給料ファクタリング 複数

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓
<ファクタリングラボ>

給料ファクタリングでやってはならないこととは?

給料ファクタリングをご存知ですか?

まずは、ファクタリングですが、債権を現金化することを言います。ですから、給料ファクタリングとは給料を現金化することができるというものです。

給料の現金化って何?

給料は会社から報酬として受け取ることができます。それは毎月日にちが決まっています。給料日のことです。

例えば、25日が給料日だとします。ところが、給料ファクタリングでは、それ以前に業者にファクタリングの依頼をすることで、給料から手数料を引かれた状態で、給料の一部を現金化できます。実際25日の給料日に、業者に給料を仕払うことになります。

25日に10万円の給料が入る。10日に手数料2万円で8万円の現金化に成功。25日に、ファクタリング業者に10万円の支払いをする形です。

融資ではない

融資とはキャッシングなどのことです。お金を借りて、利息をつけて返済をします。ファクタリングではそうした考えではなく、先に現金化をして、給料日にその分支払いをすることを言います。

手数料が取られているのですが、上記で言えば10万円の現金化がなされるの事実です。借入ではないため、個人信用情報機関の記録にもならないし、自分の審査もありません。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓
<ファクタリングラボ>

肝心なのは会社の審査

ファクタリング業者の審査では、支払う会社の信用情報を確認します。きちんと給料を支払えるのかどうかです。

会社の信用情報では、債権回収会社などでは法人では細かく確認することになります。信用が高いほど手数料が低いこと、手数料が低いほど信用が高いこともあります。

複数のファクタリング

そこで、ファクタリング業者ですが、手数料はまちまちです。審査基準の違いもあります。その点では、自分の給料で、あちこちのファクタリング業者に依頼してしまうこともあるでしょう。

例えば、10万円の給料のうちで、3万円、5万円というように切り離してファクタリング依頼です。そのことを嫌うファクタリング業者も存在していますので要注意です。

このときに、ファクタリングの二重依頼は禁止です。10万円のファクタリングをそれぞれの業者に依頼してしまう。要は、手数料を差し引いて8万円ずつ手に入れるというのは、ファクタリング上ではやってはならないことです。

複数のファクタリングでも有効なのは、10万円の給料の場合でそれぞれ依頼したとしても、合計で10万円以上にならないことです。複数ファクタリングが出来る業者とできない業者がありますので、口コミなども確認が必要でしょう。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓
<ファクタリングラボ>

ファクタリングで現金化は、業者選びも大変

もともとファクタリングとは、事業資金調達の方法として、企業が行うものです。売掛債権を手にして、売掛先企業に知られずに債権の現金化で運転資金に充てたり、事業資金とするものです。

このときに、売掛先企業に報告して、3社間ファクタリングも可能です。この3社間取引では、売掛金の支払いを直接ファクタリング業者に行うことで、手数料が低くなることになります。

似たような給料ファクタリング

企業ではなく個人では、給料が1つの債権になります。○日が給料がもらえるという債権を手にしていることになります。

早期に現金がほしいときには、給料債権としてファクタリング業者に依頼して、先に現金化することができます。

複数のファクタリング

その際に、ファクタリング業者に対しては、査定をしてもらうことが可能です。査定では、この条件での依頼をすると審査をした上で、現金が査定されます。

上記のように3社間ファクタリングがないことで言えば、信用としては、会社の信用情報になります。このときに、複数のファクタリングをすることは禁止としているファクタリング業者が存在しています。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓
<ファクタリングラボ>

いえいえ、話しを聞いてください

複数ファクタリングも対応している業者もあります。それは給料の範囲内のことです。

あまりない話しですが、5万円までなら手数料が安いので依頼をする。残りの給料は他のファクタリング業者に依頼をしますというもの。このときに、他社のファクタリングを許容しないときには、審査落ちになったり、二重契約として犯罪者になることもあります。

この複数の依頼ですが、ファクタリング業者の中には、給料範囲内ならOKの場合もあります。業者のことは口コミだけではなく、内容を確認してください。

2社間取引で、給料をくれる会社に内緒で行うことです。絶対に会社にはバレずに行うことができますが、複数ファクタリングについては、必ず許容している業者の依頼が最低限必要です。

1つのファクタリングでは1社だけ?

そのように断言している業者では、他社ファクタリングは許可していません。給料の買取では、独占的に行うことで現金化するというものです。

資金調達としては、早期に給料現金化ができますが、複数というときにはしっかりと業者の選別が必要です。給料の範囲内であれば、他のファクタリングも同時に依頼していても大丈夫な業者も存在しています。

ただし、金額が重複したり、二重契約だけは厳禁です。あくまでも、自分の給料の範囲内の切り売りが大原則です。当たり前のことですが、ここは要注意です。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓
<ファクタリングラボ>

給料ファクタリングは複数も対応出来ることがある

給料ファクタリングは、給料債権の買取をしてもらうことです。

給料債権とは、○万円の給料を○日にもらえるという売掛金になります。事業資金調達方法のファクタリングでは、売掛先として給料を支払う会社になります。

複数のファクタリングをする場合

同一給料債権で、複数のファクタリングをすることもできないことはありません。

このときに注意したいのは、二重契約にならないことです。ファクタリング業者では、1つの給料債権に対して1つのファクタリングと規定している場合があります。

ただし、一部はA社、一部はB社として複数のファクタリングが出来る場合もあります。他社と給料債権の共有に関しては、ファクタリング業者の判断が最優先されることになります。

二者間取引

個人とファクタリング業者の取引では、間に会社が入ります。当然給料ファクタリングの事実を入れることなく、内緒で行うことができます。

会社では給料は普通に個人に支払うことになります。そのときに、そのままファクタリング業者に支払うことになります。横流しという形ですが、すでに現金化しているので、当然の対応です。

そのときに複数のファクタリングに対しては、A社は5万円、B社には10万円。それぞれ承知しているときには出来る取引になります。それぞれの二者間取引ができ、一部の給料債権の現金化ができます。承知しているファクタリングであることを確認することです。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓
<ファクタリングラボ>

多額の給料であれば

たいてい数万円のファクタリングとはできないことですが、10万円からの対応では複数のファクタリングで20万円以上の給料があることが必要です。

しかしながら、複数ファクタリングが出来るときには、切り売りしてでも複数ファクタリングOKであることを確認してください。

ファクタリングでは、給料の一部だけを現金化することも必要です。これだけこの会社でファクタリングをしてください。それが出来ることが必要です。

複数ファクタリングはバレる

ファクタリングを一つの給料で複数ファクタリングをしてしまうことは、業者には確実にバレます。

そのときに、最初に他のファクタリングをしていること。残りの給料債権だけの現金化依頼の形を取ることです。そのことで後でファクタリングの審査をしたときに、その事実を持って審査をすることになります。他社のファクタリング部分は関係なく、我社だけのファクタリングで審査をすることになります。

このときの審査では会社の審査をすることです。申込者の審査をすることがないので、ファクタリングとしては対会社の審査になります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓
<ファクタリングラボ>

複数ファクタリングで行けるって本当?

ある口コミでは、現在3社のファクタリングをしているという方がいました。まるで大手消費者金融3社の多重債務者のようですが。

複数同時のファクタリングも出来る

ファクタリング業者では、事業資金対応のところはたくさんあります。新規だけではなく、老舗業者も存在しています。

もともと大企業のグループ会社でのファクタリングが対応しています。それは互いにわかっている会社で、経理上での売掛金の早期現金化をすることになります。

そのときに、グループ会社であることで審査も何もなく、現金化ができました。額にして数千万円というファクタリングですが、手数料にしても儲けは無関係です。このファクタリングの手法は、事業資金の方法として大企業から1000万円程度から開始されました。

なんと給料ファクタリング

給料ファクタリングが出来るようになるまでは、大企業から中小企業。最近では個人事業主でも対応開始しています。そして、給料にまで対応しています。

このときに気になるのが、大企業と比較して、扱う額も少なくなっていて、手数料も少ないです。ファクタリング業者としては、手数料が儲けになります。それを開始されていることでは、給料ファクタリング業者は最近増加しています。

そこで、新しいところでは、様々なサービスが始まっています。その一つに複数ファクタリング対応です。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓
<ファクタリングラボ>

給料債権の信用が高い

例えば、公務員や上場企業。ファクタリング業者では、審査は会社の内容を確認します。

確かに給料支払が出来ることと、倒産の危機がないことです。そこで公務員などの信用の高さは半端ないでしょう。すんなりと審査は通ることになります。

複数ファクタリングが出来る

その条件としては、ファクタリング業者が承知しているだけではなく、給料がそれなりに高いことが必要です。少なくとも4社のファクタリング成功という方は、高い給料であることでしょう。具体的な数値はわからないのですが、実際には高い収入であることが必要とされています。

最初から複数のファクタリングはNGとなっていない場合は、査定から確認してください。このときに手数料などの数字の確認、即日対応なのかが必要です。

申込者の審査は基本的に存在していないとされていますが、ものすごいブラックリストより、何も金融事故がない方の方が印象は良いでしょう。給料がでたらすぐに支払いをすることを条件としています。

ファクタリングでは個人信用情報機関の影響は与えないことです。ブラックリストでも利用はできますが、信用を落とすことはしないこと。給料が出たら、すぐに支払うことです。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓
<ファクタリングラボ>

こんなファクタリングには気をつけて

我社は複数ファクタリング対応になっています。ですから、安心して申込してください。

こんな口コミ、広告がある時には

最近、新規のファクタリング業者も多くなっています。事業資金、ビジネスローン審査落ちの場合のファクタリングもありますが、やっと給料ファクタリングの姿がチラチラと見えています。

そのときに、新規のファクタリング業者の口コミは確認してください。中小消費者金融、街金の場合もそうですが、ネームバリューのない金融業者では、審査の内容、キャッシングのことの口コミがあり、確認が必要になります。

そのときに、口コミもあまりない。評判は新規ではなかなか存在していないのですが、せめて何かの情報がない場合は、申込は待ちましょう。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓
<ファクタリングラボ>

どうして、そこまで情報にこだわる?

それは、給料ファクタリングの闇金業者が存在していると言います。ヤミ金というのは、正常なファクタリングをしていないことです。正常なファクタリングとは、申込者の給料に関して、一定の手数料を徴収した上で、現金化ができます。

そして、給料日に支払いをする。給料ファクタリングは分割は厳禁であり、必ず一括払いです。一括と当然のことであり、返済ではなく、最初から給料そのものがあることが現金化の条件です。

要するに、ファクタリングは融資などではなく、給料はそのまま支払うことになります。これができないことは、申込者がヤミ金だと言われても仕方のないことです。これは、ファクタリングのことを正しく理解する上で大切なことです。

一方、ヤミ金ファクタリングとは、最初の手数料が50%超になったり、給料日の支払いが、給料以上の請求をすることです。これは、現金化したことが、なんと融資としての扱いをします。給料は債権として権利を譲渡してしまいます。

そこで、何かと難癖をつけて、いつの間にか返済が続いてしまう。完全にファクタリングを装ったキャッシングになってしまうことがあります。

このときに50%の手数料という時点では完全にヤミ金です。事業資金のファクタリングではこうしたヤミ金が横行しているというのですが、給料も同様です。美味しい宣伝があったり、口コミも評判もない業者に関しては、危険な予感があります。

現在いくつかのファクタリングで給料の取り扱いがあります。口コミなどを参考にして、必ずいくつかの情報サイトを確認することが必要なことです。

審査されるのは会社側

正直言って、申込者の信用情報は問わないことが多いです。必要以上に個人情報を聞いてくるとか、怪しい内容ではファクタリングはしないことです。

通常2社間ファクタリング、給料では会社に知られることなく、自分の給料を現金化するときには、秘密厳守です。ところが、闇金業者では他言だけではなく、拡散してしまうという報告もあります。ここは、要注意です。

複数のファクタリングも対応しているところは存在しています。きちんと確認してから申込をすることは自己責任の1つです。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓
<ファクタリングラボ>