コロナ運転資金 借りられない


日本政策金融公庫の特別貸付と言うけれど

事業資金については、コロナの影響であちこち駆けずり回っている方も多いことでしょう。既に5月ですが、営業持続を諦めた方もいます。

そんなに甘くない

3月の時点で、コロナで業況が悪化した企業に対して、日本政策金融公庫の特別貸付の発表がありました。中小企業、個人事業主を対象にコロナで減収した場合に、普段より甘い審査で借りれるとのこと。朗報ですが、審査はあります。

お気軽な方たちでは誰でも借りれると思っている方もいますが、そんなことはない。借りれない方も存在しています。

日本政策金融公庫の審査落ちとは?

平時でも事業資金の融資をしています。ブラックリストは借りれないというだけではなく、回復したときの事業計画書などのアピールが必要です。政府系の金融機関ですから、納税していないことで借りれない。公共料金の滞納などもNGです。

そして、このコロナの特別貸付でも同様の対応です。減収で納税ができないから、公共料金の支払もできない。そんな状態での日本政策金融公庫の申し込みでは審査落ちになると言います。

売上が落ちた証拠があれば良い。そんなことだけでは簡単に運転資金の借入ができない現実があります。


原則対面審査

審査では、必ず1回は担当者と話しをします。当然国内の事業者が殺到することで、すぐに予約が入ったといいます。そして、面談日から融資までは随分時間がかかるということに。4月の頭に面談したけれど、まだ入金がないという場合も。

運転資金の借入ができるけれど、祖のタイミングではとても遅いという口コミも多いでしょう。事業者として、借りれたとしても、時を失する。そうしたら、融資は無駄になってしまう場合もあります。

確か、コロナ騒ぎは2月あたりからモヤモヤとしていましたよね?事業がこんなに悪化してしまうのは、そのあたりからです。

日本政策金融公庫の言い訳

それでも審査基準も低くしていますし、審査も簡素化しています。

国として、最初の事業融資として対応していますが、はっきりいいましょう。機能不全であり、審査落ちしてしまうという実態で言うと、なんとも言えない状態です。

ということで、満を持して借りてくださいというのは誰でも言えますが、実際には日本政策金融公庫の運転資金の借入ができない人はしっかりと存在しています。これが現実であり、全国の中小企業も個人事業主も困っている方もいます。

審査って、なしにしてくれれば良いのにというのが本音です。5年間据え置きで無利子の融資という点では美味しすぎる内容ですが。


信用保証付きの融資といっても

コロナの影響があり、運転資金を借りたい。

日本政策金融公庫とは別に民間銀行で取り扱うのはセーフティネット保証です。信用保証協会の保証が受けられるという融資です。信用保証料もゼロになるのですが、簡単ではないようです。

過去に経験があるのなら

平時の時の信用保証付き融資では、とにかく審査が厳しいです。中小企業も個人事業主も頼りになる融資であり、返済不能な時には信用保証協会で弁済という内容です。銀行としてもその保証があることが大きいのですが、あれこれと審査があります。

今回は、コロナの影響での業況改善であり、審査内容は甘くなっているというのです。しかし、この審査は時間もかかるし、なんと審査落ちが続出ということも。

理由はいろいろ

事業としてしっかりとしていることが条件です。中小企業などでも経理がずさんであったり、こうした申請に際しての書類提出がうまく行かないことで借入ができないことがあります。

実際には、返済見込みがないと審査落ちという現実ですが、政府に言いたいのは、もう少し審査基準を下げてほしいでしょう。


コロナ以前の状態

コロナの影響では、最低限の業況になってしまった企業も多いです。コロナ以前からもあまり業況が良くない時には、コロナでロックダウンという状態です。

日本政策金融公庫にしても、信用保証協会にしてもコロナで一時的に業況悪化というのが条件です。そこで、審査で足元をみられることで借りれない場合があります。

銀行はやはり敷居が高い

美味しい話しとしては、直近で信用保証の融資を受けたとしても借りれると言います。そんなことはなかなか厳しいことで、債務超過になっている時には、当然審査は通らないと言う内容です。

そんなに銀行融資は甘くなく、コロナでやばいからと銀行が良い顔はしないということです。

信用金庫の営業マン

今回、早くに信用保証協会の内容説明に営業マンが来たという中小企業も多いです。そうした対応をしてくれるのは嬉しいですが、貸してあげますではなく、申し込みしてみましょうということです。

そして、たとえ無利子だとしても返済しなくてはならない今回のコロナ融資。ここで借りれないとしたら、別の方法の模索よりも長期計画の立て直しなども必要な企業もあることでしょう。過去にリーマン・ショックでやられた、その前のバブルでやられたという方も多いです。

そして、今回のコロナですが、融資が受けられないのなら、ここは倒産しかない?という現実もあると言います。実際に4月の時点で既に倒産件数は100を越えています。単純にコロナの影響ということで、この数字です。


思ってた以上にコロナ融資は厳しい 

コロナに関する融資制度では、日本政策金融公庫、信用保証協会のセーフティネット保証など、特例での融資が公開されています。融資審査はより柔軟です。

要するに、コロナ

コロナがなければそれなりに売上がある。時期としては、春休み、ゴールデンウィークという時期であり、観光関連事業では売上が多い時です。

また、テレワークになってしまったことでは、オフィス街の店は全滅でしょう。現在は、住宅街のスーパーなどが大盛況ですがそのほかでは、大きく減収しています。

従業員のことは

雇用助成金ですが、使えないと不評です。アルバイトやパートにも対応拡充したというのですが、申請書類がとにかく多いのと、とても少ない。手出しの資金もあり、第一まだ形になっていないという状態です。

この雇用助成金が出るまでのつなぎ資金も必要、運転資金の借入がとにかく多くなってしまうということです。

従業員がいる中小企業、個人事業主ではとても大変な思いをしています。コロナの影響では、こうした隅々の企業も大きな痛手となっています。融資はありますが、はっきり言って借りても借りても追いつかないケースも多いです。


借りられるだけ良いわけではない

この日本政策金融公庫も借りれたけれど、据置期間もあるけれどというのですが、借金です。

今回のコロナの影響では、自身が営業失敗したものではありません。国で営業を止められたことが原因です。ということは、モノを買うな、作るなということの痛手です。

現金給付だったり、補助金などは話しばかりで今でも手にはできない。それなら、無利子だから借りてくださいという国の対応では、不満も多いです。

休業補償はあるけれど

一部では休業補償はあります。それは焼け石の水の場合もありますが、ないよりはマシです。

運転資金の借入ができたとしたら良いのですが、ほぼお見舞金程度であり、借りたとしても返済があります。コロナが終息して、モノも作れる、売れるということが保証されたら良いのですが。せめて、返済に余裕がある措置は必要でしょう。

とにかく借りれるものは借りる

日本政策金融公庫、信用保証協会の借入とともに、持続化給付金もあります。

まずは、いつまで持つのかということを計算した上で、借りれるものには片っ端から申し込みをすることです。

返済のことは考えない。とにかくコロナの終息だというのは乱暴でしょうか?80%の自粛というのは、事業者にとっては地獄の声です。その実感は、倒産件数の増加で分かることでしょう。


結局は審査の世界 

中小企業、個人事業主対応の日本政策金融公庫では、コロナによる業況悪化の場合は、特別貸付を行っています。

審査は柔軟

実は日本政策金融公庫の審査基準はいろいろです。実際には、借りれなかったという方の中には、ブラックリストではない方もいます。

日本政策金融公庫の審査基準では、申込者がブラックリストでは借りれないかもしれないというのは口コミでは多いものです。

しかし、今回のコロナの特別貸付では柔軟審査になっていることでは、借りれたとの報告はあるくらいです。では、ブラックリストではないのに審査落ちなのでしょうか?

返済能力が認められない

日本政策金融公庫は政府系の金融機関です。銀行とは違い、中小企業や個人事業主の事業応援をしていますし、今回のコロナ特別貸付では、かなり柔軟対応です。

ただし、コロナの影響だけではなく、事業の回転がうまくない。要するに、営業実態の部分で、コロナ関係なく返済が困難と判断されると難しいです。

創業したばかりとか、実態が把握できない。借入希望額がとても大きい。支払いをしていないのが、個人信用情報機関内容ばかりではなく、公共料金や納税もしていない。提出書類に大きな不備があるなどです。

要するに、営業はしているものの、とても返済が見込めないという場合では、ブラックリスト以外でも借入ができないといいます。コロナでとても売上が下がった。それがなくてもとても返済は無理、という場合は、運転資金の借入ができないということです。


なんとなくそんな感じはしなかった

国では、営業のために借りてくださいとの啓発はしているのですが、審査があるなんてと思っている方も多いでしょう。

もっと厳しいのが、信用保証協会のセーフティネット保証です。こちらも返済能力がない申込者に対しては、借入ができない仕組みになっています。せめて、全国民に支払いができる10万円でなんとかしてという具合です。

事業者にすべて日本政策金融公庫の特別貸付が受けられるものではない。そんなことは知らなかった方も多いようです。

今申し込みしても

随分と時間がかかります。もし、上記の状態であれば、運転資金の借入ができない可能性がとても大きいです。

全国の中小企業、個人事業主のすべてを救うというものではありません。しっかりと審査がある政府系の金融機関であり、審査落ちの報告も多数寄せられています。それが融資の現実であり、金融機関の審査は厳しいと言うのが実感です。

銀行にしても同様の対応であり、塩対応の前ではどうしても資金調達ができない事業者も存在しています。


ノンバンクのビジネスローンの選択

事業者の多くが、コロナの影響で減益になっている。そこで融資の検討です。

日本政策金融公庫、銀行では特別貸付をしています。申し込みは早くに行うことですが、審査があるようです。

ノンバンクのおすすめはしない

日本政策金融公庫も銀行も今回の融資では、実質ゼロ金利です。他に市町村単位でも融資制度を創設しています。こちらも金融機関を通じてのことで、金利がありません。

普段でも運転資金としては銀行融資は低金利です、しかし、審査が厳しいです。そして、コロナ融資にしても最低限の審査がありますので、借りれない方も当然います。

そこで、ノンバンクのビジネスローンなら借りれる可能性が高いのですが、おすすめできない点では、金利が通常である。カードローン並の高い金利でなら貸すというのですが。

経営と返済のバランス

それでも、今運転資金がなければ倒産してしまうという場合は、ノンバンクのビジネスローンも一つの提案です。どうしても、ここは難しい選択ですが、これからのことも考慮しての対応を考えてください。


国の政策として

中小企業、個人事業主に対して持続化給付金があります。こちらはコロナ融資ではなく、単純に昨年の同月と売上の比較をして、減収している場合に支給されるものです。

中小企業で200万円、個人事業主で100万円です。5月以降の支給になりますが、この金額でなんとか今の運転資金がうまく行くのなら、ノンバンクのビジネスローンの借入もあり、でしょう。ビジネスローンではすぐに完済してしまうことで、金利が少なく済むことがあります。

持続化給付金については、やっと申請方法が紹介された段階ですが、減収した証拠があれば有効です。この金額程度の運転資金であれば、借りないでという方法もあります。それまで日本政策金融公庫の融資がNGだった方では、もう少し待つということも必要です。

もし、その持続化給付金での信用情報が回復して、改めて申し込みして、審査通過という話しもあります。方法はいろいろありますが、今の資金調達としてファクタリングなどもあります。様々な運転資金の方法がありますが、とにかくできること、借りれるかも?返済見込みがあるものに申し込みをするのも一つの手段です。

ビジネスローンに関しては、今の状況を話しをする。持続化給付金までのつなぎ資金として借りるなどの相談も兼ねて話しをしてみるのもありです。

事業者としては、今の乗り切りで、緊急事態宣言解除で、なんとか売上が回復をするのなら、正念場でしょう。信用情報の理由でコロナ融資がダメだとしても方法はあります。

とにかく頑張って

今、事業展開が大きく影を落としている方。日本政策金融公庫、信用保証協会の保証を受けられなかった方もいます。

ただ、それだけではなく、とにかく今の自体打開のためにできることを考えてみましょう。ノンバンクビジネスローンにしても、返済見込みがあるのなら一つの手段です。