個人事業主借り入れ


銀行融資なら、地方銀行や信用金庫でしょう

個人事業主が運転資金、事業資金の借り入れをしたいとき、どの資金調達が良いのか?選択肢はどんなものかあるのでしょうか?

そもそも私は個人事業主?

個人事業主とは、個人で事業をしている方全てです。街なかの飲食店、美容院などの店舗、フリーランスなどで会社や企業に雇用関係がない、独立して仕事を請け負う方は全て個人事業主になります。

在宅ワークで家で事業をしている。店舗もなく、屋号もない場合でも個人事業主になります。確定申告をする用意があると思いますが、1年間の所得の確定申告をする方も個人事業主になります。

事業資金がほしい

自己資金があることは問題がありません。しかし、事業拡大などで資金がほしい。個人事業主としては借り入れができないだろうか?と思うところです。

近所の○○商店では、融資を受けているとの噂も聞くのですが、商店のような店舗がないと借り入れができない?個人事業主であれば、必要とされる資金調達はできます。ただし、借入先は確認する事が必要でしょう。


大手銀行では無理

最初から敷居が高いのは大手銀行です。ただし、大手銀行ではビジネスローンの商品もあります。銀行からの借り入れとビジネスローンでは、内容は確認が必要です。

大手銀行では基本的に中小企業、個人事業主には融資対象にならないでしょう。その時にビジネスローンの提案ですが、銀行融資とは違う銀行の取扱しているビジネスローンは別物です。審査基準も甘いのですが、金利が高い商品です。

そこで、地方銀行、信用金庫の融資を検討してみて下さい。

地方銀行、信用金庫の融資

個人事業主に関しては、こうした地域密着の融資を受けられる可能性があります。信用保証協会の保証が受けられる事で借りやすいのですが、地元貢献の意味と信用金庫、信用組合では個人事業主に対しての融資対応の間口が大きいです。

個人事業主であれば、融資規模が小さい個人事業主では、信用金庫、信用組合の審査対象としては、銀行での融資対応が期待できます。

すでに借りやすい形にするために

地方銀行、信用金庫での口座取引をしているなどで信用が大きくしておくことです。

資金調達としては、優良中小企業、個人事業主に対しては、営業融資はありがたい事です。いきなり取引なしでの融資依頼では大変になることも多いのですが、個人事業主も銀行融資は身の丈に合う金融機関での申し込みがオススメです。

ちなみにビジネスローンではなく、銀行融資対応が可能です。個人事業主だとしても、銀行からの審査通過では借り入れができる事になります。


日本政策金融公庫からの借り入れに挑戦を

個人事業主で事業資金の借り入れをするときに、ぜひ検討していただきたいのが日本政策金融公庫になります。

政府が運営している銀行

日本政策金融公庫は、個人事業主や中小企業に手厚い融資制度を対応しています。個人事業主でも借り入れができる事、運転資金、設備投資だけではなく、起業に際しての融資ができます。

事業を行いたい、個人事業主としての運転資金などでも申込みができます。少額対応、中小企業対応の商品があります。

何もわからないとしても

日本政策金融公庫は、全国に支店があります。地域密着という言い方で言えば、普通の銀行とは違い日本の銀行であり、その地域のための資金提供をしています。

個人事業主では、地方銀行でも借り入れができない場合でも日本政策金融公庫の申し込みができます。必ず面談がありますが、個人事業主の内容の資料を持ち、融資の商品からの相談ができます。


成功が良いのだけど

融資する金融機関では、失敗はイヤな事です。これだけの融資提供したときに、これだけの成功ができます。

これは結果論でしかわからないので、あくまでも計画書だけの提出です。今までこうだったら、今までと違うからというプレゼンテーションが審査を大きく左右します。

審査基準が甘いというのは、審査内容では他銀行では渋い顔をされる事業計画や返済計画についての内容検討をよくしてくれる点です。もっと言えば、個人信用情報においても、金融事故がなければ個人事業主の事業に対する借り入れができる事が多いと言います。

在宅ワークの個人事業主の体験談

口コミにありましたが、在宅ワークで利用したい高スペックのパソコン購入費用の借り入れが日本政策金融公庫からできたといいます。クレジットカードなどでも購入ができる範囲内だったというのですが、この日本政策金融公庫の審査通過ができる事が保証としてはとても大切な事になると言います。

借り入れでは、個人事業主ではクレジットカードでも対応ができますが、あえて日本政策金融公庫の資金調達゛できたと言います。

提出書類と審査時間が長い

細かな提出書類が多いのは当然ですが、審査時間もかかります。融資制度では種類もありますが、実際に担当者と融資ができる範囲内の商品選択肢から行う事ができます。その時に、どんな場合の借り入れが可能なのかを確認して下さい。

担当者は原則1人になります。納得行くまでの審査と時間をかけて説明しましょう。銀行の一種ですが、普通の銀行融資とは内容が違います。お近くの日本政策金融公庫の支店を確認しつつ、出かける用意をして下さい。人によっては、面談が1回だけではなく、数回行われる事もあります。


銀行融資の前に信用保証協会の審査を受けてみる

中小企業も個人事業主も銀行融資では敷居が高いようです。ところが、信用保証協会の保証があることでは、銀行融資の敷居が一気に下げる事ができます。

信用保証協会とは?

信用保証協会では、いうなれば保証会社的な存在です。中小企業や個人事業主では、信用力が低いとされています。

そのまま融資申し込みに行ったとしても金融機関でもなかなか融資対応にならないでしょう。ですから、金融機関に融資依頼に行く前に信用保証協会の保証をもらう事で、金融機関の申し込み、審査が受けやすくなります。銀行にしたとしたら、信用保証協会の保証があるのなら、安心ということになります。

信用保証協会は何をしてくれるの?

信用保証協会では、保証会社だと言いました。そこで、もし契約者が返済ができないときには、信用保証協会が返済の肩代わりをしてくれます。それだけの保証をしますということであり、銀行の対応は随分と良いものになります。

ですから、銀行融資に申し込みしたときには、信用保証協会の申し込みを勧められることになります。これは銀行としては保証が付くことが安心です。また、個人事業主として事前に信用保証協会に申し込みをすることも可能です。


審査は?

基本的には、事業計画書と決算書、個人事業主の概要などが必要です。融資の審査と同様ですが、信用保証協会では借り入れしても返済が可能な個人事業主であるかを審査する事になります。

銀行のローンなどでは、必ず保証会社の審査があります。信用保証協会ではそれと似たような審査になりますので、銀行としては安心な事です。

信用保証協会のデメリット

デメリットとしては、保証料がかかる事です。事業内容、借り入れ資金、規模などで変わりますが、最近では保証料も高い数値になっています。それが負担であり、審査に通らないなどの口コミにもなるのですが、保証料は経費になります。

一応は信用保証協会の保証付きの銀行融資を受ける。返済できないときには、安心。そして、最終的には銀行融資のプロパー融資ができる嫌いの信用も得る事ができる事でしょう。

信用金庫でも

この信用保証協会の存在では、個人事業主が運転資金、事業資金として銀行融資をスムーズにしてくれるものです。

審査内容では、ブラックリストでない、極端な赤字ではない決算書などが必要です。ここまで説明して何なんですが、信用保証協会の保証はそれほど甘いものではないということです。

これは、個人事業主にとっては、銀行融資そのものがなかなかハードルが高い事を意味しています。懇意にしている信用金庫、信用組合などでの相談もオススメです。こちらは地域ならではの対応が期待できます。


カードローン型のビジネスローン

個人事業主になると、資金の借り入れが金融機関ができるか不安でしょう。銀行融資も日本政策金融公庫も大丈夫ですとの情報はとても多いです。

国内で事業をしている方に申し込みは受け付けはしている金融機関の融資ですが、審査通過の保証はありません。その点では、借りれると思ったのにダメだったという結果になる方が多いです。特に個人事業主というだけで、銀行で門前払いになることがあります。

決算書もろくにない?

個人事業主の中には、確定申告書しかない方もいます。確定申告は必須事項であり、申告していないと融資もできません。

決算書というのは、確定申告には必要な事でしょう。正式な帳簿として、必要経費と収入の確認書の書類があることは義務です。その確定申告書と事業内容がわかるものがあれば、それが融資の必要書類になります。これは銀行融資でも同様です。

銀行融資は審査落ち

信用金庫も地方銀行も断られた。最初から申し込みもしていない場合は、ノンバンクのビジネスローンを検討して下さい。

ビジネスローンは、法人だけが対応ではなく、個人事業主対応のビジネスローンもあります。大手消費者金融系、銀行系でもビジネスローンの商品がありますが、基本的には審査は柔軟です。身分証明書と確定申告書、決算書などがあればOKです。

ただし、条件としては、個人事業主歴1年以上です。新規での借り入れ申し込みはできないようです。


カードローンと同様?

大手消費者金融系のビジネスローンではローンカード型の商品があります。ATMの利用ができ、カードローンと同じ審査内容であり、キャッシングの要領でのビジネスローン対応になります。

便利な事ですが、銀行融資と大きな違があります。それが、形もカードローンなら、金利もカードローン並の高金利です。

銀行融資では数%ですが、カードローン型のビジネスローンでは、高金利になります。ノンバンクという点、カードローンという点での審査の甘さはあるものの、高い金利というのは、融資、キャッシングの基本です。

ビジネスローンは1枚あると良い

ビジネスローンは個人事業主がとても便利に利用できるものです。用途としては、高い金利で多額の借り入れは不向きですが、日常使いでのちょっとした仕事の支払い、不足してときのキャッシングとしては1枚あると便利です。

個人事業主でも総量規制関係なく、まとまった限度額になりますが、高い金利です。返済計画をきちんとあるのなら、ノンバンクビジネスローン、カードローンであれば、本当に便利なアイテムになります。


個人事業主のノンバンクビジネスローンのススメ

個人事業主は、ビジネスローンの使い方として、プライベート資金の借り入れもできると言います。ノンバンクのビジネスローン限定ですが、キャッシングに際しては、多少特別感があります。

個人事業主のキャッシング

個人事業主では、プライベートのキャッシングに関しては不安定な収入だとして審査は難しいです。

また、節税対策で収入を抑えている場合もあります。これでは、確定申告にしても、収入は少ないし、キャッシングの審査は厳しい事で、なかなか借り入れができない場合があります。

ちなみに中小消費者金融では、個人事業主の借り入れができない。申込者として個人事業主が認められていない場合があります。

個人事業主の借り入れでのメリット

それが、確定申告提出上でのビジネスローンの申込をします。

ビジネスローンでは、プライベートの資金として借り入れも可能です。個人事業主の場合は、資金の内容が多少生活費と深い関係があります。

普通のカードローンでは事業性資金に使用することは禁止されているのですが、ビジネスローンの場合は、プライベートの資金対応ができる事がわかっています。その点では、ビジネスローンだけの申込をしておくことが、個人事業主としてはよりよいキャッシングができることになります。


個人事業主の借り入れ

不安定な収入はもちろんですが、きちんとした提出書類があれば、総量規制以上の借り入れが期待できます。カードローン、キャッシングでは年収3分の一範囲内になりますが、ビジネスローンでは総量規制は無関係です。

事業そのものがうまく行かないので資金調達。その中で、多少プライベートでも使いたい。帳簿上では当然内容が違うのですが、確定申告上、ビジネスローンの審査上では、借り入れができる事になるでしょう。

個人事業主のメリットとしては、オススメです。これと同じ事が言えるのが、個人事業主対応の法人のクレジットカードです。こちらも個人事業主対応になっていて、経費などの計算が楽になります。

銀行融資も対応

銀行融資もできる個人事業主の借り入れがあります。低金利であり、多少多額の借り入れができますが、審査基準は厳しいことと、審査時間は長いです。

その点、ノンバンクのビジネスローンでは即日融資対応だったり、インターネットだけで完結してしまう場合もあり、キャッシングの内容としては、大手消費者金融カードローン並です。ブラックリストの個人事業主は難しい審査というのは、ここも大手消費者金融も同様です。

ブラックリストの個人事業主の場合は、中小消費者金融などのビジネスローン。担保がある不動産担保ローンなどが良いでしょう。この場合、個人信用情報機関の金融事故があるとしても借りれる場合があります。