個人事業主 コロナで資金が足りない PMGファクタリングで資金調達

個人事業主の資金調達はPMGファクタリングで

個人事業主にとっては、資金調達の方法が限定的です。

現在、個人事業主として経営はしているけれど、創業の時には、日本政策金融公庫のお世話になっている方もいることでしょう。とても銀行では、個人事業主であることでは簡単に融資対象にならないのが現状です。

コロナでの影響が痛い

国で提供している融資では、個人事業主でおなじみの日本政策金融公庫のコロナ特別融資はあります。中小企業、個人事業主を対象にした融資ですが、窓口も混んでいます。また、融資に踏み切れないとか、審査が不安な方います。

そこで大企業などで資金調達としておなじみのファクタリングですが、このファクタリングで個人事業主対応で評判の良い会社があります。それが、PMGファクタリングです。

PMGファクタリング

東京新宿に本社があるPMGファクタリングですが、個人事業主も歓迎です。

ファクタリングの資金調達では、事業者が保持している売掛債権、請求書の現金化です。すなわち融資などではなく、いずれ現金になる売掛債権を先にお金にしてしまうという内容です。ですから、返済も不要であり、それまでの売り上げをお金として使用することができます。

個人事業主対応の点では、PMGファクタリングの機能はありがたいことです。

口コミでも評判

大企業から個人事業主まで幅広く対応しているPMGファクタリングでは、売掛先が法人であることが条件です。個人事業主の中には、売掛先を個人事業主としている場合もありますが、ファクタリングには不向きです。

PMGファクタリングでは、ファクタリング下限設定がないため、対法人の売掛債権があれば現金化対応で、嬉しいことに即日の手続きになります。

コロナで参っている個人事業主

融資、持続化給付金などのコロナ関連の事業資金対策はあります。

ファクタリングに関しては、今キャッシュフローしたい。しかも、即現金を手にしたい方におすすめの資金調達の方法になります。

そこで、資金調達では融資で返済不要とされている場合では、ファクタリングは個人事業主でも検討してみてください。PMGファクタリングでは、個人事業主も少額の売掛債権、請求書類でも対応しています。

個人事業主そのものの信用情報も審査には左右しないこと。多く債務があるとしても、審査に通ることがありますので、安心して申し込みしてください。個人事業主でも法人相手に仕事をしている場合、その売掛債権は現金化ができる可能性ができます。すぐにお金がほしい時の利用法です。

ただし、売掛債権現金化では、本来の売掛債権の回収日の金額では、PMGファクタリングに支払うことになります。先に現金化になっているから当然の行動です。

個人事業主だからこそPMGファクタリングがオススメ

個人事業主の資金調達の方法では、PMGファクタリングでは少額ファクタリングにも対応しています。何も融資があるので大丈夫という方は借りたら良いのですが、信用情報で不安な方は融資は審査落ちになってしまうでしょう。

仕事はあるのに借りられない

この実態は中小企業や個人事業主ではよくあることです。自転車操業的な経営の時、どこかでストップすることが必要でしょう。

しかし、自転車操業が融資であれば、いずれ金利を含めての返済が必要です。そこで、ファクタリングの提案です。ファクタリングのメリットは、売掛債権の発生ですぐに現金にすることができることでしょう。

現金にできるというときに、融資とは違う返済不要です。それと不安なことは審査です。

PMGファクタリングでの資金調達

資金調達で審査は不安です。

個人事業主でも事業資金、ビジネスローンでは借入れ可能です。銀行融資にしても、日本政策金融公庫にしても業歴や決算などを見られることでは細かく指摘もあります。そして、申込者の信用情報です。個人的なキャッシングだったり、クレジットの情報では、事業資金の借入れに大きく関係してしまいます。

PMGファクタリングでは、原則的に銀行返済のリスケジュール、債務超過、金融事故があるとしても資金調達ができます。売掛債権の買取になることで言えば、すでに売掛債権として債権としての価値、売掛先の信用でもって、支払いがきちんとできるのであれば、現金化が可能になります。それがファクタリングです。

ファクタリング会社の見解

たいていファクタリング会社では、売掛債権の額面から5~25%程度の手数料がかかります。ファクタリングの収益がこの手数料です。

個人事業主の場合、売掛債権と言っても数十万円程度でしょう。その点で断られるファクタリングが多いのですが、PMGファクタリングでは個人事業主の金融事故がある信用情報だとしても問われることはありません。

PMGファクタリングでは、資金調達が困難な個人事業主に対して、売掛債権買取での現金化の健全性と信用情報の不安要因がないことをホームページで伝えています。

サポートはしっかりとしている

PMGファクタリングの評判の中には、コンサルティング業務の内容があります。個人事業主ではもともとファクタリングで資金調達という選択が少ない中、PMGファクタリングに出会うことがあります。

その時に、事業に対する適切なアドバイスも存在しているなどの報告があります。スタッフ対応の良さもPMGファクタリングのイチオシの1つです。

コロナ影響のこの時期、PMGファクタリングを知っていれば

コロナの影響下において、悪質ファクタリングの事例が問題になっています。

ファクタリングと言えば、融資ではなく、売掛債権の存在が現金化のポイントになります。よくわからないけれど、資金調達でファクタリングを検討されている方は、迷わずPMGファクタリングをオススメします。

間違わないで、融資ではありません

個人事業主では、ファクタリングも取り扱う業者が少ないです。絶対数でいうと、売掛債権の買取ではそれなりの金額でなければ断られる場合が多いです。それが、比較的ネームバリューのあるファクタリング会社です。

ところが、最近になって、中小企業や個人事業主対応の少額ファクタリング会社も登場しています。そこで、少額ファクタリングでは即日現金化も多いのですが、口コミや評判も確認しないと悪質ファクタリングにあたることがあります。

悪質ファクタリングでは、売掛債権の半分程度の手数料だったり、いつの間にか融資として返済額を要求という内容です。

PMGファクタリングを知っていれば

それまでファクタリングのことをあまり知らないときの、こうした悪質ファクタリングの申込はとても危険です。

PMGファクタリングではすでに4年の実績ですでに累積8,500人のファクタリング対応があります。リピーターも多く、売掛債権の現金化では定評があります。

いくつか口コミや情報サイトで紹介される個人事業主対応の少額ファクタリング対応の会社はあります。中でも、実績と口コミの良さではPMGファクタリングが一番でしょう。

業況が悪化してしまうと

コロナ関連の融資も良いのですが、借金に過ぎません。今の個人事業主での経営では返済を伴う借入れを回避したい。なによりもすでに返済しなければならない債務が多い個人事業主もいます。

コロナ以前の問題もありますが、事業資金として大きな金額だけではなく、現金の必要性があるときの売掛債権をうまく利用することが得策でしょう。

融資ではありませんので、手にする現金は限定的です。自身で稼いだ売掛債権の中から手数料差し引きの現金しか手にできません。その点でも、融資ではなく返済も不要ですが、売り上げの先払い程度で現金がすぐにほしいときには、悪質ファクタリングではなくPMGファクタリングの利用を検討してください。

これからの経営のために

ファクタリングでは、一度信用ができると繰り返しの利用がしやすくなります。ただし、融資では大きな経営を展開するための動力です。

ファクタリングでは、売掛債権の範囲からのすぐに現金を用意したいときのツールです。ローンや融資とは別枠の考え方の資金調達になります。

PMGファクタリングの口コミで少し気になる点がある

ファクタリングに関しては、必ず情報入手が必要です。それは、売掛債権がきちんとした形で現金化にできるのか?それが多くの口コミで評価することが必要だからです。

個人事業主のファクタリング

もともと、あまり多くのファクタリング会社では個人事業主というだけで敬遠しています。PMGファクタリングでも、個人事業主対個人事業主のファクタリングは行っていません。売掛先が法人であることは最低条件ですが、申込者は個人事業主でも対応しています。

その上で信用したいのは、売掛先の情報内容ですが、法人でなければわからないということです。ここがファクタリングの審査であり、ブラックリスト個人事業主でも資金調達ができる点です。

個人事業主でも対応というのは、少額ファクタリングの可能性があることでしょう。多額の売掛債権ではない個人事業主にとっては、この少額ファクタリング対応のPMGファクタリングの存在はありがたいことです。

手数料について

これは絶対にかかります。PMGファクタリングでは低い手数料とも言われていますが、上限では20%になってしまう場合があります。

比較的少額売掛債権ほど、手数料は高めというのがファクタリングの現実です。どれほどPMGファクタリングが評判が良いとしても、この点では譲れないことです。

少額ファクタリングで2社間であれば、PMGファクタリングでもそれなりの手数料になります。3社間ファクタリングであれば3%とか5%の手数料になります。これが現実ですが、売掛先にしられることは絶対に嫌というときには、2社間ファクタリングで高めの手数料になります。

ここは、隠しもしないことですが、口コミではそれでもファクタリングとしては手数料は低めというのがPMGファクタリングの評判です。個人事業主という存在も加味される、売掛先の企業にも関係することですが。

あまりにも良い話は危ない

PMGファクタリングでは、少し調べると上記のような数字が出てきます。ホームページ上でもっと安い手数料もあるけれど、そんな甘い言葉には乗らないことです。キャッシングとは違い、スペックらしい内容の明記はありません。

多分、個人事業主のファクタリングとしては、手数料も良心的であり、対応は間違いなく良いのがPMGファクタリングでしょう。経営についての指摘や相談もできますし、ファクタリングの資金調達だけではなく、今後の経営改善に期待ができる対応もあります。

口コミ評判は良いだけではなく、ファクタリング会社としても手数料関係では良い数字です。高そうに見える内容ですが、実際ファクタリングでは、手数料はなかなかかかるものです。個人事業主対応というだけでも、少額ファクタリング対応というだけでもオススメになります。

コロナ禍の今の資金調達法とは?

コロナの影響では資金繰りが大変な個人事業主も少なくないです。融資の話もありますが、それだけでは不足してしまう場合はどうして資金調達をしましょうか?

紹介したいPMGファクタリング

ファクタリングとは、売掛債権や請求書の早期現金化です。支払日を待たずに先に現金にすることができます。手数料はかかりますが、資金ショートなどでは入金タイミングが早い資金調達法として紹介されています。

個人事業主ではまだ取り扱うファクタリングは少ないのですが、PMGファクタリングでは個人事業主の少額ファクタリングも対応です。口コミでは、営業マンの態度がとてもよく、ファクタリングの内容がわかりやすいと評判です。

お客満足度が高いファクタリングとして紹介されていますが、特に個人事業主対応という点ではオススメです。

大きな改革のとき

コロナの影響では、これからの動きが不明です。コロナの緊急事態宣言解除にはなりましたが、売り上げなどでは不透明です。

そこで資金繰りとしての融資では返済を伴います。国の融資では条件は良いのですが、それでも負債は抱えたくない。そんな個人事業主も少なくないでしょう。

そこで、売掛債権の現金化では、PMGファクタリングでは審査次第現金化がかないます。審査では売掛先の信用情報であり、支払い能力があること、3社間ファクタリングで売掛先の巻き込むことでは、手数料は下がって行きます。これはより多くの現金になるという公算です。

これからの経営に際しての現金の必要性と経営内容の見直しでは、PMGファクタリングではコンサルティング業務も伴っています。その点での相談もできます。資金調達の先にある個人事業主の姿などもきちんと確認しながらのファクタリングが可能です。

他社乗り換えが多い

PMGファクタリングのリピーターの中には、他のファクタリングでまいったからと乗り換えも多いです。対応が良いだけではなく、即日現金も期待ができるということです。

まずは、問い合わせでしょう。公式サイトからの申込もできますが、ファクタリングについてきちんと確認したい方にもしっかり対応しています。

返済は不要

ファクタリングでは、現金化の契約をして現金を受け取る。そして、売掛債権の支払日に入金されたのならPMGファクタリング会社に支払いをする形です。

手数料を引いた現金はすでに手にしているのですから、売掛債権の金額はそのままPMGファクタリングに滑らすだけです。これでファクタリングは完結しています。その後の返済もなく、1回きりでのお付き合いです。再利用では、また新規での申し込みです。