10万円からOK 個人事業主専用ファクタリングサービス【MSFJ株式会社】

MSFJのファクタリングサービスについて

MSFJは、建設や建築業界の専門斡旋サービスだったり、コンサルティング業を行っている会社です。そこでファクタリング対応もしています。

2017年からファクタリングサービスもしていますが、建設・建築業界以外の業種企業も利用ができます。

個人事業主専門という言葉

MSFJでは個人事業主専門のファクタリングサービスも行っています。分野としては、あらゆるファクタリングにも対応しています。

もともと、ファクタリングはMSFJの2つのサービスがあります。その1つが最大100万円までのファクタリングの扱いをしています。少額売掛債権対応の個人事業主、中小企業対応の内容になります。

個人事業主専門ファクタリングサービスサイト

まずは大きく注目したいのが、10万円から500万円対応とのこと。上記で紹介した100万円までのファクタリングもありますが、個人事業主専用としては、改めて500万円まで対応とのことです。そして、手数料ですが、3.8~9.8%になっています。

ファクタリングサービスの場合、下限の手数料表示はしています。しかし、上限手数料に関しては、どこも明記していないことが多いです。ところがMSFJでは、9.8%と言う数字があります。高くてもこの数字という点が嬉しいです。

例えば、10万円のファクタリングの場合、手数料が9,800円です。ですから、10万円の売掛債権があれば、90,200円の現金化に成功ということがわかります。最低でもこの現金が手に入るという計算です。これが分かるのもMSFJの大きなメリットです。

なんと即日対応

MSFJの低い手数料は嬉しいのですが、申し込みから現金化までの審査スピードが早い当日対応とのことであり、これが個人事業主にとっては、キャッシュフローの見込みが立てやすいことになります。

他社で断られた方も

MSFJの審査通過率が高いこと。93%以上が現金化ということになります。

これは、個人事業主のファクタリングができる。しかも審査通過率が高いという点では、資金繰りに困っている個人事業主にとっては救世主になります。

既に個人事業主が理由で審査落ち

審査に通らないと悩んでいる場合では、MSFJに相談してみてください。現金がすぐにほしい場合、資金繰りに関してはファクタリングという選択したいときには、MSFJはオススメになります。

個人事業主専門という宣伝が本当かどうか、それは申し込み次第です。100%の審査通過はありえないので、とにかく高い確率で現金化成功というのが、MSFJの大きなメリットです。どうしても審査に通らない方は、MSFJが最後という方もチャレンジしてみて。

MSFJのファクタリングの手数料について

MSFJのファクタリングサービスは来店不要です。会社に出向く必要がありませんが、本社は東京にあります。

ファクタリングについて

ファクタリングとは、売掛債権の現金化をするサービスです。売掛金の早期現金で、キャッシュフローを作る方法です。

MSFJでは、売掛債権を買取ります。そのときに手数料を徴収します。10万円の売掛債権があったとしても、普通の支払いしてもらうとしたら10万円の売上です。

しかし、ファクタリングでは10万円の現金ではありません。そこで、手数料が取られるのですが、他社ファクタリングでは、10%以上、20%や30%のところもあります。

ところがMSFJは違います。

何が違うの?

他社ファクタリングサービスでは、手数料の数字が不明瞭です。たとえば、業界最低手数料とあるのだけど、5%~という書き方がとても多いです。この場合、最低5%と言うことで上限が不明です。審査次第と逃げ口調の書き方です。

ところが、MSFJは3.8%~9.8%という数字があります。要するに、上限の手数料が9.8%になっていて、それが明朗会計という内容です。ほぼこの上限がわかれば、最悪この売掛債権がこれだけの現金になるとわかります。この明朗会計というのが、MSFJの大きなメリットになります。

どうしてきちんと書いてあるの?

それが、MSFJの自信です。幅広い業種でもファクタリングができます。しかも他社で審査落ちしたり、特に個人事業主に関しては、法人以外では取扱をしないというファクタリングサービスも多いです。

MSFJでは、あえて個人事業主専用とすることで、より多くの現金化をすることができる自信があります。それが、手数料の安さだったり、ファクタリングサービスの充実度に反映されています。

とにかく資金がほしい

まずは、審査を受けることです。フリーダイヤルでの相談ができます。メール対応もしていて、ホームページでは応募フォームもあります。

しかし、実際に事業内容の相談もでき、査定対応もしています。ほしい現金と売掛債権の手数料の数字などは審査次第になりますが、まずは審査をする前に事業相談も対応しています。

売掛債権の審査

審査では、取引先の内容を確認します。自身の個人信用情報で多少不安があるとしてもファクタリングは借り入れではありません。

そこで、売掛債権の価値として、申込者の信用情報で問われないことになります。手数料に関しても申込者の信用情報は無関係であり、ファクタリングでは売掛債権がどれだけ信用があるかを確認することになります。ですから、安心して申込ができます。申込の前に電話相談もできます。

MSFJの審査基準は低いって本当?

ファクタリングの審査は、ビジネスローンとは違います。MSFJの審査基準が低いとされています。

いきなりの低水準

ファクタリングの審査では、申込者の信用情報も確認する場合があります。

もともと銀行融資やビジネスローンの審査落ちの方が、ファクタリングでキャッシュフローをしたい場合が多いです。そのときには、個人信用情報では金融事故がある場合が多いです。

ファクタリングでは、ブラックリストでもキャッシュフローができるとされています。しかし、債権超過や税金の支払いをしていないことで審査落ちになることがあります。意外ですが、ブラックリストでもファクタリングができるけれど、納税していないとファクタリングできないことがあります。

ところが、MSFJでは売掛債権の存在価値を見ます。

存在価値とは?

それは、取引先の信用です。もともとファクタリングの審査では取引先の信用情報の確認をします。売掛債権の支払いが確かにできることが必要です。

要するに、売掛債権の支払いがきちんとできることが証明されることが必要です。支払い能力がある売掛債権なのかが問題になります。そのときに申込者の信用情報も労働環境や内容などは問わないことです。

これが、ファクタリングで言う審査基準が低いということです。

他社で断られた場合も

MSFJでは、他社でファクタリングができない場合でも相談してくださいとのスタンスです。

審査基準が低い点では、申込者の多くがブラックリストでも対応との口コミがあります。そこで、手数料も低いメリットもあります。ますますキャッシュフローがほしい方にはオススメになります。

インターネット対応であり、来社不要で確かな売掛債権であれば安心です。取引先の審査という点では、官公庁や大企業が相手としては、審査は安心でしょう。個人事業主だけで断られるファクタリングサービスも多いのですが、MSFJは安心です。

最近多いインターネット完結ファクタリング

もちろん、MSFJもWEB完結です。書類が揃っていれば、即日で査定額が出ます。契約がWEBで完結して、すぐに振込されることになります。ファクタリングの審査スピードも早く、ブラックリストでもすぐにキャッシュフローができます。

対応としては、インターネット完結であり、その場で売掛債権があることで現金可能。事業資金調達としては個人事業主には嬉しい対応です。

MSFJは個人事業主専用ファクタリングとして、広く紹介されていて、口コミも多いです。他社のファクタリングで断られたとしてもMSFJでキャッシュフローでニッコリという展開になるかも?

個人事業主対応の請求書先払い

個人事業主の中には、売掛債権ではなく、請求書だけ持っている場合もあるでしょう。MSFJでは、請求書先払いというシステムがあります。

売掛債権も請求書も内容は同じ

言葉が違うことですが、売掛債権も請求書も後で回収ができるものとして、現金化ができることになります。

請求書先払いとは、入金期日前にキャッシュフローができるということです。その請求書の入金まで1~2ヶ月程度かかることがあります。その間のキャッシュフローがほしいとき、ビジネスローンなどの借り入れではなく、ファクタリングであれば、請求書を現金化ができます。

請求書先払いサービス

個人事業主向けに即日に資金調達ができるサービスになります。数ヶ月先に入金があるはずの売掛債権や請求書があれば良いのですが、審査も簡単です。

MSFJではあえて、個人事業主対応で簡潔なサービスになっています。それが申込、審査、契約が簡単に行う仕組みです。初回は多少時間がかかるとしても、次も同じ条件の請求書に関しては、利用がスムーズになります。

何度も利用することで、手数料がお得になるサービスもあります。請求書が現金化できる、しかも簡単という点では、MSFJの特徴です。

手数料は安い

個人事業主の多くは請求書の金額が低いことがあります。従来のファクタリングでは、100万円~、1000万円~という条件がある会社も多いです。そして、個人事業主は信用が不安で断られることもあります。

この売掛債権で金額が高いほうが良いのは、手数料が関係します。どんなファクタリングでも売掛債権の金額に対して○%という数字になります。仮に10%としたら、100万円では10万円、1000万円なら100万円になります。それなら、高い金額の売掛債権が良いに決まっています。

MSFJでは、個人事業主対応、少額請求書でも現金化ができます。しかも、最低手数料では3.8%であり、最高でも10%以下になります。その対応が、少額請求書の個人事業主にとっても魅力的です。

ファクタリング業界でも低水準の手数料になっていますので、個人事業主のファクタリングとしては最適です。

個人事業主専用というのが最高

ファクタリングの対象では、個人事業主は除外されることが多いです。低額のファクタリングだからです。上記でもファクタリング会社の儲けとしては、大きな売掛債権、請求書である方が良いのです。

MSFJでは、個人事業主に関しても正しく審査次第で現金化可能というファクタリングができます。そして、即日の振込ができる点でも嬉しいことになります。

MSFJの個人事業主ファクタリングについて

MSFJの個人事業主ファクタリングでは、簡単スピード対応です。

ファクタリングの種類

ファクタリングは、個人事業主が持っている請求書、売掛債権を入金前に現金化してしまうことです。

MSFJでは、申込者と取引先の間に入ります。そのときに、取引先に内緒の2社間ファクタリング。取引先も巻き込んでの3社間ファクタリングがあります。このときに、取引先巻き込みと言うときには、取引先が売掛債権、請求書の支払いをファクタリング会社、MSFJに行うことになります。

2社間ファクタリングでは、取引先からの入金があってから、MSFJに支払いをします。その手間だけではなくMSFJが直接取引先と関係ができることでは、支払い可能性が高くなります。

ファクタリングでは、取引先の審査をしますので、その審査内容で信用ができることでは、よりMSFJとしては安心したファクタリングになります。この2社間、3社間のファクタリングでは、申込のときに選択ができます。

その違いとは?

3社間ファクタリングでは手数料がとても低くなります。

2社間ファクタリングでもMSFJでは上限で9.8%です。これだけでも十分に低い手数料になります。

必要な書類は?

MSFJに必要な必要書類は、身分証明書、通帳コピー、請求書、発注者等の成因資料になります。用意しなくてはならない資料が少ないことでもMSFJの大きなメリットです。手数料も少ないし、資料も少ない、手間が少ないファクタリングとしてもオススメです。

個人事業主専用ファクタリングでは、最大500万円となっています。実は、普通のファクタリングでは、500万円というのは、随分と少額です。ところが個人事業主にしてみれば、500万円の請求書というのはない数字でしょう。それでも10万円からという請求書のファクタリングができます。

10万円というはファクタリングの中でも極めて少額であり、個人事業主にはありがたい存在になります。

即日対応

早い時間が良いのですが、原則MSFJのファクタリングではすぐに現金化ができると言います。それは、もともと審査スピードが早いことでも評判です。

即日対応については、審査次第です。審査では取引先の信用情報がポイントになります。

面談は必要?

原則的に、MSFJでは面談をすることが必要とされています。

しかし、郵便取引にも対応しています。面談では来社か出張対応ですが、ホームページでは全国対応とあります。この部分については問い合わせが必要ですが、一応は郵便取引も問題がないとされています。ただし、郵便取引に関しては、即日対応にならないでしょう。この点だけは仕方ないことでしょう。

個人事業主のファクタリングとしてはとにかくオススメの会社です。他社で断られた方もここで成功したとの口コミも多いです。個人事業主専用ファクタリングが存在しているのも珍しい存在です。