給料ファクタリング 個人

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料ファクタリングと給料債権 

給料ファクタリングとは、給料債権を現金化するサービスです。

給料債権って?

例えば、25日に給料日だとします。会社からは、25日に振込なり現金でもらう事ができます。

その会社では、毎月10日に締日として、先月の11日から今月10日までに働いた分の給料が出ることが決まっています。会社では、あなたに25日に給料を支払うという約束をします。あなたは、25日に会社から給料をもらう権利が発生しています。その権利を債権と言います。

要するに、給料を貰える権利です。給料ファクタリングでは、25日前にこの債権を現金化する事ができます。給料がもらえるということは、給料債権を持っている事になります。

ファクタリングは現金化ということ

正式には債権を現金化できる会社や業者を指します。25日にもらう給料債権がある。それは、この会社で勤務しているから。当然の事ですが、ファクタリングではその当たり前の給料の債権を審査なしで、25日前に現金化する事ができます。

それは、会社との契約ができる事で、申込者の審査は必要ありません。勤務先が確かに給料の支払いができるかを審査するだけで、本来25日にもらうはずの給料の現金化ができます。給料日前に金欠状態を、給料の前借りの形で現金入手が出来ることになります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

会社にばれない?

勤務先には、ファクタリングの事は内緒にする事が出来ます。

ひょっとしたら、前借りできる場合は、ファクタリング利用は必要ありません。ただ、たいていの会社では前借りそのものを許容している場合は少ないでしょう。しかし、どうしても会社に知られないうちに、自分の給料の前借り、ファクタリングで叶う事になります。

給料ファクタリングの方法

方法は簡単です。ファクタリング業者に申込して、身分証明書や給与明細の書類を提出。それだけで、ファクタリング業者が勤務先が確かに給料支払いが可能であると判断をしたら、所定の金額の振込をします。即日での振込もあります。

ところで給料はどうなるの?

給料ファクタリングは、給料債権の現金化です。給料そのものは勤務先からあなたに支払われることになります。すでに、給料債権で現金化された分をファクタリング業者は支払います。

ファクタリングでは、25日の支払いを受ける給料の権利の現金化をするだけです。実際のお金は、給料日にファクタリングに支払う事で完結です。前借りを現金で行うのではなく、債権の形で事前に現金化してもらうだけの話しです。

もらった給料はすでに現金として受け取っている部分があります。その分だけはファクタリング業者に行く事になります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料ファクタリングの仕組みについて

もともとファクタリングとは、事業資金調達方法として存在していました。最近になって、中小企業や個人事業主にも対応しているのですが、もともと大企業がグループ会社での資金調達として考えられたものです。

資金調達の際に、新たな資金借入ではなく、グループ会社同士で売掛債権の現金化を行う事で、帳簿上の調整をしていたと言います。それが、売掛債権の現金化ができ、グループ外の企業での資金調達として発展しました。

売掛債権が個人で言う給料

債権とは、お金をもらう権利です。会社でも売掛債権の発生では、回収時期がずれるのが常です。品物の納入とともに現金の支払いの方法は取らないでしょう。

給料も今日まで働いて、今日給料日とは行かないでしょう。給料もいわば給料債権になります。そこで生まれたのが給料ファクタリングです。個人に対して、給料債権を早期の現金化するもので、1万円程度から対応している場合があります。

例えば、10万円の給料を貰える方が、給料日前に1万円だけ現金がほしい。ファクタリング業者に申込をすると、審査次第で1万円の現金が手に入ります。実際に給料を支払わられると、1万円の現金と手数料の支払いをファクタリング業者に行います。

やっばり存在している手数料

当たり前の事ですが、ファクタリング業者では債権の現金化の際に、手数料を徴収します。それが、儲けになるのです。

10万円の給料債権で1万円の現金化。そして、1万円の支払いを受けたとしても、ファクタリング業者では何の儲けもありません。ですから、現金化の際に手数料があります。ここが、大きなポイントです。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料ファクタリングの考え方

1万円の現金化が希望なら、現金が8,000円だけ手に入る。そして、給料日に1万円の支払いをファクタリング業者にします。要するに、2,000円が手数料として徴収されることになります。

平均して、10~20%がファクタリングにかかる手数料だとされています。ですから、10万円のファクタリング希望なら8~9万円の現金入手で手数料は1~2万円です。

どう考える?この手数料

キャッシングで言えば金利のようなものです。

消費者金融のキャッシングでは1万円借りたのなら、1万円と金利の支払いをします。ファクタリングでは、希望額に対して手数料を引いた金額の現金化になります。

金融業者として、消費者金融のキャッシングとは似たようなものですが、本質的には全く違うものです。上記に審査とありますが、消費者金融のような審査ではなく、ここで言えば勤務先の審査になります。

現金を受取る申込者に対しての個人信用情報機関などの審査は不要です。よって、ブラックリストも給料ファクタリングでの現金入手が出来ます。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料ファクタリングとブラックリスト

給料ファクタリングのメリットは自分がブラックリストだとしても、給料債権を現金化をする。お金がない、消費者金融の審査にも通らないとしても、給料の早期現金化で確実に現金に入手する事が出来ます。融資ではなく、自分のお金です。

返済は給料日の給料だけ

審査なしで現金が入手ができる事です。また、金利もない。手数料だけで現金を手にできるので、ブラックリストの現金入手方法として口コミもあります。

ただ、給料日にはきちんとファクタリング業者に支払をしなくてはならない。それが返済のような負担と感じられる事もあります。

手数料を取られる事

給料ファクタリングでは、手数料が存在しています。ファクタリング業者の現金化の仕組みでは、先に手数料を徴収して現金化を行います。

消費者金融のキャッシングでは金利後払いです。この手数料ですが、30万円の給料ファクタリングで15%の手数料だとします。その時、現金化では25万5,000円であり、手数料が45,000円です。

ちなみに、これをキャッシングの金利に置き換えるとします。1ヶ月30日の借入で45,000円の手数料を金利計算をすると、年率182.5%になります。驚く数字ですが、大手消費者金融カードローンの上限金利は現在18%です。それを考えると、給料ファクタリングは10倍の金利計算になります。

これは、本当に現金がほしい。今だけの現金入手の方法として、どうしても借入が出来ないブラックリストにとっての現金入手方法といえるでしょう。継続的な給料ファクタリングは、いくらブラックリストにもオススメが出来ないことです。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

唯一のメリット

給料ファクタリングのときには審査があります。それが、ブラックリストである申込者の個人信用情報機関の内容ではなく、給料の支払いをする勤務先の審査をします。ここでファクタリング業者では、必ず給料支払がされることを審査をしてファクタリングに対応します。

しかし、万が一勤務先倒産などで給料の支払いが出来ない。このとき、ノンリコースで、給料債権を譲渡しているので、ファクタリング業者からの現金を受け取ったあとの倒産では、給料の支払いが出来ないでOKです。ファクタリング業者の見解違いですから、申込者には責任がありません。

ブラックリストでも借りれるけれど

一時的に給料の前借りができる。ファクタリング後の会社倒産でも、とりあえず今月の給料獲得ができた。ブラックリスト自身の審査がない。メリットとしてはこの点でしょう。

ただ、それだけのメリットであり、継続的ファクタリングはオススメしませんし、ブラックリストにとってのたった一度の現金入手方法になります。そして、給料日には約束の支払いがありますので、結局はキャッシングしてしまったという感覚が残りますが。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料ファクタリングは法律違反なの?

給料ファクタリングは、自分がもらう給料を給料日前に現金化する方法です。

違反じゃないの?

この場合の違反とは、法律に抵触しないか?でしょう。法律で言えば、自分のお金であり、消費者金融のような貸付とは異質です。利息制限法なども関係なく、審査も必要ありません。

給料日に給料を貰える事が決まっている。そのお金を勤務先に言う事なく先にファクタリング業者に現金化をしてもらうだけです。

勤務先にはそんな事をしている事も告げる必要なく、ほしい現金を手にできる。違反行為ではありません。

ファクタリング業者との関係

給料債権、給料を貰う権利をファクタリング業者に譲渡します。ですから、給料日には勤務先からは普通に給料の支払いがされて、ファクタリング業者にはもらう権利だけの給料からの支払いをするだけです。

要するに、大切なことは、ファクタリング業者との関係であり、現金化された部分と手数料を加えての支払いをする義務があります。ファクタリング業者では、給料債権の譲渡を受けて、支払う事を請求ができます。

重要視しなくてはならないのは、ファクタリング業者との信頼関係です。すでに、現金化された部分は自分のお金ではないとの認識が必要です。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

信頼できるファクタリング業者を選ぶ

そこで、ファクタリング業者の選択です。これは、キャッシングのときにどの消費者金融から借りると言うときにも大切です。

貸金業者の場合は、より審査が柔軟とか貸付条件が良いところがベストです。ファクタリング業者で言えば、手数料が低い、対応が早いなどです。

また、口コミも増えています。現在は、より口コミが多い給料ファクタリングで言えば、七福神でしょう。早期からの給料ファクタリングを行っていますが、最近では新規参入している業者も増えています。

同時に闇金関係のファクタリングの情報もありますので、きちんと自分でファクタリング業者の選択が重要になります。

ブラックリストも使える

一応申込者の個人信用情報機関でのブラックリストだとしても、給料ファクタリングは有効で。

審査はありますが、申込者の個人信用情報機関の確認はありません。それよりも勤務先の情報で、倒産しかけている場合は、給料債権の保証がなく、給料の支払いが懸念されるときには、審査落ちになることがあります。

ただ、給料ファクタリングで審査通過で現金化に成功した後に、勤務先が倒産した場合、ファクタリング業者に対する支払いが免除される事がありますこれは朗報として言われる事です。倒産したけれど、給料だけはゲットできる事になります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料ファクタリングと法律

給料ファクタリングで、個人が自分の給料を早期に現金化ができるサービスがあります。法律は売買契約の民法になります。

給料債権の買取

給料ファクタリングは、あなたの給料債権の買取をしますというものです。企業間で行われているファクタリングでは、売掛債権の買取で現金化をするものです。

個人では、もらえる給料があります。労働に対するもので勤務先では所定の給料を給料日に支払うことになります。それの権利をファクタリング業者に譲渡する事、これが買取になります。買い取った場合に現金化100%ではなく、所定の手数料を徴収して現金にします。

金券ショップの買取のようなもの?

1万円のアマゾンギフト券を買取ショップに持っていくと、9,500円程度で買い取ってくれる事があります。500円が手数料の意味ですが、給料ファクタリングも同様であり、給料債権で今回は5万円だけとか、全ての買取をしてもらう事で、現金化ができます。

買い取ってくれる給料。それが給料債権として、ファクタリング業者では給料支給後にその代金を支払う形になります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

手数料はどのくらい?

給料ファクタリングの場合は10~20%程度です。審査内容の公開はありませんが、20%では高い方でしょう。そして、もし悪徳ファクタリングなどでは、この数字が30%、50%と高い口コミもあります。その業者の多くは闇金関係の可能性があります。

このファクタリングは、貸金ではなく、返済が続くものではありません。給料債権の譲渡であり、現金化した分と手数料を給料で穴埋めする形です。1回だけの支払いで完結です。

そして、この支払いの分割は原則的に禁止です。10万円のファクタリングの依頼をして、10%の手数料で9万円の現金を入手。給料日に10万円の給料がでたのなら、そのままファクタリング業者に10万円の支払いをして完結です。それが、どうしても10万円の支払いができないから分割したいということは絶対にできません。

悪徳業者では、分割OKでそこに利息を付けて返済を迫る事があります。もちろん完全な違法行為です。

ブラックリストのファクタリング

ファクタリングの利用に至る経過として、どうしても現金がほしいブラックリストの場合、ファクタリングで現金しほしいけれど、給料のお金もほしい。

完全にOUTですが、その際に利息20%程度で分割返済OKという業者もいます。巧みな話しで、利息制限法20%だから、それで返してくれたら良いというものです。

しかし、この行為はファクタリングではなく、完全に闇金行為に当たります。ファクタリング業者も高い手数料での悪徳業者もいますが、給料がでても支払いができないというのも違反行為です。ここはしっかりと認識しての申込が必要になります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓