個人事業主お金を借りる方法



個人事業主が個人キャッシング検討するとき

個人事業主とは、雇用環境ではなく、自身で事業を起こして収入を得ている方たちを指します。法人設定をしていない場合であり、個人商店や在宅ワークなども個人事業主に入ります。

毎年確定申告によって、収入、税金の確立をしていると言えばわかりやすいでしょうか?個人事業主の規模はそれぞれです。

個人でお金を借りたい

個人で借金をしたいときには、カードローンなどがあります。

例えば、大手消費者金融では20歳以上で収入がある方を申し込み対象としています。この場合、個人事業主も対応しています。

個人事業主では、確定申告をしている風俗嬢なども入りますし、バイトを掛け持ちしているフリーターなども対象です。収入の安定していることを証明することで、審査に通ります。20歳以上収入がある点では、カードローンなどの申し込みができます。

各種ローンについて

住宅ローンなどは個人事業主は厳しいとされています。収入の安定さの証明ではカードローンとは違います。個人事業主対応の住宅ローンの検索が必要ですが、どこまでの収入の幅があります。

しかし、個人事業主といっても、年商1000万円という場合は、審査内容も変わってきます。長年商店を開業していて、安定した経営をしているなどです。こうした個人の借入やローンに関しては、個人事業主としての安定収入がバックボーンにあることで契約ができます。

中小企業ではなく、個人事業主としての特典を生かした経営をしている上でずっと安定して収入があることが必要でしょう。



銀行なら信用金庫

個人事業主や中小企業を対象としているのは信用金庫でしょう。運転資金や個人のローンにしても相談ができます。確定申告を毎年行うことで認められる個人事業主としての実績を確立していくことです。

1つ街をとっても、個人事業主はとても多いでしょう。商店だけではなく、個人事業主として所得を得ている方たちにとっては、不安定な仕事と取られがちですが、街を支えていることには違いないです。

弱い立場ですが、信用情報での金融事故がないとか、税金の納入をきちんとしている。確定申告を行って、しかも青色申告などでは信用も高いとされています。

カードローンで言えば

消費者金融より銀行カードローンのほうが金利設定は低いです。メインバンクがあれば、営業マンの紹介の申し込みでは成績にもなります。

運転資金だけではなく、カードローンもつくることで良い信頼関係が生まれることもありますが。消費者金融カードローンの前に検討されることをおすすめします。



0円申告でも融資は大丈夫?

個人事業主の中には、確定申告のときにいろいろと工夫している方もします。

工夫というのは節税です。経費を多くして、所得を少なく申告するというものです。

違反ではありません

書類が揃っているのなら違反ではなく、個人事業主としては正当法です。

ただし、融資の申し込みになるとどうでしょう?個人事業主としての事業は赤字ではありません。申告額として経費がとても多いので、儲けが少ないという申告です。それなら返済能力で疑わしいとなってしまうのは必至でしょう。

ただ、個人事業主として独立して数年であれば話し違います。個人事業主なりの設備投資をしたいので融資をしたいのであれば、今後の増益を期待して審査に通ることがあります。

ですが、長年少ない申告では、審査が難しくなってしまうのは確かです。0円申告だとしても審査に通ったという口コミはゼロではありません。一応所得が少ないとしても、審査には通るということです。

どこから借りる?

個人事業主が融資を受けたいときに、最適なのが日本政策金融公庫です。

日本政策金融公庫とは、政府系金融機関であり、貸付対象は中小企業と個人事業主です。創業資金の調達ができる金融機関であり、審査次第で個人事業主として独立したいときにも借入ができます。0円申告だとしても、その内容がきちんとしてあれば借りれることになります。



内容がきちんとしているとは?

抽象的に言い方ですが、個人事業主として○○をしている。または、しようと思っている。それに際しての事業計画書と返済計画書の提出です。

個人事業主として○○したいを基本的に応援するための金融機関です。よほどひどい内容ではない限り、借入のための審査をしてくれることになります。運転資金として必要なことは、○○だから借りたいという意思があることです。

とにかく審査を受けてみて

日本政策金融公庫の融資は対面で審査をします。必要書類だけではなく、熱く担当者に語ることも審査に通る秘訣だといいます。

特に、多額の貸付では、個人事業主では日本政策金融公庫しかないと言っても良いでしょう。民間金融機関と違い、国としての個人事業主応援としては、低金利の融資を受けられる機関です。個人事業主としては、最初に審査を受ける融資先として日本政策金融公庫が良いです。ここで融資を受けられると、その後の銀行融資などにも有利です。

政府系金融機関のメリットとしては、低金利の商品があるだけではなく、個人事業主対応は良いでしょう。審査が気になりますが、申告額が少ないとしても、これから大きなことをしたいという夢も叶えられることがあります。



日本政策金融公庫の敷居を低くする方法

日本政策金融公庫では個人事業主には、適切な融資をしています。

銀行では、メインバンクであるとしても、審査ではなかなか厳しい注文があります。日本政策金融公庫では、政府系の金融機関として民間銀行とは別の動きです。

審査は厳しいというけれど

厳しいと言うのは金融機関ですから、一定のラインがあります。俗にいうブラックリストの借入ですが、正直厳しいです。日本政策金融公庫の審査では、返済能力はしっかりと見ます。

そのときに、個人事業主が個人での信用情報にたくさんの金融事故があると、信用に欠けるのは当然でしょう。そこで、個人信用情報機関のブラックリストの最中では、日本政策金融公庫は困難だと思ってください。

カードローンの借入がある

個人事業主が個人でのカードローンの借入がある場合は、審査は通ります。ただし、延滞遅滞の金融事故がないことが必要です。

個人事業主がキャッシングをするときには、年収3分の一の範囲内の限度額になっています。そのときに、その範囲内で債務があるとしても、日本政策金融公庫の借入には基本的に関係ないとされています。

個人の債務では、金融事故がない程度であれば、毎月の返済がしてあることがわかれば借りれるようです。



もっと大切なこと

日本政策金融公庫の審査では、公共料金支払い、納税のチェックが厳しいです。

税金が未納である。公共料金領収書がない、支払いをしていない部分での審査落ちが存在しています。ここが政府系という点であり、納税もしていないし、公共料金もいい加減であれば、この手の貸付ができない場合があります。

極端な例ですが、カードローンで借りてでも納税をするという対応が必要かもしれません。ここは厳しくチェックされます。

審査は2週間

日本政策金融公庫の審査は2週間ほどかかります。直接面談であり、個人事業主のことを詳細に語り、必要書類以上にプレゼンテーションとして借りたらこうなるという事業計画書をしっかり作ることです。

運転資金として使徒目的がはっきりしていて、返済見込みの資料を作ること。個人事業主としては、この方法での融資獲得が理想です。

銀行の融資と比較しても、金額も金利も同様です。銀行より個人事業主に対しての借入ハードルと低いとされています。もし、初めての個人事業主の融資では、日本政策金融公庫が理想です。

確定申告をしっかりとしている。税金も公共料金も支払いをしている。個人とキャッシングなどはしているけれど、ブラックリストではない点で、一応借りれるのではないか?ということですが。

事業計画書は、詳細ほど審査通過の可能性が高いといいます。事業計画書の書き方アドバイスしているサイトもあるくらいです。



信用保証協会の保証付き融資について

個人事業主も信用保証協会の保証付き融資の申し込みができます。信用保証協会とは、銀行と個人事業主の間に入る機関で、返済ができないときに肩代わりをする公的保証人の存在です。

銀行からお金を借りる

銀行から直で融資してもらうのは、プロパー融資と言います。

既にメインバンクとしているとか、取引もあることでは、銀行としても融資申込対応はあります。しかし、初めての融資の場合は、信用保証協会が入ることで借りやすくなります。借入額も大きくできるなどのメリットは大きいです。

自治体も巻き込む

自治体のあっせん書が必要であり、信用保証協会との面談で話しが進みます。個人事業主としての経営内容が聞かれることになりますが、普通の審査のような形です。

信用保証協会では、中小企業、個人事業主の事業内容と代表者の個人信用情報などでの審査をし、事業現場の見学などで審査が決まると言います。金融機関の審査を2回受けるということですが、自治体も巻き込むことで、徹底的に審査して、返済ができないとしても返済不要というありがたい融資です。

銀行としても、信用保証協会の保証付き融資であれば貸付条件もよくなります。



プロパー融資よりも良いけれど

こうしたメリットが大きい信用保証協会の保証付き融資ですが、時間が掛かります。

ただ、この保証付きでは個人事業主としても信用が高くなります。多分、プロパー融資では嫌がる銀行が多いでしょう。信用保証協会の保証は是非検討してください。

お住まいの銀行では、自治体対応の保証付き融資をしていることを確認してください。個人事業主対応の信用金庫などでは、保証付き融資が多いと言います。

信用金庫には相談を

個人事業主のメインバンクでは、信用金庫が多いでしょう。銀行融資では事業の規模にもよりますが、信用金庫が多いでしょう。自治体のあっせん書という対応では、地域に根ざした存在であることも必要です。

この銀行融資では、個人事業主として選択肢としては大きいでしょう。保証人も不要であり、担保も要りません。ただし、保証料の支払いが必要であり、金額はそれぞれです。費用がかかる融資ですが、個人事業主としてより銀行の借入しやすいものとして対応していることになります。

ちなみに、ブラックリスト、金融事故がある場合は、到底審査は落ちます。プロパー融資同様に金融機関の融資では簡単ではないということです。

信用保証協会に関しては、各支店が全国にありますが、信用金庫などでの問い合わせしてから検討してください。



個人事業主にはノンバンクのビジネスローンも便利

個人事業主が事業資金として借りたい時に、ビジネスローンの選択も可能です。

個人事業主では、社員もなく1人で行っている方もいます。その際に、ビジネスローンでは事業のために運転資金も借入が可能です。カードローンの申し込みもできますが、こちらで事業資金として使用することは禁止されています。

事業性資金の利用ができない

カードローンの説明では、小さくこうした記述があります。注意書きですが、カードローンではあくまでもプライベートにしか使えません。カードローンで借入して、事業性資金として使用することはしないことです。

事業性資金として借りたい時には、ビジネスローンの申し込みができます。個人事業主として事業実績がある、必要書類があれば対応しています。

同じ消費者金融系

消費者金融系のビジネスローンでは、カードローン型のものがあります。カードローンとして借入と同じですが、ビジネスローンではプライベートでも利用ができます。しかも、金利もほぼ同じです。

ビジネスローンでは、事業性資金の利用ができることでは、総量規制以上の借入ができます。ですから、大手消費者金融でのカードローンの申し込みしたい方は、ビジネスローンがお得ということになります。

運転資金としても借入ができるのですが、金利が高いことを認識した上でキャッシングなどをするのなら、ビジネスローンだけでも良いとも言えます。正確には、プライベートにはカードローン、事業性資金としてはビジネスローンという使い分けもおすすめですが。

間違ってはならないのが、カードローンでの事業資金として使ってしまうことです。



ノンバンクのビジネスローン

カードローン型、即日融資ができる。しかし、高い金利になってしまうというのがノンバンクのビジネスローンです。200万円程度まで借りれるのですが、少ない金額で確定申告してしまった個人事業主では、ビジネスローンで総量規制以上の借入がメリットになります。

事業性資金としては、日本政策金融公庫の金融機関の融資がベストです。こちらでは、審査はとても厳しいのですが、低金利の融資です。申告額が少ないとしても、個人事業主の信用情報が良いのなら金融機関の融資が良いでしょう。

1枚あると便利

カードローン型のビジネスローンは、個人事業主は1枚あると便利です。高い金利ですが、すぐに返済ができるのなら大した金利にならないでしょう。

この支払いをしたい。すぐに返済ができるのに。ビジネスローンでは、即日融資対応なので銀行融資では低金利ですが、すぐに審査完了しない点ではデメリットです。

ノンバンクのビジネスローンでは使いすぎに要注意ですが、ATMでの出し入れ自由というのが嬉しいことです。