事業資金借り入れ



最初の資金調達先は日本政策金融公庫が良い

事業資金の借り入れの選択肢では、中小企業や個人事業主では日本政策金融公庫がオススメです。銀行融資よりも先にオススメです。制度融資が豊富であり、大企業は対応できない、中小企業や個人事業主のための融資が特に充実しています。

低金利の融資

日本政策金融公庫の融資では、全て低金利になります。最大の特徴では、創業直後、もっと言うと新しく創立のための資金調達が可能になります。要するに、会社をしよう、事業を開始しようというときにも資金調達ができます。

創業前後の借り入れでは、日本政策金融公庫が適しています。融資額もそこそこあります。

日本政策金融公庫のデメリット?

創業前後の事業資金ができるとしては嬉しいのですが、自己資金が少ないと審査が厳しいとされています。

自己資金は、必要資金の10分の一以上なければならないとされています。案外とこの点の注意事項では、創業融資制度では自己資金がなくてはならないとされています。

誰でも簡単に借りれる、低金利の政府系銀行としての日本政策金融公庫ですが、自己資金がそこそこなくてはならない。これで審査落ちしてしまう場合が多いです。



貸付対応の日本政策金融公庫

規模が小さな事業に対しての貸付です。担保、保証人なしの融資もありますので、比較的審査基準においても気軽に申し込みはできます。

経営では、借金なし、事業が回転できる金融機関の存在です。誰でも申し込みできる点でもオススメになります。

審査基準について

金融機関の審査基準です。銀行の融資の点で言うと、ノンバンクの審査基準とは違います。

ただし、個人信用情報機関の確認もありますが、絶対にダメ?と思っていた審査も通過している場合もあります。そして、すでに銀行融資、ビジネスローンも多く借り入れしている場合では、日本政策金融公庫の申し込みは厳しいでしょう。

中小企業、個人事業主では最初の事業資金調達の方法ではオススメになります。

とにかく相談も

日本政策金融公庫の借り入れでは、国内での低金利ができます。

もし、事業資金の借り入れもしていない場合では、最初に問い合わせをすることです。相談も受付してます。地域に支店が全国にありますので、直接行きましょう。

日本政策金融公庫の申し込み、審査などでは、各支店で担当者との対峙審査が必要です。審査時間はとても長いことになりますので、即資金調達をしたいときには、流石に対応はしていません。

審査には長い時間がかかってしまう点でもデメリットとなってしまう場合があります。



やはり厳しい銀行融資

事業資金の借り入れで一般的なことは、銀行融資です。プロパー融資と信用保証貸付があります。

プロパー融資について

銀行が申込者を信じて直接貸付をする方法です。中小企業では、地銀や信用金庫が相手になりますが、すでに取引を長期間しているなどで、審査で通りやすい優良企業になります。当然ながら審査基準は厳しいことです。

信用保証貸付

企業と銀行の間に信用保証協会が入ります。申込を信用保証協会に行くことになりますが、そこで審査になります。

信用保証協会では、融資の返済ができないときに保証をしてくれます。融資額を保証しますというものであり、銀行では信用保証協会がOKであれば審査通過ができると言うものです。申込者としても、返済リスクが減少することでは、低金利の銀行融資は魅力になります。



信用金庫の狙え

中小企業、個人事業主などでは、信用金庫の借り入れが妥当です。互いに関係性からは、銀行融資だけではなく不動産担保ローンなどでの借り入れができることもあります。

新規で事業をした場合では、すぐに借り入れが難しいのですが、ある程度地元の事業を展開しているときには、信用金庫、信用組合などに相談をしてみてください。中小企業、個人事業主などでは、信用金庫などの銀行融資が良いということになります。

銀行融資の審査基準

事業資金では、事業展開では赤字である時点で借り入れができない場合もあります。

将来の事業拡大の設備投資の場合でも、審査は慎重です。審査は厳しいだけではなく、経営状況の推移だけではなく、経営者の個人信用情報も大きく左右することになります。

地元の事情などもありますが、個人信用情報に関しては、悪いことでは借り入れができないということが言えるでしょう。個人事業主などでは、難しい借り入れになってしまうことが多いです。

低金利は嬉しいけれど

銀行の金融機関の借り入れでは、慎重審査ですが低金利の融資です。

しかし、実際には、長期間審査に時間を費やすのですが、なかなか借りれない。個人信用情報の内容で不審点があるだけでも審査落ちと言う場合もとても多いです。そして、銀行融資お断りでは、最悪という内容でもないでしょう。

個人信用情報の不安があるときは、事業資金だとしても銀行は厳しいです。取引期間や内容にもよりますが、信用金庫などでの融資は一応検討はするものの、難しい壁に阻まれることもあります。

実際に銀行融資は困難な中小企業も少なくありません。やはりノンバンクかなという選択になってしまうケースは珍しくはないでしょう。



返済不要の補助金と助成金

融資も良いのですが、国や自治体の補助金は注目です。国の補助金では経済産業省が管轄ですが、助成金では厚生労働省になります。

補助金と助成金

補助金は申請書類での審査になります。○○対応などで自分の事業に適合することでは、申請の認定があれば受けることができます。

自治体では、少額の中小企業以下の事業に対しての補助金の用意も少なくないでしょう。町の振興などで積極的に援助している場合があります。

助成金は、従業員のために行う優良企業にたいして、要件を満たしているだけで受け取ることができます。この手のお金では返済不要であり、認定されることが条件ですが、まずは申請です。

自治体単位であれば、町の広報での内容になります。普段はあまり関係ないとされる自治体ですが、補助金、助成金の存在には目を光らせることでゲットできます。

専門サイトも存在している

事業資金の借り入れでは融資が大原則ですが、こうした公的資金の提供は返済が不要です。

そこで、専門に説明をしているサイトもあります。専門的にアドバイスも受けられるようです。こうしたサポート機関では、無料有料の部分は確認してください。後で料金請求は知らなかったでは、話しにならないでしょう。

又、役所の事業振興課などでもアドバイスを受けることができます。



その町で独自のシステム

融資額がそれほど大きくない補助金などは、町独自で用意している場合があります。

融資制度としても、銀行の借り入れができない状態だとしても、同等の低金利の借り入れができる場合もあります。インターネットの情報では、全国規模の内容になりますが、ローカル的には補助金、事業資金対応などの貸付もあります。

銀行融資にしても、自治体を通しての対応だったり、独自のものがあります。インターネット情報だけではなく、ここはアナログ的な探し方で見つかることがあります。自治体単位の融資、補助金などの情報はお住まいの場所で行うことになります。

地方ほど積極的なことも

案外と都市部だけではなく、地方でもこうした補助金などが整備される場合があります。多少の縛りもありますが、補助金などの利用はしない手はないでしょう。

新規事業の展開で、事業資金借り入れをしたいと思っていたら、補助金対応でスタートができた。町振興のためのしごとですが、町の仕事が定期的に入ってくるという場合もあります。案外とチャンスとして、借金ではなく事業資金を見つける手段として、補助金、助成金の存在は大きいかもしれません。



ファクタリングで事業資金を作る

事業資金を借り入れでない方法で入手ができるとしたら?あなたには取引先との売掛債権や請求書が存在していることでしょう。それを早期に現金化ができます。

ファクタリングを知っている?

ファクタリングは、売掛債権などの債権回収で現金に変えることができます。

債権回収会社では、債権、請求書を一定の審査をすることで手数料徴収での現金に変えることできます。このメリットでは、売掛債権と請求書の債権譲渡登記をした上で、その額がファクタリングのものになります。

予め手数料を引いた現金を引き出すことができ、借り入れしなければならない金額のキャッシュフローに成功します。

最近では中小企業、個人事業主対応も

中小企業などでは、それまではファクタリングは対象外でした。ところが、最近では少額のファクタリングでも対応しています。

イメージでは、30万円の請求書に対して、3万円程度の手数料を差し引いて27万円の現金化ができる。本来なら、30日程度の回収を待たなければならない。2月1日に発生した売掛債権に対して、取引先の支払いが3月10日。

どうしても2月20日には現金がほしいと言うとき、ファクタリングをします。審査通過で2月20日に現金ももらえ、3月10日に回収したのなら、ファクタリング会社に支払いをして完結です。

ファクタリングのメリットでは、支払いがないこと。債権譲渡してしまっているので、取引先からの支払いは当然ファクタリング会社のものです。その支払をしてしまうので完結してしまうものであり、融資のように返済がありません。



個人信用情報も関係なし

審査がありますが、ファクタリングでは取引先の審査をします。支払いするのが取引先です。申込者ではブラックリストであっても無関係です。そして、ファクタリングしたとしても融資ではなく、個人信用情報機関の記録が無関係です。

経営をしていくことでは、負債を抱えることもなく、キャッシングも融資もなく、返済義務もないファクタリングでは、今後の融資の審査にも断然有利です。中小企業として、ファクタリングができる対応になっていますが、融資額が請求書範囲内であるのなら、わざわざ融資申込はしないことです。

借りなくても良い

融資しないということは、返済がないことです。中小企業もファクタリングができる時代になったことでは、事業資金の調達として様々な対応になります。

本来は、ファクタリング会社では、手数料が少ないことで中小企業は相手にされないことでした。個人事業主に対しては、経営状況が不透明でできないとされていました。それが、最近では広範囲のファクタリング展開であり、返済なき事業資金の調達。手数料の低下などでファクタリング会社などの競争も開始されそうです。

そうなると、低い手数料のファクタリングの振興が期待できます。



ビジネスローンの選択について

事業資金の借り入れではビジネスローンでしょう。

ちょっと待った、内容は確認してほしいです。銀行融資の審査落ちだからビジネスローンというのは、よく検討が必要です。

もともと内容が違いすぎ

銀行融資とノンバンクのビジネスローンでは大きな違う点では、金利です。その差がとても大きいことでは、ビジネスローンの高金利であることは理解することです。

ノンバンクのビジネスローンというのは、ローンカード型もありますが、大手消費者金融カードローンの感覚です。そして、似ていることでは金利もほぼ同じです。上限金利が18%程度という内容であり、銀行融資と比較してもものすごく高いです。

ビジネスローンでは、設備投資などには使うものではありません。たまたま何かの支払いだったり、融資額が少ない場合で使うものです。担保なしのビジネスローンでは、少しだけの借り入れであり、できればすぐに返済可能という使い方が必要です。

事業資金としてのビジネスローンでは、借り入れに関しては慎重になることです。金利が高いことでは、ちょっとした支払い程度似使うことができるものでしょう。



審査基準はnoブラックリスト

できれば、ビジネスローンでは消費者金融系の審査通過程度が妥当です。それには、申込者の個人信用情報で金融事故が借りれなという現実があります。

ブラック経営状況ではなく、経営者の信用情報が悪いことで資金調達ができないという内容です。すでに銀行融資が同様の理由で審査落ちの場合、ビジネスローンも借り入れができない場合があります。できたとしても高金利であり、銀行融資戸は違います。

どうしても資金がほしい

中小企業の経営コンサルタントもしていて、融資先では、不動産担保ローンの資金調達の方法もあります。根本的に担保が存在していることでは審査が通りやすいと言います。

銀行でも存在していますが、ノンバンクでは金利が多少高いのですが、融資額は高いというメリットがあります。それでも、不動産担保ローンなどでの高額の借り入れでは、慎重に行うことです。コンサルタントなどでの経営状況の確認などで返済能力が図られることになります。

ビジネスローン審査落ちでは、その後の事業資金借り入れでは不透明になってしまうことがありますが、ファクタリングなどでの借り入れではない方法もオススメです。中小企業対応で、経営コンサルタントもしているファクタリング会社もありますが、是非問い合わせをしてみてください。

ビジネスローンでは、少額の借り入れ向きであり、本格的事業資金調達では、頼り切らないことが妥当です。ただし、ビジネスローンのローンカードは1枚あると何かと便利です。すぐに完済ができるものであれば、金利を気にしなくても使用ができます。