事業資金 消費者金融


個人事業主の事業資金は消費者金融ではこう使おう

消費者金融のキャッシングでは、使途は自由です。
ですから、個人事業主の場合、法人の代表者が、事業資金として借入をすることは違反ではないでしょう。何に使うかを申告する必要がないのがローン会社です。

ただし、銀行カードローンでは事業資金に使用することは禁じています。
実は、消費者金融でも個人事業主が申込者の場合は、慎重な審査になると言います。
ひょっとして事業資金に使用するため?最初からその目的では、良い対応はしないです。

使途は自由だけど

消費者金融では、事業資金用の別のローンの用意があります。
ということで、個人事業主の場合は、事業用ローン、ビジネスローンの申込がオススメです。
こちらは堂々と事業資金として限度額の借入ができますし、審査での個人事業主の身分の証明されています。

普通のカードローンでは、個人事業主では不安定な収入として属性があまり良くない、審査条件も悪いです。事業資金としての借入では、プライベートの資金としても活用ができます。

大手消費者金融プロミス、アイフルやアコムなどでは、カードローンとは別に商品があります。
ビジネスに使いたいのなら、個人事業主だとしても、申込は検討されることをオススメします。
カードローンとの併用も良いですが、審査的にはカード類はあまり多くない方が良いでしょう。
借り入れの件数は多くない方が、新規のキャッシングには有利です。
銀行融資は別です。


消費者金融の事業用ローンの特徴

ローンカードがあり、使い方はカードローンと同じです。
ATMで利用限度額は何度でも出し入れが自由です。
申し込みもインターネット完結です。

そして、メリットとしては、総量規制対象外であり、年収3分の一の縛りがないことです。
これは事業資金としての借り入れができる。個人事業主にとっては、カードローンの低い属性で限度額が低すぎるというデメリットを払拭することができます。

ですから、個人事業主としての事業資金では、消費者金融では事業ローンの借り入れを前提に考えてください。事業資金も自由に借りられます。

勘違いは大変

消費者金融で借りれる事業ローンで、カードローン同様の使い勝手があります。
そして、金利もカードローン並に高いです。

事業に使用するお金ですが、高い金利になってしまうので、計画的な使い方が妥当です。
設備投資だったり、長期的な消費者金融の借り入れはオススメできないです。
つなぎ資金やどうしても急な出費で、返済が絶対に早い時期にできる事業資金用です。
ぱぱっと借りて、さっと返すが消費者金融の借り入れの基本です。


消費者金融で事業資金を借りたい時

事業資金の融資は銀行が基本です。資金が不足してしまっている。この先の事業展開でまとまったお金がほしい時には、銀行、日本政策金融公庫などが第一候補としてください。

審査の壁

そうしたいのは誰でもそうでしょう。銀行融資が良いのは低金利だからです。
安心できる金融機関から、少ない金利で借り入れができるのは理想ですが、審査は厳しいです。
借金では低金利なら審査は厳しいのは鉄則であり、事業資金では、自身の信用情報だけではなく、事業内容の審査もあります。そう簡単ではないですし、審査も時間がかかりすぎます。

赤字で借りられない。
黒字なら融資は受けないのに、この矛盾は、銀行の厚い審査の壁が物語っています。
しかし、5%程度の低金利では魅力ありすぎです。


消費者金融の審査

カードローンでも銀行と消費者金融では差がありますが、事業資金ほどの差はないです。
事業資金では、銀行はガチガチの厳しいですが、消費者金融は赤字でも業績がイマイチでも対応してくれます。

また、個人借入よりも利用限度額が高く、個人事業主なら満足できる利用限度額の借り入れができます。
その点では、事業資金は消費者金融がいいんじゃない?との見解もあります。

しかし、ここは審査の甘さに付随する金利の高さがあります。
カードローンと同様であり、事業資金の使いみちで15%前後の金利は返済が大変です。
大手消費者金融でもそれなりに甘い審査が期待できますが、しっかりと高い金利が待っています。
簡単に貸してくれるのは嬉しいですが、消費者金融の目的は高い金利の収益ということになります。

それでも1枚あると便利

高い金利だとしても、消費者金融の事業用のローンは便利です。
大手消費者金融なら、カードローンの要領で借り入れができます。普通の使い方として、ピンチのときの数万円とか、資金ショートに使えたり、つなぎ資金としての活用ができます。大手消費者金融なら初回の利用で無利息期間の設置で、事業資金としても助かるシーンもあります。

銀行融資の審査落ちで、即消費者金融で借りる。こうしなくてはならない状況もありますが、いざどうしても使わなくてはならない最終手段としての消費者金融の事業カードローン、ローンの存在は余裕が出ます。

使わないのが一番ですが、個人事業主では接待やプライベートなどにも使用ができます。
個人事業主としてのプライドでここで現金がなくちゃならないという場面でも、すぐに資金調達ができます。返済できる見込みがある場合だけですが、上手に利用することができれば、個人事業主も経営者も1枚あると便利です。

使う前提ではなく、保険の変わりとしても事業資金の利用ができる消費者金融のカードローン1枚はオススメです。


カードローン即日融資で事業資金 銀行融資にはマネできない

消費者金融では、事業資金の調達ではカードローンではなく、事業用ローン、ビジネスローンが良いです。
ここでおこなってはならないのが、銀行融資との比較です。

事業資金融資だけど

銀行融資とは金利差が大きいです。別物と捉えることで、銀行で借りる、日本政策金融公庫での融資と同じ金額の借り入れをしようとは思わないことです。

銀行の融資では、長い審査で、慎重な調査で借りられのですが、低金利です。
しかし、消費者金融ではその点では不利です。
絶対に金利は高く、返済が大変です。

消費者金融の事業資金のローンのポイント

  • 申し込みが簡単で早い
  • 審査スピードが早い
  • 法人、個人事業主でも対応
  • この3点だけがメリットです。
    要するに、すぐに簡単に借り入れができることができます。
    その上高金利という内容であり、ここで言いたいのは、簡単に借りれる安易さに溺れないことです。

    カードローンもそうですが、消費者金融ではコンピュータースコアリングシステムで即日融資ができる内容です。その簡易な内容が、簡単に借入してしまう結果に陥ります。


    消費者金融の事業資金の借り方

    あくまでも少しの金額で返せることを前提にしてください。
    ですから、事業資金も運転資金ではなく、期限が迫った支払いだったり、資金ショートのための返済。
    それも一時的に借りるためのモノと位置づけることをオススメです。

    プライベートでも使用ができるビジネスローンでは、公私混同してしまう方もいます。
    この行為は、とても危険だとされていて、ビジネスローンを手にしたのなら、そんなに簡単に使えないと思うことです。たまたま手にした消費者金融のビジネスローンが失敗の元だったという話しも耳にします。

    消費者金融は上手に使おう

    借金先として、消費者金融はとても便利です。
    審査も柔軟であり、ビジネスローンの存在も事業資金の利用には、総量規制対象外の特別枠です。
    カードローンタイプでATMで気軽に使えるなどのサービスはさすがです。
    無利息期間があるので、初回は利息分なしでの利用も可能です。

    どうしても必要なお金は30日の金利なしの利用ができるなどの充実した内容です。
    申し込みもWEB完結、インターネットでできるなどの対応はさすがです。

    ビジネスローンは気をつけて使いましょう、高い金利だからというのが常套句ですが、本当に返済のことを考えた使い方をするのなら、こんな便利な1枚はないでしょう。
    即日融資ができるので、すぐに使いたい時には、ビジネスローンの威力発揮です。
    いくら低金利でも銀行融資では即日融資は絶対に無理です。


    人気のビジネクストはどんなビジネスローン?

    ビジネスローン、事業資金のビジネクストは人気があります。
    アイフルの系列会社であり、消費者金融系のビジネスローンと言っても良いでしょう。

    個人事業主も法人もOK

    ビジネスのため、事業資金の借入ができます。金利優遇はなくカードローン同様です。
    銀行融資のような低金利ではなく、カードローンの事業版です。
    ということは、総量規制対象外であり、個人事業主などは多くの借り入れができます。

    他のビジネスローンよりも高い利用限度額が特徴です。
    申し込みはWEB完結であり、簡単に申し込みができます。
    利用者もとても多いのは、カードローンと同じような使い方ができるからでしょう。
    アイフル系列会社というのも安心感は大きいです。


    決算が赤字

    ビジネクストの人気はこの部分も大きいですが、赤字でも審査通過ができます。
    融資の審査では、決算だけではなく、今後の見通しだったり、提出される書類がきちんとしている。
    申込者の個人情報や信用情報などで総合的に審査をしていきます。赤字だからビジネクストに申し込みをしたい。その願いは叶うこともあります。

    開業1年で審査通過

    ビジネスローン、事業資金の借り入れでは、開業3年程度が必要だと言われています。
    ビジネクストでは、開業1年目の審査通過の報告がありました。
    事業を始めてすぐに資金がほしい時にも申し込みができます。

    ただし、申し込みの提出書類は、確定申告書2期分となっています。
    1期しかない場合は、計画書などの提出をすると印象が良いです。
    売掛債権などがある、計画表などがあると審査通過の確率が上ります。


    ビジネスローンとカードローン

    ビジネスローンとは追加融資ができないタイプです。
    今回必要な事業資金だけを借りられるのですが、カードローンタイプでは利用限度額が付き、自由にATMで借り入れができます。

    確かに便利ですが、審査に自信がない方は、カードローンではない方が良いと言います。
    あまり知られていないですが、審査に差があります。
    今回必要な50万円だけ借りたいの方が借りやすいということです。

    ほとんどカードローン並の内容

    それもそのはずです。
    ノウハウは、アイフルの内容であり、カードローン的な申し込みと使い方ができます。
    ビジネクストでは、この手軽さからビジネスローンとしては人気があります。
    金利は高いですから、頻繁に使うのではなく、いざと言う時の懐刀的な存在です。
    個人事業主も法人もビジネスローンとしての利用ができるので、オススメの1枚


    アコムで事業資金の調達は?

    アコムでもビジネスローンがあります。
    大手消費者金融では、カードローンでも個人事業主などが事業資金に使える臨機応変さがあります。
    ただ、ビジネスローンでは堂々と事業のために使用ができます。ここで、総量規制対象外と言いますが、アコムのビジネスローンだけは、カードローンよりも利用限度額が低いです。

    カードローン800万円に対してビジネスローンは300万円

    この数字では、カードローンが断然有利です。
    しかし、カードローンには総量規制があります。
    年収が低い方は、 到底800万円なんて借りられないです。

    ビジネスローンでは総量規制対象外で年収3分の一以上の借り入れができます。
    ということで、個人事業主などで収入が低い場合でも、多くの借り入れができます。
    個人事業主の審査では、多少不利が多く、総量規制範囲というと大した借り入れができない方でも、ビジネスローンでどんと借りられるメリットがあります。


    ビジネスローンからのカードローン

    それでも、どうしてもカードローンの利用限度額がきになる方は、アコムでは切り替えができます。
    その時に再審査になりますから、順調に返済しているなどの条件がありますが。
    切り替えの意味としては、金利の違いもなく、利用限度額がきになる方は問合せてみてください。
    収入が上り、利用限度額を300万円以上にしたい方にオススメの方法です。

    申し込みも簡単

    事業資金目的で、収入が低い人ほどビジネスローンがお得なのはわかりました。
    利用限度額は収入が低くても借り入れができるのですが、金利差はほとんどないです。事業資金として低金利で借り入れしたい方は、アコムではできない相談です。
    大手消費者金融全体でも、ノンバンクでもビジネスローンと言えば、普通のキャッシング並の内容です。

    消費者金融の事業資金調達は慎重に

    設備投資したいから、ビジネクストの限度額1000万円が良いとか、他でも500万円程度の限度額があります。ただし、金利は10%以上という内容であり、長期での返済ですと、大変な負担になります。
    消費者金融の借り入れでは短期返済ができる。すこしの金額でつなぎ的な使い方がオススメです。

    腰を据えたビジネスローンの利用、事業資金の調達では別の金融業者を検討してください。
    というよりは、ここでの設備投資、事業資金で銀行融資ができないというのは案外と致命的です。
    消費者金融での解決を検討する時には、返済計画を徹底的に確認してからです。
    事業資金の使い方としては、消費者金融利用は慎重に進めてください。