なかなか融資がおりない 保証協会 コロナ



セーフティネット保証の借入は信用保証協会を通すことに

コロナ融資とされるのが、日本政策金融公庫、セーフティネット保証です。どちらの片方だけ、両方ともでも審査次第借りれることになります。

コロナ融資とは

いずれの融資も特例貸付になります。最初に日本政策金融公庫の事業融資を対応しました。

全国の支店において、コロナ感染拡大によって、業況が悪化した場合にとりあえず申し込みしてくださいとのことです。程なくして、災害などでの緊急融資のセーフティネット保証を業種に幅を広げて民間銀行での申し込みを開始しています。

大きな意味のコロナ融資では、この2つですが、その他地銀などではオリジナルのコロナ融資の受付をしています。取引銀行がある、過去に信用保証協会の融資の経験がある方は、銀行の申し込みが良いでしょう。

信用保証協会とは?

民間銀行対応のセーフティネット保証は4号と5号があります。この時に、銀行だけではなく、信用保証協会の審査が必要です。

審査というのは、公的保証人としてより安全な融資対応になります。保証人になってもらうことでは、保証料も必要になる、連帯保証人や担保の有無などでも審査があります。本来の審査では、このような内容ですが、コロナ関連での融資では、審査は柔軟になっています。

銀行でコロナ融資をしたい時には、信用保証協会の審査に通ることが必須です。日本政策金融公庫ではこのようなことはありません。



初信用保証協会では難しい

セーフティネット保証においては、いつもの融資とは別枠の審査になります。原因としてコロナとわかっています。当然売上高も下っているし、これからの期待も今では不明です。

本来なら、このような事態ではなかなか審査は通らないとされていますが、コロナが原因で業況悪化であれば、ある程度の資金調達の期待ができます。制度資金になっていますので、より申し込みしやすい形になっています。

ただし、コロナで業況が悪く、初の信用保証協会のセーフティネット保証を申し込み。信用保証協会では、審査などに初めての場合では時間がかかります。審査が通ることは柔軟とされていますが、時間がかかります。

ただし、過去に信用保証協会の融資をしていて、完済をしている場合では、スムーズに審査されることになります。ですから、セーフティネット保証のコロナ融資が決まった時には、銀行の営業マンがお得意企業を回ったことでしょう。

なかなか借りれない?

時間がかかっていることと、審査に通らないということです。

信用保証協会では、弁済をすることができる公的保証人です。そこで、最初から返済能力が認められない場合では、融資されないでしょう。コロナ融資と言いながら、結局は厳しいとの口コミは多いです。



セーフティネット保証の融資概要

セーフティネット保証は信用保証協会の保証付き融資です。保証協会付融資になります。

保証協会付融資とは?

一般的には、銀行と1対1での審査になりますが、間に保証協会が入ることで返済リスクを軽減します。それが、100%であればセーフティネット保証4号です。セーフティネット保証5号が80%の保証になります。

プロパー融資では信用保証協会は無関係です。その融資ができるのは、信頼が厚い時です。

信用保証協会の立場

金融機関経由で銀行に申し込み、それから信用保証協会の紹介を受けます。そこで審査をします。保証協会経由では、信用保証協会に行きます。そこで審査を受けて、銀行の融資の斡旋対応になります。

現在は、コロナ融資でどの銀行も対応していますが、メイン銀行がない場合は、信用保証協会に申し込みがオススメです。日本政策金融公庫以外のコロナ融資としては、信用保証協会、銀行どちらかに申し込みをすることになります。



セーフティネット保証の融資

経済危機のコロナの被害では、枠が増大になっています。その他、危機関連融資もありますが、業種制限などです。セーフティネット保証などでは、その中でも大打撃の業種(旅館など)に特化していました。

ところが、途中で全業種対応に更新されました。自身の事業に対して融資が決まっていることがあります。前年比20%以上の減収がセーフティネット保証4号の申し込み対象になります。

信用保証協会の申込方法

コロナ貸付では、国の融資です。そこで、セーフティネット保証の申込したい時には、市区町村に認定に行きます。そこから、信用保証協会、銀行の申込に行くことになります。

セーフティネット保証では、認定申請をすることが必要です。銀行申込で自治体対応になることがあります。

認定書は、売り上げの減少の数字などの証明です。その上で、市区町村の認定がでてからの申込になります。詳細は、必ず確認してください。

なかなか融資がおりない

現在、セーフティネット保証の融資は非常に時間がかかっています。早くて2ヶ月程度と言いますが、3ヶ月はかかることがあります。運転資金としてすぐに対応してほしいのですが、どうしても時間がかかってしまうことになります。

コロナ融資としては、早くにアナウンスになっているのですが、制度資金としての審査を進めています。中には、審査落ちではなく、本当に審査に時間がかかっているだけの場合があります。

審査落ちかどうかの問い合わせをしても無駄であり、時間がかかる融資になっているのは確かです。せめて、申込だけはきちんとしておいてあとは待つだけになります。



無利子セーフティネット保証はいつ借りれる?

セーフティネット保証では、事前に認定書が必要です。有効期限がありましたが、8月31日まで延長されました。

認定は市町村で行われるのですが、コロナ融資としては、最初から民間銀行対応になっているのも特徴です。信用保証協会対応になりますが、銀行窓口で行うことになります。

セーフティネット保証

金融機関では、各地域によって対応は違うのですが、銀行に申し込みでOKのようです。認定書があることでは、融資相談ができます。代理申請対応などもでき、金融機関のチェックだけで簡単に借りれるとの流れです。

無利子の話し

コロナ貸付では、実質無利子です。これは、元金だけの返済ではなく、実質が付くことでは、利子が補給されることになります。

そこで、一度は返済の時に利子分はあるとしても、後で返金されることになります。タイムラグはありますが、無利子、無担保になります。



信用保証協会に対しても

保証料がありますが、コロナ融資ではゼロか減免になります。売り上げ5%減少であれば、申し込みができます。実質金利ゼロになります。保証料も0.7%程度ですが、ゼロになればありがたいことです。

3000万円が上限になっています。据え置き期間は5年間ですが、利子の補填では3年間です。金利と言っても、そんなに高くはないです。金融機関の融資になっていますので。

融資はいつもらえる?

この制度資金では、時間がかかっているとのことです。

審査では、信用保証協会も銀行でも行うことになります。事業をしていく上で、個人信用情報機関内容も確認です。審査に時間がかかるのですが、それでは間に合わないというのも本音です。

そこで、債務があるとか、金融機関ではセーフティネット保証の融資までのつなぎ融資の受付もしています。なんと、それが無利子対応であり、セーフティネット保証までの対応もあります。

セーフティネット保証の返済期間は長いことで、つなぎ融資対応は抜群です。

とにかく金融機関に行く

金融機関でのすべての対応ができます。信用保証協会の審査なども申し込みができますが、一応は事前確認が必要になります。なかなか融資ができないとしても、審査に時間がかかっていることは大きな要因になります。

審査落ちなどの要件では、銀行のつなぎ融資などで予想ができます。ただし、倒産防止のためのセーフティネット保証なので、信用保証協会としても特例審査の内容もあります。

融資までの時間はすぐではありませんので、今では数ヶ月の審査がかかっていることになります。



コロナ融資は時間がかかっている

コロナ融資の信用保証協会のセーフティネット保証があります。他に日本政策金融公庫の新型コロナ特例貸付もあります。

信用保証協会とは?

信用保証法と言う法律に則った機関です。金融機関に対しては保証業務を行うものです。コロナ融資のセーフティネット保証では、信用保証協会の保証があることで金融機関としても安心です。

審査に関しては、保証を依頼することになりますが、信用保証協会が行うことになります。信用保証協会と銀行の審査になりますが、保証料として支払うことになります。

たいてい融資額から1%ていど引かれることになります。今回のコロナ融資では、これがゼロになります。

中小企業、個人事業主対応のコロナ融資になります。業種も幅広いのですが、少なくてもコロナで影響を受けた方なら受けられます。

信用保証協会の融資が受けられない

業種は多いですが、独立した金融機関がある第一産業などです。

不動産投資したいので借りたいという場合、風俗系の店主も今回の信用保証協会のセーフティネット保証は対象外になります。申し込みそのものができないので注意してください。



必要書類

決算書、確定申告書などは必須です。納税証明書だったり、法人なら3ヶ月の履歴業務証明書などです。そして、試算表である事業計画書などが必要です。

コロナで売上高が少なくなったのですが、それでも支払うものはきちんと支払っていることが必要です。お金の出し入れを確認するために通帳の写しが必要になります。

とにかく有利になっている

信用保証協会では、普通はなかなか厳しい内容ですが、コロナがあることでは柔軟対応です。さすがにブラックリストなどでは融資対象にならないとされています。

返済能力があることが必要になりますが、銀行融資に変わりはなく、担当者と直で話しをすることで、あとは融資を待つだけになります。審査には随分と時間がかかっていますので、すぐに対応は期待しないことです。

取引銀行があれば

または過去に信用保証協会の融資を受けていると、断然審査も早いと言います。このことは、日本政策金融公庫の場合も同様で、新規での申し込みではどうしても時間がかかります。

全国に信用保証協会がありますが、人海戦術です。都市部ほど待たされることになりますが、つなぎ融資の相談も対応できる銀行もあると言います。

ビジネスローンには頼らない

セーフティネット保証の融資までは時間がかかってしまう。その間のビジネスローンでノンバンクに行くとしたら、高い金利があります。

今回のコロナ融資では、金利も保証人もゼロになります。その恩恵は大きいことで、すぐに融資されないことでノンバンクに走るのは危険です。



信用保証協会での借り換えOK?お得情報も

コロナ融資では、保証協会融資があります。銀行の融資に際しての公的保証人になるのが信用保証協会です。そこで、保証をしますので、コロナで減収したときに融資対応しますということです。

信用保証協会があることで銀行融資が楽になります。コロナ融資も同様です。

コロナ融資のセーフティネット保証

セーフティネット保証4号の認定を取ることがオススメです。市区町村で認定を受けるのですが、条件として、直近1ヶ月、その後3ヶ月も2019年同月比で20%の減収が見込まれると言った場合です。

認定申請では、この20%の減少していることが必要です。行政がコロナで大変と認定するものです。ですから、認定は不可欠になります。

銀行で申し込み

セーフティネット保証では、信用保証協会ではなく、銀行での申し込みができます。それぞれの事業に合う金額の融資ですが、無利子になります。

ただし、無利子は最大3年間です売り上げ減少の証明が必要です。信用保証協会の保証料も無料になります。事業計画書も必要になってしまうのですが、提出書類は必須です。



コロナで大変

取引銀行があるときには、セーフティネット保証の債務があるとします。債務がある状態でも申し込みができます。今回のコロナ融資では、保証料も金利も実質なしです。その時に、債務があるときには、その銀行で債務の借入ができます。

過去に1500万円の借金をしたとします。まだ、1000万円の債務がある。その時に、今回のコロナ融資では、あと1000万円の借入したい。このときに、2000万円の借入に変えます。そして、残債の1000万円は返済してしまいます。

そこで、過去に1500万円の融資では、保証料の支払いをしていますが、完済してしまったら、繰り上げ返済として、保証料が戻ってきます。残債にもよりますが、もともとが1500万円の保証料では数十万円はあります。

コロナの融資では保証料はありませんので、お金が戻ってくるという計算です。借り換えが可能になります。

市区町村の制度融資も対応

セーフティネット保証では4年目からは金利が付きます。1%台になりますが、金額が大きいと負担になります。

ところが、市区町村などの制度融資では、もっと低い条件での融資もあります。さっさと審査がされることが必要になりますがも今しばらく対応がまたれることです。

全国的にコロナ融資に関しては、使えるもの、制度は確認してみてください。なかなか借りれない、実は審査落ちと言うときには、他の融資も是非検討が必要です。

とにかく、申し込みまで行けば、あとは待つだけでしょう。現在信用保証協会ではフル回転で審査をしているはずです。根本的に融資ができないのは、個人信用情報機関で金融事故などがある場合でしょう。