個人事業主 ローン 組めない


個人事業主の特異な存在とローン

個人事業主とは、事業を起こして生業としていて、かつ法人化していない人たちです。サラリーマンとは全く違います。

そんな個人事業主のローン

個人事業主がローンを組むというのは、プライベートのためのもの、事業のためのものがあります。サラリーマンの場合、ローンを組むというのはすべてプライベートのものです。法人の事業者に関しては、プライベートとビジネスのローンでは、その目的が違うでしょう。

ところが、個人事業主でも自身1人だけでも成立することであり、自宅を拠点とした場合、プライベートもビジネスも混同することも多いです。サラリーマン、法人事業者とは全く違うローン体系になっています。

個人事業主だけ特殊

それは、個人事業主としてカードローンの申し込みができる。ビジネスローンも申し込みができる点でしょう。サラリーマンはビジネスローンは無縁ですし、法人事業者の場合は、プライベートとビジネスでは、申し込みの時点では違うものになります。

ところが、個人事業主では混同される事業者ローンの申し込みが可能になります。しかし、肝心なこととしては、プライベートとビジネスの会計処理になります。

現在、信用できるものとして個人事業主が必ず行う確定申告書がすべてでしょう。それをもっとわかりやすく、会計処理が目に見えるのが青色申告決算書の存在です。法人事業者も同様ですが、個人事業主と名乗るのなら、プライベートとビジネスは書類上で区別しておくこと常識範囲内です。


そこで事業者ローンの存在

事業者ローンは、事業をしている方に向けたローンです。会社の事業資金として一般的なものは銀行融資です。最初に考える理由は、低金利だからです。ところが、銀行融資は審査も厳しいですから、ノンバンクは審査が緩いけれど、金利が高いという特徴があります。

銀行側では、個人事業主に対しては信用が薄いという点も否定ができないのですが、事業内容と返済能力などを加味した上で、保証会社の審査もあります。○○株式会社、事業の内容が見える中小企業などでは、借りやすいことが多いです。

しかしながら、個人事業主では、よほどの信用や決算内容で借りれない場合があります。審査基準としては、足元を見られることでは、個人事業主ローンそのものが厳しい内容になっています。

金利は高いがビジネスローンがオススメ

借入の額によりますが、返済可能であれば、ノンバンクのビジネスローンがオススメです。銀行融資で断られたときには、国の銀行である日本政策金融公庫での借入が良いでしょう。こちらも一般銀行よりは、審査が甘いとされていますが、しっかりとしてプロモーションが必要だとされています。


個人事業主の住宅ローンは組めないことはない

個人事業主は、ローンを組めないことが多いです。主に銀行商品などでは、個人事業主だけで審査落ちの場合があります。勤続年数2年以上で、安定した収入の正社員。この言葉があるときには、完全に個人事業主が含まれないからです。

きちんと仕事しているのに?

正社員の給与は、毎月もらえるものです。ですから、正社員の場合は、中小企業より大企業、民間よりも公的機関が勤務先の方が審査に通りやすい、ローンが組みやすいと言います。それが倒産リスクが低いからです。

普通のローンで正社員で安定収入というのは、退職しない限り収入が保証されていることです。個人事業主に関しては、安定感はゼロであり、不安定収入だと認識があります。そこで、最初から毎月安定した収入がないことで、審査対象者にもならないということです。


住宅ローンを組むためには

それでも成功している個人事業主も存在していることは確かです。商品選択が必要ですが、厳しい審査の住宅ローンなどは最初から申し込みができません。その一方で、一定条件で審査をすることで、組める住宅ローンももちろん存在しています。

決め手となるものは、確定申告書と今までの所得内容です。個人事業主は不安定と言いつつも、生活が成立していることでは、順調な事業をしている証拠です。まずはその書類が揃っていること。事業内容として、これからの収入の見込があるなどで、審査基準が低い住宅ローンでは、審査通過もあります。

杓子定規のフラット35

低金利で人気のフラット35では、個人事業主にも対応しています。他の住宅ローンと違うのは、年収、確定申告の内容などでの審査だけです。青色申告をしているとかそのような考慮はないのですが、個人事業主本人の信用情報と返済能力だけを確認をします。

2期分の確定申告書で順調な事業内容であり、申込者の信用情報で問題がないと審査に通る個人事業主も多いと言います。会社員同様の杓子定規の審査になっているため、申込者の信用情報内容を重視しただけの審査になると言います。

より信用を高めるためには

自己資金を多くしてから申し込みをすることです。個人事業主の住宅ローンを組むときには、できるだけ自己資金を用意することで、これまでの事業の順調さも強調することができます。

自己資金ゼロでは信用が低くなるというのですが、ローンを組める年齢を考慮しつつ、自己資金を貯めてからの申し込みがオススメです。開業間もないときにはNGです。せめて、順調な事業が続いているタイミングでの住宅ローン申し込みが良いでしょう。


個人事業主のローン成功術

個人事業主の収入は確定申告書の内容がすべてです。これが、各種ローンの審査の焦点はココです。会社員であれば、給与所得としてデータもわかりますが、定職している間は収入が安定していることになります。

個人事業主では、収入の安定がないことでは不安定な収入になります。また、個人事業主の特徴としても節税対策もしている場合もあります。

不安定な収入だけが仇ではない?

案外と不安なのが、節税対策の収入の少ない申告になります。600万円の収入の会社員と個人事業主の場合は、実質の所得が変わります。

個人事業主では、確定申告上で必要経費算入などで600万円の売上だとしても申告する収入は低くなってしまいます。会社員とは違うという点です。節税を行って、少ない収入を申告していることが、実際のローン審査では低い収入の点と個人事業主の不安定な収入の2つのデメリットが仇になってしまい、審査落ちしてしまうことが多いです。


保証会社も違う?

多額のローンの場合は、保証会社も審査が必要ですが、不安定な収入の個人事業主に対しては、保証会社と保証料も高くなってしまいます。

銀行側の金融機関では、個人事業主対応の住宅ローンもあります。そのときには、保証会社の対応、保証料も高くなってしまうことであり、信用情報で審査通過だとしても、この時点での差がつくことになります。これも、個人事業主なりの不安定収入が原因になっていることです。

ただし、個人事業主だからと断られる場合は商品によっては存在していますが、個人事業主でも組める住宅ローンもあることは確かです。何かと条件が悪くなったり、審査基準が上がることは仕方ないことです。

多額ローンの場合は

個人事業主が確実にローンを組めるためには、3年以上の経営をしていて、完全な黒字であることです。所得ではある程度の金額の申告がなくてはならないです。

計画的なローンの申し込みに関しては、個人事業主では何かと対策が必要です。どんなローンにも申し込みができないので、その点では個人事業主では最初からローンは厳しいというのが現状であり、審査基準が低い場合では審査に通ることになります。

フラット35などの個人事業主でも借入ができるローンもありますが、高い金利ですが、ノンバンクなども検討をすることです。甘い審査では高い金利になってしまうというのは、ローン、キャッシングでは常識範囲内です。

個人事業主ではどうしてもこうした現実に直面してしまうことが多いです。多額ローンでは計画的に検討されることです。


個人事業主の審査は確定申告の数字如何?

個人事業主の審査は厳しいと言います。不安定な収入がその理由ですが、組めるローンと組めないローンが存在しています。

個人事業主とは言え、生活が成立していることでは認められる収入です。世の中を見ると、個人事業主は社会の中で多く存在しています。近所の商店、個人経営の美容室なども個人事業主です。

住宅ローンも車ローンも組めている

個人事業主の場合は、ローン申し込みでは確定申告書と事業経験が必要です。会社員の申し込みと同様です。要するに、順調に収入が継続されていて、毎年申告をしている。借りたいローンの返済ができるのであれば、銀行側でも対応します。

そして、申込者の信用情報も確認をしますが、個人事業主でもカードローン、キャッシングも可能です。そうした審査対象者になることができるのは、個人事業主も同じです。開業間もない個人事業主ではローンは組めないですが。


個人事業主は最低3年以上継続していること

個人事業主の中には、従業員も存在していない1人だけの事業の場合もあります。会社ではなく、青色申告決算書では会計処理が正常に行っている証拠です。順調に事業を行っていることが必要です。

ただし、ビジネスローンなどでは、赤字決算などでも対応しますが、住宅ローンなどでは、赤字と個人信用情報機関の金融事故などは厳禁です。それは、誰もが同じ条件であり、会社員も審査落ちになります。不安定な収入だとしても、3年間の黒字決算があれば、大方の審査基準はクリアすることになります。

確定申告で必要なこと

確定申告上では、ローンの準備があるときには所得が多いほど良いでしょう。この言い方は、誤解されそうですが、個人事業主で節税をしている場合が多いでしょう。

個人事業主では、そうしたメリットを享受できるのですが、ローン審査では所得は高いほど有利です。これは所得によって借入金額が上下することになります。準備期間として、所得内容は気をつけることが必要でしょう。

個人事業主では計画的な所得のコントロールをすることです。審査基準が低いほど、高い審査通過率になりますが、そのときには高い金利になることは否定できないことです。

申込者の属性としては、個人事業主はなかなかと低いものであり、審査基準では厳しいのも現状です。ですから、個人事業主として成功していることを公表するのは、ローン申し込み前に高い所得が申告することが必要でしょう。

返済能力がなくては絶対に借入ができないローンです。会社員の属性よりも低いという点では仕方のないことです。節税のための所得コントロールは少しお休みしなくてはならないでしょう。


個人事業主のローンとクレジットカード

個人事業主のローンを有利に行うために、是非行ってほしいのがクレヒスの修行です。

クレヒスの修行って何?

クレジットカードのヒストリーの略がクレヒスになります。これは、クレジットカードをつかって返済を繰り返すことです。個人信用情報機関の情報では、クレジットカードを使うということは、信販会社からの信用があるからです。

ローンの審査では、個人信用情報機関の内容では、クレヒスは重視するといいます。たとえ小さな金額だとしても、借りたものに対して延滞遅滞もなく完済している姿が、信用に繋がります。住宅ローンや車ローンなどでは、多額の借入をするときには、過去のクレヒスが順調だと、信用が高くなると言います。

幸いにもクレジットカードの審査基準では各種ローンと比較して、甘い内容になっています。限度額も少ないことが要因ですが、できれば金融事故を起こさないというのが必要です。


個人事業主用の金融商品

個人事業主の属性では、カードローンもビジネスローンも使えるとのメリットがあります。

クレジットカードも個人事業主用が存在しています。できれば、普通のクレジットカードではなく、ビジネスで使用できるものがオススメです。このクレジットカードの利用では、多額ローンの審査は影響がないと言います。

もちろん完済ができていることが必要です。カードローンに関しても、個人での大手消費者金融やキャッシングでは、各種ローンの審査に影響があります。ただしビジネスローンの場合は、事業内容に関係して、それが審査のときに説明ができる内容であれば、審査に影響が出ないことがあります。

中小企業にしても銀行融資があるけれど、ローンを組めることがあります。ビジネスローンにしても同じことであり、きちんと返済ができることが証明されることが必要ですが。

さすがに額が多いことでは、審査に通らないのですが、クレジットカードの使い方は、個人事業主では上手に行うことがメリットになることが多いでしょう。意外なことですが、ここは大切なことなのです。

クレジットカードの審査基準もあまり気にしない?

クレジットカードでは、ビジネス用ではそれなりのランクがあります。審査基準の差ですが、開業などのタイミングでも確認されることになります。

甘い審査のクレジットカードなども紹介されていますが、金融事故がない時点での申し込みは絶対でしょう。ブラックリストではクレジットカードの申込は審査は難しいでしょう。

ネームバリューがあるクレジットカードとしても審査に通るものがあり、クレジットカード審査通過で返済順調であり、クレヒスを育てること。これもローンの審査には必要なことになります。