事業資金 借入 甘い


銀行融資を第一に考えたい

事業資金については、なくてはならない存在でしょう。
中小企業では、信用金庫や銀行融資をしていないところは少ないでしょう。
返済ありの状況で経営していることでしょう。

借入は当たり前という考え

事業資金が借金で行うというよりは、厳密に言えば銀行にしてみれば良い取引材料の事業資金提供です。特に、信用金庫などでは営業エリアでも中小企業に関しては、取引関係と事業資金の組み合わせは意識していることでしょう。

こうした銀行融資では、信用保証付き融資、プロパー融資、ビジネスローンがあります。信用が高い中小企業では、信用保証協会が事業資金の保証をするものです。よほど厳しい審査がありますが、この融資関係に引っかかることは、信用情報では細かく見られることになります。

個人だけではなく、企業としての将来性があることが前提ですが、信用金庫などでも一応のアドバイスがあります。両方ともに得があることであり、事業資金としてはベストの方法です。


この銀行融資が受けられない

連帯保証人だの、信用が低い、倒産危機があるときには銀行はとても冷たい釣れない態度です。

それは、融資に対しての返済ができないというリスクです。
もともと銀行系の事業資金の融資が良いのは、低金利の部分であり、返済が随分と楽になります。
融資審査では、低金利で借入が出来るのには、返済リスクが低いことが何よりも大切になっています。

できれば中小企業では

銀行融資だけで解決したら良いのですが、金融機関のこうした審査は現実として厳密です。
そこで、審査内容がイマイチの場合は、信用金庫などでは不動産担保ローンの提案があります。
このときに根抵当権設定者としての契約であり、返済リスクを考慮しての事業資金入手ができます。

信用金庫や地銀が良い

大きなところではなく、規模が小さな金融機関が狙い目です。信用金庫的にも1つでも取引がほしいところであり、銀行融資がだめなら、不動産担保ローンでの甘い借入での提供。根抵当権設定者に金融機関がなることで、互いに良い関係になっています。

公的融資ではなく、最初の事業資金ではとにかく銀行融資を第一に審査を受けてみて下さい。開業ではなく、運転のための事業資金であれば足元の行きやすい金融機関からのアタックが良いでしょう。

甘い審査ではなく、銀行は厳しいのですが、実際には話しを持っていくことです。
不動産担保ローンがあれば、信用情報で不審でもかなり問題が大きく動くことになります。


日本政策金融公庫などの公的資金は試してみた?

まだ事業資金の話しは早い。
これから起業を考えている方は、資金調達は公的資金が良いでしょう。
銀行に行って、起業資金を貸して下さいと言っても借入ができません。

創業資金で公的と言えば、日本政策金融公庫になります。
その他、商工組合中央金庫なども政府系金融機関と言えます。
ここでは名目的には、中小企業と個人事業主に積極融資をしているというのですが。

まだ何もない状態ですが

起業の融資ですが、同時に事業資金も必要です。使途では、何にどのくらいのお金がかかるのか。いやいや、これから起業だからわからないので、このくらい?実は、この適当な数字提示では審査は通らないです。

公的融資では、中小企業応援ですが、どの程度真剣に考えているかが必要です。わからないなりに、資料を収集する。口コミですが、政府系金融機関ではオーバーなほどのプレゼンテーションが効果的だと言います。資料を作ったり、だいたいこの程度の資金がほしいというのもデータを作ることが必要なようです。

審査では、今までの返済状況や信用情報です。
そこで問題がなければ、どの程度計画がきちんと深く練られていることが必要です。
せめて自己資金があると、計画的な起業であると判断されることになります。


なかなか審査が通らないと言われるけれど

創業計画書などは本当にオーバーな内容で、必ず現実的なことが必要です。
できそうなことは計画書として提出をした上で、審査を受ける。
それが日本政策金融公庫では優位な判断になると言います。

補助金などの制度融資もそうですが、計画が大切。
現実的なことですが、その内容がある程度実現が可能なことが必要です。

事業資金の基本がここにある

公的資金以外にも、銀行融資などでも審査があります。その時もこうした計画性がある書類があるほど有利です。信用問題の審査もありますが、事業資金の場合はこれがあると事業が回転していく。このような説明が出来るのなら?審査も多少甘くなることがある。

銀行融資は審査は厳しいですが、もしギリギリのラインであるとしたら、この資料提出などがあるときには借入が出来る可能性があるとのことです。

銀行融資だけではなく、事業資金では日本政策金融公庫の公的資金も追加で対応しています。
個人事業主、中小企業などではこの金融機関の利用は候補に挙げて下さい。
ただし、どうしても審査には時間がかかりますので、すぐに借りれることはありません。
事業資金は必ず計画的に行う、資金提供の日までは1ヶ月以上かかってしまうことがあります。


ノンバンクビジネスローンの可能性

事業資金では、銀行融資の低金利の部分が何よりメリットです。
また、銀行との取引とリンクすることで互いに良い関係ができます。
できれば、積極融資を勧めている金融機関も少なくないです。
地銀、信用金庫では中小企業などを相手にしたいところでしょう。

御免、貸せない

ただし、融資では完済が条件です。取引関係であるとしても、返済不能の状態で融資の申し込みしたとしても良い関係の銀行でも審査落ちです。

理由はいろいろですが、貸せない審査が厳しいのは、金融機関だからです。
保証会社が関係することでどうしようもないのです。

銀行だけの判断ではないので、うまくいかない。
または審査の間は時間がかかりますが、ここで用意したいのが、ノンバンク系のビジネスローンです。


ノンバンクの事業資金

ノンバンクのビジネスローンでは、高金利だけどスピート融資です。要するに、審査がすぐに出る。
これは審査も早いことで、会社としては銀行融資の申し込みの間の資金調達ためだけでも有利です。

そこで、銀行融資がOKならつなぎ資金として使用できますが、銀行融資審査落ちではそのまま事業資金として利用かることができます。

どんな方向にも使用出来る点では、ビジネスローンの存在は大きいです。言い方を変えれば、もしものときのビジネスローンです。最近ではローンカードタイプのものもあり、1枚あると便利です。

甘い審査

銀行融資と比較して審査は甘いです。現在種類が多いですが、甘い点ではどこも同じです。

事業資金としては比較的高額であり、しかも高金利設定です。
カードローン同様のものであり、銀行融資の金利とは比較にならないものです。

キャッシングで言えば、ブラックリストでも借りれる中小消費者金融のようなところもあります。
その中小消費者金融でもビジネスローンとしての取り扱いがありますが、どのビジネスローンでも低金利というものはありません。

すべてをノンバンクで危険

その金利の高さから、あまり高額のビジネスローンの乱用だけ要注意です。
ビジネスローンでは原則的につなぎ資金だったり、一時的資金ショートのための資金投入となります。
考えようとはいえ、事業資金として完済見込みがない限り、簡単にては付けられない内容です。

銀行融資との金利差はかなりのものであり、同等に扱うことは危険です。
信用情報などが大きく関係していて、今後の事業内容にも審査は影響を与えることになります。
ビジネスローン審査では甘いのですが、金利はどうしても気になるところでしょう。


意外に低金利な商工会議所のマル経

公的融資では、日本政策金融公庫が知られています。そのほかに、商工会議所でも融資相談があります。比較的甘い審査で借入が出来るとされています。

マル経

小規模事業者経営改善資金金融制度です。これは、日本政策金融公庫が管理している融資ですが、金利が1%台です。銀行融資よりも良い条件です。中小企業に限定されていて、審査もありますが、ここの融資審査では銀行とは違う内容での借入が期待できます。

例えば、銀行で借入ができないと、ノンバンクの甘い審査に行くことが多いのですが、商工会議所は馴染みがないとしても相談に行くと良いでしょう。銀行以下の審査で低金利。ノンバンクでは、銀行以下の審査ですが高金利です。この差は大きいでしょう。


どんな審査

特徴としては、赤字ではないことが必要です。それが難しいと言えますが、事業が不振だとしても黒字で計上としているときの申し込み、時がチャンスです。経営状態を黒字にしておくことです。

事業計画はしっかりと

融資後の計画では、きっちりとして計画書の作成が必要になります。本当はとても厳しい内容の計画だとしても、ここで返済能力をアピールするためには、計画はきちんと立てた上で申し込みを考えて下さい。審査の上でも必要なことです。


ここで提案

既に、赤字になっていて、それが原因で融資の審査が遠ない。商工会議所の1%台のマル経はなんと言っても魅力です。ただ、この赤字、ということですが。ここで他のビジネスローンの借入では信用情報も確認されることで審査に通らないでしょう。そこで、ファクタリングの方法もあります。

ファクタリングとは?

事業資金を商工会議所なり、銀行融資でほしい。その時に審査に必要な書類提出があるのなら、赤字の一時的に解消として、売掛債権の現金化をして、とりあえず赤字解消での書類を作成します。

ファクタリングでは、現金化業者が存在していて、約8割程度の売掛債権の現金が叶います。それで、低金利のキャッシングが出来るのなら、良い方法です。

一時的な資金調達のためには、信用が低いままではなく、書類提出の時だけの資金調達としてはお勧めの方法です。ビジネスローンなどでは信用情報が関係することですが、ファクタリングでは信用情報も無関係であり、どんな審査でもその事実を知られることがありません。

赤字でもないのに事業資金?業績を少しあげるための資金調達であり、商工会議所関係での低金利資金調達ができます。ファクタリングはもしもの時には、ビジネスローンより割高手数料ですが、返済が続くわけではなく、一時的なことです。それで審査通過であるのなら、最善の資金調達になります。


やはりノンバンクの出番でしょう?

事業資金の審査に通過しないということは、返済能力が欠けることを言います。
銀行融資などでは低金利ですが、あくまでも返済が完全に出来るかを詳細に確認されることになります。
案外とこの点が軽く考えている方は多いです。

細かな数字であり、融資がほしいのですから、苦しいのは確かです。と同時に返済可能な計画書の存在も必要です。ある融資担当者が言うには、この返済計画書がきちんと存在する融資申し込みが少ないということです。返済の目処があるので借りたいことをアピールすることも必要です。

根本的に審査が不能

審査では銀行ではその審査基準が厳しいです。

そこで、銀行での不動産担保ローンの提案があります。
ここでもまだ低金利ですが、条件としては銀行融資の方が良いです。
不動産担保ローンでは根抵当権設定者になることで、継続的資金供給ができます。
しかし、その審査もできない場合があり、そうなるとノンバンクです。


ノンバンクのビジネスローンは期待

期待したいのが、ビジネスローンです。

実は、ビジネスローンは先に審査を受けておいて、資金ショートなどには大きな期待が持てます。
デメリットとしては高い金利になっている点ですが、もしもの時には絶対に必要です。
事業資金の場合は、額が大きいとしても完済見込みがあるのならお勧めです。

しかし、不安定な場合ではノンバンクの不動産担保ローンも多いです。こちらも不動産担保ローンとしてインターネットで申し込みが出来る、即日で結果が出る場合も少なくないです。

ある金融業者では、ビジネスローンの申し込みで不動産担保ローンを勧められることがあります。
事業内容の確認まで行うことで、返済負担が少ない借入も選択ができます。

ノンバンクはとにかく審査が甘い

経営者の信用情報が最大の懸念です。審査では経営者がブラックリストであれば難しいのですが、不動産担保ローンなどでは様々な返済が解決することがあります。というようなアドバイスもあります。同時に借入ではなく、ファクタリングによって信用情報に影響がない方法での資金調達もあります。

しかし、継続的なことではなく、1回だけの対応です。
これで、信用情報が向上して低金利の事業資金の借入が出来るのであれば、それが理想形になります。

うまくいかない資金調達ですが、銀行融資で審査落ちだとしても、とりあえず方法はあります。
事業を立ち上げた時には、ノンバンクのビジネスローンだけは気にすること、ローンカードであれば申し込みをしておくことです。