ビジネスローン 個人事業主


個人事業主はカードローンよりビジネスローンの申し込みが良い

個人事業主のキャッシング状況に関しては、一般の方と多少違う点があります。

個人事業主とは?

自分で事業を起こして、確定申告において年収を決めている方です。街なかの個人商店、美容院などの店舗が多いですが、最近では個人事業主としてIT関係の仕事をしている方もいます。別名でフリーランスと言えば、多種多様の個人事業主が国内に存在していることになります。

個人事業主は、自分が社長であり経理です。専従者給与がある場合もありますが、開業届を出すことでは屋号名義の通帳をつくることができます。届け出の必要もなく、自ら個人事業主と名乗ることができます。私の職業は個人事業主であり、職種は○○という内容です。

そうした個人事業主のキャッシング事情

大手消費者金融カードローン、銀行カードローンも対応していますが、属性がとても低いです。パートやアルバイトと同類です。まだ低い場合がありますが、個人事業主は不安定収入としてみられています。

ということで、個人のカードローンの審査では案外と厳しい内容になっています。その理由としては、賢い個人事業主では節税対策で収入を抑えていることがあります。これが、カードローンの審査でパートやアルバイトと同類の収入になります。確定申告したとしてもです。中には個人事業主はお断りという消費者金融もあるくらいです。


カードローンは厳しいけれど

個人事業主では、カードローンはプライベートの資金としてしか使うことができません。

もし、事業で資金がほしい時には、銀行融資などにも頼ることができますが、こちらは業務内容などでも厳しいですし、もともと個人事業主対象にしていない場合がほとんどです。日本政策金融公庫の事業資金がオススメになりますが、審査の提出書類も多く時間もかかります。

そこで、カードローン同様のノンバンクビジネスローンであれば、比較的審査が早く借りやすいでしょう。

個人事業主でもビジネスローンが持てる

個人事業主は事業をしているので、ビジネスローン対象になります。この時、確定申告、決算書なども必要ですが、純粋な年収だけではなく、事業内容も確認することになります。カードローンと審査内容が違うので、借入額も大きくなります。

条件はありますが、個人事業主だからこそビジネスローンの利用がオススメです。この時もカードローンの契約をしていないことが良いでしょう。カードローンより借入限度額が高くなりますが、金利はほぼ同じです。


個人事業主のためのビジネスローン、カードローンとは違う審査

ビジネスローンとは、事業のために借りれるものです。事業内容が確認されないと借入ができないので、サラリーマンなどは無縁です。

そして、ビジネスローンの内容をみると限度額が大きいですが、カードローンやキャッシングと違い、総量規制対象外になっています。大きなお金が借りれる、使途も自由ということでは、個人事業主は注目でしょう。

個人事業主でも借りれるビジネスローン

種類はいくつかありますが、ビジネスローンでは法人用と個人事業主用が存在しています。確定申告をして、開業届を出していれば完璧個人事業主ですが、確定申告だけでも分類的には個人事業主になっています。

最近では、在宅ワークをしているフリーランスの仕事をしている方も、ビジネスに必要な資金調達としてビジネスローンの申し込みができます。いくら貸してほしいと希望額になります。

銀行融資の借り方ですが、ビジネスローンではカードローン型であれば、カードローンのような使い方もできます。単なるカードローンじゃないか?との見方もありますが、個人事業主であれば、堂々と持つことができます。使途が自由でプライベート資金にも使えます。


だったらすぐに申し込みを

個人事業主になったのなら、カードローンではなくビジネスローンが良い。事業している証拠としては、条件がありますが。

カードローンでは、寄らば大樹の陰の正社員が良い身分ですが、個人事業主は影が薄いです。ビジネスローンの場合は、収入でも事業がうまく行っていることが決め手になり、カードローンでは見えない部分があります。

例えば、個人事業主で200万円の売上がある。必要経費を抜いて100万円の収入だとします。カードローンでは100万円だけを審査としますが、ビジネスローンでは200万円からおっていくことになります。

また、200万円の売上でも収入を50万円程度にする場合もあります。極端な例ですが、その時でも、個人事業主として成功している。決して赤字になってなどの決算や確定申告上での審査になります。

根本的にビジネスローンの審査では、個人カードローンとは異質になりますので、より個人事業主でも借りやすいと言えます。

総量規制対象外

カードローンでは、収入3分の一の総量規制が限度額です。ところが、ビジネスローンでは総量規制対象外であり、最初から限度額が決まっていないことが多いです。そして、より多くの借入ができますが、ビジネスのためですから。

総量規制対象外ですが、金利は高いです。ノンバンクのビジネスローンに関しては、普通の大手消費者金融カードローン波の内容であり、カードローンと同じじゃんということになります。


ビジネスローンの審査基準

カードローンには、事業性資金には使えないと記載があります。個人を対象にしていますので、ビジネスローンとは違います。

しかし、ビジネスローンの多くは使途が自由です。法人だけではなく、個人事業主も事業性資金としても生活費としても使うことができます。

各ビジネスローンでは個人事業主に対しては、対象の有無の表記があります。中には法人用となっていますので、確認してみて下さい。そんなビジネスローンの審査基準を確認してみましょう。

業歴1年以上

個人事業主になってすぐでは審査は通らないです。1期分の確定申告ですが、青色申告決算書が理想です。開業届をした上で、青色申告をしていることで個人事業主の信用も高まります。

1年以上では年収も出ますし、提出書類も揃っています。青色申告については、パソコンでもできますし、一度慣れると簡単です。とにかく、1年は我慢した上での申し込みが必要でしょう。

ちなみに、1年未満の業歴では、日本政策金融公庫の融資があります。こちらは新規でも借入ができます。

赤字決算ではない

個人事業主としては、ここが苦しい点です。赤字になったからビジネスローン借りたいところですが、青色決算でとても返済ができない環境であれば、当然審査は落ちます。

ただし、ビジネスローンでは赤字の内容なども勘案して、将来の見通しがあれば審査に通ることが多いと言います。必ず赤字だから、審査に通らないということはありませんが、貸付条件での赤字ではないというのは返済能力があるということになります。


ブラックリストではない

このビジネスローンは、個人事業主が契約者です。そこで審査では、信用情報を確認します。ここからはカードローン同様のことであり、金融事故がある難しいです。

しかし、大手消費者金融同様の審査基準ではなく、中小消費者金融程度の審査基準のビジネスローンもあります。この審査の違いでは、ブラックリストでも借りれるビジネスローンも存在しています。

ただし、ブラックリストがカードローンによるものであれば、もともとの信用が低いことになります。ビジネスローンでの返済に使用されるのであれば、これからの返済能力が低いと判断されます。ブラックリストは、ビジネスローンは借入が難しいです。

ブラックリストだから借りたいという方も

限度額が大きい点では、ビジネスローンは個人事業主にとっても魅力です。

最近では、カードローンタイプの商品が多いですが、ビジネスローンの基礎知識としては、ブラックリストではなかなか厳しい。赤字の場合は、なんとか借りれそうということです。

そして、総量規制対象外の商品では、最初から個人事業主はカードローンできなく、ビジネスローンの申し込みを検討されることです。1年以上の業歴が必要ですが。


ビジネスローンだけど、決算書ナシの審査もOK?

個人事業主の中には決算書がない場合があります。カードローンなら、個人事業主では確定申告書が収入証明書として提出するだけで申し込みができます。ビジネスローンではそうはいかないでしょうか?

ビジネスローンのそれぞれの審査

申込者の身分証明書と収入証明書、そして決算書というのがビジネスローンの基的提出書類でしょう。その時に自分はフリーランスで仕事をしているけれど、確定申告しかしていない。決算書はない場合でも、ビジネスローンができる場合があります。

決算書ナシでの審査ですが、この時に注目されるのが申込者の信用情報です。1人だけの事業で開業届もナシだけど、青色申告書だけでの個人事業主としての申込、決算書ナシでも申込ができるビジネスローンもあります。

決算書はどうして不要なの?

審査内容が違うのですが、銀行融資や他の商品では決算書は必ず必要であり、きちんとした審査がなくてはならないです。

事業に対しての融資ですが、ビジネスローンで決算書関係ないということは、申込者の信用情報に対して行うものです。金融事故がなくて、この資金がカードローンではプライベートだけに使うもの。ビジネスローンとしては、個人事業主として事業費に使って良い。それが決算書なくて信用情報で貸せるとしたら、貸付しましょうということです。

どちらかというと、ビジネスローンでも審査が甘く、返済能力があるとしたら貸すというビジネスローンです。決算書ではなく、カードローン同様の身分証明書と収入証明書だけでOKです。

利用者の利点として個人事業主だから、カードローンではなくビジネスローンとして事業費にもプライベートにも使用ができる。たとえ決算書では赤字、決算書もない個人事業主だとしても契約者がブラックリストでなければ大丈夫というのが、決算書ナシでも審査が受けられることになります。


金利が高く、審査も早い?

赤字決算書でも借りれる。これは決算提出が必要ですが、決算書がない場合はビジネスローンでは、コンピュータースコアリングシステムの審査になります。

ですから、その時には個人信用情報機関の内容で決まることになります。早い審査ですが、事業に対しての審査は甘いのですが、個人信用情報機関に監視は特別厳しい審査になります。

要するに、ブラックリストであればこうした審査は絶対に通過しないことになります。確定申告だけの審査であり、金融事故がない時に借りれる方法になります。

信販会社などのビジネスローン

こうした簡単に審査が受けられるビジネスローンでは、信販会社などが多いです。金融事故があるだけでNGであり、債務が多いなどの個人信用情報機関では審査通過ができないとされています。


個人事業主用のビジネスローンとクレジットカード

個人事業主ではビジネスローンの申し込みができます。銀行融資ではなく、無担保でありノンバンクのビジネスローンの利用ができることでは、個人事業主として事業での資金調達ができます。

ビジネスローンの申込対象では、個人事業主がOKという場合です。法人以外の個人事業主でもビジネスローンが借りれるということです。

ビジネスローンは審査は甘い?

ノンバンクでは、赤字がある決算書だとしても審査通過ができることがあります。ただし、ブラックリストでは借入ができないようです。

ブラックリストの借入では、中小消費者金融のビジネスローンなどが審査に通ると言いますが、この点ではカードローンのキャッシング同様の審査と言っても良いでしょう。

ビジネスローンの目的としては、事業のための資金調達が必要な時に借りれるものです。個人のカードローンで総量規制範囲内のキャッシングとは違います。確定申告などの審査であり、総量規制対象外であり、借入ができるとしたらカードローン以上のキャッシングができることになります。

基本的には、ビジネスローンでありカードローンとは違うのですが。


カードローンでブラックリスト

ブラックリストでは、ビジネスローンの審査落ちになります。

決算書では思わしくない数字ですが、ビジネスローンの申し込みをしたい。その時に、自分は個人信用情報機関での金融事故がないことで借りれる場合が多いです。

個人事業主ではカードローンで借入ができないけれど、ビジネスローンの借入ができるというのは甘い考えです。そうではなく、カードローンでの金融事故があるとビジネスローンの審査は通らないと思ったほうが良いでしょう。

ブラックリストでは審査落ちという個人事業主のビジネスローンでは、カードローンの審査基準と同じと言っても良いでしょう。貸付条件としては、赤字というよりは個人信用情報機関の内容を重視しています。

すぐに借りれるビジネスローンはある?

個人信用情報機関がビジネスローンの借入したい時には、開業届、青色申告、確定申告などで1年以上の業歴が絶対に必要です。その間、クレジットカードは個人事業主用のものは申し込みができます。

これでクレヒスをつくるのもオススメです。この時も、個人のカードローンと同じで個人事業主用はオススメです。

個人事業主用はクレジットカードもビジネスローンのものが存在しています。案外と知らない方も多いですが、しっかりと確定申告して書類を揃えることが不可欠になります。