個人事業主 銀行融資の条件


日本政策金融公庫で借りれるメリット 

個人事業主が事業資金として融資がほしいとき、銀行融資を検討されることが多いでしょう。事業拡大のためだけではなく、新規のときにも初期費用として借りたい場合があります。

個人事業主、中小企業等に優遇な融資と言えば、日本政策金融公庫になります。

日本政策金融公庫の融資

日本政策金融公庫は100%出資している政府系銀行です。中小企業を中心に個人事業主にも積極的に融資をしています。融資制度もいろいろと提供していますので、最初に検討されると良いでしょう。

個人事業主にとっては、銀行の融資は敷居が高いようです。大手銀行等は相手にされないのですが、日本政策金融公庫の場合は、個人事業主にとっては借りやすい融資です。

借りやすいけれど

一応返済能力が必要であり、事業計画書なども数字等がきちんとしている事が必要です。これが、内容もなく、個人事業主として仕事をしたいから、新規開業、途中の事業資金調達としても、計画書が詳細に表現することが必要です。


低金利

銀行融資は基本的に低金利です。日本政策金融公庫も政府系銀行であることでは、商品全てが低金利です。

担保も必要ない融資がありますが、担保があれば、保証人がいるのなら、有利な金利になる商品も豊富です。民間銀行以下の融資もありますので、利用しない手はありません。

計画書がある個人事業主の融資申し込みでは、審査通過次第で、低金利で長期の返済対応になっています。新規開業の資金融資もできますが、計画書ではプレゼンテーションばりの派手な資料を作成する事をオススメします。

パソコンの購入費用を借りた

個人事業主として、パソコンだけを用いて仕事をしている方の体験談です。ある時、パソコンの費用の捻出で、日本政策金融公庫の融資を利用した方がいます。

SOHOでの業務であり、各社から委託でのパソコン業務をしている方が、膨大な提出資料がありましたが、無事に20万円の融資を受けたと言います。金利が1.9%。クレジットカード等で購入もできたと言いますが、この低金利が魅力だといいます。

日本政策金融公庫が個人事業主に融資をしている参考記事を確認して申し込みしてみたようです。見事、融資を獲得したというのですが、審査時間は長かったと言います。それでも、SOHOの個人事業主でも日本政策金融公庫ではきちんと融資してくれる事が口コミでありました。

融資では、なんと言っても低金利であることが必要です。それが、日本政策金融公庫の融資では、審査次第で個人事業主でも借入ができるという証明になります。


日本政策金融公庫にもあるデメリット 

個人事業主は、日本政策金融公庫からの融資を受ける事ができます。低金利の融資になりますが、中小企業や個人事業主の味方であり、大企業だけ借りられないという銀行です。

低金利の融資

低金利の融資では、個人事業主にはぜひ検討してほしいのですが、当然審査があります。政府系銀行だとしても返済能力がなければ借りれないでしょう。そのときに、その内容を確認するためにはたくさんの書類があります。

他の銀行融資と比較して、書類がとても多いです。1つでも欠けると審査が進まないのですが、いちいち収集する事は大変でしょう。

それと、提出しなければならない書類の他に、自身で作る業務内容とこれからの展望のプレゼンテーションの書類があると審査が有利になります。このことは、今まで融資を受けた方がよく言われることです。

それがデメリット

実は、日本政策金融公庫の融資のデメリットとして挙げられます。そんな書類はできないとか、提出が難しいということです。

そのほか、日本政策金融公庫の審査時間が1ヶ月程度かかることはザラです。1ヶ月もかかってしまうときには、業務に支障が出てしまう。すぐに資金調達したい方には不利になります。

銀行では数週間、ノンバンクであれば即日融資ができる商品もあります。そこまでして日本政策金融公庫の融資が良いのか?と妥協してしまう方も多いです。


保証人が必要

日本政策金融公庫の融資では、一部を除き保証人が必要です。この時点で低金利だけど躊躇してしまう場合が多いです。

インターネットで簡単に融資ができないだけではなく、書類も多く保証人も必要?面倒な審査で1ヶ月もかかってしまうのなら、運転資金は難しいと思う方もいます。また、返済能力の高さを図る上で、自己資金の多さが融資審査の合否に比例することも多いです。

借り換えができない

日本政策金融公庫の融資はもともとが低金利です。しかし、それよりも良い融資があり借り換えしたいときにはNGです。最もこのようなことはできないですが。

一度借りたとしたら、完済が原則です。そして、担保での返済も禁止であり、あくまでも日本政策金融公庫では融資を提供して、業績を上げたお金での返済が大原則です。要するに、日本政策金融公庫では低金利の融資ができますが、何かと制約がたくさんあります。

個人信用情報機関の審査

審査の基本である個人信用情報機関で、金融事故がある経営者は絶対に審査落ちです。

個人事業主でも借りれる日本政策金融公庫では、最低限ブラックリストでは融資は絶対に無理です。少なくとも個人信用情報機関の内容では、金融事故がゼロであることが必要です。


信用金庫では借りやすいらしい

個人事業主にとっては、その地域を営業している信用金庫の融資が借りやすいとされています。信用金庫は、一地域だけの営業をしていることでは、主に中小企業、個人事業主に対しての融資は積極的です。

信用金庫の融資

銀行融資の形としては、個人事業主の運転資金、設備投資等の提供としてはオススメの商品です。信用金庫としても融資をすることでは、営業にも大切なことです。

すでに事業資金のための商品もありますが、信用金庫であれば、事業や地域の状況をある程度把握しています。地元に根ざした営業であれば、個人事業主としては口座あり、取引もしている関係であれば、当然相談にも乗ってくれることになります。

個人事業主の個人信用情報によっては

個人事業主の融資では、決算内容も当然審査では関係しますが、個人事業主の信用情報が関係します。

これは、返済能力の内容では個人事業主そのものがポイントになるからです。個人事業主そのものがブラックリストであれば、最初から融資対象にならないようです。

信用保証協会の融資等では、信用金庫にとっても良い融資になります。それには信用情報での内容が審査の焦点になります。個人事業主の融資のオススメ度は高いでしょう。


クルクル回る営業マン

法人以外の個人事業主では、信用金庫としても何かと近寄りたいのは確かです。

融資そのものは、返済能力があれば、地域が狭い信用金庫の営業では、よりよい営業利益になります。地域を盛り上げる上でも、信用金庫の営業マンを捕まえて、話しをしておくことが必要です。

営業マンと仲良くしておくこともその地域に根ざしている、そんな姿を見せておくことも有利です。普段の口座も変える等も対応があると、営業マンとしてもありがたいことでしょう。

中小企業等でも信用金庫にお世話になっているところは多いでしょう。営業マンとの仲良くしておくことは、融資に繋がります。もちろん審査次第ですが。

信用金庫も貸したい?

最近の信用金庫の動きでは、融資による収益も大切だと考えています。

場所によっては、地銀と競合していることもありますが、個人事業主では、いくつかの地域の銀行の使い分けで融資を受けている場合もあります。また、個人信用情報の内容が重視されるのですが、根抵当権設定等により、より融資の範囲を広げている場合も多いです。

こうしたことも地域ならでの提案になりますが、個人事業主になったときからのも信用金庫のお付き合いはしておくことで損はないでしょう。


信用金庫、銀行からの融資最低条件

銀行から融資したい個人事業主にとってはいくつか条件があります。銀行融資で確認したい条件はいくつか存在しています。

営業地域なのか?

銀行では、営業地域があります。地銀、信用金庫では当然のことですが、大手銀行にはない対応です。これは、営業地域での中小企業、個人事業主に対してに手厚いサービスがあります。ただし、地域での営業している個人事業主が対象です。

納税はしているのか?

税金の滞納がある時点で融資はされないと言います。これは、個人信用情報でブラックリストになっているものではなく、税金関係は絶対にきちんと収めていることが必要です。

はっきり言って、税金を少しでも溜めているだけで借入ができないことになります。個人信用情報機関だけではなく、こうした情報も気にすることが必要です。


青色申告書の存在

個人事業主であれば、青色申告決算書が必要です。このときに、貸借対照表の提出がなくてはならないです。

この青色申告書は、毎月きちんと付けなければならないものです。個人事業主として公表しているのなら、青色申告決算書の書類は完璧でなければならないです。確定申告をしていることでは、青色申告決算書は不可欠です。

融資はあるのか?

すでに借入があるかどうか?です。他社で借入をしていて、その上運転資金、事業資金が回っていないことでは、新たな銀行融資を受けることが難しいでしょう。

当然、銀行融資では他社借入がある時点でなかなか審査は通らないことが多いと言います。

保証会社の保証

ここで、銀行融資では必ず保証会社の審査があります。その保証が受けられないことには話しにならないことです。

銀行では、保証会社の審査の言及をしないので、銀行では仮審査の段階です。それ以前の上記の内容が確認されることになります。個人信用情報での金融事故がある経営者では、融資が難しいのですが、どうしてもブラックリストになると、融資対象にならないようです。

根抵当権設定者になる

これは、信用金庫などでは、個人信用情報機関で不安な場合は、根抵当権での不動産担保ローンも対応しています。そこで、金融事故の解決後に長期対応の資金提供もあります。

地元であれば、信用金庫等の融資が個人事業主では有利です。少なくとも社会的責任を果たす納税等をきちんとした上で、融資を検討しましょう。

個人信用情報機関のブラックリストに関しては、解決ができないとき、事業内容でも審査が難しいときには、銀行融資ではなく、ノンバンクビジネスローン、ファクタリングの資金調達方法もあります。


銀行融資は審査が厳しい

日本政策金融公庫、銀行融資ははっきりと審査が厳しいです。ブラックリストでは借入ができないことですが、その他事業内容でもどうしても融資対象にならないこともあります。

個人事業主としては、中小企業以下の事業では、そのお金は必要ですか?提出書類の不備や知識がない場合では、融資そのものができないことも少なくありません。

調達方法としては

銀行融資だけではなく、ノンバンクの融資もあります。銀行融資、日本政策金融公庫の融資が個人事業主にとって良いのは、低金利だからです。また、これらの審査に通ることは、あとの融資でも有利な条件になります。

厳しい審査では通過することでは自信も付くのですが、ブラックリスト等では相手にされないです。そこで、審査が甘いとされるノンバンクの調達も検討しましょう。

便利なビジネスローン

ビジネスローンは最近大手消費者金融カードローンのようなローンカード型の融資ができます。まるでカードローンのような融資ができますが、申し込みもカードローン並です。

要するに、インターネット申し込みで青色申告決算書の提出だけでも審査ができます。しかも即日融資であり、ATMで簡単に融資を受けることができます。


最大1000万円程度

ビジネスローンでは1000万円が上限であり、300万円程度の融資になります。保証人も担保もないローンになります。少しだけ借りたい個人事業主にとっては、気軽に借入ができるものです。

ただし、注意したいのは、ビジネスローンは高い金利です。カードローンと同じ感覚になりますので、使いすぎは要注意です。

ビジネスローン以外では?

個人事業主に嬉しい報告ですが、最近ではファクタリングとして売掛債権の現金化ができます。それが、請求書レベルでも現金化ができるようになっています。

しかも、インターネットで全て完結もあり、もともと大企業相手のファクタリングですが、個人事業主でも簡単に売掛債権の現金化で、一時的な資金調達ができます。こちらは返済がなく、融資でもありませんが、手数料として20%程度が上限です。

ですから、計画的なファクタリングになりますが、特に資金ショートのときには、一時的なキャッシュフローができます。

銀行融資では、個人事業主ではなかなかできない。ビジネスローンもイマイチ不安な方は、ファクタリングも検討されることです。取引先に知られない2社間ファクタリングであれば、内緒での資金調達が可能になっています。即日融資も対応であり、資金調達の方法としては、確認してみて下さい。

ファクタリングの注意点

新規の資金調達方法です。個人事業主対応では、口コミを確認した上で、正規の業者があることを確認して下さい。ヤミ金や悪徳業者が暗躍しています。

悪徳業者では高い手数料等の報告がありますが、バックにヤミ金が潜んでいることが多いので気をつけてくだい。