できれば最悪の時にだけ使うというのがファクタリングの存在であることを確認して下さい。ネームバリューがないと言えば、多くのファクタリングがそうですが、口コミサイトなどは必ず確認することです。