コロナで経営不振融資



まずは日本政策金融公に行く

新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって、経営不振になっている中小企業、個人事業主が急増しています。

国の支援策

とにかく遅いというのが本音です。3月になってから、日本政策金融公庫の無利子、無担保の融資が最初でしょうか?そのときに是非申込してくださいとのアナウンスが出ました。

目玉としては、据置ありの無利子融資です。しかし、審査があり、普段ではなかなか借りれないという融資になりますが、今回は新型コロナウイルス感染症の影響で売上が激減したと言う時点で借り入れが可能になっています。遅いとは言え、この融資は是非利用を検討してください。

銀行融資も対応

普段から取引がある信用金庫等の金融機関も、現在は営業マンが巡回していることでしょう。

これは、信用金庫では営業エリア内で各中小企業や個人事業主での融資相談をしているようです。これは普段から取引がある場合ですが、支援制度等の紹介をしています。

内容としてはそれぞれの事情が反映されることになりますが、中小企業者ではなんなりと相談ができます。この相談が適切な融資選択ができることになります。



日本政策金融公庫の融資は申し込みだけでも

新型コロナウイルス感染症の影響で営業不振になったという時点で、審査対象になります。それでも自身の事業がうまく適応するかは、確認が必要です。

日本政策金融公庫の申し込みでは、インターネット等で簡単にできるものではありません。支店に出掛けて行くことが必要なので、最初に日本政策金融公庫の窓口で相談されること出先決です。その上で、取引信用金庫等とも金融相談を開始します。

何も信用金庫とは付き合いがない

この場合は、日本政策金融公庫の融資が第一です。無利子にするには手続きがありますが、しっかりと確認してください。公式サイトもありますが、相談した時にどうしたら無利子になるのか等は確認してください。

その上で申し込みができるのなら、とりあえず申し込みはする。借りれるものは借りるという対応で良いでしょう。据置期間もあり、無利子は数年間ですが、その後でも低金利返済になります。そして、無理な取り立て等もない日本政策金融公庫ですので、ここは立て直しを図ってください。

あなたの事業に対しては融資が可能だと思われます。そう回答されたときには申し込みをしましょう。信用金庫等の金融機関とは違い、政府系金融機関では審査も多少柔軟ですが、とにかく事業に必要な融資を受けることが先決でしょう。



セーフティネット保証の利用はオススメ

 
新型コロナウイルス感染症の感染拡大による中小企業や個人事業主の営業不振融資として、セーフティネット保証の言葉を聞くことが多くなりました。

セーフティネット保証とは?

もともと危機関連保証融資として、取引先の倒産、災害、金融機関破綻等で自身の経営破たんが起こったときに、中小企業者に対して資金供給をする貸付制度です。一般の融資保証とは別枠の保証を伴う融資です。

今回の新型コロナウイルス感染症の影響では、このセーフティネット保証4号と5号の発令により、中小企業、個人事業主に対しての融資ができるようになりました。

セーフティネット保証の利用のために

セーフティネット保証の利用では、中小企業や個人事業主の所在地の市区町村の認定が必要です。そして、今回新型コロナウイルス感染症で発令されたのは、突発的災害を受けた地域に適用される4号と業況の悪化している業種に対しての適用の5号です。

認定を受けると、金融機関から融資を受けるときに、信用保証協会が返済保証をしてくれるというものです。4号では100%、5号では80%の保証を受けられることになります。



信用保証協会について

セーフティネット保証は、信用保証協会が保証人とならなければ借り入れができない融資です。公的保証人になりますので、今業況が悪化して返済の目処がないとしても、新型コロナウイルス感染症が影響しているときには、審査基準も大きく緩和しています。

基準としては、新型コロナウイルス感染症が完全に原因になっていて、業況が悪い場合です。それは売上や受注に数字として出ていることが多いので、その数字だけでも証明されることになります。

中小企業向けの融資としては、セーフティネット保証が信用金庫等での申し込みがオススメです。

とりあえず今を凌ぐ

こうした融資では、新型コロナウイルス感染症の終息ができればもとに元に戻るものです。それを期待しての融資緩和ですが、国内の中小企業を救うことは、経済に大きく影響します。国としても、中小企業事業支援策としては最大の企業支援をしてくれます。

借りれるかどうかは審査次第ですが、とにかく今は申し込みをしてみて、借りれるものなら借りましょう。

とにかく相談を

セーフティネット保証は金融機関に申し込みをすることになります。中小企業では取引銀行があれば話しは早いでしょう。

個人事業主の場合も是非お近くの信用金庫に行くことをオススメします。3月4月では土日も相談に乗ってくれるので、何もしないのではなく、中小企業、個人事業主対応の融資にはとにかく手を出すことです。支援制度は色々ありますので、その内容も確認してみましょう。



商工中金ってしってる?新型コロナウイルス感染症の影響の融資もある

新型コロナウイルス感染症の影響の融資では、日本政策金融公庫、セーフティネット保証があります。その他、指定金融機関の商工中金も融資を開始しています。

商工中金とは?

商工中金は商工組合中央金庫が正式名です。中小企業のための金融機関として、政府と中小企業組合の共同出資で設立されました。全国に店舗があります。

この新型コロナウイルス感染症の中小企業の危機では、当然相談窓口があります。融資対応は、ほぼ日本政策金融公庫の内容同様です。新型コロナウイルス感染症の影響で営業不振になった場合で、売上が大きく減少した場合の支援制度があります。



既に利用している企業だけではない

いつもの融資では、既に利用者に門が広く開けられています。半分政府系ということで言えば、日本政策金融公庫と比較されます。

日本政策金融公庫では、顧客も何もなく誰でも利用がしやすいです。商工中金に関しては、新型コロナウイルス感染症の場合は、新規客も歓迎です。ただし、ここは半民銀行であり、今後の取引が必要になります。ただ、中小企業として商工中金との付き合いそのものがマイナスになることはなく、検討してみてください。

一応、日本政策金融公庫の他にも、半民銀行の存在として、中小企業事業を応援している。今回の新型コロナウイルス感染症融資には積極的に手を挙げていますので、利用検討もオススメです。

融資と言えば返済も

日本政策金融公庫、セーフティネット保証、そして商工中金も紹介しているものは融資です。

補助金の場合は返済は不要ですが、融資は返済が前提です。今回のメリットとしては、無担保でも借りれる点、申請により無利子にも対応しています。それだけでも普段の融資とは違う内容ですが、一応据置期間があります。

ここでなんとか立て直しが図れることが理想ですが、融資だけではなく、あと利用できるものは何でも飛びつくことです。従業員がいれば、雇用調整助成金なども引き上げられています。自分だけではなく、従業員を救うためにも借りれるものは借りる。返済のことより、とにかく今の最悪事態改善が必要です。

中小企業向けの融資の紹介は、自身の借りやすいところ、審査が通れば即実行です。ダメなことかもしれませんが、今は返済のことは後回しであり、事業継続を第一に進むしかないでしょう。経営内容悪化ではなく、新型コロナウイルス感染症の影響が売上高が減少しただけです。

この終息できっと元に戻ることを信じるしかありませんが、このような言葉しかないでしょう。国としても融資を拡大して提供しているので、申し込みだけでもしてみることです。



セーフティネット保証の落とし穴?

 
新型コロナウイルス感染症の影響で事業が不振になっている。テレビ等でも融資がある。中小企業、個人事業主にも是非相談をしてほしいとのことです。

普段の事業資金とは違い、新型コロナウイルス感染症の感染拡大で、融資対象はとても広くなっています。

実は借りやすいはずのセーフティネット保証

セーフティネット保証の融資は、現在民間銀行の取扱になりますが、市区町村の認定が必要です。そこから信用保証協会の保証を受けるために審査が存在しています。

この審査に通ることで、最大100%の保証が受けられることになります。この門が広く開けられていることで、借りやすいとされています。

実は一度も利用したことがない

中小企業や個人事業主の中には、過去に信用保証協会での融資を受けたことがある。その場合は、今回のコロナ騒動では、銀行から借りませんか?と勧誘されていることでしょう。

このセーフティネット保証では、過去3ヶ月、1ヶ月で減収の場合に受けられるものです。セーフティネット保証4号、5号です。銀行では過去に取引があり、今どうしてもコロナの影響で大変という業種では、既に話しを持って来ていることでしょう。

ところが、まだ信用保証協会の利用したことがないときには、審査に時間がかかります。



こんな場合でも審査は厳密

信用保証協会は公的保証人になります。融資は良いのですが、本当に返済ができるかを確認することになります。

ですから、書類だけの審査ではなく、会社まで直接面談も行うことになります。現場での審査もありますし、書類チェックも行います。これで1ヶ月以上はかかります。過去に知っている会社であり、返済実績があれば審査も早いです。

コロナで借りたい

信用保証協会の経験がない方では、日本政策金融公庫の融資が妥当だと言います。

信用保証協会の場合では、なかなかハードルが厳しいこともあり、資本金等の変更では多少面倒になります。許認可等がない会社では、審査がおりない等の基準があります。設備資金の借り入れでリスケ状態である。だからコロナの影響が痛い場合もありますが、セーフティネット保証では、厳しい内容になります。

なかなか、言われているよりは厳しい場合もありますが、過去に信用保証協会で事業資金提供を受けている場合は、銀行でのセーフティネット保証4号、5号が妥当です。しかし、過去に信用保証協会での融資をしていないときには、今回は日本政策金融公庫の融資が妥当です。こちらは過去の借り入れの有無などは関係なく、審査されることになります。



事業獲得の意外アイテムとは?

事業の資金調達をしなくてはならない。新型コロナウイルス感染症の影響で経営不振になった時には、いくつか融資が全国的に好評されています。

実際には、自分が動ける範囲はある程度決まっています。その中には、今まで融資の経験がない方も多いことでしょう。

取引銀行に相談も

一応は、取引銀行が存在することでは、最初に相談をすることが必要でしょう。借りれるかどうかが問題になります。

中小企業や個人事業主の場合では、信用保証協会の融資が中心になります。銀行では、プロパー融資になりますが。審査基準から行くと、信用保証融資が低いですが、それは信用保証協会の審査済だからです。

現在、新型コロナウイルス感染症であることの融資では、過去に借り入れしている時には、審査は通りやすいでしょう。まずは行ってみることです。

実際の現場

新型コロナウイルス感染症による特別融資体制が開始されて、1ヶ月程度経過しています。様々な対応が聞かれるのですが、誰でも借りれるものではないということがわかってきました。

信用保証協会関係のセーフティネット保証等では、審査が甘くなっているとは言え、借りれなかったという話しもあります。プロパー融資も当然ですが、やはりリスケ状態等では貸せないとのことです。

国では融資ができやすいと言いながらも、審査が存在していることに辟易している場合もあります。



案外と知られていないけれど

ところが、銀行融資等では、担保があることで借りれる場合もあります。それは信用情報で多少不安だとしても、担保があるのならと審査が変わることです。これが不動産担保ローンというものではなく、担保の種類は色々と存在しています。

取引をしている銀行の場合では、人的担保等も含めて融資対象になることがあります。中小企業事業を継続するために、今の新型コロナウイルス感染症の影響の今を脱するために、この担保があると借りれるかも?という期待もあります。

銀行担当者次第ですが、担保としては売掛債権等も含まれたり、経営者の私財等も含まれることがあります。意外なことですが、返済能力があるだけではなく、今の信用が低い時では、担保の有無で審査が変わることもあると言います。

会社の財産、場合によっては経営者の私財も関係するのですが、担保の有無が大きく融資の審査に影響することになります。

この融資のおかげで

新型コロナウイルスの騒動も収まり、この時に借りた融資では低金利の内容です。事業もうまく回転して、無事に完済ができたとしたら、銀行との新たな信頼関係ができることになります。できれば、そんな日が早く訪れることを期待したいところです。

とにかく銀行には相談をしてみましょう。信用保証協会、セーフティネット保証の借り入れができるとしたら、ひとまず安心ですが。日本政策金融公庫の融資も同時に考えてみましょう。