ウィット ファクタリング


小口のファクタリングができるウィット

ファクタリングに関しては、最近インターネットでも数多くのホームページが開設されています。

資金調達の方法であり、融資ではない点では、借金でもないし、今後の返済の必要がない。そして、個人信用情報に記録されることがありません。ですから、融資の形ではありません。

もともとは大企業のもの

ファクタリングの仕組みは売掛債権の早期現金化をするものです。事業者が持つ売掛債権は、回収日まで時間がかかります。その間のキャッシュフローのために、先に売掛債権を有効利用しようという内容です。

大企業の場合、取引先も回収保証があることが多く、国内の最初のファクタリングではグループ会社内で行われていたものです。それが、グループ外にも拡大し、最近は中小企業、個人事業主までもファクタリングの資金調達方法が拡大していったというのが、現状です。


売掛債権が多額でなければならない

売掛債権を現金化することができるのですが、ファクタリング会社では売掛債権に対しての手数料が収入になります。

一定比率の手数料であり、高い金額の売掛債権でなければ、収入が少なくなる。ですから、最初から少額の売掛債権は相手にされないことになります。したがって、中小企業などでは手の届かない資金調達方法でした。

ところが、最近のファクタリングでは、小口、少額の売掛債権の現金化をする会社が登場しています。個人事業主もファクタリングができる時代になっています。

ウィットの小口売掛債権

ウィットは、2016年に設立したファクタリング会社です。東京が本社ですが、仙台と福岡に営業所があります。

ウィットの特徴は、500万円以下の小口ファクタリングができるとされています。売掛債権で500万円というのは、小口、少額に入ります。

ウィットでは、30万円の売掛債権、個人事業主もファクタリングが成功しているとの口コミがあります。利用者の口コミも増加しているのですが、どうしても資金調達の方法として融資ができない事情の方面相談ができます。

この相談としては、全国対応になっていて非対面式の申し込みも可能です。少ない売掛債権がないので、なんとかしなければならないというとき、ウィットの対応が期待できます。

今になって、小口の売掛債権対応のファクタリング会社が出ています。ウィットの存在はとても先駆的であり、経営者としてはあちこちの比較対象ができるまでになりました。

現金化のためのファクタリングですが、手数料がかかります。申し込み以前に、まずは相談から考え、手数料の比較することも考慮するのも良いでしょう。対面だけではなく、インターネット完結の対応ができます。ちなみに、ウィットは最短即日の資金調達ができます。


小口専門ファクタリングとしてのウィットの存在

小口専門のファクタリングができる。ウィットの存在ですが、ファクタリングとしては500万円以下の現金化が可能です。

小口専門の会社としては、一定の手数料がかかるものの中小企業、個人事業主も申し込みができます。実は、これが画期的なことです。

ファクタリングは断られた

その理由が、売掛金が少ないからというケースがとても多いです。

大きなファクタリング会社、老舗では回収保証が高く、なおかつ大口の売掛債権しかファクタリング対象にしていないのが現状です。これは現在も続いていることですが、実際にファクタリングでの資金調達したい中小企業、個人事業主も多くいます。

そこで、ウィットではあえて500万円以下の売掛債権もファクタリングができるとして2016年に設立されました。


対面なしの審査

ファクタリングの審査は、融資審査とは違います。売掛債権の審査というのは、実際には取引先の信用情報が大切です。債権譲渡登記があり、取引先の事業者の審査が行われることになります。

ですから、融資審査にありがちな申込者の人となりや決算書、事業計画などはあまり重視しないとされています。取引先が大企業や官公庁であれば、このファクタリングが有効になります。そこで、非対面式の審査の実現より、ウィットでは全国対応のファクタリングができるという内容です。

現在は、こうしたファクタリングは多いですが、2016年当時では珍しい存在だったようです。ウィットの売りとしては、現在小口専門、非対面契約可能の形です。その中には中小企業、個人事業主大歓迎という営業スタイルです。

中小企業のファクタリング

最近出始めているのですが、国でも推奨しています。

ファクタリングでは、売掛債権の額が小さいことでは、ファクタリング会社の儲けが少ないことがデメリットになっていました。また、信用が低いとされる点では、利用者ではなく、ファクタリング会社に高いリスクがあることも確かです。

ところが、事業資金の多様性としては、中小企業だからこそ豊富な資金対応ができるよう、国としてもファクタリング事業に対しては一定の理解もしています。それを受けての中小企業、個人事業主対応のファクタリング事業ですが、債権回収会社の1つのサービスとしても展開しているようです。

最近では、インターネット対応で、全てWEB完結のファクタリングも登場しています。ウィットの存在は、そんな中小企業、個人事業主のファクタリングとしては、先頭をゆく会社です。すでに利用者も多く、口コミ情報も豊富です。

多忙な中小企業、個人事業主も非対面のファクタリングができることでは、資金調達の安定供給としては安心できるシステムでしょう。


ウィットのファクタリング申込と完結までの流れ

ウィットでは、非対面のファクタリング申し込みができます。その流れを確認してみましょう。

ファクタリングに必要な書類

会社の説明資料が必要です。自分の会社のことですが、個人事業主では資料として、すでに納品した仕事内容の説明書などの用意が必要です。パンフレットがあれば問題ありませんが。会社紹介のサイトもあれば明記しましょう。

身分証明書ですが、経営者、代表者のものです。売掛債権が必要ですが、売掛金の証明する書類であり、請求書でもOKです。納品書、請求書でも十分ファクタリング材料になります。取引先との入出金が確認できる書類は、通帳の写しなどです。この取引先との過去の取引資料は必要です。

以上の資料を画像、PDFにしておく

非対面式のファクタリングの申し込みということは、郵送ではなくウィットではインターネットで対応します。必要書類は全て送信できる形にしておきましょう。

最近では、請求書などは電子の形であり、入出金管理も専用ソフトを使用している方もいます。仕事上の資料を全てインターネット管理している場合は、より簡単にウィットのファクタリング申し込みが可能になります。

また、1つ1つ画像にして送信も対応です。郵送しなきゃという時代ではありません。


申し込み

ウィットの応募フォームでそのまま必要事項の入力で完了です。送信後、ウィットからの連絡を待ちます。

担当スタッフから電話が来ます。そこで、具体的な希望などを聞かれることになります。一応審査ですが、取引先との取引年数などです。あなたの信用情報などを問われることがなく、ビジネスローンの審査とは全く違います。お金を貸すというのではなく、売掛債権、請求書の内容と取引先との関係を聞くだけです。

すぐに契約ではないのですが、ここで大まかな手数料だったり、ファクタリングにかかる経費の確認をしても良いでしょう。

いよいよ契約

この電話のあとに、ウィットが行うことは、取引先の経営状況の審査です。

請求書の支払いが完全に行うことができるのかがファクタリングでは大きな問題になります。申込者の経営状況などは重視されないのですが、この審査ではファクタリングの手数料が決定される大切な審査です。

契約後

ウィットの現金化は早いです。審査の結果不満がないのなら、そのまま本契約です。手数料を差し引いた金額の入金がされます。

売掛債権では、すでにウィットのものなっています。取引先からの入金があれば、1週間以内のウィットに支払いをして、今回のファクタリングの全てが完了します。

なお、ウィットでは取引先も交えた3社間ファクタリングも対応しています。この場合、ウィットからの入金があれば、完結では。売掛債権、請求書の支払いは、取引先がウィットに直接行う流れになります。


ウィットのファクタリング下限がないというのは本当?

 
中小企業や個人事業主の場合、取引先との売掛債権や請求書はあるけれど、キャッシュフローが必要になることがあります。融資の選択もありますが、ファクタリングの方法も一つの手段です。

ウィットをご存知ですか?

請求書はあるけれど、回収日までまだ時間がある。ファクタリングは知っているけれど、こんな少額では相手にされないのでは?そういった中小企業経営者もいます。そんな少額とは言え、ウィットならファクタリングの下限がありません。

ファクタリングは高額請求書しか相手にされないというのは、会社次第です。ウィットなら、下限がない売掛債権や請求書も現金化が可能です。しかも非対面式ですから、すぐに回答が出ます。

融資は良いのですが、後に返済負担があります。返済計画が立てられる場合、まだ借り入れ余裕が付あるときには、ファクタリングの現金化との比較も良いでしょう。しかし、今は融資ができない状況にあるのなら、売掛債権の現金化でのキャッシュフローが可能です。

下限がないファクタリング

ウィットでは小口専用のファクタリングとして知られています。30万円、20万円といった他ではファクタリングができないとされる請求書類でも、審査次第現金化が可能です。年商や設立経過数も関係なく、審査では取引先の経営状況を確認します。

もちろん、申込者の信用情報も問われることはありません。請求書があるのにキャッシュフローがない。資金ショートの恐れがある場合でも、ウィットでは最短即日現金化が可能です。


500万円以下のファクタリング

ファクタリングでは、小口専用とは500万円以下の請求書の取扱を言います。それだけでウィットでは下限がないというのですが、場合によります。情報が錯綜していて、あるサイトでは30万円以上との情報もあれば、20万円の請求書でのファクタリングができたとの口コミもありました。

一応、小口専門での宣伝をしているウィットですから、事前問い合わせをオススメします。中小企業、個人事業主対応としては、何なりと相談はしてくれるようです。

もし審査に通らないとしたら

ウィットの別の顔としては、コンサルタントも実施しています。ファクタリングの依頼では、経営状況が良くない場合が多いです。そんなときには、コンサルタントとして別の資金調達の方法などをアドバイスしているサービスも行っています。

そこで、中小企業、個人事業主の資金調達の方法としては、ファクタリングを中心として、経営の経ち直しだけではなく、一時的な資金の獲得のためにも相談ができます。


小口ファクタリングならではのスピーディ対応

ファクタリングとは、債権譲渡登記をすることで現金化ができます。売掛債権、請求書があることで資金調達ができます。

資金調達に関しては、ファクタリングでは返済なき方法として、広く展開しています。どうしても請求書の額が大きくなければならないとされていて、中小企業と個人事業主で蚊帳の外でした。

ウィットのファクタリング

ファクタリングとしては、中小企業と個人事業主は請求書が少ない部分で断られることが多いです。

ウィットでは、請求書の下限金額を設定していません。それで、小口専門という内容であり、他のファクタリングでの断られた場合もファクタリングができたとの口コミも多い話題の会社です。

とにかく早い現金化

ファクタリングのスピードが早いのは、非対面式の審査が実現しているからです。東京、仙台、福岡の会社がありますが、わざわざ来社しての申込は不要です。申し込みではインターネット対応であり、必要書類は送信でできます。詳細は全て電話で行います。

即日での入金もかなうことで、とにかく資金調達を早く、事務所で行いたい。今すぐなんとかしたいという場合もウィットの現金化は対応しているようです。小口専門という点では、インターネット対応、非対面式審査などではスピーディな資金調達ができます。


審査は取引先の経営状況

ファクタリングでは、請求書の支払いを行う取引先の経営状況が問題になります。

というのも、請求書がある。これは、もう納品済みのものであり、ファクタリング申込者としては、支払い受け取り権利があります。その債権譲渡登記をウィットにすることで、受け取り権利が移ります。先に現金化をすることでは、ウィットでは支払い能力があることで、すぐに現金として用意ができます。

2社間ファクタリングでは、取引先に内緒で行うことで、回収日には取引先からの支払いを受けます。ウィットには1週間以内に売掛債権の金額の入金をしたらOKです。ウィットにインターネット申し込み後では、数回の電話通話だけで完結をします。

請求書があれば現金になる?

今までどうしてもファクタリングでも不利になる個人事業主もウィットでは申し込みができます。融資に頼らない資金調達のために個人事業主もウィットでの少額、小口のファクタリングが可能になりました。

個人事業主にとっては、これは朗報です。最近でこそ個人事業主対応のファクタリングもありますが、ウィットでは先駆的な存在として安定口コミが多いです。どの分野のファクタリングも対応しています。