ファクタリング 個人 給料

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

ファクタリングって何?個人でもできる方法

事業資金がない、銀行融資の借入ができない、そんな中小企業の資金調達方法としてはファクタリングで資金を作っている場合があります。

ファクタリングとは?

ファクタリング業者は、別名債権回収会社の顔を持っている場合があります。
債権とは、お金を貰える権利です。事業資金調達の現場で利用される債権は売掛債権です。
先に納入した仕事に対して、支払い期日が決まった債権です。

ファクタリングでは、その債権を手数料を差し引いて現金にします。
手形割引と形が同じです。こうして、支払いが先にある売掛債権ですが、先に事業資金として現金にしてしまうことをファクタリングと言います。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

個人でも持っている債権

それが給料です。
給料は日払い以外で、会社では給料日に◯◯円支払うという約束で従業員を雇っています。
ファクタリング会社では、その約束された給料も債権として買取ができます。

事業資金同様に、所定の手数料を差し引いて現金にすることが可能です。ですから、現在はファクタリングは事業資金だけではなく、個人のキャッシングの手段の一つとしても利用され始めています。

キャッシングということは?

キャッシングは返済があるモノですが、債権買取で現金化ですから、返済はありません。
ファクタリング会社は貸金ではなく買取業者です。

家にある不要物を買い取ってもらう、それで現金を手にする。
給料も給料債権の形で買取をしてもらうことで現金を手にすることができるということです。

返済なきキャッシングということで言えば、借入ができない金融事故者も簡単に利用ができます。
信用情報の内容は全く関係なく、給与が確かに出るという保証だけが確認されれば良いことです。
これが審査に当たりますが、超ブラックリストだとしても給料のファクタリングは可能です。

前借りと考えて良い?

ファクタリングは手数料が伴う前借りだと言えるでしょう。前借りは、会社に対して行うことです。
事情が許せばできることですが、前借りはなかなか言いづらいことであり、不可能な場合は、ファクタリング会社を通じて、前借りの形を取ると言っても良いでしょう。

ファクタリングは事業資金にしても給料にしても、自分のお金です。
それを債権という形であるものを買い取ってもらい、現金に換える内容です。
投資でも、借金でもない方法ですが、手数料だけがマイナス要因です。

それはファクタリング会社にとってみれば、当然の取り分であり、利用者は給料日を待たずに自分の収入が手元に来るということです。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料ファクタリングで給料日前に現金入手可能

債権回収と言えば、消費者金融などで延滞している方に対して、支払い請求する機会に聞く言葉です。
消費者金融や銀行カードローンでは、援隊者に対して支払いがない場合は、延滞部分を債権回収会社に真似投げをします。そこから、債権回収会社は契約者に対して請求をします。

金融業者の延滞をしている方が、請求書の差出人が金融業者から債権回収会社に変わった、どうしてここからの請求?と思うことがあります。それは、金融業者で債権回収会社に依頼をしているからです。

債権と聞くと、悪いイメージしかない?

対金融業者の場合は、債権と言えば延滞遅滞のときに使用されることです。
ただし、もっと広い金融言葉での債権とは、「支払うべき金額」とくくることができます。
その一つが会社で言えば売掛債権であり、個人では給与になります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給与が債権?

給与は、給料日に雇い主が従業員に対して「支払うべき金額」です。
雇い主は、常に従業員に対しての債権を持っていることになります。
そして、従業員はその債権を行使することができます。
もらえるお金なのですから、債権の形であり、それを自由に現金化することができます。

債権の現金化?

給料債権の現金化というと馴染みのないことです。
会社などでは、売掛債権のファクタリングがこの現金化が可能ですが、一部のファクタリング会社では、給料も現金化が可能です。これが、個人で行うことができる給料ファクタリングです。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

ファクタリング会社が行うこと

ファクタリング申込を受けると、給料内容の確認をします。
審査ですが、その時に金融業者で行う信用情報はあまり関係ありません。
雇い主の経営状態などを考慮した審査で、所定の手数料を差し引いて現金化をします。
債権回収という言い方では借金の内容ですが、給料ファクタリングも回収みたいなものでしょう。

査定で、この給料ならこの程度の現金にすることができる。
それに納得が行けば、給料日前に自分の給料の現金を手にすることができます。

雇い主の承諾は?

承諾ができれば、3社間ファクタリングと言って手数料が安くなります。承諾なしで内緒で行うのは2社間ファクタリングと言って、手数料は高くなりますが、知られないで現金化ができます。

3社間ファクタリングでは、雇い主がファクタリング会社のあなたの給料を入金します。
2社間ファクタリングでは、自身が給料日に入金されたお金をファクタリング会社に入金して、契約完了です。

内緒でできるんだ

給料ファクタリングの魅力はこの2社間ファクタリングでしょう。
お金が足りないけれど、給料まで待てない。
その前に雇い主には内緒で給料の前借りの形で現金を手にすることができます。
手数料は高いですが、それを支払ってでも現金がほしい方にはベストな資金の作り方です。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

ブラックリストの現金調達方法は給料ファクタリング 

ブラックリストの現金調達の方法では、給料ファクタリングはどうでしょうか?
毎月決まった給与がある方にオススメの資金調達です。

給料ファクタリングとは?

わかりやすい言葉でというと、「あなたの給与を買い取ります」です。
ファクタリングはあなたの給与を買い取ってくれるので、現金を手にすることができます。給与現金化です。ファクタリング会社では、あなたの給与を審査して、手数料を差し引いて現金にしてくれます。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

クレジットカードの現金化

ブラックリストでキャッシングができない方は、クレジットカードのショッピング枠の現金化を狙っている方もいます。

ショッピング枠の現金化は、現金化業者に申込をすると、こちらも所定の手数料を差し引いて、ショッピング枠の現金化することに成功します。また、アマゾンギフト券をショッピング枠で購入して、そのアマゾンギフト券の買取をしてもらい現金化します。

ただし、ファクタリングと大きく違うのは、クレジットカードの利用ができなければならないことと、その後返済が続くことです。

給料ファクタリングは、買取はアマゾンギフト券などではなく給与です。
ですから、返済が一切なし、借金ではないということです。

給料の前借り

前借りをするのに返済もなにもないでしょう。
もらえるお金なのですから、返済もなしで、どんなブラックリストでも利用ができます。
また、クレジットカードが使えない方でも給料ファクタリングなら、原資が給料であり、先に現金にしてしまいましたという内容です。

ブラックリストの最後の手段

別にブラックリスト以外でも良いのですが、不足してしまった現金調達方法としては、ファクタリングの利用で審査関係なく現金を手にできます。今すぐ現金がほしい、しかし借りられない方でも大丈夫です。

大手消費者金融ばかりではなく、中小消費者金融や街金での借入ができる方もこれからの返済リスクを考えると、借金ではなくファクタリングの方が良い方もいます。闇金でのブラックキャッシングの被害にも遭いませんし、何だったらファクタリングで得た現金で、返済をしてブラックリスト返上も可能です。

なんと行っても、このファクタリングで得たお金は自分の稼いだお金であり、借金ではありません。
どんなブラックリストでもどうしてもお金がほしい、借りるのではなく、給料の前借りの代行をしてくれるファクタリング会社に依頼で解決ができます。

まだ給料ファクタリングをする会社は少ないですが、返済リスクを背負っているよりは、ファクタリングはメリットは大きいです。給与振込されたら、ファクタリング会社に入金で完結です。
返済がないので、信用情報に傷が付くこともありませんし、雇い主にも知られずに行うことができます。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

ブラックリストにならないための給料ファクタリング?

企業の資金調達方法では、ファクタリングを採用している所もあります。
売掛債権の回収日が遅い、タイミングがずれることで、キャッシュフローがうまく行かないときに、借金ではなく、売掛債権買取のファクタリングの利用して現金を作る方法です。これが個人でも可能です。

毎月給与をもらっていますよね?

この給料を企業で言えば売掛債権になります。
本日5日で給料日が25日。この20日間のキャッシュフローをなんとかしたい、要するにお金がないという意味です。順調に働けば、25日には現金が入りますが、ファクタリングでその現金の給料を買い取ってもらうわけです。

給料日の25日には、会社からの給与振込は契約したファクタリング会社に入金することで解決します。
借金ではありませんから、返済もなく、5日すらのキャッシュフローが健全化します。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

消費者金融の支払いをしたい

給料ファクタリングの理由がそんな場合もあります。支払いをしないとブラックリストになってしまう。
金融事故は、なっちゃったで済む方もいますが、仕事をしている上ではブラックリストには絶対になれない方もいます。

借りる事ができない、しかし返済をしなければならない場合は、給料ファクタリングを行うことで、消費者金融理返済をして間にあったと胸をなでおろす方もいます。ブラックリストばかりが給料ファクタリングの利用ではなく、人知れずキャッシュフローをしたい方にも有効です。

審査がない

信用情報は全く関係ないファクタリングは、金融業者との取引ではありません。
会社に対しても、ファクタリングで現金化の事実を話すこともないですし、もし会社が同意をしてくれるのなら、手数料が低くなります。会社に内緒でさっさと現金を手にすることができます。

金融業界で働くAさん

ブラックリストになってしまったり、信用情報で金融事故情報が厳禁なAさん。
しかし、事情がありキャッシングをして返済日に満足な現金の用意ができない。
人に借りることもできず、困ったときに見かけたのが給料ファクタリングです。

大手企業に勤めていることで、ファクタリング審査は通りました。
そこで、返済に必要な現金化に成功して、無事に返済ができました。
企業にも内緒で行うことで、きちんとした信用情報を保持することができたということです。

ブラックリスト防止のために給料ファクタリングを利用して、正常キャッシュフローをしている方もいます。仕事でブラックリストになることができない、すでにブラックリストでどこからも借入ができない方にも給料ファクタリングは、正常キャッシュフローにはとても便利です。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料ファクタリングの流れと手数料

給料ファクタリングの仕組みは、簡単です。
たいていインターネット完結であり、早ければ即日現金化も可能です。

給料ファクタリングの流れ

申込、審査だけです。
申込は、ファクタリング会社の応募フォームに行います。そこで必要書類に入力するだけです。
審査結果が来て、現金化で納得が行けば契約です。

この審査ですが、給料の支払いを行う会社が調べられます。
申込者の信用情報で金融事故があっても無関係です。
ようするに、きちんと給与振込ができる会社である化が審査のポイントです。

◯◯株式会社だったり、直近の給与明細などが手出書類になります。
その審査ですから、自身の借金内容の確認はありません。
自己破産などの債務整理者も利用ができます。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

現金を手にしました

申込者が最後に行うことがあります。

ファクタリングでは、取引先(この場合勤務先)に先に申込者が現金化したことを知らせる3社間ファクタリングがあります。この場合は、給与振込が自分ではなく、ファクタリング会社に行います。
債権譲渡の形であり、申込者は給料をもらえる権利がなくなります。

しかし、会社に知られないで行うことは2社間ファクタリングと言います。
この場合、会社からは普通に給料日に給料振込があります。
それを、契約した金額だけファクタリング会社に入金しなくてはなりません。
そこまでで、今回のファクタリング取引が完了です。

もし、振込をしない場合は、あなたは詐欺者になります。
すでに買取をしてもらうのですから、モノはきちんと返すのではなく、渡すのが義務です。

ファクタリングの手数料

2社間ファクタリングでは、給料日までのタイムラグがありますし、入金をしないリスクがあり、高い手数料になっています。

ただし、もしファクタリングで現金化をしました。その間に勤務先が倒産をした場合は、その倒産証明があれば、ファクタリング会社に入金する必要がありません。
ファクタリングでは、こうした取引先の倒産などでは負債を抱えることもあります。
それで、事前の手数料が高いこともあります。

確かに、2社間ファクタリングでは高い手数料です。
利息制限法などが適用される借金ではないため、法整備もできていない状態です。

ちなみに高い手数料って?

2社間ファクタリングでは10%満たない場合が多いですが、3社間ファクタリングでは最高30%程度の手数料が取られることがあります。かなり割高な取引であることは確かですが、今ほしい現金が借金の形ではなくも、手元に入ります。

どうしても必要とされる現金のためには高い手数料も仕方ないと思うしかないでしょう。
給料ファクタリングに関しては、ファクタリング会社も少ないので、比較しようがありません。
しかし、借金ができない方のキャッシュフローとしては、魅力的であり、手数料は高いのは仕方のないことでしょう。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓