個人事業主 事業資金融資


個人事業主なら日本政策金融公庫がオススメ

個人事業主が事業資金として融資を受けられる金融機関は、銀行があります。しかし、その前に検討してほしいのが、日本政策金融公庫です。

日本政策金融公庫とは?

融資対象を中小企業と個人事業主に絞っています。大企業は融資していないところも特徴の1つです。国内の中小企業等を完全サポートするために、いくつかの政府系金融機関がまとまって、日本政策金融公庫が誕生しました。

ここでポイントなのは、国内の中小企業と個人事業主対応の部分です。しかも、民間銀行と大きく違うのは、創業からの借り入れができる点です。過去の業績がどうの、現在の業況がどうのというところがありません。この部分でも審査基準が、他の銀行融資とは大きく違うといえるでしょう。

ですから、銀行融資以前に最初の融資先としての日本政策金融公庫の存在は必ずチェックしてください。


個人事業主は安心して相談して

最初の事業資金を借りたいと申し込みをする前に、日本政策金融公庫では相談受付をしています。融資相談として、今の業況だけではなく多彩な融資の選択を正しく行うことになります。

一概に融資と言っても、日本政策金融公庫での適切な融資をするため、まずは相談ができます。日本政策金融公庫の受付は、必ず担当者が面談をする形になります。全国に支店がありますので、必ずお近くの日本政策金融公庫支店にでかけて行くことになります。

ちなみに、創業の際の融資では開業予定地等の視察もあります。詳細な内容で確認するのですが、開業してからの融資に関しては詳細な事情を直接聞かれることになります。

オススメ度は100%

国内で個人事業主として事業をしている方で、資金提供を受けたい。そのときには、取引銀行ではなく日本政策金融公庫が良いでしょう。審査基準に関しては、銀行並になります。

しかし、融資対象として最初から個人事業主は優先して借り入れができるとしていて、スタート時点から民間銀行とは違います。審査もありますが、最初に検討したいのは日本政策金融公庫であり、低金利の融資ができます。

審査内容に関しては金融機関と同じであり、提出書類も多いです。最初に借りたいと相談に行くと詳しく解説してくれるので、借りるかどうかの相談だけでも行ってみてください。

融資先としては、中小企業、個人事業主ではここが最初と掲げるのは、借りやすいとの口コミや評判も多いからです。しかし、審査に通らないケースもありますので、審査が甘いから日本政策金融公庫へ、ではありません。個人事業主として融資対象になりやすいから、日本政策金融公庫へという紹介です。


カードローンで事業資金の借入はNG

 
個人事業主が融資を受けるときに気をつけたいことがあります。

極めて小規模個人事業主の場合、大手消費者金融カードローン等で済まそうと思うことです。確定申告書等で、いい加減に対応していると、事業資金の存在がなくなってしまうことになります。

あくまでも事業資金

もともと大手消費者金融カードローン等では、個人事業主もプライベート資金としての申し込みができます。簡単に借り入れができる方もいます。

本当は事業に使用したいというとき、それが違反行為であることはあまり知らない方もいます。数万円で良いからと事業資金に使用してしまうのは、大手消費者金融カードローンにある事業性資金に使えないということの違反になります。

厳密に調査されることはありませんが、できればしないほうが良いでしょう。

個人事業主もビジネスローンの申し込みができる

ビジネスローンというと、会社でなければ借りれない。法人でなければ借りれないと思っている方もいます。中には、事業資金の申込対象者を法人としている場合があります。

しかし、ビジネスローンの中には個人事業主対応の商品があります。法人、個人事業主対応としていて、やはり大手消費者金融カードローンで事業資金で使用する方がNGです。そこで、ビジネスローンで個人事業主対応のものを使用することがオススメです。


個人事業主の申し込みでは?

自身が個人事業主で事業している証拠として、事業内容の説明と確定申告書があればOKです。形としては、消費者金融系のビジネスローンでは、個人カードローンと変わらないものが多いです。また、金利もほぼ同じという内容です。

カードローンとビジネスローンの違いとしては、商品が違うので提出書類等の違いがあります。個人事業主では、それほど変わらないようです。

ビジネスローンの方が良い

大手消費者金融カードローンとビジネスローンの違いは、限度額が大きい点にあります。

事業資金対応では、総量規制以上の借り入れができます。ですから、事業資金をカードローンでなんとかしようことはしないことです。

個人事業主では、ビジネスローンでプライベート資金借り入れもできます。その際には、帳簿記載は気をつけること。大手消費者金融カードローンの借り入れでは、事業資金としての名目はNGです。

個人事業主として事業資金として借り入れしたいときには、ビジネスローンを使うことが絶対です。この点は必ず守るようにしてください。数万円だからいいやというのは甘い考えですので、ビジネスローンがオススメです。


事業資金は日本政策金融公庫でというメリット

日本政策金融公庫は、個人事業主の事業資金借入ができます。ビジネスローンは簡単に申し込みができますが、日本政策金融公庫の融資の方が良いでしょう。

日本政策金融公庫のメリット

個人事業主は、銀行でも簡単に借入ができません。信用金庫等で懇意にしている関係ならまだしも、いざ資金提供となると審査体制になります。その理由は、取引関係はありがたいのですが、いざ融資してほしいというと今までの笑顔がなくなる?ということもあります。

実際に事業融資というと銀行は案外と冷たいもので、信用保証協会の保証が受けられるとしたら話は別ですがとはっきりと言われることもあります。

信用情報、個人事業主としての信用が高ければ良いのですが、民間銀行に関してはなかなか厳しいことになります。そこで、日本政策金融公庫の方が借りやすいようです。

事業実績がない方も借りれる

これが大きな違いです。日本政策金融公庫としては、個人事業主の内容だったり、計画性が高いことで評価がされることになります。

銀行と審査内容が違うことでは、借りやすい環境です。個人事業主だからこそ、日本政策金融公庫で借りやすいとの口コミはとても多いです。

個人事業主対応の商品が多い

日本政策金融公庫では、個人事業主の業況に合わせた融資があります。その種類が多いとされています。

メリットとしては、日本政策金融公庫の融資の役割がその地域活性だったり、企業応援の意味があることがあるからです。こうしたことでは、個人事業主に関してはより借りれる場合が多く、商品も選別できると言います。


赤字でも大丈夫

赤字経営だとしても、返済期間を長期設定です。しかも、金利が5%以内という銀行よりも低い商品が多いです。

そこで返済期間が長期化したとしても、返済負担はそれほど多くないのが現状です。その意味でも個人事業主、中小企業にありがたい対応になっています。

日本政策金融公庫の審査通過

個人事業主にとっては、とても有利な審査内容です。それでも借りれない人はいますが、日本政策金融公庫審査通過の記録が大きな信用になります。というのも、日本政策金融公庫で借りれるのなら、個人事業主としての信用情報の信用が高くなっていくということです。

その後の事業資金融資にも有利なポイントになります。保証人も担保も不要の融資もあります。個人事業主で担保等がない方も借入ができるケースも多いので、オススメです。

1度きちんと確認してみて

ビジネスローン等は簡単です。銀行融資は審査がとてもむずかしいですし、面倒です。

日本政策金融公庫も提出書類が多いことでは、銀行と同じです。しかし、借りれる可能性としては、日本政策金融公庫の方が高いことから事業資金の存在はよく確認されると良いでしょう。


銀行融資と信用保証協会の存在について

銀行融資のときには、信用保証協会融資がオススメです。中小企業、個人事業主にとっては金融円滑化を目的として、信用保証協会法に基づいて設立された公的機関です。立場としては、銀行融資に際して公的な保証人になります。

銀行融資が受けやすくなる

信用が低いとされる中小企業、個人事業主に対して、銀行との間に入って融資審査がスムーズに行く内容です。そのために保証料の支払いがありますが、これは経費になります。

また、銀行によっては金利が下がることもあり、信用保証協会で保証を受けられることはメリットが大きいでしょう。

どんな審査がある

信用保証協会に際しては、個人事業主の保証人になってくださいと言うものです。事業内容では高い計画性があり、多少マイナスな点があるとしても、こうした盛り上げていきたいという意思の伝達が必要です。

経営者としては、中小企業や個人事業主では銀行融資がほしいとき、信用保証協会の保証が不可欠です。資金調達方法としては、既に取引がある銀行の融資も信用保証協会を通すことは必須です。個人事業主だとしても直接の申し込みではなく、信用保証協会の存在はしても大きいでしょう。


選択肢として

日本政策金融公庫の融資も同様ですが、信用保証協会の保証が得られるのなら銀行融資も怖くないといえるでしょう。

こちらの信用保証協会の保証があることでは、その後の融資にもしっかり対応しています。信用保証協会の存在は、個人事業主としては大きな武器になります。

返済能力の存在

事業に対してのこれからの発展度。計画だけではなく、とりあえず申し込み時期の経営者等の返済能力が最低限必要です。

事業では、計画をした上で上向きにさせていくことを前提にします。それを丁寧に、非現実的ではない書類として提出することが必要です。

書類提出も完璧に行うことになりますが、ほぼ融資の提出書類と同じです。この方法での保証が得られることでは、代位弁済もしてくれる点では高い保証能力が信用保証協会にはあります。

個人事業主では、借りれるものなら借りる機関の利用として、銀行融資では信用保証協会の保証が必要になります。地域の信用保証協会がありますが、金融機関からの申し込みもできます。この保証があるほど借りやすい。個人事業主としては、突然のプロパー融資より断然有利です。

まずは申し込みになりますが、審査期間は長いのですぐに資金調達したいときにはオススメできないことですが。時間に余裕があるときに行ってください。


ノンバンクビジネスローン否定論もあり?

個人事業主が必要とする事業資金融資ですが、どの程度の金額かが問題です。創業資金、設備投資、運転資金等で事業資金と言っても種類があります。それによって融資先の選択が必要です。

ここでやってはならないことは、個人対応のカードローン、キャッシングの利用です。少額であれば、キャッシングで済まそうはNGです。

日本政策金融公庫の融資なら

すべての事業資金に適しています。特に創業のときに借入ができるのは、日本政策金融公庫になります。

銀行融資では、創業のときの借入ができません。日本政策金融公庫であれば多額の借入だとしても、目的がはっきりしていて審査に通ることで、審査通過では低金利の融資を受けることができます。

個人事業主にとっては、日本政策金融公庫の存在は最大の救世主です。

審査落ちになってしまった

審査に通らないときには、どうしてもノンバンクの融資に頼ることが必要です。銀行融資ではどうしても審査が厳しいですし、日本政策金融公庫でも特に信用情報での金融事故がある申し込みでは借りれないとされています。

個人事業主、中小企業対応の日本政策金融公庫の融資ですが、金融事故だけは許容していないようです。個人的な借入があるとしても返済ができるのであれば対応しています。オススメ度は大きいのですが、個人信用情報で不確かな方は借入ができません。


ノンバンクのビジネスローン

ビジネスローンでは、ノンバンクでは審査基準は甘いものもあります。ただし、ブラックリストでは借入ができないことになります。

ノンバンクビジネスローンのメリットとしては、銀行融資と比較してすぐに借入ができることになります。即日融資が対応している点だけで、ブラックリストは借入ができないことになります。事業資金融資としては、できれば個人信用情報をきれいにしてからの銀行系借入に再び申し込みして、借入が良いでしょう。

ノンバンクのビジネスローンでは、高金利の借入になります。借りたとしてもすぐに完済できる範囲内にしましょう。ノンバンクのビジネスローンに関しては、借り方を考えることです。銀行融資と同様に検討するのではなく、使用目的が違うことを確認してください。

中小企業等にも1枚あると良いビジネスローンですが、銀行融資とは違う審査基準ですが金利も全く違います。

ちょっとした支払い程度

ノンバンクのビジネスローンでは、すぐに借りてすぐに返すことが基本です。個人事業主としては、この支払いでその後の収益につながることになります。そのために使うだけであり、設備投資等の多額借入に関しては、日本政策金融公庫を含む銀行融資に頼ることです。