給料未払い 弁護士 費用

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料未払い請求弁護士依頼のメリットとデメリット

会社から給料がもらえない。不当な扱いを受けている。自分ではどうしたら良いかわからない。
または、残業代請求をしたいけれど、何から手を付けて良いかわからない。
こんな時には、法律事務所や弁護士に相談をしてみてください。

弁護士に相談するメリット

給料請求、残業代請求とは、従業員の権利であり、法律に則った行為です。
労働によって得られる利益を、会社側が何の説明もなく未払いにしている行為は法律違反です。

これは、弁護士の管轄する労働問題に関することであり、場合によっては訴訟で取り返すこともあります。労働者側が、直談判によって給料未払いの解決ができない時には、法律の専門家である弁護士に相談をすることが、最もメリットがあります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料未払いの解決策

会社に直談判が時間も労力も少なくて済みます。
社長、給料をください。それが言えない状況にある場合、様々な方策があります。
そのアドバイスを弁護士にもらうことで、効率よく給料未払い問題を解決することができます。

具体的には、弁護士からの直談判になります。
法律事務所としては、法律の立場から、会社側、社長に対して、労働者の代理人として請求することができます。この時点で、会社側が動かないとしたら、次の一手です。

弁護士に相談するデメリット

直談判がダメだとすると、次の手があります。
しかし、ここで弁護士に依頼するのは良いけれど、費用がかかってしまうことのデメリットもあります。

当然ボランティアの給料未払い請求、残業代請求を望むことはできません。
給料未払いの解決をしたとしてもそれなりの費用がかかりますがも、相場はありません。
それぞれの法律事務所でのホームページを確認した上で、費用を使ってでも依頼をすることを考えてください。費用の内訳は相談料、着手金、報酬金などです。給料未払いの状態によっても変わります。

借金相談とは違う

法律事務所では、借金相談無料とホームページでも宣伝をしています。
相談は無料なんだと勘違いはしませんように。というのも、借金と給料未払いの問題は全く違うことから、相談無料とあってもそれは借金や債務整理だけのことであり、労働問題などでは、相談料がかかることがあります。

弁護士の検索をする時には、労働問題に関しての相談料の確認が必要です。CMなどでは、今も借金に関する相談は何度でも無料とあるだけで、この法律事務所の相談料はすべて無料ではありません。

勘違いしそうなことですが、事前に給料未払いの件での相談料の確認が必要です。
費用に関しては、ここからかかってきてしまうことも多いでしょう。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料未払いの流れと費用

給料未払いの件で弁護士に依頼した時の流れと費用を見てみましょう。

相談

法律事務所などで労働問題の相談を受付ている所を検索します。
労働法律相談などを掲げているところですと、相談しやすいでしょう。
電話でも大丈夫なのか、面談をしなくてはならないのかの確認が必要です。
そして、相談料の有無も確かめてください。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

依頼

相談をして依頼を決めたのなら、契約書を締結します。
ここから先は、会社側との交渉もすべて弁護士に依頼することができます。
依頼に際しては着手金が必要な場合があります。

弁護士が最初に行うことは、内容証明の郵送です。
給料未払いの事実がわかり、ここに請求をすることで、会社や社長に対しての最初のアクションです。

自分が行うこと

弁護士からは、証拠を集めることを言われます。
タイムカードや給与明細、労働契約書などです。
これだけの給料がもらえる、なのにもらっていないという証拠をできるだけ収集します。

弁護士は、会社に対して、給料についての情報開示を求めます。
と同時に未払い分の給料を計算して、請求金額を出します。
残業代も同じ要領です。ここで実費として、お金がかかります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

会社に請求

弁護士が計算した給料未払い分を請求します。
ここで会社側がその金額を払えば、完了です。然るべき報酬金がここで発生します。
しかし、会社が支払いを拒否した場合は、訴訟に発展し、裁判所で争うことになります。
費用は別途計算によって変わります。

上記でかかる費用

相談料、着手金、実費、報奨金などです。
大きく給料未払いについては、弁護士費用はこの4点だとされています。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

相談料 無料~1万円程度

無料のところ、1回いくら、1時間でいくらというような数え方をする場合があります。
依頼に関係なく、弁護士に話を聞いてもらうだけでかかる費用です。

着手金 無料~10、20万円程度

こちらも弁護士によって、かかる場合とかからない場合があります。
相談料とともに大きな幅がありますから、着手金の有無は必ず確認が必要です。
この時点で20万円や給料の1ヶ月分の請求がある場合もあります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

実費 無料~2万円程度

実費の内容は交通費や通信料などになります。
こちらも着手金に含まれていたり、後で報酬金とともに請求されることがあります。
実費そのものがない場合があります。

報酬金

給料未払いが解決した場合に請求されます。
無事に給料の支払いがされた暁には、平均では20%~30%程度の報酬金の費用がかかります。
ただし、あくまでも平均値であり、相場もあてになりません。

ここは実際に、依頼した地点で、もし支払いを受けた時の費用はいくらであるかを弁護士に確認が必要でしょう。依頼前に費用確認をすること、依頼の査定をして、弁護士を選択するのもOKです。
やってみないとわからないと言われた場合は、いくらの費用になるかわからないので、依頼はオススメできません。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

給料未払い解決できる弁護士依頼

会社が給料未払いをしていて、労働者が弁護士に依頼をして給料を取り返そうとする。
この行動にでた時には、会社側は素直に未払い分の支払いをすることが多いと言われています。

自分が請求しても支払いはしてくれないのに

会社側としては、外部の人間に給料未払いがあること事態知られたくはないはずです。
また、まさか弁護士に依頼をするなんてという対応でしょう。

残業代トラブルにしても、うまく丸め込もうとするブラック企業もあります。法律のことを良く知らない労働者に対して、会社も弁護士や労務士を使って、ごまかそうとする場合があります。

そこに、労働者の弁護士が入ることで、ややこしい事になったと、請求額をあっさりと支払いケースも少なくないと言います。ですから、無理して直談判などで、請求をするのではなく、さっさと弁護士依頼が解決が早いと言われています。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

裁判になったら大変?

会社の態度が強硬だったり、裁判になったら日にちも費用もかかります。
しかし、給料未払いについては、弁護士内容証明の郵便を出し、交渉して決裂した場合は、いきなり裁判にはなりません。労働審判と言って、会社、労働者、弁護士、裁判官だけで話をして、給料未払い問題について話し合うことになります。

これは正式な裁判ではないため、手続きが簡単です。1回だけは労働者も立ち会うことになりますが、何回も労働審判が行なわれたとしても、あとは弁護士だけで対応してもらえます。ここで、決裂したのなら裁判になります。

弁護士の費用

労働相談から費用がかかることがあります。弁護士は、労働問題についての解決ができます。
依頼以前に相談をするだけでも、法律事務所では相談料がかかることがあります。
ホームページだけではなく、直接問い合わせて確認をしてください。

依頼の有無は実際に話をしなければわからないことであり、相談はしたけれど、依頼はしない場合もあります。その時に多額の相談料がかかっていたり、後で請求される場合もあります。
必ず、いくらかかって相談ができるのかを確認してから、給料未払い解決を考えましょう。

依頼後の費用については、着手金、実費、報酬金があります。
労働審判や裁判でも費用請求がありますが、これらの費用を見てから依頼を検討しても良いでしょう。
また、あちこちの弁護士に同じ相談をして、自分が良いと思った弁護士、費用が安い弁護士に依頼するのも良い方法です。

給料未払い請求、残業代請求に関しては、何もしないとゼロ円です。
しかし、弁護士に依頼して取り返すことができる可能性があるのなら、費用がかかったとしても請求すべきものであり、本来は自分のお金です。弁護士費用が掛かったとしても行うべき行動でしょう。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

労働問題に強い、初期費用ゼロの弁護士がオススメ

給料未払いの対応を弁護士に依頼する時には、相談料と初期費用ゼロ、完全成功報酬の法律事務所を探しましょう。相談料と着手金がない法律事務所です。

労働問題に強い証拠

この形をとっている弁護士などは、特に労働問題に強い弁護士や法律事務所であることが考えられます。
法律相談では、無料で話を聞くようにして、未払いの事実が不当であれば、ぜったいに取り返すとの強い信念が伺われます。

なぜなら、相談料も初期費用も徴収しないことで、成功しなければ利益にならないからです。
その自信がある、多くの給料未払いトラブルを解決しているからこそ、初期費用は取らないとしているケースです。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

労働審判も少額訴訟も回避

弁護士としても、できれば内容証明郵便で交渉で簡単に済ませたい事案です。
給料未払いと言っても、何千万円も給料があることは少ないでしょう。最初に相談料や着手金をとった上に交渉が決裂、労働審判などには持ち込みたくない、持ち込ませないのが本音です。

そこで、できれば初期費用が最低限になる弁護士を探すことをオススメします。
請求額が少ないほど、かかる費用は抑えたいですし、弁護士としても早く解決したいところです。

報奨金が高い

報奨金は成功した時に、最大30%程度の弁護士費用です。
これが低ければ嬉しいのですが、初期費用を取らないところでは、ここのパーセンテージが高いです。
それでも、着手金などがない場合は、高い分だけ給料未払いの問題解決には強いと考えて良いでしょう。

高い数字はイヤですが、初期費用がゼロであれば、あまり気にすることはありません。
労働相談を専門に行い、解決実績が多いのなら、期待ができる弁護士だと思って良いでしょう。
すべての費用が安い弁護士や法律事務所はありません。

債務整理相談は無料、労働問題も可能

法律事務所や弁護士として、債務相談を前面に掲げるところはおすすめしません。
労働問題は片手間で行っている可能性がとても高く、債務整理ばかりに力を入れていると考えられます。
できれば、債務相談ではあまりネームバリューがない所の方が、労働問題に強いとされています。

最近では、予防接種などの集団訴訟の相談をしていることが多いです。
こちらもキャンペーン的な宣伝をしていない法律事務所や弁護士が妥当です。
労働相談、労働審側の立場に立つ労働問題に強い弁護士の存在が良いでしょう。

報酬金が高いとしても着手金や相談料もナシが理想です。
そのような法律事務所や弁護士依頼をオススメします。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

弁護士費用を少しでも安くしたい方へ

弁護士に自身の給料未払い問題について解決してもらおうというときには、費用がかかります。
これは、債務整理の依頼をしたときも同様であり、弁護士に対する費用はぜったいにかかります。

費用の内訳がわからない

残業代トラブル、給料未払いなどを弁護士に依頼しなくてはならない場合は、会社側がこちらの言い分を正当に聞いてくれない場合です。

法的手段としては訴訟などもありますが、その前段階として、弁護士が直接交渉をしてくれます。
このときに、自分の代理人としてすべてを任すことができます。

弁護士としては、労働基準監督署などに通告をするアドバイスができたり、未払い給料の回収に最善を尽くします。相談を受けて、未払い解決できるとなれば、すぐに行動に出ます。
その際の費用としては、相談料、着手金、実費などです。

費用は最初に説明があります。
何に使用するための費用であるかなどがわかりますが、全て無料の所もあります。
どちらが良いかは判断に困ります。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓

 

その弁護士の実績確認

労働相談をしている、口コミ評判も良い。特に費用面でクリーンと分かれば、依頼がオススメです。
着手金なども0円~2万円と大きいのですが、給料回収ができたのなら、成功報酬金は必ず費用にあります。そのパーセンテージが低いとしたのなら、安い費用との判断もできます。
債務整理の弁護士費用でも、大きく差がありますが、給料未払いについても同等です。

うまくわからないときには

法テラスに相談するのも良いでしょう。
こちらは相談無料で労働問題に詳しい弁護士の紹介があります。
法テラスのメリットは、自身の収入が低いことで、立替制度などがあることです。
良くわからない弁護士の存在などでは、法テラスでも相談ができます。

ただし、法テラスへは直接出向くことになります。
費用が高いことでは、収入が低い方では、要相談の分割払い対応もあります。
しかし、法テラスでは、低い収入の場合にはメリットがあのますので、利用も検討してみてください。

労働相談を受けてみよう

依頼に関係なく、無料で労働相談をしている弁護士に話を聞いてもらうと良いでしょう。
場合によっては、未払い請求ができないケースもあります。
相談料だけ高くて、あなたの給料未払いは請求ができませんというのでは元も子もない話です。

まずは、自身の給料がどうなってしまうのか、そのことだけでもはっきりさせましょう。
依頼では、どんな弁護士でも費用がかかります。少ない収入であれば、法テラスです。
労働問題に強い弁護士を探したいのなら、検索をして相談料無料を狙ってみてください。

お給料のファクタリング

給料債権ファクタリングは「借りない」、新しいカタチの資金調達サービスです。
金融機関の個人情報にも情報が載らない・独自の審査基準で金融ブラックの方でも利用可能・最短即日現金調達可能!
↓↓詳細は公式サイトへ↓↓