つなぎ資金多重債務


個人事業主の事業資金の調達方法について

事業資金の借入では、カードローンなどの個人の借入での利用はできません。そこでカードローンで事業資金と言えば、個人事業主に対する内容になります。

個人事業主とカードローン

個人事業主は、プライベートの資金調達としてカードローンの申し込みが可能です。そこには事業資金に使用は禁止とされています。会社員などでは無関係のことですが、簡単に申し込みができるカードローンでは、つい個人事業主は事業資金として使用することがあるでしょう。原則的にはできないことです。

個人事業主でも事業資金としては、カードローンではなくビジネスローンの審査を受けることができます。金融機関の融資、日本政策金融公庫の借入もできますので、ここはきちんと区別することが理想です。

ちなみに、消費者金融の一部では個人事業主が申し込みができない審査もあります。毎月安定した収入を見込まれない個人事業主では、何かと審査が厳しいことになります。


事業資金とビジネスローン

個人事業主では、事業内容があり毎年確定申告をしています。
それが、カードローンでは収入だけを審査対象になりますが、ビジネスローンでは事業内容と今後の見通しまでの審査内容になります。担保も不要のビジネスローンもあります。

個人事業主としては、このビジネスローンの利用としては、敬遠したい部分として高い金利であることがあります。ビジネスローンはカードローン同等の高金利であり、事業資金としてまとまった資金調達は返済負担が大きくなってしまいます。

最初は金融機関の融資

個人事業主だとしても低金利の金融機関融資がオススメです。審査次第ですが、銀行や日本政策金融公庫の個人事業主対象の融資に申し込みをすることです。金融機関の審査では、厳しいだけではなく審査時間が長くなってしまいます。

そこで、つなぎ資金としてのビジネスローンの利用がオススメです。ただし、銀行融資の可能性が低い場合は、ビジネスローンの高金利の返済負担があります、特に、個人事業主が多重債務者だったり、個人信用情報機関の内容で金融事故がある場合は、銀行融資はもちろんですが、ビジネスローンの審査も危ないことがあります。

もともと銀行融資は個人事業主には対応が冷たいこともあります。個人信用情報機関の内容では思わしくない金融事故があるとしたら、審査通過が困難でしょう。

最初からのビジネスローンの申し込みだったり、不動産担保ローンやファクタリングなどでの別の資金調達方法も確認が必要です。サイトでは、資金調達プロなどでは、多種類の事業資金の調達方法を紹介しています。


個人事業主の多重債務では、審査は通らない?

個人事業主に関しては、ビジネスローンでは申込者の個人信用情報機関の内容が審査のポイントになります。銀行融資ではより厳密であり、ともに個人信用情報機関で金融事故があることでは審査に通らないでしょう。

ビジネスローンでつなぎ融資

個人事業主の資金調達方法では、銀行融資や日本政策金融公庫の借入ができます。審査は厳しいのですが、低金利の融資であり、この資金調達が妥当です。ところが、審査も不安ですが、時間がかかる審査内容です。なかなか結果がでないことであり資金調達が不安です。

そこで、ノンバンクのビジネスローンでつなぎ資金を借りることが多いでしょう。ビジネスローンでは高い金利ですが、審査は甘めです。銀行融資がOKなら、そのまま一括返済してしまえば、高い金利も気にならないことになります。要するに、ビジネスローンは一時的な借入になります。


個人信用情報機関の内容

審査では、特にビジネスローンでは個人信用情報機関を重視します。初めてのビジネスローンの申込だとしても、申込者のプライベートの信用情報で多重債務者、債務整理者などでは、審査に通らないことになります。このときは、債務整理以外の多重債務のときには、返済能力が問われることになります。

個人事業主がカードローンやキャッシングの借入では、総量規制が関係します。ビジネスローンでは総量規制対象外になります。カードローンとビジネスローンの関係では、総量規制の扱いが違います。そこで、すでに多重債務であるときには、ビジネスローンの審査が難しくなることがあります。

ビジネスローンは総量規制そのものは無関係だとしても、返済能力が危ぶまれる多重債務者の場合は借入ができないことがあります。要するに、つなぎ資金としてビジネスローンの申込のときには、多重債務は解消しておくことが必要でしょう。

多重債務者なら銀行融資も難しい

銀行融資や日本政策金融公庫の審査では、個人事業主が多重債務であること、そのものも審査通過ができない可能性があります。

いくら事業上赤字がないとしても、申込者の個人事業主そのものが、多重債務者の個人信用情報機関の内容であれば、銀行の審査ではうまくいかないことが多いです。そこで、多重債務者で銀行融資などの申込そのものを検討を見直すことが必要になるでしょう。

貸金業者のビジネスローンでも、個人信用情報機関が重視です。事業が赤字だとしても、金融事故がない申込者であれば、借りれることが多いです。ですから、多重債務者のつなぎ資金ということになると、返済リスクが高くなってしまうというのは仕方のないことでしょう。


多重債務者でもビジネスローンだけが借りれるかも?

個人のカードローンやキャッシングで、消費者金融ではノンバンクと言われるものです。事業資金調達でも、ノンバンクは審査が甘く借りれる個人事業主は多いです。かえって、銀行融資では難しい審査だとしても、ノンバンクの方が借りれるとも言われています。

金利は高い

個人で言うと、銀行カードローンより大手消費者金融カードローンの方が低金利であり、限度額も大きいでしょう。それはノンバンクの審査基準が甘い点も指摘されることですが、金利面ではカードローン程度では大差はありません。ところが、事業資金では額も大きいことでは、審査もより厳しい内容になります。

個人事業主が借りれるビジネスローンでは、300万円、500万円程度でしょう。規模が小さな個人事業主では十分な数字ですが、金利が加わった返済では低金利が良いでしょう。

銀行の融資申込先として

個人事業主では、大手ではなく、信用金庫などが近い存在です。自治体などでは補助金などもありますから活用すると良いのですが、銀行融資の特徴として審査時間が長いことがあります。

そこで、ビジネスローンでのつなぎ資金融資を受けるのは一つの手です。最初からビジネスローンだけではなく、銀行融資からのビジネスローンの利用が一般的です。銀行融資の審査に通る方は、たいていビジネスローンの審査も通ることになります。


個人信用情報機関の内容

審査では、事業の決算書だけではなく、個人事業主の個人信用情報機関の内容が大きなポイントになります。

そこで、すでに多重債務者になっていたり、金融事故があるときには、ビジネスローンの審査が危ないでしょう。そのときには銀行融資も審査通過ができないことがあります。少なくとも、ビジネスローンは借りれるけれどということです。

ただし、ここが個人のキャッシングと違うのは、多重債務者では個人の債務であり、借りたいのは事業資金の点です。そこで、将来の増益を見込んだ場合は、一応相談はしてみることです。

ブラックリストでも大丈夫?

口コミでは、多重債務のブラックリストの場合、返済見込みが担当者に納得できる数字であれば、審査に通る場合があると言います。

このときには銀行融資は無理なことですが、せめてビジネスローンでの資金調達ができるかも?との観測があります。内容にもよるのですが、個人事業主にとっては、つなぎ資金のためのビジネスローンのはずが、それすらも審査が危ないのは危機的状態です。

それでも多重債務者であれば、審査の通るかどうかはイマイチ危ない橋をしばらくわたることになります。せめて返済を多くして、金額だけでも減らしていくことが理想なのですが。個人信用情報機関の内容では、プライベート資金ですから。


多重債務がネックで借りれない 不動産担保ローンの可能性

理想的な事業資金の調達では、低金利の銀行融資か日本政策金融公庫の借入でしょう。現在、個人事業主でも書類が揃うことで、時間がかかりますが銀行融資の対象になっています。しかし、今資金が必要なときには多少金利が高くなりますが、ビジネスローンがあると便利です。

ビジネスローンの台頭

最近では、ローンカード型のビジネスローンも存在しています。ATMで簡単に引き出すことができるビジネスローンでは、大手消費者金融カードローン感覚で利用ができます。

これは、事業開業したときにすぐに契約しておくことをオススメします。同時に法人用クレジットカードも持っておくことで、ビジネスシーンに役立つことが多いです。

最近では、個人事業主の個人信用情報機関の内容だけで契約可能なビジネスローンもあり、新規開業ばかりでもビジネスローンの契約もできます。2つともに個人対象ではないため、総量規制対象外の扱いです。特に、銀行融資を検討されている方のつなぎ資金借入の場合、ビジネスローンは役立ちます。


すぐに完済

ビジネスローンは高い金利ですが、すぐに完済ができる、商品によっては無利息期間サービスがあるものもあります。これは絶対に利用価値が大きいものであり、決まった期間の返済金利ゼロが約束されています。そうしたビジネスローンの使い方なら、金利も気にならないでしょう。問題は審査ですが、銀行融資よりは甘いでしょう。

銀行とノンバンクの違いは大きいですが、金利差は審査の柔軟さと比例することになります。金利に関しては、返済を短縮したり、繰り上げ返済、途中返済などで対応できます。問題としては、銀行融資ができなかったときには、そのまま高い金利で返済していくことになりますが。

多重債務者だけど借りれる?

この多重債務の内容がすでに他のビジネスローンでは難しいでしょう。銀行融資では相手にならないことですが、ビジネスローンの多重債務というのはなかなか審査は通らないことになります。

金融業者によっては、ビジネスローンの借入ができないときには、担保提での不動産担保ローンなどで資金提供があることも考えられます。そのときに、先に不動産担保ローンで債務を小さくしてから、新たなビジネスローンの申込も可能です。

ビジネスローンの業界においては、ノンバンクでは業績についてのアドバイスをするところもあります。個人事業主でなかなかうまく行かな場合などは、最初から相談ありき、不動産担保ローンありきの資金調達の可能性も検討して下さい。不動産担保ローンに関しては、親名義でも借りれる場合があります。


借りるだけがつなぎ資金調達ではない?

個人事業主では資金調達の方法として、日本政策金融公庫に相談されると良いでしょう。しかし、本人が多重債務者である時には、金融機関である日本政策金融公庫では審査が通らないことがあります。2週間以上かかる審査では、その動向が気になります。

経営状態改善の見通し

事業資金の目的は、経営をうまくいくためのもので、増益です。もし、今資金投入で、仕事量が変わることで、事業がうまく回ることを期待します。計画性も大切ですが、ビジネスローンではそうした事業計画がしっかり立てられるかも審査の焦点です。

そこで、個人事業主本人が多重債務者だとしても、事業資金には影響しない程度であれば、ビジネスローンは別口での審査内容になることがあります。

経営がうまくいくために今は赤字だけど資金調達したい。その本人が多重債務だとしても、計画がうまく行くことで、全て改善することもあります。審査次第ですが、ノンバンクでは比較的柔軟対応が期待できることでしょう。

多重債務も最悪の場合

はっきり言って、ブラックリストになっている内容で、延滞遅滞である、債務整理中などでは、ビジネスローンもつなぎ資金として借入ができないことがあります。

そんなときには、資金ショート直前である場合、借りる形としてはローンではないファクタリングがあります。ここで、不動産担保ローンでも良いでしょう。ともに、ブラックリストでも借入ができるものであり、不動産担保ローンでは親名義でも対応しています。ただし、このときには親が連帯保証人にならなくてはならないでしょう。

ファクタリングに関しては、売掛債権がある場合、その現金化ができます。来月入金予定の売掛債権があれば、手数料を差し引いた現金にすることができます。審査も不要であり、手数料は最大でも20%程度です。入金予定が早まるだけで、多重債務の完済につかっても大丈夫です。

これは、個人信用情報機関の健全化を行うもので、多重債務解決での銀行融資、ビジネスローンの申込が可能になります。取引先にバレずに現金化ができることもありますので、取引上の問題はないでしょう。

ファクタリングでは、一時的なつなぎ資金としては最適です。ただし、本来の入金される支払いはすべてファクタリング業者に一括支払いになります。このことを同意した上で、ブラックリストでも資金調達ができることになります。多重債務の一部返済に充てて、ビジネスローン審査通過をしたという口コミもありますが、とにかく現金入手の一方法としてはオススメです。