個人事業主 融資 金利 安い


個人事業主の融資先について

個人事業主の場合、融資先としては会社と同じです。例えば、事業が小さいとしても、事業資金の調達では銀行融資やビジネスローンの利用が可能です。

ここでやってはならないのが、個人のカードローンなどで事業資金として使用することです。

個人事業主と法人

法人と言えば会社になりますが、個人事業主では個人で会社法人にしていないだけで、事業していることは違いないです。

街角の商店、美容室などが良い例です。仕事を事業で行っている点では、個人事業主も法人も同じ扱いです。ただし、法人なら大手銀行などの融資が可能ですが、個人事業主では中小企業などの利用と同じ地銀や信用金庫などが借入先になります。

また、日本政策金融公庫では中小企業以下の事業に対しての融資になります。大きく個人事業主と法人の違いと言えば、その規模の問題であり、融資では同じ金融機関からの借り入れになります。


ローン審査も同じ

銀行からの融資では、法人同様の審査内容になります。

個人事業主でも決算として確定申告書がありますし、売上と経費についての資料があります。青色申告などでは、より厳格に経理をしていくことになります。

規模、売上の違いはありますが、審査の基本の返済能力の確認については、同じ内容になります。金融機関、金融業者が個人事業主対応になっている点では、審査に必要な書類を収集して申し込みをすることになります。審査では事業内容だけではなく、申込者の個人信用情報も問われることになります。

審査と金利の関係

これは、ローン、融資の基本ですが、審査上で有利な内容ほど金利は安いです。

また、個人事業主では銀行、日本政策金融公庫の金利が安いですが、その分審査は厳しいことになります。ここで借り入れができないときには、ノンバンクのビジネスローンになります。

消費者金融系ではローンカード型のものもありますが、銀行融資と比較すると高い金利です。また、不動産担保ローンでは担保がある分審査が柔軟になり、ビジネスローンよりは余裕のある資金調達ができ、金利も抑えることができます。

いずれも個人事業主が事業資金調達方法として使えるものです。できれば、銀行関係の金融機関で安い金利で融資を受けたいところですが、審査次第であり、こればかりは申し込みしてみないとわからないことでしょう。

経営が順調だとしても、申込者がブラックリストでは借り入れができないということになります。審査に関しては、ブラックリストは借りれない可能性がとても高いのは事実です。特に金融機関では、ブラックリストの融資は絶望的です。


銀行融資は信用保証協会の利用が必要なときが多い

銀行の融資に関しては、信用保証協会の加入を勧められることが多いです。これは、銀行融資では信用保証協会の保証があることで、もしも返済ができないときに肩代わりをしてくれるシステムです。

要するに、保証人のような存在であり、融資の条件として信用保証協会に入ることが義務となっています。特に信用金庫など個人事業主にとっては借りやすい銀行ほど、ポイントにする点です。

審査がある

信用保証協会では審査があります。ここでは、個人事業主としての業務内容だけではなく、創業からの資金の流れ、売上の推移なども確認されることになります。

自己資金の有無、多いに越したことはないのですが、それからの売上の推移などで、返済能力を隅々まで確認されます。融資の際の審査と同じくらいハードルは高いです。

ただし、個人事業主での信用保証協会の審査通過はその後の融資を断然楽にしてくれるものです。

どうしても必要というよりは

信用保証協会の審査に通り、銀行融資を自由に駆使できることは、個人事業主、中小企業にとっては安定的資金調達の獲得になります。平均して、銀行の金利は安いです。

個人事業主では信用金庫になることが多いですが、返済能力が高い個人事業主では上客としての付き合いができます。銀行としても融資先が優良事業であることが理想です。

そこで、資金調達の時期として、困ってしまって借りるのではなく、融資を受けて事業を円滑にしておくという方法があります。困ったときに資金調達を検討ではなく、今は困っていないけれど、借りておくという方法があります。常に、決算書では良い内容です。

融資を受けると、それは負債になります。貸借対照表では負債ですが、その融資を使っていない場合では現金として手元に残ります。そのときに一括返済額があることでは、融資はしているけれど健全経営ということになります。

資金がほしいから融資を受けるというのではなく、融資で個人事業主としてきちんと経営をしていて、準備金として用意がある。このスタンスなどで、銀行融資が有利になります。

中小企業にしても融資を受けていないところは皆無でしょう。それを自転車操業敵に利用するのではなく、余裕資金としてあることでは審査も通りやすくなります。特に銀行の信用保証協会の審査では、このような内容確認をすることで上手に資金調達をしていくことになります。

しかし、実際は資金がなくてどうしても融資を探すことが多いです。そのときの審査がどうしても厳しくなってしまうのは当然のことでしょう。


日本政策金融公庫の選択肢がベスト

安い金利の融資では、個人事業主では日本政策金融公庫がオススメです。銀行に行く前に、すぐに日本政策金融公庫の選択もありです。自己資金が少なく、創業資金の借り入れも可能です。

銀行では貸付をしていない融資であり、スタート時からの個人事業主を応援しています。

日本政策金融公庫とは?

政府系金融機関の日本政策金融公庫では、儲けは二の次です。特に国内の産業振興のために、中小企業以下の事業資金として貸付を行っています。災害などの資金調達のためにも、低金利での利用ができます。

銀行などの金融機関同様の低金利になっていて、保証人が存在することでは低金利の融資ばかりです。ここで高い金利の融資はないと言っても良いのですが、審査に関しては提出書類がとても多いです。


日本政策金融公庫の審査に通るためには

自らの個人信用情報では金融事故がないことが大条件です。これは金融機関では絶対的なことです。事業資金としての貸付ですが、ブラックリストでは借り入れが難しいということです。

また、書類の作り方としては、決算書などはそのままですが、よりプレゼンテーションを充実させることだと言います。多少オーバーなことですが、こうしたらこうなるという計画書なども多く提出していくことが必要です。

政府系の銀行ですから、個々の儲けではなく産業振興という目的が違います。少ない資金で頑張る個人事業主に対しての手厚い対応は、銀行にはない日本政策金融公庫の特徴です。

支店が各地にある

日本政策金融公庫は全国に支店があります。質問だけでも良いですから、個人事業主としての融資については、事前に確認をしておくと良いでしょう。

日本政策金融公庫では事業資金以外にも教育ローンなどもあります。こちらも銀行の教育ローンなどで借り入れができない方も対応しています。それこそ、個人事業主が子息のために教育ローンを借りたいときにも銀行では審査に通らないけれど、借りれる場合もあります。

平均して、銀行よりは審査基準が甘い傾向にありますが、審査内容は詳細に確認されます。その点では緊張もありますが、銀行融資よりは個人事業主なら借りやすいと言われています。

直接支店での審査になりますが、多額の借り入れでは東京本店対応になります。もっとも、個人事業主として何千万円という融資の検討はないかもしれませんが。それでも、個人事業主なら日本政策金融公庫の融資は最初で検討されることでしょう。安い金利というのなら、最候補になります。


ビジネスローンの話しはサラッと聞き流して

あくまでも参考記事としてみてください。

個人事業主の場合、生活費と事業資金のボーダーラインが微妙なときがあります。それは融資というときに、ビジネスローンとして借りたいけれど、カードローンで借りてしまうということもあるでしょう。事業資金としてカードローンの利用は禁止されています。

ただし、用途を宣言しない分では、少額ならカードローンで間に合わせることもあります。しかし、これはしないほうが良いでしょう。

個人事業主もビジネスローンの申し込みができる

事業の資金のためにビジネスローンを利用してください。

そこで、事業型のものではなく、ローンカードでATMで自由に引き出しができるビジネスローンもあります。姿かたちとしてはカードローンそのものです。

消費者金融系のビジネスローンでは、確定申告と身分証明書などだけで契約ができます。このときまとまった限度額になりますが、総量規制対象外です。

ちなみに、このビジネスローンの利用では帳簿では負債です。返済にかかる手数料や金利などは経費として計上ができます。このような細かな計算をしていくことで、個人事業主としての立場では、審査に有利になります。

ただし、ビジネスローンではそこまでの細かな魔審査ではありません。創業1年以上で赤字だとしても契約ができるのですが、申込者がブラックリストでは借り入れができません。


参考までというのは

このビジネスローンですが、金利がカードローン並です。銀行融資、日本政策金融公庫の融資と比較してもざっと5倍程度になります。

そこで、ビジネスローンの場合はちょっとした経費の支払いだったり、すぐに完済が可能なときのとても便利です。日割り利息計算ですから、一括返済額にすると金利の高さは気にならないです。

また、カードローン同様に無利息のサービスがある消費者金融系ビジネスローンもあります。こちらは人気のものであり、今すぐ使用はしないけれど、持っているだけでも安心です。

法人向けビジネスローンではなく、個人事業主でも使える自営業者ビジネスローンもあります。ローンカードですから、借り入れの際には即日融資ができるというメリットが大きいでしょう。インターネット申込対応です。

融資の時期

銀行融資も日本政策金融公庫も審査は厳しい、とても安い金利ですが、審査時間はとても長いです。ネット銀行の融資にしても1ヶ月程度かかることがあります。

ネット銀行に関しては書類だけの審査であり、多少甘い内容になりますが、金利は銀行融資としては高め。ノンバンクビジネスローンより金利は安いですが。


資金調達最終手段、ブラックリストのためのファクタリング?

個人事業主の融資では、申込者の個人信用情報機関と連動します。事業の上で赤字であるとしても、それは事業資金調達の目的としては大した問題にならないことがあります。

ノンバンクのビジネスローンですが、ときには不動産担保ローン、保証人があることで借りれることもあります。銀行ではなかなか厳しいのですが、融資では個人事業主自身の個人信用情報機関の金融事故があることは、借り入れができないことが多いです。

中小消費者金融で借りる?

カードローンではブラックリストは借り入れができないけれど、返済能力があるのなら中小消費者金融の甘い審査が存在しています。

ビジネスローンも同様であり、中小消費者金融も事業資金対応はあります。ただし、ノンバンクでは高い金利になるのですが、中小消費者金融ではより厳しい金利になっています。また、商品としての紹介はあるものの不動産担保ローンがなくてはならないという条件もあります。

はっきり言って、ブラックリスト個人事業主としては、中小消費者金融のビジネスローンはオススメしないです。それでも資金調達しなくてはならないときがあります。

ファクタリングで急場を凌ぐ

ファクタリングとは持っている売掛債権、請求書の現金化です。

個人事業主では、売掛債権を持っていて現金がない。キャッシュフローがなくては資金ショートになる。だから融資というタイミングがあります。

ファクタリングでは、少額対応のところもあり、即日現金化です。最近では、請求書もインターネット対応で、即手数料を引かれて現金化が可能です。

このファクタリングでは、手数料が多いことで口コミもありますが、最近ではディスカウントな手数料のところも登場しています。そこで、持っている売掛債権を回収日前に現金化してしまうことで融資とする。毎月継続してではなく、もしものときには有利です。


審査なし

審査がないため、ブラックリストも対応しています。ここが嬉しい融資ができない方のためのものです。

また、返済がない現金化ですから、売掛債権、請求書の入金があれば、1回返済をすることで完了です。どうしても今資金が必要だけど、どうしても審査に通らないときには、ファクタリングはOKです。

負債にもならない点では、決算上でも不利になることはありません。資金調達の1つとして、ファクタリング会社の確認はオススメです。

やっと個人事業主対応がでてきた

以前まで、ファクタリングに関しては個人事業主は門外でした。というのは、もともと小さな金額の売掛債権では現金化の際の手数料も小さな金額です。そこでファクタリングが不可とされてきましたが、最近では個人事業主対応のファクタリングもあります。

手数料も上限10%程度のファクタリングもあり、売掛債権の小さな個人事業主にとっては嬉しい対応です。口コミを参考にしてみてください。