給料未払い 相談 無料

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料未払いの相談料はいくらかかる?

給料未払いの解決をしたいと弁護士に相談したい。無料相談とは限っていないので注意が必要です。

テレビCMの無料相談

現在、頻繁に法律事務所のCMが流れています。
過払い金請求や借金の内容か、B型肝炎の集団予防接種などの内容の場合です。
どんな法律相談も無料ではありません。

ですから、CMしている法律事務所に給料未払いの件出相談に行くだけで、相談料を徴収されることがあります。テレビで知っている名前の法律事務所にしても、その相談は無料ではできませんと言われることになります。ここは注意が必要です。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

一般的な法律相談

普通、法律事務所や弁護士に法律のこと、離婚や交通事故、給料未払いの労働相談などに行くと、30分5,000円+消費税が相場です。1時間1万円程度が相談料として徴収されます。高いと感じられる方も多いですが、それは借金相談が無料で提供されているためであり、本来は法律相談はこのような感じです。

無料の法律相談

これは自治体で行うものや巡回法律相談の類です。
予め弁護士などが、来る予定日に予約をして、30分程度どんな法律相談にも乗ってくれるというものです。依頼ではなく、あくまでも相談の範囲内ですが、無料で話ができます。
定期的に相談ができますので、予約ができれば断られることはありません。

最初の相談先としては、身近に済ますこともオススメです。
弁護士回答で納得が行くのなら、相談先ではなく依頼先を見つければ良い話です。

労働問題に強い弁護士

弁護士には得意分野があります。しかし、それは大きな都市の話でしょう。
地方都市などでは、弁護士や法律事務所の数が少ないことから、限定的になります。
できれば、地域の弁護士などが良いので、法律事務所の検索をお住まいの弁護士、法律事務所で検索をしてみてください。

法テラスへの相談もオススメです。
どうしても見つからない場合には、法テラスに行くとお近くの弁護士を紹介してくれるシステムになっています。全国に法テラスがありますので、最終的に見つからない地方などでは法テラスが便利です。
費用についても相談に乗ってくれるので、全ての相談が可能です。

給料未払いの具体的相談に関しては、紹介された弁護士との話になります。
その時に相談料が発生することもあります。
それがイヤなら法テラスの紹介先に行く義務はありません。

一度紹介された弁護士や法律事務所に関しては、各自が問い合わせて対応することになります。
法テラスでは、紹介に関してはそこまでの仕事です。

しかし、法テラス紹介先での弁護士や法律事務所の依頼をすることで、費用に関しての相談が法テラスをつうじて行う事ができます。低い収入であることなどの条件はありますが、ここは遠慮無く申し出てください。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

アディーレ法律事務所の労働相談

労働問題についての事例がある法律事務所や弁護士のサイトはあまり見られません。
そして、事例紹介がある場合は、残業代請求の記事が多いです。

しかし、給料未払いに関しても、100%未払いではなく、一部未払いなどでも弁護士が相談に乗ってくれます。何度でも相談は無料の弁護士も存在しています。

アディーレ法律事務所もその一つ

全国の支店が存在しているアディーレ法律事務所では、債務整理の借金相談で一躍有名になりました。
今や全国区となり、支店が地方にもあり、相談しやすいでしょう。
地方巡回などもしていて、給料未払いの相談は何度でも無料になっています。

給料未払いの時効は2年間です。
それ以前の未払いの請求ができないことから、もし現在悩んでいる方は、対策を検討されることです。
アディーレ法律事務所に関しては、多くの弁護士が在籍しています。

労働問題に関しては、労働者の権利を守るために行う法律の行使であり、給料未払いでは、必要書類を集めるように言われます。給与明細やタイムカードなどの証拠の提出で会社側に不当な部分を追求していく形になります。弁護士が会社と直接交渉をします。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

アディーレ法律事務所の相談は何度でも無料

電話はフリーダイヤルであり、10時から22時まで対応しています。
メールでも相談に乗っています。

そこで、具体的なアドバイスがありますが、完全成功報酬金制度で、着手金などはありません。
そして、未払い給料の回収ができない場合は、成功報酬金はゼロ円です。とりあえず相談も着手金もゼロであり依頼はしやすいのですが、成功報酬金は決して安い内容ではありません。
20万円以上の費用がかかりますので要注意を。

もちろん相談のときに、費用に関しては説明がありますが、自身が取り戻した給料に応じて、依頼を検討してください。さらに、労働審判や訴訟になると、費用は跳ね上がります。たいてい交渉だけで解決が付くことは多いですが、数十万円単位の費用はアディーレ法律事務所ではかかるとみてください。

相談料が無料なら

他の法律事務所や弁護士にも相談をして比較検討されることをオススメします。
アディーレ法律事務所では、ネームバリューもあり、ホームページで簡単に検索ができます。

しかし、ホームページの内容の確認や評判、そして実際に相談をしてみて決めてください。
初回だけではなく、何度でも無料相談ができますので、この点では安心して話ができます。
フリーダイヤルで電話だけでも無料になります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料未払いの相談は無料だけど、弁護士費用は高い

給料の未払いについては、きちんと請求したい場合には弁護士などに相談をしましょう。
そこで、自分が請求したいことが正当であるかの判断もできます。

労働基準監督署の選択

実際に請求では、弁護士が良いのですが、労働基準監督署に相談に行く方法もあります。
これは、労働基準監督署では会社に対しての行政指導出あり、請求まで至らないことが多いです。
書類が揃っていないと相手にされないこともあり、事実上言うだけの相談になります。
弁護士ではなく、労働基準監督署の選択としては、料金が掛からず相談ができることです。

また、明らかな不当行為があれば、自身の給料未払いだけではなく、業務改善という大きな改革の手はずとしても有効です。労働条件が大きく改善したとか、今までの膿が出て、不満が解決することもあります。

労働基準監督署も、無料でできる相談先の1つです。
ただ積極的な未払い分の請求ができるとは限らないでしょう。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

弁護士の対応

弁護士は労働基準監督署と違って、個人の代理として請求ができます。
まずは相談になりますが、弁護士、法律事務所によって費用がかかることがあります。
無料は1回だけ、何度でも無料などのサービスもありますので、ホームページで書いてあったとしても確認が必要です。

弁護士が行うことは皆同じ

ですから、少しでも労働問題に強い弁護士の選択が必要です。

あの手この手で会社側にアプローチをして、請求をしていく。
それに応じない場合は、労働審判や訴訟を起こす流れです。
実際に依頼されて、弁護士も動いてみないことには会社の動きはわからないでしょう。

給料未払いでもいいや

弁護士に依頼しようと思ったら、費用を聞いて依頼は止めた方もいました。
給料未払いの依頼では、着手金から始まって、たいてい回収ができたのなら成功報酬金の形で費用がかかります。その時に、もし数万円の給料だとした場合は、全て弁護士費用に消えます。

アルバイトやパートの未払い給料の場合は、弁護士依頼は場合によっては回収金を上回ることがあります。権利として給料未払いの解決をしたいですが、相談の時に弁護士に話を確認してください。

もし、依頼をしたらどうなりますか?
この弁護士回答で決めたら良いことです。なお、労働法では給料未払いは違反行為です。
弁護士に依頼で回収も検討ですが、労働基準監督署の通報での対応もしましょう。
取り上げられるように証拠を集めてください。
監督指導が入り、支払いすることもあり、こちらの費用はすべて無料です。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

社会保険労務士にも相談ができる

借金未払いの相談先は、社会保険労務士にも行う事ができます。
労働紛争に対応できる特定社会保険労務士であれば、未払い給料の話の相談ができます。

弁護士じゃなくてもいいの?

弁護士、司法書士、特定社会保険労務士であれば、相談先として良いでしょう。
ただし、相談料がかかることがあります。アドバイス的な話だけをしたい、具体的な計算もしてほしいなどの相談内容で、料金が発生することがあります。

社会保険労務士の場合、メールや電話で1回無料か最初から相談料がかかることが多いです。
この場合、相談先として弁護士以外が良い方にはオススメです。

近所に社会保険労務士事務所があるけれど、給料未払いについて話ができるか?そのような方も特定社会保険労務士であれば対応することでしょう。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

社会保険労務士の専門分野は?

労働基準法、労働契約法などの労働問題と社会保険全般です。
給料未払いだけではなくも不当な解雇だったり、休日が取れないなどの不満なども法律の観点から解決策を見つける事ができます。弁護士や司法書士ほど一般的ではないのですが、労働法に関しての情報では、とても強いとされています。

ただし、請求をしたり、弁護士のように依頼をするのではなく、単なる相談先としての機関です。
労働条件で不満があったり、改善の相談などができると思ってください。
必ず、相談料がかかるかどうかは確認が必要です。

弁護士に相談した方が良いですか?

そんな質問は難しいですが、給料未払いでぜひ回収をしたいのなら、弁護士が妥当でしょう。
しかも1ヶ月ではなく数ヶ月未払いだったり、金額が大きい場合は、ぜひ検討してみてください。
無料相談をしている弁護士も多いですが、必ず労働問題に強い弁護士に相談をしてください。

債務整理が得意です

このように宣伝している弁護士でも労働問題解決ができないとはいいません。
ただ、強いかどうかに関しては多少不安があります。

もともと得意分野として、労働問題を掲げる弁護士の方が解決か早いです。相談料もそうですが、着手金や成功報酬金などの確認もした上で、自分の給料未払いの回収見込みがあるのなら、依頼が妥当です。

多くの法律事務所がありますが、比較検討もOKです。
問い合わせだけではなかなか確認ができませんが、無料相談ならあちこちに仕掛けてみても大丈夫です。
相談と依頼は別物であり、安い所、話しやすい弁護士などで決めるのも良いでしょう。
地域限定、全国対応などの労働問題解決が出来る弁護士がいます。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料未払いの無料相談窓口で確認すること

給料が未払いでどうにか回収したいときには、弁護士や司法書士、社会保険労務士に相談ができます。
その時に、気になるのが相談料でしょう。

無料相談も対応

法律事務所では無料相談も実施していますが、1回だけ無料のケースが多いです。解決は相談だけでは難しいのですが、依頼をするつもりであれば、無料相談1回で依頼してしまうことでも良いでしょう。

しかし、相談料を徴収する法律事務所も少なくありません。
弁護士に法律相談というのは、30分で5,000円程度です。
その相談料が惜しいのであれば、何がなんでも無料相談が良いでしょう。最近では、電話やLINE、メールなどの方法もありますので、話だけ聞きたいのであれば、この方法も良いかもしれません。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

あなたの給料を取り戻します

給料未払いの解決はこのことしかありません。実際に依頼であれば、費用はかかります。
相談では、費用のこともきちんと理解した上での依頼が必要です。

自分で行うにはどうしたら良いですか?

無料相談ではこんな質問にも対応しています。
親切な弁護士や司法書士では、弁護士回答も期待ができます。
司法書士に依頼では、140万円以下の案件になります。
もし、給料未払いが140万円以上であれば、弁護士しか対応できないことになります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

無料の範囲

実際に給料未払いの依頼では、着手金の存在があります。成功報酬金だけの弁護士も少なくなく、着手金が掛からない場合があります。

相談だけではなく、初期費用が要らないのであれば、契約もスムーズです。
内容を確認した上で、どの程度の費用なのかも確認をしてください。
無料相談したからと言って、契約の義務はありません。
あちこちの無料相談を受けて、比較検討をしても良いでしょう。

労働法に強い弁護士に

相談先は労働問題に強い弁護士や司法書士が最適です。それぞれの得意分野がありますので、過去に多くの事例がある労働問題に強い弁護士や法律事務所に行くことをオススメします。

労働契約などの相談では、社会保険労務士も対応しています。
話だけでも聞きたいときには、そうした機関の利用も良いでしょう。
自分で請求ができるのなら、給料をきちんともらう権利を行使してください。

できないのであれば、弁護士依頼などが妥当ですが、無料相談で良く内容も確認してから決めることです。無料は相談だけであり、しかも1回だけ、30分だけという限定的な場合もあります。
そのあたりも最初に確認することで、無駄な費用はかけないことです。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓